前頁へ  目次へ  次頁へ

軽井沢一万葉

 3.奇抜な岩肌

怪獣家族? 2015(平成27).3.30.→
「いいか、電線には触るんじゃないぞ。」まるで怪獣の
家族が会話をしているようです。人目につかない山奥
で、ゴジラのような岩が向き合って鎮座。親子?それ
とも夫婦?なんでこんな形の岩山が出来たのか、近
寄って見たいもの。群馬県角落山への登山道にて、
樹林帯の隙間から遠くにひっそりと…。

↑弥陀ヶ城岩(あみだがじょういわ)。 2009(平成21).6.25.
上下2段の溶岩層からなる仏岩(ほとけいわ)火山。その活動が停止して以降、隆起した
浅間山(正確には前掛山)に埋もれ、現在は切り立った岩が残るだけとなっています。落
石の他、火山ガスによる事故も考えられるため、風向きなど事前に確認。火山ガスの3大
有毒成分は、二酸化硫黄、硫化水素、二酸化炭素。特に窪んだ場所では危ない。

←愛宕山のオルガンロック。
2012(平成24).5.11.
軽井沢の旧道から三笠地区
にまたがる愛宕山。その中腹
に祀られる愛宕神社の境内
には、オルガンロックと呼ば
れる岩がそびえます。旧道の
奥から長い階段を上る参道
と、三笠の別荘地から車で入
るコースがあります。裏手に
は金刀比羅大明神、山頂に
は長野ローカルのTV局のア
ンテナ施設が林立。愛宕山
には3軒の神社があります。

←矢ヶ崎山。 2010(平成22).1.15.
矢ヶ崎山がこのような岩山だと知る人は少ないでし
ょう。一般に某ホテルのスキー場となっている北斜
面が目につくため、反対側の南斜面がどうなってい
るのか、関心は薄いようです。バックカントリーとし
ても、あまり相応しくはないようです。