オオミスジ Neptis aiwina 

 町内で見られる同属5種の中では最大の
開長があり、両翼を水平に開いたまま上空
を横切って行く姿は、小さなトンビのようで、
目の前にいても撮れないという強烈なジレ
ンマを、私に与え続けてくれるのでした。加
えて数も少なく、運良く見掛けても撮影可能
な位置に来て、しかも静止してくれるかは、
蝶の気分次第と言え、何度も悔しい思いを
させられました
 活動期間は短く、8月に入ると翅のいたん
だ個体ばかりになってしまい、やっと近くか
ら撮影できた時には、ボロボロの状態にな
っていることもあり、よく落胆させられたもの
です。数ある近似種とは、前翅中央の白い
筋を見て区別するのですが、いつ見てもオ
オミスジではなく、根気のいる確認作業も
怠ってはいけません。
 幼虫の食樹はアンズやウメ、スモモと聞
いているので、それらを栽培している地域
には、きっと多いのでしょう。
 それでもあきらめず油断せず、地道に調
査を続けた結果、軽井沢でも比較的容易
にその姿を観察できる箇所を見つけました。
 「ここに居たのかオオミスジ…。」
 それさえ知ってしまえばこっちのもの。次
の年には頃合いをみて撮影に行き、難なく
写真におさまってくれたのでした。おまけに
まだ羽化前の♀の蛹の回りで、♂が待ち構
えているシーンまで撮れたのです。この感
謝の気持ちを、どう表せばよいのでしょう?

前種へ
目次へ
次種へ

二匹の♂が止まっている葉の間に、黒い物が
あります。これはまだ羽化していない♀の蛹で、
羽化と同時に交尾が始まるものと思われます。
                   7月6日 町内   

♀ 表                  7月26日 町内

白斑は二列。

裏           7月16日 町内

先端が白い。 中央の白線は上部がキザギザ。

 データ

・分  類:タテハチョウ科タテハチョウ亜科
・初見日:6月30日〜(2004年記録)
・終見日:〜9月11日(2009年記録)
・化  性:年1化

・開  長:■■■■■■■□□□
・食  草:バラ科アンズ、ウメ、スモモなど
・越冬態:幼虫
・難易度:★★★★★☆☆☆☆☆