前頁へ  目次へ  次頁へ

軽井沢一万葉

 19.光と闇の狭間で…

↑浅間の夕景と中軽井沢、祇園祭の花火。 2014(平成26).7.12.
離山の山頂から中軽方面を望む。夕闇に浮かぶ浅間のシルエットも、宵の空に
映えます。この日は祇園祭の花火大会。中軽の夜景に打ちあがる花火も絵に
なるなぁ…。三脚にレリーズ使って長時間露光。こんなひと時の風景を誰が知っ
ているんだろう?帰り道は真っ暗な山道で足元も見えず、小型のLEDライトがあ
ると便利。蚊などの虫よけスプレーもあれば尚可。夜の山歩きも私の好きなシ
チュエーションのひとつ。登山道を充分知っている必要はありますが…。

↑軽井沢の夜景。 2015(平成27).12.9.
矢ヶ崎山から軽井沢駅前の街明かりを狙う。日没直後なの
で残照は充分。冬場は空気が澄んでいるので尚、美しい!
加えて夏場に多いヤマビルがいないので安心して登れます。
 

↑真冬のオリオン。 2009(平成21).1.10.
確か塩沢ではこれが第1回目の花火大会だったと記憶し
ています。したがってカメラポジションもどこからが正解か
わからず、どの辺りにどんな大きさで花火が上がるのか、
全く予見できないまま、車を走らせていました。ほどなく
始まってしまい、あわてて飛び込んだ農地の脇にて撮影。
ほぼ満月に近い月と、オリオン座がうまく入りました。

↑イルミネーション点灯式の花火大会。 2015(平成27).11.28.
恒例のウィンターフェスティバルの一環です。打ち上げ花火を見
下ろすアングルでは、なかなか良いポジションが見つかりません。
この写真は離山の東側から撮ったもの。上辺の夜景は群馬県の
高崎方面。下辺は軽井沢町の矢ヶ崎付近。