ほな!!シェンカー ACT3
俺スペで塗ってみよう。下地編

   
1.下地は大事
 「塗装は塗装そのものより下地の表面処理と塗装後の表面処理が全てに等しいデスよね。 つーか塗装自体は大したことではなかったりしますよね」
 これはムの塗り師匠tyr氏がZO−3完成時に氏のBBSでいただいたお言葉です。<(_ _)> ハハァ〜ありがたき幸せ・・。精進します。
 おっしゃる通り、下地や塗装後の表面処理って大事です。プラモもそうですがここで手を抜いちゃあイケマセン。 後の塗装を綺麗にのせる為にしっか
り下地を作りましょう。 自分が納得のいくまで表面処理をしましょう。 まずは下地!!  という訳で今回もガンバって下地を作っていきます。


2.下地作業
 
 まずは埋めた木片周辺をヤスって成形、その後、全体にペーパーがけする。
 サフ吹き後、パテ等で表面処理をする
 工程はこれだけですが「納得のいくまで」が大事ですね。
 
3.用意するもの
@耐水ペーパー各種
Aサフェーサー
Bマスキングテープ
CTAMIYAパテ  
D瞬着
ZO−3で使ったチューブパテはキャップを閉めずに置いておいたのでカチンカチンに硬化してしまいました。大蔵モーグリさんにあるのを使えと・・。(減)


4.工程

@ピックアップ埋め面の成形です。
爪先に当たる感触の1〜2oを削ります。


A荒目のヤスリでゴシゴシ
また削り過ぎちゃいました。f(^ ^;) ZO−3の反省が
生かされてません。恐くなったのでここまで・・。

B中心部に隙間があるので木片の削りカス
を積め込み、瞬着を流し込みます。


C表面処理の下準備です。
指板にマスキング後、全体に120番でカル〜くヤ
スリがけ!シール跡も削ってこんなもんでしょう。
この時点で凸はないはず!

D1回目のパテ埋めです。
スリつけるようにベッタリ盛ってます。
画像が恐い・・。

Eペーパーがけして面の大きな凹を確認します。
ピックアップ部は案の定ヒケ(凹)てました。f(^ ^;)
さらにパテ(青枠)を追加していきます。
 2002/11/16〜から寒くなったので中断していましたが復活しました(^。^;)ホッ つーかご心配おかけしました。2003/05/25

F冬眠から覚めたホナです。案の定、寝てました。
この時点で2回目のパテ盛りとヤスリがけ終っています。

Gまだ所所ヒケがありましたので3回目のパテ盛り
翌日、更に上塗り・・。プゥンと(減)つーか雨(減)

Hサフ吹きっす。う〜んこの画像ではわかりませんが
凸凹あります。さらに400で修正・・・。(減)

I←って事で修正!!塗りたくり削りまくります。(減)
さすがに大きい埋めは辛い・・・。

Jパテ盛り・サフ吹き・研磨は続く・・。(減)
こうなったら納得のいくまでトコトン