復活のZO−3 ACT1
出会いから救済を考える 

   
1.小象との出会い
 新緑の春、営業のムーミンは「今日も訪問ガンバンベー」と8棟192宅の団地を訪れました。
 さてどこから廻ろうと団地内を物色(\(--;)オイオイ )ふと共同ゴミ置き場を見ると、どこかで見た黒い物体が目に飛び込んできました。
 さらによ〜く見るとFERNANDESの文字が・・・。「小、小象だ」思わず駆け寄り、このZO−3保護しました。
 仕事中ですが小象が心配だった為、さっそくジッパーを開けると痛々しい傷跡が。
 「もう大丈夫助けてあげるからな」
思わず抱きしめていました。
 その夜、モーグリの「またぁ」という冷たい視線を浴びながらムーミン家に連れ帰りました。めでたしめでたし。
 では済まないのでMuFu掲示板で報告、皆さんの激励を頂き「復活のZO−3」を目指すことにしました。
 

2.保護した小象(ZO)は

@

A
@この状態で放棄、電池も入っていたので音が鳴りました。もちろん目も光ます。専用ケース付きが嬉しい。
Aヘッドの6弦ペグ部分が破損(+。+)たぶんこれでポイです。さらにVoもガタガタ、電池ケースの蓋もありません。

ムーミンの勝手に「持ち主」推測
多分、持ち主は中高生?もしくはチョロっと弾いてみようかなで買った人。フレットの減りも少ないのであまり弾いてない。 パーツもそのままで放棄しているのでマニアでもない。
 自分のプレイに腹を立ててAmpにヘッドを刺したと思われる,もしくは叩きつけた。または「イエイ」とポーズを決めたら壁にぶっつけたと思われる。
どちらにしろ治療不可とみて笑い袋が笑ったと推測。

3.小象を分解して調べる。
とりあえずパーツチエックと言う事で象さんを解体もとい分解。

弦を外したボディ!スピーカーの淵がささくれてます。

改めてヘッドを観察!ナットも欠けています。(減)
ペグは使えそうです。

スピーカーまわりのメカ
スピーカーのコーンが破れていました。(減)

電池BOXを外すとVoとSWが
Voは硬くて回りません。配線もよくわからず。(減)

おおよそパーツを外したところ

像さんの目(発光ダイオード)が取れません。(減)
グリグリで外れるの??
4.小象を救済するには
@大工仕事
T・掲示板でご指導いただいた下記方法を参考にネック・ヘッドリペアにトライ。!
 エポキシ系接着剤でくっ付ける、完全にくっ付いてから更なる強度の為、取れテイルネック上部より本体ネック部分までドリルで直径の小さな穴3個ほど長く開け、木ネジで止める。

 
先行UPした時に 「失敗したらメイプルネック買います」と書きましたが楽器屋さんで聞き取りしたところ、ネックはメーカーに送ってのみ交換可との事。
 つまり取り寄せは出来ないのです。こうなったら背水の陣で挑みます。失敗したら家にあるグレコSTメイプルネックくっ着けます。(笑)

 
格好はいいです。実際にロングスケールのネックを付けた方がHPで紹介していましたがこれはこれで大変ですね。f(^ ^;)
 メイプル党として憧れますがスケールが合わないネックはブリッジ移動等まであるので最終手段にします!!

                               
 

A左官・塗装仕事
これは念願の俺スぺ着手のため塗り師tyrさんのHPコンテンツを参考に左官・塗装します。
1、全パーツを外し、サンド・ペーパーがけ約一週間(減)
2、表面処理 とくにスピーカーの淵とボディの弾痕等 
(しかしスピーカーの淵には驚愕の真実が・・(ACT3参照))
3、色を塗る。o(^o^)o


B設備仕事
アッセンブリ&パーツの作成1番知恵とお金が掛かりそうです。(減)電気モノは苦手じゃ!!
T・スピーカーの交換。
 
これもスピーカーのみの取り寄せは不可との事。どうでもいいけどなんだ、メーカーのこの対応は(怒)代案としていっそアッセンブリを取っ払い「笑い袋をし込んだお笑いギター」「スピーカーを取っ払うとサウンドホールだからアコ使用ギター」「透明アクリルを裏表に付けてヘソ見えギター」「いっそスピーカー取っ払ってモンキーグリップならぬ象グリップギター」「別のスピーカーをつけマイクにしてポーギル風絶叫ギター」など思案中!!
U・Voの交換&再配線。   
600oΩVoポッド200円だったので発注
V・ナットの交換 
割れているため、再装着は必死!ナットはもちろん牛が好きなので牛骨を予定
W・電池カバーの作成 
取り寄せ不可、まったくなめとんのか(~_~メ)スピーカーなきゃいらんわい。
 
え〜いこうなりゃVoとジャックだけにしてやる・・・。でも目は光らせたい。う〜ん困った小象!!早くもジャンクパーツ行きか?