サカハチチョウ Araschnia burejana 

 春と夏の季節型があり、それぞれが同種と
は思えないほど異なる紋様を持つことで知ら
れる蝶です。5月上旬〜6月下旬まで見られる
春型は、オレンジ色の幾可学模様が特徴的
で、7月上旬〜8月下旬まで見られる夏型は、
黒地に黄白色の帯があり、種名の由来でも
ある逆さにした八の字を形作っています。
 軽井沢では山間部に多く、小さな渓流沿い
でよく見られます。撮影はあまり難しくはなく、
ある時こんなことがありました。春型を撮って
いなかった頃、飛んでいるのを目で追って、
 「頼むからじっとしてくれ…。」
 と願った時に舞い降りてきて止まり、まず裏
面からの撮影ができ、ファインダーをのぞい
たまま今度は、
 「そにで翅を開いてくれ…。」
 と思った時に、翅を開いてくれたのです。い
つもこうだと楽なのですが、人間同士でコミュ
ニケーションをとろうとしても、100%通じるこ
とは少ないのですから、蝶のように一切通じ
ない者を相手にした方が、むしろ気が楽かも
知れませんなぁ。

春型 2匹とも♂。       6月15日 町内
渓流沿いでよく吸水に集まる。

前種へ
目次へ
次種へ

春型 求愛か?         6月1日 町内

夏型 2匹とも♂。        7月30日 町内
上の春型同様、1コマに2匹入れ、それぞれ
開翅と閉翅を押さえる。

ムシヒキアブに襲われた。 8月17日 町内
人の汗も吸いに来る。  7月28日 町内 

 データ

・分  類:タテハチョウ科タテハチョウ亜科
・初見日:春型5月1日〜(2009年記録)
      夏型7月11日〜(1998年記録)
・終見日:〜春型7月24日(2003年記録)
      〜夏型9月29日(2010年記録)
・化  性:年2化
 

・開  長:■■■□□□□□□□
・食  草:イラクサ科アカソ、コアカソ、イラクサなど
・越冬態:蛹
・難易度:春型★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
      夏型★☆☆☆☆☆☆☆☆☆