ミヤマカラスシジミ Fixsenia mera 

 前種カラスシジミと外見はよく似ています。
もちろん名前も同じような蝶ですが、幼虫
の食草が異なるためか、町内での生息域
はあまり重なっていないようです。どちらの
種も子供の頃は、何年かに一度ずつ採集
したものですが、写真は近年まで撮影でき
ずにいました。裏面の模様はミドリシジミ類
ともよく似ていて、せっかくのシャッターチャ
ンスを、勘違いのために逃したこともありま
した。とにかく後翅裏面の肛角部をしっかり
と確認してみましょう。
 また、活動期のピークも前種カラスシジミ
の方がやや早く、本種は8月に入ってから
でも新鮮な個体を見掛けます。
 私がこのミヤマカラスシジミを初めて撮影
したのは、かつてよく採集に訪れた山の頂
上付近で、展望の開けた広場の片隅に咲
いた、花の蜜を吸っているシーンでした。近
くでは何人かの観光客の皆さんが、軽井沢
の眺めを楽しみ、全景をカメラにおさめよう
と歓喜の声を上げながら、シャッターを押し
ています。その隣りで私は、レンズをマクロ
にセットし、この小さな蝶をめいっぱいの接
写で撮っているのです。何とも対照的な構
図でした。
 最近になって多産箇所と発生のピークが、
ぼんやり見えてきました。

前種へ
目次へ
次種へ

♂ 裏                7月20日 町内

参考写真 カラスシジミ    7月31日 町内 

後翅外縁には
黒斑点が並ぶ。

後翅外縁の紋は∩字型。

終齢幼虫。         6月22日 町内
食草の一種、クロツバラの幹を這ってた。 

性標。前翅上湾部の
中央にダ円形のコブ。

♀ 裏                7月31日 町内

 データ

・分  類:シジミチョウ科ミドリシジミ亜科
・初見日:7月14日〜(2001年記録)
・終見日:〜9月6日(2006年記録)
・化  性:年1化

・開  長:■■□□□□□□□□
・食  草:クロウメモドキ科クロウメモドキ、クロツバラ
・越冬態:卵
・難易度:★★★★★★★☆☆☆