前頁へ  目次へ  次頁へ

軽井沢一万葉

 22.高岩山(たかいわやま)

↑紅白の梅と高岩山の「雄岩」。 2011(平成23).4.17.
数年前から狙っていたシーンです。当初は雪景色に映える
紅梅を思い描いていたのですが、待てども春雪は降らず…。
紅白のコントラストがいい味出す…と期待したところで天候
にはあらがえません。早咲きの紅梅が終わりかけた時、絶
妙なタイミングで白梅が咲き始めてくれました。花期が異な
る紅梅と白梅。予想もしていなかった紅白の共演に感謝!
多分これ、例年とは違う寒暖の変化があったからだろうな。

↑クサリ場。 2017(平成29).1.4.
安全第一を心掛け、クサリ場を登っ
てみました。難関がいくつもあって、
岩の亀裂で手足を突っ張り、背中
を後ろの岩壁に当てて休み休み。
何回も出直しては勇気を振り絞り、
最高到達点を徐々に高くしていき
ました。数日後ついに雄岩へ登頂
成功!(本項「16」を参照)

↑双耳峰「高岩山」を麓から眺める。 2016(平成28).12.30.
碓氷・軽井沢I.C.脇にある険しい岩山。画面左が女岩、右が雄岩。夕陽に
照らされる時間帯が個人的に好み。複雑な凸凹に陰が出来なくなります。

↑ドクロの目? 2010(平成22).2.25.
山体が2つに分かれる双耳峰の高岩山。登ってみると途中の鞍部に突起があります。中間頂点と呼ん
でいるその突起に立ち、「雄岩」を収めたカット。切り立った岩肌には大小の窪みや洞穴があり、ドクロ
にも見える恐ろしい山。その辺まで行っては幾度となく下山。垂直のクサリ場を上がって登頂するまで、
何年も掛けたスキルアップが必要。極度の緊張が強いられます。危険ながらまだ「女岩」の方が容易。