本文へスキップ
TOPページ 事務所概要  報酬規程 年金・労働  Q&A  障害年金  お問合せ  リンク
ご挨拶
     年金講座ポスター

お客様へ

  当事務所は、労働相談・解決を多数手がけるとともに、障害年金を専門に扱ってきた 
  全国でも数少ない社会保険労務士事務所です。
  労働局へのあっせん申請や、年金加入記録第三者委員会へのあっせん申請にも詳しい
  社会保険労務士です。
  障害年金の申請は、本当に些細なことで受給の可否が決まります。数少ないチャンスをぜひ
  活かしてください。
          
                
     無料電話相談実施中 
  0957-26-2486
主要業務  内              容
  障害年金 障害年金請求 不服申立(審査請求・再審査請求) 
長崎県内での障害年金申請実績は断トツです。

 以下のような方はご相談ください 】
○ 自分で請求したら不支給となった
○ 他の社労士に任せたら失敗した
○ 年金事務所の説明に納得できない
○ 初診日の証明ができない
○ 手続きが面倒で自分でできない
○ 現況届を提出したら等級が下がった、不支給となった。
○ 不服申立(審査請求・再審査請求)をしたい
  労働問題 労使間トラブル 労働局へのあっせん申請  労働相談
  労災不服申立 労災の審査請求・再審査請求

○労基署が業務性を否定し、労災の適用がなされない。
○障害給付の等級に不満

○労基署の説明に納得がいかない
  老齢・遺族年金 ■ 遺族年金
○DVで別居中夫が死亡したため生計維持の証明が困難
○内縁の妻のため、生計同一の証明が困難
夫が二重婚姻(法律婚、内縁の妻)法律婚の妻とは別居中
 に夫が死亡誰が遺
族年金をもらえるか

■老齢年金

○年金加入記録漏れは第三者委員会へ申立
○共済年金と厚生年金がある
○厚生年金基金に加入したことがある
○国民年金基金に加入しているが障害年金を受給中している
  健康保険ほか         会社在職中に労務不能になった。
  現在退職している。会社が傷病手当金の請求に応じてくれない
 その他  障害年金の基礎
消えた年金
障害年金ブログ
諫早散歩
この頃思うこと