私が軽井沢で今までに確認した蝶は、全部で120種類。うち116種類が撮影済み。いつか町内産全種を
撮影したいものです。

表紙へ戻る

アゲハチョウ科

ウスバアゲハ亜科
種名 PRコメント                                       写真
ウスバシロチョウ 交尾のうがあっても再交尾。白味の強い個体もあり。 '06.5.25.小変  5点
アゲハチョウ亜科
アゲハ 「ナミ」ではありません!「特上」です。産卵シーン追加。'11.5.20.更新  4点
キアゲハ 翅を閉じての吸水や、交尾、産卵あり。写真を変更。 '12.11.17.更新  5点
カラスアゲハ ミヤマカラス…との比較は表でも裏でも。         '08.6.21.更新  4点
ミヤマカラスアゲハ 裏面の個体差をメインに収録。やや異常な型あり。   '06.8.26.小変  5点
続ミヤマカラスアゲハ 集団吸水。腹端から排出。近似・近縁各種の共演。  '11.8.10.小変  5点
クロアゲハ 町内では少ない。産卵シーン、吸水シーン追加。    '07.6.16.更新  3点
オナガアゲハ 静止した状態での写真がメイン。飛翔は難しい。    '08.6.17.更新  5点
アオスジアゲハ 山頂を占有行動。接写した写真を追加。          '03.9.17.更新  3点

シロチョウ科

シロチョウ亜科
種名 PRコメント 写真
モンシロチョウ 季節型と雌雄の違い、交尾、産卵シーン。         '04.5.20.小変  7点
スジグロチョウ 季節型と雌雄の違い、産卵や交尾シーンも撮れました。'06.5.25.小変  6点
ヤマトスジグロチョウ 旧エゾスジグロチョウ。季節型の違い、交尾、産卵等。 '09.10.8.小変  7点
ツマキチョウ 求愛や交尾、産卵シーンあり。               '11.6.16.小変  5点
モンキチョウ亜科
キタキチョウ 季節型、交尾、吸水シーン等。                '10.6.4.小変  7点
続キタキチョウ 蛹の発見から羽化までの経過。               '08.9.18.小変  8点
モンキチョウ 飛翔シーン。求愛、交尾、産卵は白色・黄色共にあり。 '11.7.30.小変  7点
ミヤマモンキチョウ 交尾、産卵。求愛シーンでないと、翅表は撮れません。'12.11.7.更新  5点
ヤマキチョウ 交尾拒否は誤認求愛のため。飛翔シーンほか。    '08.10.5.小変  5点
スジボソヤマキチョウ 交尾は夏眠前と越冬後にも。産卵、集団吸水あり。  '14.8.27.小変  5点
コバネシロチョウ亜科
ヒメシロチョウ 飛翔、求愛、産卵。写真は本編で唯一、町外産も併用。'02.9.2.更新  8点
ベニシジミ亜科
種名 PRコメント 写真
ベニシジミ 求愛、交尾、そして誤認求愛ほか。写真を入れ替え。 '12.11.17.更新  6点
ミドリシジミ亜科
コツバメ 異常型あり。交尾シーン、♂♀の飛翔シーンは難易。  '16.6.25.小変  5点
ムラサキシジミ 未撮影種が減りました。産卵あり。町内にも生息か? '16.12.17.小変  4点
トラフシジミ 季節型の違いと産卵シーンも。写真を一部差し替え。  '11.7.29.小変  5点
ウラキンシジミ あまり見掛けない上に、開翅もしません。          '07.8.7小変.  2点
ウラゴマダラシジミ 産卵シーン他。幼虫あり。そして唯一作者の顔写真も。'12.11.7.小変  6点
続ウラゴマダラシジミ 羽化シーンの連続写真。                   '01.2.11.公開 10点
アカシジミ これも翅表は飛翔時に。産卵ほか。            '08.8.26.更新  3点
ムモンアカシジミ ほとんど9月に入ってからの撮影。詳細を別ワクで。  '10.11.12.加筆  4点
ウラクロシジミ 偶然まぎれ込んだ個体でしょう。               '03.7.9.新設  1点
ウラミスジシジミ いつか撮れると思っていましたが、ようやく来ました。  '07.7.13.更新  1点
オナガシジミ オニグルミの樹冠を舞っています。翅表の写真もあり。 '04.8.13.小変  4点
ミズイロオナガシジミ 斑紋異常の写真が増えてきました。翅表の写真もあり。'07.7.14.更新  6点
ウスイロオナガシジミ 翅表の撮影は困難。前種ほどではないまでも個体差。 '10.8.5.更新  3点
ミドリシジミ 産卵シーンほか。♂の翅表がやっと撮れました。     '09.9.10.小変  4点
続ミドリシジミ ♀の遺伝的多型を4系統。(A型、B型、AB型、O型。) '07.8.29.更新  6点
オオミドリシジミ 雌雄ともに翅表を。産卵シーンあり。           '13.12.28.小変  5点
エゾミドリシジミ 写真を変更。ようやくベストなシーンがそろいました。 '13.12.28.小変  5点
ジョウザンミドリシジミ ♂は新鮮な個体と入れ替え。♀もようやく差し替え。   '09.7.28.更新  5点
アイノミドリシジミ ♂の翅表は角度でずい分と色が変わります。      '14.8.27.小変  6点
メスアカミドリシジミ 卍巴え飛翔をよく見掛けます。産卵シーンを追加。    '06.8.4.小変  6点
カラスシジミ 次種ミヤマカラスシジミとの区別点が。           '06.8.17.更新  3点
ミヤマカラスシジミ 前種カラスシジミとの区別点。それと幼虫を。        '06.8.4.小変  4点
ヒメシジミ亜科
ルリシジミ 集団吸水や産卵。季節差。異常型あり。翅表は難しい。'09.4.25.小変  7点
スギタニルリシジミ 集団吸水あり。獣糞にも群れる。誤求愛か?       '14.8.29.小変  5点
ツバメシジミ 交尾、産卵シーン。そして♀の個体差も。        '13.12.28.小変  6点
ヤマトシジミ 求愛、交尾、産卵、季節差。多産種なのでキッチリ。  '11.10.12.更新  7点
続ヤマトシジミ 異常型を集めてみました。♀の裏面が多いようです。 '10.10.29.更新  6点
ヒメシジミ 交尾シーンほか、♂も♀も花に群れる。          '08.7.11.小変  6点
続ヒメシジミ 異常型等を集めました。参考までにアサマ、ミヤマも。  '13.9.5.更新  7点
アサマシジミ 土地所有者に保護のお願い。交尾、産卵、ヒメと混生。 '08.7.11更新  7点
ミヤマシジミ 交尾、産卵ほか。生息地を特定したので写真を変更。  '07.6.27.小変  7点
ウラナミシジミ 交尾、産卵シーン等。目撃頻度が増してきました。   '09.9.28.小変  5点
ウラギンシジミ亜科
ウラギンシジミ ♂が圧倒的。♀はごく稀。やっと町内でそろいました。'13.12.28.小変  5点
カニアシシジミ亜科
ゴイシシジミ 交尾、産卵、集団あり。当たり年でないと撮れません。 '14.8.27.小変  5点
タテハチョウ亜科
種名 PRコメント 写真
オオムラサキ 言わずと知れた日本の国蝶。軽井沢にもいました!  '14.8.27.小変  3点
コムラサキ 獣糞に群れているシーンほか。黒化型はいないのか?'08.9.11.小変  5点
スミナガシ 撮影には場所と時間帯が重要でした。          '03.8.28.更新  3点
ゴマダラチョウ この場所のこんな時間帯が活動のピークだったとは!'15.8.29.更新  4点
アカボシゴマダラ 外来生物。占有行動で春型も夏型も確認。       '17.6.14.小変  4点
クジャクチョウ 越冬後に求愛シーンを撮影。集団あり。          '08.6.17.小変  4点
ルリタテハ 季節型の違いや幼虫。それに異常型?を追加。    '12.11.6.小変  6点
アカタテハ 樹液も花も好きなようです。産卵は一瞬の出来事。  '11.12.28.小変  6点
ヒメアカタテハ 産卵。異常型あり。求愛シーンも追加。         '06.10.26.更新  5点
キタテハ 求愛、交尾、季節型の違い。ほか写真を差し替え。  '08.6.17.更新  6点
シータテハ 季節型の違いがメイン。獣糞に群れる集団あり。    '09.4.16.小変  6点
エルタテハ なかなかL字紋が撮影しづらい。写真を一部変更。   '14.8.27.小変  5点
ヒオドシチョウ 越冬後の方が誤求愛など名シーンが撮れます。    '14.8.27.小変  5点
キベリタテハ 硬派なイメージ。一部写真を入れ替え。         '12.10.25.小変  4点
サカハチチョウ 季節型の違いが特に著しい。写真を一部入れ換え。 '17.8.31.更新  5点
イチモンジチョウ 交尾シーンを追加。集団で獣糞に群れています。    '07.7.13.更新  5点
アサマイチモンジ イチモンジチョウと並んだ吸蜜シーン。求愛など。    '07.6.20.小変  5点
フタスジチョウ 獣糞に群れる集団や、求愛、交尾シーンなど。     '11.7.18.小変  5点
ミスジチョウ 表裏ともにバッチリ撮れました。               '07.7.13.更新  3点
オオミスジ ♀の蛹に♂が集まっていました。               '03.8.1.小変  3点
コミスジ 求愛や交尾シーンあり。ヘビからの吸汁シーンも。   '12.11.7.小変  5点
ホシミスジ 蛹化を自然状態で。翅表の白帯は退化傾向に。    '04.7.20.小変  6点
続ホシミスジ 羽化後、すぐに交尾。これも自然状態。レイアウト変更。'02.9.22.小変  9点
ウラギンヒョウモン 交尾、産卵、集団での写真ほか。             '08.9.11.小変  6点
ギンボシヒョウモン 交尾シーンを追加。異常型あり。              '10.8.12.小変  6点
ウラギンスジヒョウモン 撮影はもはや運まかせ。ようやく撮り直しできました。 '10.8.25.小変  4点
オオウラギンスジヒョウモン 軽井沢で最も種名の長い蝶。交尾シーンを追加。   '17.8.31.小変  5点
ミドリヒョウモン 町内産ヒョウモン類の最多産種。交尾、産卵等。    '08.9.18.更新  6点
続ミドリヒョウモン 蛹化のシーンを自然状態で撮りました。         '01.2.11.公開  8点
続々ミドリヒョウモン 寄生虫が出てきた!それと羽化も。            '01.2.11.公開  8点
クモガタヒョウモン 交尾シーンあり。誤認求愛もします。           '13.12.28.小変  5点
ツマグロヒョウモン 交尾、産卵シーンあり。本当に温暖化の影響なの? '14.8.27.小変  6点
メスグロヒョウモン 雌雄異型の代表種。交尾シーンあり。          '10.8.12.小変  5点
コヒョウモン 目を疑う異常型。これコヒョウモン?ほか交尾シーン。 '07.7.15.小変  6点
ヒョウモンチョウ 近似種との区別に悩まされました。写真を入れ替え。 '09.7.11.更新  4点
コヒョウモンモドキ 求愛、交尾あり。♀の写真を入れ替えました。      '04.7.18.小変  5点
ジャノメチョウ亜科
ジャノメチョウ 集団で地面や樹液に群れる。交尾あり。         '09.6.24.更新  6点
コジャノメ やっと写真がそろってきました。交尾シーンあり。    '13.6.18.小変  5点
ヒメジャノメ 待っているうちに翅を開きます。               '06.9.6.更新  5点
ウラジャノメ 獣糞に群れていました。求愛シーンを追加。       '06.7.27.小変  4点
ヒメウラナミジャノメ 交尾。産卵。異常型。ヘビの死骸からも吸汁。     '12.11.13.更新  7点
ヒカゲチョウ 運良く翅を開いてくれました。産卵、獣糞への群れ等。 '12.11.7.小変  5点
クロヒカゲ 路上に集まっていました。産卵シーンもあり。       '06.9.6.更新  5点
オオヒカゲ 交尾、産卵シーンあり。♂♀とも開翅バッチリ!     '11.7.28.小変  4点
ヒメヒカゲ 絶滅へのカウントダウンも終了寸前。           '03.7.20.小変  4点
ベニヒカゲ 交尾シーン。♀には白色型と黄色型の2系統あり。  '12.11.17.更新  5点
ヤマキマダラヒカゲ 産卵シーンあり。翅表は飛翔時を。集団の図なども。 '12.11.17.小変  4点
サトキマダラヒカゲ 産卵シーンあり。翅表は静止時になぜか撮れた。    '16.7.16.更新  4点
ヒメキマダラヒカゲ 昔はもっと身近にいたのになぁ。一部写真入れ換え。'13.12.26.小変  4点
キマダラモドキ 雌雄ともに開翅を…。写真の追加&変更。        '11.9.2.更新  5点
ウスイロコノマチョウ 迷蝶でしょう?何で軽井沢にいたのか!        '08.10.23.小変  2点
マダラチョウ亜科
アサギマダラ 集団での吸蜜や吸水(?)シーンあり。          '10.8.27.更新  4点
続アサギマダラ 卵、幼虫、産卵、擬似産卵(?)、ヘアーペンシル等。 '12.11.7.小変  7点
テングチョウ亜科
テングチョウ 写真を一部入れ替えました。               '14.8.27.小変  3点
チャマダラセセリ亜科
種名 PRコメント 写真
ミヤマセセリ 求愛、交尾、産卵。獣糞やカエルの卵にも来ます。  '14.8.29.小変  6点
ダイミョウセセリ 産卵シーンあり。交尾シーンも追加。           '09.6.29.小変  5点
アオバセセリ亜科
アオバセセリ 有名種でも町内では少ない。翅表を撮るのは難しい。 '08.9.4.更新  3点
キバネセセリ 集団の写真あり。♀は翅表に特徴が。          '06.8.3.小変  4点
セセリチョウ亜科
ギンイチモンジセセリ 交尾、産卵、幼虫あり。ミヤマセセリから誤認求愛?  '10.6.10.小変  4点
キマダラセセリ ようやく再会。このたび写真を入れ替えました。     '04.7.18.小変  3点
コキマダラセセリ よくぞ雌雄とも表裏撮影できたもんだ。求愛を追加。  '09.7.4.更新  5点
ヒメキマダラセセリ 求愛や交尾シーン、吸蜜の群れなど。          '08.7.28.小変  5点
アカセセリ 求愛シーンを追加。                      '04.8.22.更新  5点
イチモンジセセリ 求愛、誤認求愛、産卵シーンほか。交尾を追加。    '05.9.23.更新  6点
チャバネセセリ 交尾を追加。雌雄の区別は容易でも撮影は難攻。  '08.10.17.小変  5点
オオチャバネセセリ 求愛、交尾。翅の開き方も特徴的。花にも群れる。   '04.10.7.小変  5点
コチャバネセセリ 産卵。野鳥や獣糞に。ミヤマカラスアゲハとも。     '14.8.27.小変  5点
ミヤマチャバネセセリ 産卵や交尾シーンあり。ごく一部の地域で命をつなぐ。 '11.5.24.小変  4点
ホシチャバネセセリ 軽井沢産全種の撮影は、仕事と両立で出来るのか?  '04.8.1.小変  3点
スジグロチャバネセセリ 求愛、交尾、産卵。♀は次種と酷似。一部入れ替え。  '13.9.4.小変  5点
ヘリグロチャバネセセリ 求愛、交尾。なぜか誤認求愛されている写真も多い。  '03.8.5.更新  6点

シジミチョウ科

タテハチョウ科

セセリチョウ科

「軽井沢の蝶」目次

 凡例 各ページごとに下記のようなデータが記載されています。

・分  類:○○チョウ科◎◎チョウ亜科・・・・・所属する科群と亜科名。定義は最近の傾向にならいました。
・初見日:A月B日〜(200X年記録)・・・・・・・・軽井沢での私個人によるデータです。日付けと記録年を。
・終見日:〜C月D日(199X年記録)・・・・・・・・同上。(初見日とあわせて随時更新される可能性あり。)
・化  性:年数化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・基本的に軽井沢での発生回数。迷蝶の場合は推定。
・開  長:■■■■■□□□□□・・・・・・・・・10段階で表示。具体的な数値は省略。■が多いほど大柄。
・食  草:△△科◇◇など・・・・・・・・・・・・・・・必ずしも軽井沢に自生する植物とは限りません。
・越冬態:××・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・軽井沢における越冬形態。他地域と異なる場合があります。
・難易度:★★★★★★★★☆☆・・・・・・・・・撮影の難易度。★が多いほど難易。私的感覚なので曖昧。
・R D B:環境省('12年)/長野県/('15年)・・・レッドデータブックの略。該当する種類のみ掲載。

各種の蝶のページをプリントアウトする時は、余白を1.0pに設定すると、A4サイズ以内に収まります。
 

PRコメントを参考に、蝶の名前をクリックして下さい。