メスグロヒョウモン Damora sagana liane 

 ご存知の方も多いと思いますが、翅の模様
が雌雄で全く異なる蝶の代表種です。かく言
う私も初めてメスグロヒョウモンの♀を採集し
た時は、イチモンジチョウの仲間だと思い、図
鑑をめくっていたものです。例によってこの蝶
も窓を開けておくと室内に入ってきて、近似の
何種類かは窓とカーテンの間に入ったものを、
ガラス越しに外から撮影したことがありました。
しかしそれでは自然状態とは言えず、人工的
な物がなるべく画面に入らない場所で撮るよ
う、探し歩いたものでした。
 何と言っても最大の特徴は♀が黒いという
ことで、♀の撮影にこそ力が入るものですが、
撮ろうとしてすぐに会える相手でもなく、見つ
けては逃げられ、追いかけては逃げられ、
 「頼むからじっとしててくれ!」
 と殺気立つ気持ちをおさえながらも、離れた
場所からファインダー越しに目標を捕捉。刺
激しないようサイレント・モードで近付くのです。
極度の緊張と興奮から、私の心拍数は瞬時
にはね上がります。当然呼吸も止めたまま、
やっと数cmまで近付いてピントを確認。さぁ
シャッターを押すぞ!というタイミングでまた
も逃げられ、我慢していた息を吐き、心拍も
たちまち平常値に下がっていく時の、悔しさ
と空しさと腹立たしさは、経験しなきゃわから
ないよなぁ…。

♀ 表          7月19日 町内

♂ 裏               7月24日 町内

前種へ
目次へ
次種へ

♀ 裏  これぞ黒い雌豹。  7月13日 町内  

ここに紋がない。  性標太く3本。

後翅の黒帯は中央がとがる。

交尾。     7月12日 町内

 データ

・分  類:タテハチョウ科タテハチョウ亜科
・初見日:6月20日〜(2016年記録)
・終見日:〜10月2日(2005年記録)
・化  性:年1化

・開  長:■■■■■■□□□□
・食  草:スミレ科多種
・越冬態:幼虫
・難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆
 
♂ 表         6月27日 町内