アゲハ Papilio xuthus 

 ひとくちにアゲハと言っても、仲間全体を
さす科名と、一種を特定する種名とが、区別
されずに使われていることが多く、本種は最
近ナミアゲハと呼ばれるようになりつつあり
ます。しかし私は、アゲハという呼び名が好
きです。それは和名で一番短いということ
もありますが、軽井沢では一年中探し回って
も、撮影はおろか見ることさえできない年が
あるほどで、小学生時代やっと見つけて、捕
虫網を振ろうとすると、緊張のあまり足が震
え、結局は採り逃したという経験もあり、こ
れほど稀な種に向かって「ナミ」とは失礼な!
という気持ちがあるからです。言わば「上」、
いや「特上」クラスの存在なのです。
 次種キアゲハとよく似ていますが、外見的
には前翅の中室で見分けます。また、垂直
分布にも違いがあり、アゲハは比較的標高
の低い温暖な地域に多く、逆にキアゲハは、
標高が高く寒冷な地域に多く見られます。標
高1,000m前後の軽井沢では、アゲハの垂直
分布の上限を少し超えてしまっているようで
す。そのためシャッターチャンスが3〜4年に
一度の割り合いで巡ってきた時には、思う
存分フィルムを使い切ってしまうのでした。
 時に山頂占有行動に巻き込まれ、♀がキ
アゲハたちに追われる場面も見られます。
本種の淡いクリーム色を、派手な黄色が列
をなして追尾します。

春型 ♀ 表          5月21日 町内

春型 ♀ 裏              5月14日 町内

目次へ
前種へ
次種へ

前翅中室には数本の黒条。

後翅中室上湾部の黒色斑は夏型のみ。
♂では明瞭なコブ状、♀ではぼやける。

 データ

・分  類:アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科
・初見日:春型4月14日〜(2016年記録)
      夏型6月15日〜(2002年記録)
・終見日:〜春型6月19日(2005年記録)
      〜夏型9月24日(1999年記録)
・化  性:年2〜3化
・開  長:春型■■■■■■□□□□
      夏型■■■■■■■■□□
・食  草:ミカン科カラタチ、サンショウなど
・越冬態:蛹
・難易度:春型★★★★★★★★★★
      夏型★★★★★★★★☆☆
 
夏型 ♀ 表               7月13日 町内

春型 産卵           5月14日 町内