前頁へ  目次へ  次頁へ

軽井沢一万葉

 15.季節の変わり目に…

役者が揃った! 2002(平成14).5.27.→
白い雪、青い空、芽吹く新緑、咲き誇る花。
これだけの役者を一コマでとらえるには、
数年掛かりでチャンスを待たなければなり
ません。花はあるけど雪がない…、全て揃
っているのにカメラポジションが見つからな
い…、これで天気さえ良ければ…等々、落
胆する年が続きます。この写真も撮って数
分後には雨が降り出しました。次に同じ条
件に恵まれたのは6年後。ただし樹々が伸
びて山を隠すほど。簡単には撮らせてもら
えないんだなぁ。

↑Blue earth 2016(平成28).2.25.
春が近付くと浅間の雪も溶け、まるで地球
を覆う雲のような紋様が浮かび上がります。
荒れる海の白波にも見えて、ついカメラを
向けてしまいます。北軽井沢、国道沿いで
の一枚です。 

晩秋の弥陀ヶ城。 2009(平成21).11.21.→
冠雪する浅間の峰に吹き上がる水蒸気と、
手前に鎮座する仏岩の断崖、弥陀ヶ城岩。
枯れすすきの原野がもはや冬の訪れを感
じさせます。以前はあえてこの時期に足を
運ぶ場所ではなかったのですが、この年
は時間的な制約から解放され、自分のペ
ースで歩けたので、心地良い疲労感を味
わいながら散策できました。
 

←ひつじ田。 2013(平成25).11.8.
刈り取りが済んだ稲田。秋の陽射しを浴びながら再び芽を出し
た稲。この状態をひつじ田と言います。小春日和の穏やかな天
気はつかの間。すぐに厳しい冬がやって来ます。