キアゲハ Papilio machaon hippocrates 

 前種アゲハの項でも触れましたが、こちら
は個体数が多く、町内で見られる両種のうち、
9割以上はキアゲハだと思って間違いないで
しょう。蝶を撮り始めて20年、毎年連続して撮
影したのは唯一キアゲハだけです。もっともそ
の年によって、意図的に撮影対象から外して
いる種もありますが、尾状突起を持つ他のア
ゲハ類同様、大きく美しいその翅は、何度見
てもカメラを向けたくなるものです。
 蝶を撮る時は可能な限り、翅の両面をおさ
えようと心掛けているのですが、本種はなか
なか翅を閉じて静止することがありません。
しかし湿地で吸水している時など、稀に翅を
立てて止まっていることもあり、採集して標本
を作っていた頃よりも、観察力は身に付いた
と思っています。
 ある日、夏型を見つけました。遠目に見て
もキアゲハだと言うことはわかったのですが、
模様の位置関係が違って見えます。近寄る
と2匹いるのに気付き、交尾中だとわかるや
急いでカメラを構えました。アゲハ科の交尾
シーンはこの時初めて見たのです。
 秋になるとシシウド等に幼虫が見られます。
蛹で冬を越すのですが、中学生の時、室内
に蛹を置いてしまい、12月に羽化させたこと
がありました。ちょっと考えればわかりそうな
ことなのに、成虫は飢えと寒さに耐えられる
わけもなく、ひと思いに殺して標本にするし
かありませんでした。
 山頂で乱舞は町内どの山でも定番です。

目次へ
前種へ
次種へ

春型の山頂占有行動。     4月28日 町内

 データ

・分  類:アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科
・初見日:春型4月5日〜(2002年記録)
      夏型6月10日〜(2015年記録)
・終見日:〜春型7月10日(2010年記録)
      〜夏型10月26日(2012年記録)
・化  性:年3〜4化

・開  長:春型■■■■■■□□□□
      夏型■■■■■■■■□□
・食  草:セリ科シシウド、ニンジン、ミツバなど
・越冬態:蛹
・難易度:春型★★★☆☆☆☆☆☆☆
      夏型★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 

夏型 吸蜜 2匹とも♂。 7月12日 町内

夏型の♀で
は後翅中室
も黒ずむ。

春型 産卵。  6月12日 町内 夏型 ♂ 裏   8月23日 町内 夏型 交尾 上が♀。   7月29日 町内