オオチャバネセセリ Polytremis pellucida pellucida 

 図鑑には後翅中央にある白斑列を見て、イ
チモンジセセリと区別するよう書いてあります。
それに従い昆虫クラブ入部当初から、注意し
て確認を続けていたのですが、多少ジグザグ
になる個体はあれど、どれもイチモンジセセリ
のようで、町内にオオチャバネセセリはいない
と思っていました。
 本種を初めて見たのは軽井沢ではなく、近
隣の高原でベニヒカゲを探していた時でした。
そこでオオチャバネセセリを見掛け、これは明
らかに違うと実感したものでしたが、翅がボロ
ボロで翌年もう一度出直しました。再び見た本
種はアザミの花に群れていて、標高2,000mも
の高地に多産していながら、なぜはるかに低
い軽井沢では見られないのか、不思議に思っ
たものです。
 しかしその後よく探せば、そこまで行かなく
ても、町内で撮影ができてしまったのです。一
度いることがわかってしまうと、更にこま目に
見て回り、軽井沢でも各地でオオチャバネセ
セリが撮れるようになりました。慣れてくると
遠目にも識別でき、一見して大柄なその翅は、
さすが種名に「オオ…」を名乗ることはあると
思いました。花から花へと舞うシーンでは、幅
の広い翅のはばたきが特に印象に残ります。

交尾 上が♀。 7月18日 町内 

前種へ
目次へ
次種へ

求愛 上が♀。 9月25日町内

正面。象徴的開翅。10月5日町内  

中室の白斑は大きく明瞭。

触角が長め。

後翅の紋はジグザグに並ぶ。

アザミに3匹も群れた。    10月2日 町内

 データ

・分  類:セセリチョウ科セセリチョウ亜科
・初見日:7月3日〜(2006年記録)
・終見日:〜10月27日(2003年記録)
・化  性:年2化
・開  長:■■□□□□□□□□
 

・食  草:イネ科イネ、アシ、ススキ、ノビエなど、
      タケ科マダケ、メダケ、クマザサなど
・越冬態:幼虫
・難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆
表             9月7日 町内