作者からのCommercial Message

表紙へ    近況報告へ

※週一回定期的に更新する「近況報告」とは別に、長期的なお知らせがある場合こちらに掲載します。

  不明な点、詳しいお問い合わせはメールでお願いします。(表紙から)

2017年8月1日現在。
 

No40 ('15.7.15.)
 念願の著書を出版しました!重要
軽井沢の蝶(1/20000の視点)」
A4版、256ページ、定価3,000円(消費税別)、ほおずき書籍より。
軽井沢での探蝶記。40年以上かけて129種を検証。記録とエッセイ
を綴りました。1100点を超える写真は全て軽井沢町内での撮影。
図鑑でもあり、読み物でもある、渾身の一冊です。
アマゾンでは正規価格品の在庫があるかどうかご確認下さい。
中古業者による高値の転売品しか出ていないタイミングもあります。
※直接お会いできる方に限り、作者(私)からもご購入頂けます。

No23 ('16.11.2.)
 町内追分にある、練馬区立少年自然の家「ベルデ軽井沢」にて、
写真展を開催中!ロビーの一角をお借りして'07年12月から展示
させて頂いております。写真を入れ替えながら現在も継続中です。

No34 ('11.7.26.)
 お願い
誠に勝手ながら、各種の蝶に関しての生息地、及び発生状況のお問い合わせには、ご返答を差し控え
させて頂いております。理由としまして、発生期には問い合わせのメールが急増し、返信作業に追われ
ること。その都度現場へ確認に行かなければならず、時間のやりくりが困難なこと…が挙げられます。
特に発生状況に関しては、「不振」とお答えした後、「大発生」することもあり、情報の修正に手間取った
り、あるいは強要されないまでも、ベストタイミングでの連絡を乞われるなどして疲弊しています。「発生
したら連絡下さい。」は禁句です。HPの公開から10年過ぎ、このたぐいの要望が増えて困っています。
ただし保護活動を目的とした調査、研究であれば、できる限り協力します。採集及び撮影目的の場合、
ご容赦下さい。

No3
 「もう一度見たい!軽井沢の草原・湿原」という本が発売中です。
失われつつある軽井沢の自然について、昔の様子を年配の方々
から聞き取りするなどしてまとめた本です。(私は蝶について書か
せて頂きました。)B6判/216ページ/カラー写真約80点収蔵。
詳しくは軽井沢サクラソウ会議のHPからお問い合わせ下さい。

No43 ('17.8.1.)超重要! 当HP閉鎖のお知らせ。
 2017年10月31日をもちまして、当方が契約しているプロバイダーのHP公開代理事業が終了します。
下記の著書を出版して以来、役目を終えた感のあった当HP。長年ご愛顧頂きましたが、作者としては
引き際と考えており、他のプロバイダーへの引越し作業は行なわず、2017年10月31日で閉鎖すること
にしました。(実際は解約手続き上、数日前に閲覧できなくなりそうです。)それまでは従来通り、可能
な限り掲載内容の更新を続けます。
 特にネットを通じて知り合った皆様には、本件のご報告を順次させて頂いておりますが、メアド変更、
リンク切れ、プラウザのバージョン違いによる閲覧不能などで、ご連絡できない方々がいらっしゃいま
す。申し訳ありませんが、お伝えしようがありません。この場を借りてお詫び申し上げます。