もりもりロゴ TOP頁へ(2001年4.15午後7時30分か日誌 晴耕雨読  (2017年1月〜12月
 過去ログ2001 3-4 -6 -8 -10月  -2002年3(週報) 〜5 〜7 〜9 〜2003年3 〜6 〜10月 〜2004年3月 〜10月 〜2005_3月 4〜12月  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年  2015年 2016年
画像は花リスト(50音順)や庭と花 画像頁でご覧下さい。温度はアメダス恵庭島松(標高30m)のDATAです。
2017年
8月第4週
8月23日(水) 5時18.8℃ 12時25.9℃(最低17.9℃ 最高28.3℃) 晴れたり曇ったり

青空が戻って気温も上昇久しぶりに28℃超え。夜になっても余り下がらず寝苦しい夜になりそう。石狩湾新港の東側の浜へ。気温が上がってきたが平日なので先日のような人出はなく。浜辺には多くのトウネンが見られた。拓北の義妹の家に届け物をしてから生振の調整地へ。池の水は抜かれているようだが昨日の大雨で水位が一寸上がったらしく足の長いサギは大丈夫だがシギにしては深すぎるらしく殆ど姿がない。浅いところを探すように数羽のシギが飛び回っていたがどうやら対岸付近の浅いところあたりにおりたようだ。帰りは当別から江別に抜けて野幌のモスで昼食そのまま帰宅した。
8月22日(火) 5時19.1℃ 12時20.9℃(最低18.9℃ 最高20.9℃) 雨のち曇り

早朝から降り始めた雨は午後まで降り続き、一時はけっこう土砂降り状態。雨量もけっこうな量になった。鳥見はお休み、妻を手編みの会に送ってから又家に戻りヨーグルトを作ったり、録画してあったドラマを見たりだらだら。blogネタもないので去年の今時期のカワセミ画像を再掲してごまかした。気温も上がらず肌寒い一日だったが明日は28℃の予報で真夏が戻ってくるようだ。
8月21日(月) 5時16.9℃ 12時22.9℃(最低15.1℃最高24.3℃) 晴れ

朝のうち一寸雲が多かったが10時ぐらいから日差しが出て気温も上がってきた。妻を美容室まで送ったその足で泉の沼公園へ、2時間ほど待つがカワセミの気配なしやむを得ず近くまで来たカイツブリやバンの雛たちをアップでとって何とかBlogネタに。帰宅したら妻がノイバラの伸びた枝を剪定していたので午後からはスモークツリーなども剪定して縛りゴミ処理場まで運び込んだ。
8月20日(日) 5時17.9℃ 12時22.8℃(最低17.3℃最高23.6℃) 晴れ

暑からず寒からず爽やかな一日。2日ぶりの泉の池(妻も一緒に)、カイツブリの雛も6羽と一昨日と同じ、カイツブリもバンも食傷気味なので無視してカワセミを待つが来そうな気配なし。カイツブリの雛も巣を離れて遠出するので時々巣がからになる、そこにバンの1番子が上がったらあわててカイツブリの親がやってきて威嚇、バンはそれに反撃するがすぐに巣から離れ後は平穏。
8月第3週
8月19日(土) 5時17.3℃ 12時24.5℃(最低16.2℃最高26.7℃) 晴れ

暑さが戻ってきて北国の夏らしい爽やかさ。勇払・鵡川方面に鳥見ドライブも厚真でアオバトを1時間半待つも偵察の数羽が後ろを飛んだっきりで空振り。鵡川の人口干潟も鳥が居ない。涼しい海風の中でぼーっとしたり干潟まで歩きにくい道のウオーキングなど体には良い事は出来た。
8月18日(金) 5時17.1℃ 12時21.8℃(最低17.1℃最高21.8℃) 曇りのち薄日

朝のうちちょっと霧雨っぽかっったがその後薄日が射して日向では肌寒さは感じない。鳥見は泉の沼へ、カワセミ、バン、カイツブリなどに会えた。このところPCが不調だったが原因はUSB接続の1TBのHDDが電源が入ったり切れたりすることだった。それ以前に使っていた500GBのHDDがつかえるので入れ替えた。1TBの方が元気なときのファイルを500GBのHDDにコピーしてほぼ以前の状態に戻せた感じ
8月17日(木) 5時16.8℃ 12時20.6℃(最低16.7℃最高21.5℃) 曇り

午前中は通院、予約時間が10時半からと遅いので午前中は他のことは出来ずじまい。午後になって三重湖のカイツブリの様子が気になったので出かけたが途中から霧雨。カイツブリの雛3羽は巣の付近にいたが他もっと居たはず。霧雨も小雨に近くなったので車で岸近くを走っているとカイツブリの雛が1羽。車を降りてカメラを向けるが親と違い警戒心も弱いのでしっかり写せた。親が近くに現れたらそれを追って泳いでいく様はなかなか可愛い。巣から数百近く離れた場所、チビちゃんにしたら大冒険。帰りは長沼を回り舞鶴遊水地を覗いてみたが鳶ぐらいしか見あたらず。
8月16日(水) 5時17.0℃ 12時24.4℃(最高25.1℃最低16.7℃) 晴れ

帰省していた長女一家が9時頃帰ったのでそれを見送ったあと平岸まで墓参りに。終わって石狩湾 新港東の浜辺を覗いたら久しぶりの晴天で海辺でテントを張ったりして水遊びの人が多くシギが水際に来る場所がない。生振の調整地はまだ水が抜かれていない。当別を回って江別の泉の沼へ。今日のねらいはカワセミで狙い通りやってきた。カイツブリは未だ巣に雛が4羽だけ固まっていて親が餌を運んでくると先を争って泳いでいく。カワセミの撮影が一段落したので巣を見たらいつの間にか巣は空っぽ。たまたま4羽見たときには巣に戻っていただけで結構あちこち動き回っているのかも。ただ7羽いたはずが4羽だけというのは残りがカラスなどにやられたのかも
8月15日(火) 5時17.5℃ 12時24.3℃(最低17.4℃最高25.5℃) 曇り一時晴れ

久しぶりに3時間ほど日差しが出たので気温も上がって夏日になった。朝は昨夜のBBQの用具の片付けなどで一寸疲れた。地区の盆踊り大会で夕方から駅前は車両通行止め。札幌に出かけて帰ってきた長女一家を迎えに行ったら大分離れたところで待つ事になった。いくら地区の行事とはいえ駅に車が入れないというのは一寸。
8月14日(月) 5時16.8℃=最低 12時21.0℃(最高22.3℃) 曇り

やや戻してきてはいるが涼しい一日。午前中はちょっと霧雨模様。夜のBBQの準備で午前中から買い物やらで忙しい。ビールは冷えたものをかうので午後から又買い物。コンロをステンレス製のものに買い換えたがこれまでより一寸小さいので木炭の良も少なく去年の残りだけで間に合い今回購入したものは又来年回し。今年の参加者は10名大学生の孫がまだ帰省していないので去年よりも1名少ない。
8月13日(日) 5時15.3℃=最低 12時19.8℃(最高20.7℃) 曇り

雨は朝までに上がったが雲は厚く終日どんよりとした曇り空で気温も上がらず夏はもう終わったかのようだ。夜になって長女一家が到着し16日までの帰省。明日は長男達や帰省中の甥なども読んでのBBQの予定なので午前中ににくなどの食材と木炭安堵の買い出し。

8月第2週
8月12日(土) 5時16.6℃ 12時17.2℃(最高18.7℃ 最低16.2℃=21:20現在) 雨が降ったり止んだり
朝から雨模様で気温もさっぱり、道内で20℃を超えたところがないらしい。鳥見もお休みで暇なので障子の張り替えやヨーグルトは1.5リットル分作ったり。
8月11日(金) 5時17.4℃ 12時22.5℃(最低17.2℃ 最高23.0℃) 曇り
7月の頭ぐらいから地元の鳥見ポイントは殆どご無沙汰していたが、泉の沼や三重湖のカイツブリやバンの雛も撮り飽きてきたので今日は市内の数カ所を巡回。恵み野中央公園たまにカワセミが現れるのだがざっと回ったが気配なし。ウオーキングのみで撤収。午後は漁川上流の発電所ここもアオサギが1羽いただけ、ビール庭園のビオトープに寄ったら須田チマもない感じの2番子を大きくなった1番子が面倒を見ていた。発電所のあたりから霧雨。気温は上がらないが湿度が高いせいか余り寒く感じなくてムッとした感じ。
8月10日(木) 5時17.5℃ 12時23.7℃(最低17.1℃ 最高24.4℃) 曇り一時薄日
厚田のアオバトポイントへ片道60kmと寿都の半分ぐらいなので行きやすい。10時頃現地着車を降りてから砂浜を結構歩いてこの辺かと流木の陰に機材をセットして待つがなかなかやってこない。2時間ほどしてようやく先遣隊らしき3羽ほど姿を見せたあと間もなく20羽ぐらいの群がやってきて降りたがかなり先のテトラポットのあたりで水を飲む間もなく飛び去った。かなり距離があるので待ち受け場所を移動。誰が作ったのか流木で掘っ立て小屋のような観察小屋?があるのでその中で待つが1時間待ってもやってこないあきらめて撤収しようかと思ったがせっかくここまで来て」ボウズとは情けないので後30分と決めて程なく10羽程度の群が正面の流木に降りた。近いのでCAPRI80EDは使わず一眼レフで数枚撮ったところで飛び去った。今回も水は飲む暇がなかったようだ。さらに又来るのをまっても気配がないので撤収。車の所に戻ってコンビニの弁当の昼食、帰りは通り道に近い泉の沼を覗いたらバンもカイツブリも無事だったがカイツブリのおんぶもしなくなったせいかカメラマンの数も大分少なくなっていた。
8月9日(水) 5時16.8℃ 12時20.1℃(最低14.4℃ 最高21.8℃) 曇りのち雨

朝からどんより、昼前から雨がポツポツ夕方からはっきりした雨音が。午前中は定期通院もあって今日も鳥見はお休み。妻は札幌の妹や近所の姉と一緒に北広で音楽会などで出かけたので一人で家の中でTVを見たり昼寝をしたり
8月8日(火) 5時17.7℃ 12時22.0℃(最低17.2℃ 最高23.8℃) 曇りのち晴れ
八月に入って毎日休まず鳥見に出ているし、連日通っていた泉の沼もカイツブリが巣立ちおんぶ画像も撮れたので鳥見も一休み。芝生の雑草昨日夕方も夫婦で大分抜き取り作業をしたが未だ半分以上残っているので朝暑くなる前に夫婦で1時間弱、未だ少し残った分は夕方6時頃から一人で30分ほどやって何とかすっきりした。
8月7日(月) 5時18.0℃=最低 12時25.0℃ (最高25.9℃) 晴れ

今日も北海道の夏と云った感じの暑さ。泉の沼へ妻も連れて鳥見。予想通りカイツブリの雛をおんぶする画像を撮れた。午後ホーマックでバーベキュー用のコンロを買ってきあt。サマージャンボの販売終了も迫ってきたので宝くじも買って前回のジャンボの当たりを店で調べてもらったらあたりが2つで3300円戻ってきた。わずかだが元が取れたのは初めて。
夕方日が落ちてから芝生の雑草抜きするが暗くなってきて見えづらくなったので残りは明日に。
8月6日(日) 5時19.4℃ 12時25.5℃(最低19.3℃ 最高27.0℃) 晴れ
夏らしい暑さが戻ってきたがまだ北海道の夏といった感じなのでつらくはない。今日も三重湖から泉の沼公園とまわる。三重湖は2日ぶりカイツブリは5羽の雛が確認できたが親も雛も巣にいて目当ての雛をおんぶして泳ぐまでにはあと1・2日か、今日の姿ではこれまでと同じような画像しか撮れないので観察だけ。泉の沼は親がすから出て雛を誘い出すような場面もあり何羽かの雛が巣から少し離れたが直に巣に戻った。妻も一緒で自分はCapri80、妻は400mmの7D、バンの雛が対岸の方にいたが今日は560mmがあるのでまずまずの大きさで撮れた。他のカイツブリ画像はこれまでのものと同じようなものだけなので撮るには撮ったが殆どボツ
8月第1/7月第6週
8月5日(土) 5時17.3℃=最低 12時21.7℃(最高24.0℃) 曇りのち晴れ

暑からず寒からず。カイツブリの巣立ちが迫っているようなので今日も泉の沼公園へ。撮影よりも一寸様子見のつもりなので今日は一人で。日に日にギャラリーが増えてきた。巣立ちは未だのようだがバンの2番子が3羽親の後を追って水辺の草の間から出てきた。親2羽と雛3羽の他に大きくなった一番子も寄ってきてさながら家族写真といった感じは撮れた持参したカメラは400ミリの一眼レフだけなので雛を大きく撮ることは出来なかった。妻も一緒だと一眼レフの他にCAPRI80EDなんかも持って行けるが一人だとどちらかということになる。
8月4日(金) 5時14.1℃=最低 12時21.1℃(最高22.1℃) 薄曇り
きのうよりもさらに気温が上がらない。2日ほどご無沙汰しているカイツブリポイントを午前中に巡回。三重湖は未だ孵化していないものが有るようだ。泉の沼はすべて孵化して雛は7羽になっちょうだ。まだ親によって保温の必要が有るらしいので親は交代で巣の上にいて背中や翼の間などに雛が潜り込む。最初に孵化した雛はもう4日以上経つので巣から降りて巣の周りで水に浮いたりはする。池の縁の雑草は刈り残されてちょうど人の下半身ぐらいは隠れるので鳥も安心して近寄ってきたりしていたのにその雑草を刈る作業が行われていた。その所為かカワセミの親がなかなかこないらしい。昨日のアオバトや今日のカイツブリと2日分Blogに投稿
8月3日(木) 5時17.1℃ 12時21.6℃(最低17.0℃最高23.0℃) 晴れたり曇ったり

涼しいというか一寸寒いぐらい。寿都にアオバトを見に行く。9時出発で美笛超え真狩村経由で11時半過ぎ着1時間ほど出を待つが姿を見せず、昼食でもとそばの食堂に行くと木曜は定休日、やむなくさらに先の方に往き民宿のような食堂でウニ丼。戻って待つがたまに姿を見せたと思うとすぐにハヤブサがやってきて降りずに去っていくの繰り返し、4時を回ったので機材をかたづけて車のそばまで来たら大きな群が現れ海辺に降りた。機材はかたづけていたが手持ちの300ミリの一眼で道路からカメラを向けたがちょっとっと過ぎ、あと10分粘っていれば・・・と後悔するも遅し。日差しは柔らかく気温も低めなので気持ちよく海を見つめることは出来た。帰りは岩内経由で小樽から高速で途中夕食をスーパーで買って8時少し前に帰宅。往復約300kmをかけてのウニ丼はおいしかった・・・・
8月2日(水) 5時19.0℃=最低 12時26.2℃(最高27.0℃) 晴れ時々曇り

北海道らしい真夏の陽気。このところカワセミや水鳥ねらいで沼ばかりなので目先を変えて支笏湖の野鳥の森へ。観察小屋に付くと誰もいない。鳥も居ないという感じでキビタキとカラが少し来ただけ。昼過ぎまで粘るつもりでコンビニで昼食を買い込んでいたので帰り道孵化場下のかつてのヤマセミポイントに車を停めて車内で昼食を摂りながら様子見。久しぶりに千歳のトライアルで買い物をして昼チョット過ぎには帰宅。午後は涼しい家の中でTVを見たり昼寝をしたり。

8月1日(火) 5時18.4℃ 12時26.0℃(最低18.2℃ 最高26.9℃) 晴れ
並の暑さが戻ってきた。妻を手編みの会に送ってからまず泉の沼へ。孵化した雛は4羽(か5羽)になってさらに未だ孵化していない卵があるらしく1羽は巣で抱卵と雛をおんぶしたり、もう1羽の親は餌を雛に運んでいる。雛の顔が見えたらシャッターをと思って待機していると何度もカワセミがやってくるのでその相手をしたり。昼食の弁当を駐車場の車内で撮ってから三重湖へ。こっちのカイツブリは孵化したのはまだ1羽だけのようだ。午後の三重湖は逆光になるので三重湖から先に回っておけば良かった。
7月31日(月) 5時19.5℃ 12時21.9℃(最低19.1℃ 最高22.0℃) 雨
夜明けぐらいから降り出した雨は時に霧雨程度にはなるが終日でほどほどの雨量。気温も上がらず半袖では一寸寒いぐらい。午後近くのスーパーに買い物に出た以外は家の中でネットやらTVやらで過ごし鳥見は久しぶりにお休み。
7月30日(日) 5時17.9℃ 12時26.4℃(最低17.5℃ 最高26.9℃) 晴れ

近々孵化しそうな2箇所のカイツブリポイントを巡回。近間なのにめづらしくコンビニ弁当を食べながら妻も一緒に午後2時過ぎまで。予想では三重湖が先に孵化し泉の沼は未だ数日先と読んでいたが泉の沼が先にまず3羽未だの卵が1個、三重湖では卵が4個有るのが見えた。
7月第5週
7月29日(土) 5時16.1℃=最低 12時24.9℃(最高26.3℃ ) 晴れ
北海道の夏らしく一寸暑いが朝夕は涼しく過ごしやすい。三重湖のカイツブリの孵化が近そうなので様子見。カワセミは撮れたが一寸遠いので・・・。夜、恵庭の花火大会があるので早めに家を出て牧場のあたりで観覧と写真撮影。一寸近すぎで真上に上がるような大きなものはフレームアウト。久しぶりに花火を近くで見ることが出来て満足。帰り恵庭らしからぬ渋滞。
7月28日(金) 5時17.4℃ 12時20.8℃(最低17.3℃ 最高21.6℃) 曇り一時雨
午後から雨というんで午前中鳥見、札幌に出かける妻を駅におくりその足で三重湖へ。久しぶりにBorgの101EDを引っ張り出しAF化したもので試写、いつも使っているCapri80EDと比較、AF化のために入れた凸レンズのため焦点距離は640→470mmぐらいまで短くなり解像度も下がっている気がする。三重湖のカイツブリそろそろ孵化しそうなので目を離せない。今日の所はおとなしく抱卵していた。短時間で観察を終え久しぶりに舞鶴遊水地を覗いてきたが何も無し。
7月27日(木) 5時14.0℃ 12時24.5℃ (最低13.8℃ 最高25.5℃) 晴れのち曇り

このところ北海道らしい爽やかな日が続いて今日も午前中までは日差しもあって良い感じだったが午後から崩れてきて雲が多くなり明日にかけて雨の予報も。午前中3日ぶりに江別の泉の沼公園へ。今日もカワセミが何度か登場、ここ何回かはずれがない。カイツブリは2番子の抱卵を順調に続けて居る感じ。孵化まであと1週間一寸ぐらいかな。昼前には撤収し途中道道恵庭江別線の途中の手打ちそばの「まめひな」でそばと天ぷらの昼食。
7月26日(水) 5時12.8℃ 12時25.7℃ (最低11.6℃最高25.8℃) 晴れ

午前中は妻の通院に送ったり迎えにいたりで鳥見は出来ないので家で小平町の宿を予約したり。昼から厚真にアオバトを撮りにいったが2時間ほどして帰り支度をしているときに小さな群が来たが海辺に降りずに帰っていった。ハヤブサの姿が有ったので警戒したようだ。後ろの草むらでキビタキをとっtり遠くにクロガモを見つけたので証拠画像をgetしたり。アオバトの方は殆ど空振り。帰り道大きな段差を上がるときに右胸のあたりを打ってすこしの痛みがあるがもしかして肋骨にひび?。土日に小平行きは延期することにして午前中に予約した宿はキャンセル8月中ぐらいに又再度予約を入れる予定。

7月25日(火) 5時17.8℃ 12時24.7℃ (最低15.7℃ 最高25.7℃) 晴れ
数日ぶりに三重湖へ、カワセミは一瞬だけ、久しぶりにオシドリの母子に会えた。ほぼ2週間ぶりで子はだいぶ大きくなっていたがまだ幼さを残し可愛かった。
7月24日(月) 5時19.0℃ 12時25.2℃ (最低17.7℃ 最高26.2℃) 晴れ

爽やかな北海道の夏らしい一日。鳥見は泉の沼公園、目当てはもちろんカワセミだが抱卵中のカイツブリの様子見も。妻はカワセミ町の間公園の内外ウオーキングのつもりだったが意外にすぐにカワセミが姿を見せ対岸側であちこち移動するのでウオーキングの暇が余り無かった。はじめからCAPRI80EDを持ち込んだのでバンやカイツブリも大きく写せた。昼には帰宅。
7月23日(日) 5時18.9℃ 12時25.2℃(最低18.0℃ 最高27.6℃) 曇りのち晴れ
朝のうちは雲が多かったがその後はほぼ晴れ。その割には涼しく過ごしやすい。予報では厚真方面も晴れなので早めに家を出て厚真にアオバトに会いに行くが現場に着くと霧がひどく道路も濡れシャツもシメっぽくなって肌寒い。しかしアオバトの来るあたりに大勢の人が、日曜で子供連れで貝拾いに来ているらしい。これではアオバトも無理かと思ったら5羽ぐらいの群が来て人のいない砂浜に降りた。水辺から少し陸の方で待てばテトラブロックの堰堤あたりに来るかもと待つと大きな群が現れて何度か引き返したがそのうち堰堤の先っぽで貝拾いの人から離れたあたりに降りたがやはり安心できないのかすぐに飛び去った。遠くて一寸小さいが何とかBlogにつかえそうな画像はGET出来たので撤収。時間も早いので研究林によってウトナイの三ツ星でパンの昼食。買い物をして2時ぐらいに帰宅。
7月第4週
7月22日(土) 5時19.9℃ 12時23.0℃(最低19.2℃ 最高26.5℃) 曇りのち晴れ
未明に纏った降水があったが朝には止み昼前からは日差しも。気温もさほどあがらずすごし易い一日だった。9時過ぎぐらいから薄日が射し始めたので鳥見に出た。3箇所ほどでカイツブリが抱卵しているがどうも気になる2箇所を回ってみたが養鯉場ではカイツブリの姿が見当たらず別の場所に移動したのかも。三重湖は今日もしっかり巣で温めているので今年は雛の誕生が見られそう。対岸に地元のカメラマンがいたので情報を聞いたらバンが2番子がし立ちしたいうのでCAPRI80をセットしてチビちゃんが出てこないか待っていたら最初は1羽そのうち親に釣られて6羽が出てきた。今日のblogネタとして十分。
7月21日(金) 5時19.4℃ 12時25.5℃(最低18.6℃ 最高26.4℃) 曇り一時晴れ

予報は30℃近くまで上がるかと思ったがそれほどでもなく過ごしやすかった。鳥見は妻も一緒に江別の泉の沼公園へ。一昨日はカワセミが来たが400mmの一眼レフしかなかったので今日はcapri80ED一式を持ち一眼レフは70-300のzoomレンズで補助。4、5人の先客がカメラを向けて待機しているのでその付近で待機しているとカワセミが姿を見せ付近で行ったり来たりしながらも結構長くつきあってくれたので300枚ぐらい撮ったが背景が枯葉と云うのが多く一寸残念。11時ぐらいに撤収し江別市内の焼きたてパンの店で昼食用のパンを買って帰宅。
7月20日(木) 5時17.2℃ 12時20.1℃(最低16.6℃ 最高20.6℃) 曇り
何とか20℃を超えたが今日も肌寒い一日だったようだ。夏になると海辺にやってくるアオバトが気になる。ここ数年寿都方面に行っているが2時間以上かかるのでもう少し近くでとネットで調べたら石狩市の厚田区古潭で撮影された動画があったので今日はそのあたりに下調べのドライブ。古潭まで判っても海岸のどのあたりかは行ってみないと判らない。一応そのあたりの風景を撮って帰宅してネット動画のバックと照らして港の北側らしいと判った。今日は他も回り浜益まで行き付近のレストランでウニ丼でも食べようと思ったが本日はネタ切れとかで海鮮丼の小さい方ですませたがおいしかった。アオバトの姿は見られなかったが場所の見当が付いたので次回はもっとじっくり観察することが出来る。週間の天気予報を見ているが雨があったり暑すぎだったりで再チャレンジの予定が付かない。
7月19日(水) 5時16.5℃ 12時18.5℃(最低16.1℃ 最高19.0℃) 曇り
昨日と似たような天気で肌寒いぐらい。午前中は通院。午後1時過ぎになって空も明るいので鳥見に出ることに、妻が最近さっぱりウオーキングをしていないというので江別の泉の沼公園へ。自分が沼で鳥を待っている間に公園やその周りを歩けばいい。沼について水鳥のチビを探すが昨日ほど近くにいない。そのうち対岸にカワセミが止まったのでそれを撮影、対岸の何カ所か移動するのでそれを追って沼に沿って行ったり来たり。カワセミに出会うならCapri80EDを持って行くべきだったが後の祭り
7月18日(火) 5時16.0℃ 12時17.9℃(最低15.9℃ 最高18.2℃) 曇り
季節が1ヶ月前に戻ったかのような気温。曇天だが雨はないという予報なので妻を手編みに送ってその足で江別や南幌に、泉の沼公園ではカイツブリが死出に巣立ち雛をおんぶには遅すぎたようだ。バンは三重湖より少し巣立ちが遅いようで雛はまだ幼い感じ。鴨も数家族子育てをしているようだが多くはかなり大きくなっていて撮影するほどのものはない。三重湖のオシドリの雛その後見ていないがだんだん大きくなって魅力が無くなっていくなぁ。泉の沼の後三重湖で弁当を食べながらカワセミ待ちするも空振り
7月17日(月) 5時19.9℃ 12時20.6℃(最高23.7℃ 最低17.1℃=21:50現在) 曇り時々雨

昨日にもまして涼しい一日。予報はぱっとしない天気だったが8時過ぎになって一寸空が明るくなったので三重湖に向けて家を出たがやはり南幌に入ったぐらいからポツポツと来て現地に着いたら本降り。せっかく来たので車の中から観察していると対岸の枯れ木にカワセミが止まって10分ぐらい付近にいた。雨が強く撮影は無理なので1時間弱で撤収。午後雨も上がったので再び三重湖へ。対岸にバンの若鳥が見えた。1週間近く見ていなかったが雛と言うよりは若鳥の風格。珍しくカメラマン4人ぐらいいて情報交換などで話していると対岸の角にカワセミが姿を見せた。あらかじめCapri80EDをセットしていたので遠くても何とか見られる画像をGET出来た。夜になって又激しい雨が降った。地域によっては洪水注意報などが出ている。 
7月16日(日) 5時22.4℃ 12時22.4℃(最高25.1℃ 最低20.0℃=20:10現在) 曇り一時雨

昨日の酷暑がウソのよう、昨日と同じように家の中でズボンとシャツを脱いでステテコとランニングでは寒いぐらい。曇天と雨模様で鳥見はお休み。昼前から降り出した雨は午後にはほぼ上がった。ずーっと雨が降らなかったので農家にとっては恵みの雨だったかも。夕方雨も上がり芝生も乾いてきたので芝生内に生えた雑草抜きを半分ほど。はいつくばっての作業で胃を圧迫するので胃液が逆流するのでほどほどでやめ又明日以降涼しい日にやることにした。

7月第3週
7月15日(土) 5時20.7℃ 12時30.0℃(最低20.4℃ 最高32.1℃) 晴れ

今日も朝から強い日差しで8時前でもう25℃を超えていて最高気温は7日についで高い。道内で最も高い十勝では37℃を記録したようだ。義姉が参加している合唱の発表会があるので昼過ぎ妻は札幌へ。それを駅まで送って避暑を兼ねていつものカワセミポイントへ。木陰ではあるが今日の気温ではとても涼しいとはいえないが家の中よりはまし。カワセミは2時間ほど待って2回前を通過するのを見送っただけ。ショウドウツバメはひっきりなしに前の前を飛び交い時々巣穴の方に。まだ巣立っていない雛が居るらしい。他に狙うものもないので巣穴近くに来たツバメを狙い置きピンで山勘でシャッターをきるが歩留まりは100回で1枚といった感じ。買い物などして4時過ぎに帰宅したら家の中は窓を全開にしていっても32℃超え。夜10時になって、換気扇で強制排気している一階居間は26℃まで下がったが窓を開けただけの2階の部屋は30℃、扇風機で換気している寝室はなんとか28℃、これはこれまでで最も高く非常に寝苦しい夜になった。

7月14日(金) 5時20.4℃ 12時28.8℃(最低20.0℃ 最高29.4℃) 晴れ
昨日と同じような気温、帯広や北見方面では35℃超えの猛暑日のポイントも。この暑い中札幌から義妹2人が恵庭の綺麗な庭をみたいとやって来たので案内して今季初めての庭巡り、昨日のうちに道の駅でMAPをもらってきて居たがオープンガーデンの他にも綺麗な庭がMAPに乗っているがとてもこの炎天下回るわけに行かないのでWさんの庭など数カ所を回って、お昼は島松のパスタのおいしいお店で。アメダスポイントは30℃以下でも午後の家の中は30℃超え、夕方6時過ぎになってようやく30℃を切るようになった。幸い今日は風があるので午後9時前には何とか26℃まで下がって換気扇を止めることが出来た。
7月13日(木) 5時18.8℃ 12時29.6℃(最低17.7℃ 最高29.6℃) 晴れ
予報は31℃だったがそこまでは行かずに済んだが札幌は33.1℃とか全道各地で真夏日や中には猛暑日になった所も。恵庭周辺で涼しい町はとTVのdata放送で探したら苫小牧が25℃と5度ぐらいも低い。避暑を兼ねて研究林へ行くことにした。妻が髪カットを終えてからなので10時過ぎに出発、11時頃に現地に着くと涼しい!!  が、アオバズクぐらい撮れるかと思ったら1羽は枝かぶりがひどくもう1羽は行方不明。林間の散歩だけで撤収。街中のモスで昼食を摂って支笏湖畔の野鳥の森へ1時過ぎに着いたら意外に暑い。とはいえ林間で日陰なので何とか我慢できる。鳥の方はキビタキ雌らしき小鳥とヤブサメぐらい。カメラマンも後から1人来ただけ。出が悪いので余りカメラマンも寄りつかなくなったらしい。 
7月12日(水) 5時20.7℃ 12時28.5℃(最低19.3℃ 最高29.4℃) 晴れ

時々雲で薄日になるものの気温は真夏日一歩手前。昼過ぎも大腸の内視鏡検査のため朝から水溶液の下剤をたっぷり飲んでのトイレがよい。結果は特に異常なし。11時に病院に入る頃はまださほどでなかった暑さも検査を終わって冷房のきいた病院を出て炎天下に駐車していた車にもどった頭がくらくらするような暑さ。アメダス地点の観測では30℃は超えていないが室温の上がり具合など殆ど真夏日といった感じ。この暑さ週末まで続きそう。
7月11日(火) 5時20.6℃ 12時23.7℃(最高25.4℃ 最低19.5℃=21:40現在) 薄曇りのち曇り時々雨
朝はまだ気温は高めだったがその後余り上がらず涼しい一日。鳥見は三重湖へ、オシドリ母子が第1の目当て、着くと先客がレンズを向けてカワセミを撮っているのであわてて三脚を伸ばしカメラをセットしたが・・・カメラに電池が入っていない。あわてて車に戻り電池を持ってきたがカワセミは居なくなっていたが程なく少し離れた所に止まっているのが判って撮影できた。あちこちに出没するがすべて対岸。三脚毎抱えて正面に移動、そんなことをしているとCapri 80何かを車の所に取りに行く暇も無し。オシドリも対岸側で遠いが何とか撮れた。

7月10日(月) 5時21.5゚C 12時29.8゚C(最低19.7゚C 最高31.0゚C) 晴れ
前日の暑さが蓄積されたかのように朝の時点でもう20゚Cを超え曇りの予報なのに青空に太陽がぎらぎら。曇りなら三重湖でカワセミやオシドリの親子などをと思ったがこの暑さでは日陰で川からの涼しい風が期待できる漁川のカワセミポイントへ変更。予想通りカワセミはこなくて単に避暑だけかと思ったらいつも目の前を飛び交うが撮影が難しいショウドウカモメの1羽が崖を飛び越して自分の待機場所のすぐ横に止まった。3mぐらいでカメラを向けても近すぎ出ピントが合わず少し後ずさって何とかピントが合うがそばの雑草がAFを引っ張るのでやはりピントがこない。何とかMFに切り替えて数枚撮影したところで飛び去った。巣穴以外に止まるショウドウツバメは初めてだがどうも巣立ったばかりで成鳥のようには長くは飛べないのかも知れない。Blogネタを確保できたので早々に撤収し島松沢の養鯉場の池で子育てをしているカイツブリの様子を見てから帰宅。以前の道路から丸見えのあたりは雑草がのびたので見えず楽はなっていたが巣は一段下の池の道路から離れたあたりで蘆の生えた中に作られて抱卵している感じの1羽が見えた。ここで落ち着いて子育てを続けるのか。明日は午後から雨で気温も30℃には行かないという予報だが夜になっても余り気温が下がらず今夜も寝苦しい夜になりそう。
7月9日(日) 5時15.8゚C 12時29.1゚C(最低15.3゚C最高31.5゚C) 晴れ

真夏日も今日で3日目、鳥見は朝一の買い物の後昨日と同じ漁川へ2時間近く粘ったがカワセミは一度も姿を見せず。午後は家の中でだらだらとして過ごすが気温は午後になって一段高。夜になって気温は下がってきたが風がないので家の中に涼しい風が入らないので室温は最高32゚Cなかなか30゚Cを切ってくれない。昨日は夜になって風が出て順調に下がってさほど寝苦しくはなかったが今夜は一寸大変そう。

7月第2週
7月8日(土) 5時15.9゚C 12時29.0゚C(最低15.9゚C最高30.0゚C) 晴れ
全道的に晴れ渡り朝からすでに暑い、最高気温は昨日ほど行かなかったが十分に暑い。鳥見は地元の漁川、河畔の林の中で木陰川を渡る風は他に比べて涼しく快適だ。カワセミは1時間ほど待ったところで幼鳥が目の前の流木にとまって3分ぐらいキョロキョロしたりで結構な枚数撮影できた。6月26日に巣だったばかりらしき雛を撮しているが2週間弱で随分大人っぽくなっていた。十分とれたので早めに引き上げ舞鶴遊水地を覗いてきたが鳥影はなし。長都沼も同様。明日も最高気温は31゚Cの予報、いい加減にしてほしい。ここは北海道なのだ
7月7日(金) 5時15.2゚C 12時30.1゚C(最低13.9゚C最高32.6゚C) 晴れ
道内何カ所かで35゚C以上の気温を記録当地も昨日よりも一段高い気温の真夏日。午前中三重湖でカワセミやオシドリのチビちゃんなんかをしっかり撮ろうとCAPRI80EDを持ち込んだがどちらも姿を見せず、カイツブリが対岸で巣作りしているのが見えたが他ではもう一番子が巣立っている今頃になって繁殖行動開始?、どうもここのカイツブリの繁殖はどうなっているのか訳がわからん。暑いので10時半には撤収。午後家の中はなかなか30゚C以下に下がらず。今夜はかなり寝苦しい夜になりそう
7月6日(木) 5時17.1゚C 12時28.2゚C(最低16.4゚C最高30.1゚C) 晴れ
今年初の真夏日(最高気温が30゚Cc以上)になった。鳥見は3日ぶりに三重湖に。車内で様子見するとどうも手前側で見えないところからカワセミらしき鳴き声がするので本格的に対岸に陣取ったら。予想通り向かいの茂みの枯れ木にカワセミが現れた。対岸なので一寸遠いのでCAPRI80EDを持ってくれば良かったと後悔。結局3回ぐらい出現。予想外なことはオシドリ母がチビちゃんをつれて対岸の暗がりを移動していった。チビちゃんは9羽でまだ巣立って間もない感じの可愛い雛。もうしばらく可愛い姿を撮れるかも知れない。行き帰りタンチョウを探したが見つからなかった。午後は暑いので内の中でだらだら。
7月5日(水) 5時15.5゚C 12時22.8゚C(最低15.4゚C最高24.9゚C) 曇りのち晴れ

昼ぐらいから日差しが出て気温も上がって夏らしくなってきた。夏となると海岸に来るアオバト。様子見に室蘭の伊達市との境界あたりに、去年秋一度行ってカーナビに地点登録をしていたので迷わずに着けた。地元のカメラマンらしき人が3人ぐらいいたので期待できるかと思ったが全く来そうにない。かわりに今時期北へ渡ったはずのシノリガモのつがいを見た。1時間ぐらい待ってもアオバトは来ないので豊浦までいって弁当の昼食。ここも鳥影無しなので帰途へ。もう一度アオバトポイントに寄ったがやはり気配もなし。成果無しなので帰りは高速を使わず一般道でチンタラチンタラ。豊浦にまっすぐ行く(またはその逆)には距離的には美笛峠経由が短いと判った。
7月4日(火) 5時16.6゚C 12時19.4゚C(最高20.6゚C最低15.9゚C=20:30現在) 雨のち曇り

夜中からの雨は朝にはだいぶ小振りになり午後には空もだいぶ明るくなってきたが気温は低めで涼しい一日。妻を手編みサークルに送ったついで舞鶴遊水地と長都沼を見回ったが撮るような鳥は見当たらず。空が明るくなったところで庭の花を撮してと花Blogの方に投稿。鳥ブログからLinkするための記述に一寸苦労。

7月3日(月) 5時15.8゚C 12時22.1゚C(最低15.7゚C最高22.1゚C) 曇りのち雨

曇り空だが明るいので鳥見に出た。三重湖へ。往き、あわよくばタンチョウに出会えるかといつもの道より北側の通りを回ったり川の堤防を回ったりしたが姿無し。沼の水辺に停めた車でカワセミの出を待つもちらっと対岸の茂みの中に入ったりどうも手前の水際の込み入った木の中に居そうな鳴き声がしたりはしたが姿が見えず。バンやカイツブリは撮ったがカワセミは無理な感じなので江別の公園にでも行こうかといつもの道の1本北側の道路で江別へ向かい車を走らせたら少し行ったところでもう一本北側の道路よりの田んぼに豆粒だがタンチョウが見つかった。近くの道路上から一眼レフとCAPRI80ED両方で撮影、その後飛ばれたが500mぐらい先の田んぼに降りたので追いかけて再び発見。車で田んぼの間の狭い砂利道をゆっくり近づいて車内から手持ちで撮影。去年も遊水地に来たタンチョウを早い時期に見つけたり、今年もこれまで5回も出会うなどタンチョウとは相性がいいのかな。昼には帰宅午後は掃除や録画ドラマを見たり画像の整理など。

7月2日(日) 5時18.1゚C 12時25.0゚C(最高26.0゚C 最低16.4゚C=20:50現在) 晴れたり曇ったり

昨日ほど気温は上がらなかったが雲からの赤外線放射で暑い。9時過ぎから漁川のカワセミポイントへ。キセキレイの鳴き声がしたが一寸弱い声。足元を見ると巣立ったばかりのようなキセキレイの雛。可愛いのでこっちの撮影に夢中になっていたらカワセミが3回ぐらい来たがやはり殆ど素通り状態。今日の所はカワセミよりもこっちのキセキレイの雛優先。夕方になって大分涼しくなったので
芝刈り(5月20日以来)。裏の軒下などに雑草が目立ってきたので除草剤散布。
6月第5週/7月第1週
7月1日(土) 5時16.5゚C 12時27.1゚C(最低14.8゚C 最高27.5゚C) 晴れのち曇り一時にわか雨
朝、三重湖あたりにカワセミ探しでもと思っていたらS氏から平岡公園でクマゲラにあったとのTEL有り、予定を変更して午前中平岡公園へ、しかしクマゲラはおろかカワセミも全く現れず完全空振り。気温も上がって真夏並みの暑さ、恵庭に戻って少し低いとはいえやっぱり暑いので午後の鳥見はやめてTVで野球観戦など内の中で暑さをしのぐ。
6月30日(金) 5時15.2゚C 12時22.8゚C(最低14.8゚C 最高24.2゚C 晴れ

札幌などは真夏並みに暑くなったようだが恵庭は今時期並、鳥見に行った苫小牧などは涼しいぐらい。連日カワセミを狙って通っても空振りでキセキレイやバンなどしかとれないので今日は目先を変えて研究林にアオバズクを撮りに。その前に厚真の港にカイツブリなんかが以内通ってみたが遠くにクロガモが1羽だけ見えた程度。今時期渡らずに居るのは羽でも痛めて飛べないせいかなぁ。DCMから自社製品詰め合わせが2セットついた。
6月29日(木) 5時14.7゚C 12時21.7゚C(最低14.6゚C 最高23.3゚C) 晴れ時々曇り
午前午後とも漁川の16号でカワセミ待ちするも午前に1度姿を見せただけで完全空振り。妻は札幌へ
6月28日(水) 5時10.2゚C 12時20.5゚C(最低9.2゚C 最高20.5゚C) 晴れ
昨日と同じような気温だが日差しが有るので暑からず寒からずのさわやかな一日。鳥見は午前に三重湖、午後は漁川のカワセミポイント。どちらもカワセミは殆ど見られず三重湖ではバンの幼鳥、漁川ではキビタキを一杯撮った。キビタキは昨日今日ブラインドを張った隣の木に来るので近すぎて後ずさりしないとピントが合わないことも。
6月27日(火) 5時10.7゚C 12時19.2゚C(最低9.5゚C 最高20.7゚C) 曇り一時晴れ
9時過ぎから日差しは出たが弱い、気温はすこしは上がっては来たが余り暖かい感じはしない。鳥見は午前中いつものカワセミポイントと久しぶり盤尻の発電所どちらも成果無し。カワセミは3度ほど姿を見せたが通過ばかりなので成鳥か幼鳥かも判らず。午後は南幌にタンチョウ探しと三重湖のカワセミの様子など見にいくがタンチョウは見つからず、三重湖で1度だけカワセミが飛び去るのを見たがどうも手前側の木々の込み入ったあたりに来るらしい。バンの幼鳥が2羽ほど姿を見せたが遠い。午後Blogの残余雨量が少なくなったので過去(2015.7〜8月)の画像を一部削除
6月26日(月) 5時12.0゚C 12時15.4゚C(最低11.6゚C 最高15.4゚C) 曇り一時晴れ

予報ほど日差しはなく気温も上がらず5月並の気温だとか。いつものカワセミポイントへ行くがなかなかカワセミは姿を見せず、普通なら正面の流木でチョロチョロしているキセキレイが崖のブラインドを張っている所の横の木の枝に止まったりで最短距離3.5mのレンズでは何とかピントが合うぐらいの近さでフレームいっぱいの大きさ。これをBlogネタにでもと思っていたら流木にカワセミが止まったが予期しない巣立ちしたばかりの雛で真っ暗。あわててシャッターを切るが写せたのは2枚だけ。これでblogネタは十分なので撤収。気になっている島松沢のカイツブリの様子を見て帰宅。カイツブリ先日の巣は放棄して最初に目撃したあたりに三度巣を構えて抱卵体勢を撮っていたが雑草が伸びては来ても道路からは見える。無事に巣立ちまでいけるか極めて心配。
6月25日(日) 5時15.0゚C 12時16.5゚C(最高16.9゚C 最低12.7゚C=20:10現在) 雨が降ったり止んだり

終日鉛色の空、20mm以上の雨量があったらしい。鳥見もお休み、買い物にも出ないで朝資源回収に出す、新聞紙や段ボールを家の前に出すために外に出たぐらい。録画ドラマも余り無いので全日本の陸上の中継を見たりするぐらいで暇。

6月第4週
6月24日(土) 5時14.2゚C 12時18.8゚C(最低13.9゚C 最高20.1゚C) 曇り一時雨がぱらつく
曇りだが時々雲が薄くなるので朝から定点観察ポイントへ鳥見に、カワセミは数秒だが目の前の流木に止まってくれたのでまずまずの画像が得られた。1時間ぐらいで切り上げ今週行っていない遊水池と長都沼を回ったがやはり何も無し。夕方山形からサクランボが届いた。一昨日の分をまだ食べきっていないので半分(500c)は北広の孫の所に其処も一昨日の分を食べきっていなかった。例年2箇所から届くがもっと間隔が開いているのだが今年は近かった。
6月23日(金) 5時14.0゚C 12時20.4゚C(最低13.6゚C 最高22.6゚C) 曇りのち晴れ
朝いつものMFでカワセミの様子見、3度ほど姿を見せて1度は目の前に止まったが気が付いてファインダーを覗いたときには飛び去って結局写せなかったが雛の巣立ちは未だのようだ。昨日調べた骨密度の結果を聞くため10時半で午前の鳥見は切り上げた。骨密度、腰椎と大腿骨で調べ4年前は同年代の70%前後だったのが今回100%に近い所まで回復していた。いつもの病院は腕で調べるだけだが3年間で70%→75%とあまり前進はないようだったが測定する装置や測定部位で結構差がある。午後札幌の義妹のところにお裾分けのサクランボを届けに行きついでに屯田の遊水地と江別の泉の沼公園を回ってきた。江別では巣穴に出入りするコムクドリが見られた。
6月22日(木) 5時15.6=最低 12時16.6゚C(最高18.4゚C) 雨後時々曇り

終日雨が降ったりやんだり、午後には降りも弱くなってやんでいる時間も長くなった。昼前いつもと違う病院で骨密度の検査、いつもの病院の機械は腕の部分の密度しか測れず腰や大腿骨を測れる病院へ出向いた形。雨で通院もあって鳥見はお休み。夕方、山形の友人からさくらんぼが届き、痛まぬうちにとすぐに近所や息子のところにおすそ分け。

6月21日(水) 5時13.1゚C=最低 12時18.3゚C(最高21.5゚C) 晴れのち曇りさらに雨

予報どおり昼前には曇り夜になって雨。午前中にMFでカワセミ待ち。ほんの一瞬だが目の前の流木に来てくれて何とか1ショットだけだが近くのカワセミ画像GET、、その後島松沢でカイツブリが別の場所で抱卵しているのを確認。午後は久しぶりに北広島のホームセンターで洗剤やトイレットペーパーなどの纏め買い。恵庭に今月新規に進出してきたホームセンターで脚立購入。野鳥の森で高い位置から撮影するときに使える。
6月20日(火) 5時11.9゚C 12時21.3゚C(最低11.0゚C 最高23.3゚C) 晴れ
晴れてはいるが薄く霞がかかったような天気。少し暑いぐらいの感じ。妻を手編みサークルに送って三重湖にタンチョウを広範囲で探したが見つからず。三重湖でカワセミ待ちするがバンに出会えただけ。バンのヒナが孵って数日という感じ。弁当を食べ終えてから再びタンチョウを探すと先日の田んぼのさらに先で姿を見つけその先で待ち受けて比較的近くで撮影できた。
6月19日(月) 5時14.4゚C 12時16.2゚C(最高18.2゚C 最低12.6゚C) 曇り時々薄日
雲が多く日差しが遮られて気温が余り上がらない。午前中は支笏湖畔の野鳥の森へ行ったがそちらは恵庭より雲が多く気温も低かった感じセーターの1枚もほしい感じだった。鳥の方はシマエナガを期待していたのだがそれはだめでオオルリの♂と多分♀などが来たので何とかガソリン代の元は取れた感じ。帰り千歳のトライアルで買い物したりで帰宅は1時を回った。
6月18日(日) 5時10.5゚C 12時21.3゚C(最低9.2゚C 最高22.0゚C) 晴れ

今日もさわやかな初夏の陽気。妻の妹が来恵、鳥が好きというので北広駅に迎えに行きタンチョウ探しに。残念なことに見つからないので代わりに泉の沼公園へバンとカイツブリを見に行って恵庭に戻る。午後は一人で今季ほとんど行っていない野幌の原の池へ。1時間半ほど観察するがカワセミは1度だけ薄暗い所に来たが遠くて暗くまともな画像は得られず。カイツブリはまだチビちゃんは巣立っていないようだ。
6月第3週
6月17日(土) 5時12.9゚C 12時20.0゚C(最低9.1゚C 最高22.5゚C) 晴れ
初夏の陽気。しばらく行っていなかった漁川の16号付近へ10時と出遅れたせいか1時間半の観察でもカワセミは全く姿を見せず。午後も2時から再び1時間強観察したがまったく姿を見せず。ショウドウツバメは数羽程度だがひっきりなしに姿を見せる。子育てはどの段階まで行っているのか
6月16日(金) 5時12.9゚C 12時20.2゚C(最低12.2゚C 最高21.3゚C) 晴れ
予報は曇りマークが多かったがほぼ晴れ。厚からず寒からずで過ごしやすい。昨日のタンチョウ、妻は見ていないので今日は妻を伴って南幌の昨日見かけたあたりに行くと昨日とほぼ同じところで簡単に見つかった。田んぼの間の砂利道に車を停め待っていると向こうから近づいてきて最も近くで8mぐらいまで接近。400ミリのレンズではフレームアウト、70-300mmはテレ端出はなく200mmぐらいで収まるぐらい。その後は又遠ざかっていったので撤収して江別の泉の沼公園へ、公園は幼稚園やら小学校の遠足でにぎわっていた。沼ではバンとカイツブリが1羽だけで動き回り、マガモのチビちゃんが5羽親のそばに。昼には帰宅。午後、恵庭第1病院へ、恵み野病院では大腿骨と腰椎の骨密度測定が出来ないのでそっちでやってもらうことに、検査は予約制とかで来週に予約を入れてきた。
6月15日(木) 5時12.6゚C 12時15.5゚C(最低11.6゚C 最高16.2゚C) 曇りのち雨

昼前は曇りだが空は割と明るい、昼過ぎから雲も厚くなって雨も。気温は上がらず肌寒い。一寸ご無沙汰の三重湖のカワセミやバンやカイツブリの子育ての様子など見に出かけた。カワセミは来たが一寸撮しにくい。そのうちタンチョウ二羽が上空を通過し隣の田んぼに降りた。一寸遠いので久しぶりにCAPRI80EDも使っての撮影。地元の人の話だと前回見たあたりからずっと居着いているらしい。Blogネタもマンネリ気味になっていたのでありがたい。
6月14日(水) 5時11.1゚C 12時19.2゚C(最低10.9゚C 最高20.5゚C) 晴れ

初夏のさわやかな陽気といった感じの一日。鳥見日和なのでここはやはりカワセミということで平岡公園へいつもは第2駐車場に車を止めるが池まで途中アップダウンがきついので少し遠いが平坦な道になる第3駐車場に。カワセミやっては来るが中島の裏側で飛び込んでいる。それでも何とか見える左側の枝にとまったり正面の木の陰で見えないが飛び込んだところは写せたりでまずまず。帰り近くのイオンで買い物をして帰宅は午後1時頃。
6月13日(火) 5時5.2゚C 12時18.7゚C(最低3.1゚C 最高20.0゚C) 晴れのち曇り
夕方までは青空の良い天気、朝はかなり冷え込んで道内で久しぶりに氷点下の観測点もあったらしい。MFの遊水地、ヘラサギが来ていないか気になったので覗いてみたがアオサギがあちこちに点在するぐらい。鴨もいない。草原ではヒバリやヨシキリなど鳴いているのでそれを狙いコヨシキリとヒバリの画像GET。1時間ほどで一旦帰宅し妻を連れて茂漁川へ、妻が散策路をウオーキングしている間水車のところでカワセミ待ちするも気配もなし。島松沢によってカイツブリが再び抱卵しているのを確認して帰宅。
6月12日(月) 5時6.8゚C 12時15.4゚C(最低6.4゚C 最高15.6゚C) 晴れ

綺麗な青空だが気温は上がらず風もあるので一寸寒い。午前中は漁川でカワセミの観察1時間半。巣穴には10分ぐらいの感覚でやってくるが巣穴直行で付近には止まらないので撮影できず。ショウドウツバメはひっきりなしにやってくる。河川敷の草刈り作業は今日あたりから対岸側になったらしい。午後は島松沢経由で平岡公園へ。ヤマセミは今日も姿がない。先日巣を放棄したカイツブリは同じあたりに巣を再建していたが巣に卵が見えた気がしたが巣に座っていたカイツブリが巣を離れたときには卵が見えない。平岡のカワセミは極めて出が悪く遠くに1度姿を見せただけ。風もあり日陰なので寒いので3時には撤収。

6月11日(日) 5時10.8゚C 12時14.9゚C(最高18.1゚C 最低8.2゚C=22:30現在) 曇り時々雨のち時々晴れ
予報は終日曇りだったが不安定な天気で朝のうちは雨が時々、午後になって薄日も出てきたがにわか雨も有ったらしい。鳥見はお休みのつもりでいたが薄日が射してきたら千歳方面に行くつもりで家を出た。千歳のカワセミポイントへ行くが日曜で釣り人が多いので結局支笏湖そばの野鳥の森へ。先客の中にはマミジロが出た事を知って来ている人もいたようだがマミジロは出ていないそう。キビタキの♂♀両方撮れたのでまずまずの成果。今年はこれまであまりキビタキに会えていなかったので。
6月第2週
6月10日(土) 5時12.4゚C 12時13.5゚C(最低11.9゚C 最高14.6゚C) 雨のち曇り
どんよりとして夕方まで雨が降ったり止んだり雨量も結構なもの。気温はまた前に戻った感じで寒い一日。鳥見もお休みして一日中外出も無しかと思ったら先日キタムラのネット通販で注文して千歳の店で受け取る一脚とレンズキャップが店に着いたというのでそれを受け取るついでに舞鶴遊水地の観察とトライアルでの買い物。
6月9日(金) 5時12.8゚C 12時21.3゚C(最低11.3゚C 最高21.3゚C) 晴れのち曇り夜になって雨
初夏の陽気が戻り青空も戻ったが午後には曇って夜には雨、明日も雨の予報。朝起きたら晴れているので絶好の鳥見日和、何処に行こうかあれこれ悩んだが最近池や川ばかりなので山へということで支笏湖畔の野鳥の森へしばらく見ていないキビタキやオオルリなど鮮やかな鳥を見たかったが出は悪くシジュウカラとセンダイムシクイが一寸姿を見せたぐらい。ヤブサメは頻繁に来るが木の陰など撮しにくい。それでも何とか枝止まりなどを撮し今日のBlogはヤブサメぐらいで終わりかと思っていたら突然クロツグミぐらいの真っ黒で白い眉班の鳥、他に2人いた内の1人が小鳥に詳しいらしく「マミジロ」と叫んだ水浴しては藪に戻り又水浴に出てくるを何度か繰り返すのでたっぷり写せた。この鳥本州中部以北に夏鳥として渡ってくるが数が非常に少ないので目撃頻度はかなり低い鳥で、本州なら大騒ぎで沢山の人が集まってくるとのこと。不振と思った鳥見が一発逆転といった感じ。9時半から2時間で昼過ぎには帰宅。
6月8日(木) 5時13.2℃ 12時13.7℃(最低11.1℃ 最高17.3℃) 雨のち曇り
夕方になって少しは気温が上がったが日中は10゚C台前半と低い気温に日差しも無しなので肌寒い。鳥見はお休み。一昨日撮影しアップしていなかったバンの画像でBlog投稿。
6月7日(水) 5時9.7℃ 12時19.7℃=最高(最低8.2℃) 曇り一時晴れ
気温の割には日差しが少ないので少し寒いかなぁといった感じ。定期通院の診察予約時間が遅いので薬局も終わって帰宅したときには12時を回っていた。投薬待ちの間に腕時計の電池交換にイト-ヨ-カド-の時計屋に行ったら裏蓋が堅くて明けられないのでメーカー送りで日にちがかかるという。かなり古いしさほどの思い入れもないので新しい時計を購入古い時計は廃棄することにした。普通の3針式のアナログタイプなので時刻を見るだけのシンプル名ものなので説明書も読む必要もない。明日からの天気予報をみると雨マークが続くので鳥見はお休みになる可能性が強いので午後遅くなったがアオバズクを撮りに研究林へ。前回の木から10m以内の別の木にとまっていた。撮影中にツツドリが近くの木にとまったので一瞬そっちを撮ったり行き帰りで2時間撮影が1時間弱、5時を少し回ったところで帰宅できた苫小牧の気温は恵庭よりも7℃近く低く寒かった。
6月6日(火) 5時9.0℃ 12時17.8℃(最低8.8℃1最高18.6℃) 晴れ
今日も良い天気。妻は手編みサークル。月二回だが先月は講師の先生に不幸があって2回ともお休みなので久しぶり。送った後三重湖へ、ねらいのカワセミは1回前を通ってどこかに行っただけ。水辺そばの車内から待っているとすぐそばに巣を作っているのか時々バンがそばにやってくる。2時間弱観察した後は舞鶴遊水地を覗いてノビタキあたりと思ったが姿を見せずヒバリが出てきた。後は地元の16号のカワセミ定点観察ポイントへ。付近の河川敷の草刈り作業が始まって土手を重機が通るので車が出られ無くならないうちにと1時間ほどで撤収。明日も作業が有れば入るのは無理ッぽいが明日は通院でそもそも無理かも。
6月5日(月) 5時7.6℃ 12時16.1℃(最低7.4℃ 最高19.0℃) 晴れ
3日間の天気の崩れと低温から一転この時期らしいさわやかな一日が戻ってきた。妻がその妹たちと札幌で会うというので清田のコストコまでおくったと平岡公園でカワセミの撮影、1時間以上待って姿をむせたカワセミは一寸距離があるだけでなく木々のわずかな隙間から手持ちで撮るのでクリアな画像は得られず。1時半ぐらいに帰宅して遅い昼食。
6月4日(日) 5時6.3℃ 12時10.3℃(最低6.1℃ 最高11.2℃) 雨が降ったり止んだり
小雨だが降ったり止んだりで気温は4月並。寒い上に雨では鳥見も完全お休み。数日前からこの天気は予想されていたのでBlogネタは金曜日のエゾフクロウ。木曜に遊水地に車を乗り入れたときに蚊の大群に襲われその後窓を開けて走行したので車内に残った蚊はいないと思っていたら昨日妻を連れて買い物に行ったときに妻が蚊に刺されたと言うことでどうやら何匹か生き残っていたらしい。蚊取り線香をつけて車内にしばらく置いたので駆除できただろうか。今日は一日車も出していないので明日以降確かめなければ。
6月第1/5月第5週
6月3日(土) 5時7.5℃ 12時11.7℃(最高12.6℃ 最低7.1℃=21:10現在) 曇りのち雨
午前中は雨こそ降らなかったが気温は低い。駆け足で島松川上流、舞鶴遊水地、漁川16号とMFの巡回。養鯉場で畦の草刈り作業中、抱卵していたいたカイツブリは当然逃げ出していた。遊水地は風が強いので小鳥も葦の先などには止まれず雑草の中。16号はカワセミが30分間隔で餌運び?先日あれほど激しくやってきたショウドウツバメは全く姿を見せない。ここでは寒さを我慢して一応50分ぐらいはがんばったが寒さに負けて撤収、北島遊水地にすこしだけ入り込んだが重機などで作業中なので水辺がかすかに見えるあたりで引き返す。どうも鴨などもいないようでアオサギがすこしだけ。11時ぐらいには帰宅。午後、風呂の混合水栓がしっかり閉まらず水がポタポタするのでパッキン交換。クラシアンなんかに頼めば8000円の所パッキン代204円で済んだ
6月2日(金) 5時14.1℃ 12時19.5℃(最高21.0℃ 最低10.0℃) 曇り一時晴れ

予報は雨だったが雨は朝までに上がって薄日も見えてきた。昨日Kさんからアオバズクが研究林にいるという情報を頂いていたが雨なら見送るしかないと思っていたがこの天気なら何とかなりそうなので急遽研究林へ。教えてもらった場所より手前でカメラマン達が木の上の方を見ている。意外に簡単に差がシダ競ってバシャバシャ。奥のエゾフクロウも2羽いるとの情報をもらったのでさらに奥へ。途中教えてもらった場所でもう1羽のアオバズクを見つけたが細い松の葉がかぶっているので証拠画像だけGET、エゾフクロウはうろにいないがその手前の広葉樹に2羽、止まっている枝が違い向きも逆なので2ショット画像は無理だが洞とは別で緑に囲まれたフクロウも良かった。帰り再びアオバズクを撮っていると近くでクマゲラが倒木をつついているのでそっちに駆けつけバシャバシャ。望外の成果で気を良くしてモスで昼食して帰路へ。
7DUのほかE-p5、妻が旧7Dでと3台のカメラで500枚ほどの画像を撮ったので整理が大変とうれしい悲鳴
6月1日(木) 5時12.6℃ 12時18.9℃(最低11.6℃ 最高19.4℃) 曇りのち雨

予報通り午後から雨で、結構まとまった雨量。鳥見は午前中でMFをすべて回るつもりなのでカワセミ待ちは1時間で切り上げた。2箇所目遊水地で車を停めて窓を開けたら蚊の大群。ヨシキリなどがいるので車を降りて狙うが虫除けに網をかぶるが蚊がよってくる。ヤマセミポイントは今日もヤマセミは見られずカイツブリの抱卵が確認できた。
5月31日(水) 5時11.3℃ 12時22.6℃(最低10.2℃ 最高22.6℃) 晴れのち薄曇り

ここ3日続いた晴れの天気も今日までらしいので今日の鳥見は苫小牧の北大研究林へ。きのう平岡公園で会ったカメラマンの情報で研究林のエゾフクロウ2羽でいつもの洞にいるということで久しぶりの研究林。以前撮れたカワセミの姿もなく小鳥のさえずりは聞こえるが姿はなかなか見えない。フクロウの洞まで来たらフクロウの姿がない。付近を探しても見あたらず落ち込みかけたらいつの間にか洞に1羽だけだが姿が。奥から出てきたようでお目々はぱっちり顔を掻いたりの動きもあってこれまでのような瞑想ばかりとは随分違って可愛い姿が撮れた。帰りメガドンキーで買い物しウトナイ湖そばの三ツ星で焼きたてパンの昼食、恵庭でも買い物や郵便局など寄ったので帰宅は1時半過ぎになった。

5月30日(火) 5時12.3℃ 12時22.0℃(最低12.1℃ 最高22.9℃) 晴れ

昨日同様気温が上がって夏らしい天気。午前中は漁川でショウドウツバメしか撮れず。午後平岡公園で何とか遠くのカワセミを撮した。帰り島松沢でヤマセミを見に行くが姿無し。しかし画像をHDDに転送して昨日までの不要になった画像を削除していたら今日の分も消えてしまった。
5月29日(月) 5時9.5℃ 12時22.2℃(最低7.8℃ 最高24.1℃) 晴れ
最高気温が昨日よりも一気に10度以上も高く真夏に近い暑さ。妻はその姉とワラビ採りに札幌へ出かけた。自分は鳥見に午前中は漁川のカワセミポイントへ。今日もショウドウツバメが群で頻繁にやってくるのでついそれを捕ったりしていて2,3回カワセミが姿を見せたが全く撮れず。置きピンや手動のフォーカスでツバメを連射で捕っていたら500枚以上になっていた。その後遊水地を回ったがこれといった鳥には会わず。午後は三重湖でカワセミ待ちだがこえは時々聞こえたが姿は見えず、カイツブリやバンなどを撮って帰宅したがこれらの画像をPCに取り込むときにエラーが発生してデータが完全に消えてしまった。まー今日の撮影は練習ということであきらめ。
5月28日(日) 5時9.2℃ 12時10.8℃(最低9.1℃ 最高12.8℃) 曇り一時小雨
今日も雲が厚く昼ごろから雨も降ってきたり気温も低く肌寒いので微少でFFストーブを点けたりも。鳥見は去年の今頃遊水地は珍しい鳥でにぎわっていたので今年もいつそうした鳥が来るかも判らないので気を抜けず。昨日も休んでいるので撮影は2の次で沼と遊水地を回ってきた。午後は島松川のヤマセミポイントも覗いたが空振り。
5月第4週
5月27日(土) 5時11.3℃ 12時14.9℃(最高15.7℃ 最低9.4℃=22:40現在) 雨のち曇り
久しぶりに本降りの雨、農家なんかには恵みの雨かも。気温もこの時期並かやや低い。鳥見は島松川のヤマセミポイントを覗いたが姿無くすぐに撤収して買い物に。後はPCでblogの過去の記事の画像を少し削除して残容量を確保する作業
5月26日(金) 5時11.0℃ 12時21.5℃(最低7.0℃ 最高23.4℃) 晴れたり曇ったり

そこそこ薄日も射すので漁川のカワセミポイントへ。3,4回姿は見たが写せるような場面は無し、それよりも数十羽のショウドウツバメの群が10分おきぐらいにはやってきて巣穴を掘ったりしているようだ。目標をショウドウツバメに変えて撮ったがAFは追いつかずピンぼけ画像を量産。最後はMFで置きピンで山勘の連射、数百枚も撮ったら中にはそこそこのものがあってblogにアップ。夜は旧職場の紋別北高の同僚の集まりで札幌へ。これまでは2月から3月だったが今季は会場も変わっての開催。32回ということだが多分2回目ぐらいから参加して皆勤のはず。
5月25日(木) 5時11.7℃ 12時18.7℃(最低10.5℃ 最高21.3℃) 曇りのち晴れ
4日ぶりに20℃越えでさわやかな一日、定期通院の予約時間が11時からなのでその前にMFの遊水地などを巡回したがこれといった鳥は居ない。午後妻を伴って江別方面へ、登満別園地から原の池さらに泉の沼公園。沼はバンが1羽だけ姿を見せ、カイツブリも1羽だけ。どちらもまだ子育ては始まっていないようだ。
5月24日(水) 5時9.3℃ 12時14.4℃(最低8.9℃ 最高16.8℃) 曇り
今日も相変わらずどんよりとして肌寒い。雨は夜明けまでに上がった。鳥見はお休みだが、妻の手編みサークルの先生の父親が死去されてそのお通夜が札幌なので午後早めに家を出て気になっている東屯田川遊水地に寄ってみた。気になる鳥は居ないが意外なノビタキが駐車場で撮れた。お通夜の後東苗穂のイオンで弁当を買って帰宅してから夕食。
5月23日(火) 5時11.9℃ 12時14.4℃(最高15.0℃ 最低9.4℃=22:00現在) 曇り

風も強く日差しもないので気温よりも寒く感じる一日。妻は午前中だけ手編みサークルに出かけたのでその送迎の間、漁川のカワセミポイントと島松川のヤマセミポイントへいくがどちらも空振り、キセキレイとカイツブリで今日のBlogネタに。
5月22日(月) 5時13.1℃ 12時17.6℃(最高18.1℃ 最低12.5℃=21:40現在) 曇り

このところ続いた暖かい日は収まって今時期の気温に戻った。曇り空で暖かな日になれてきた身にはちょっと寒い感じ。妻の通院に車で送った後ヤマセミポイント・カワセミポイント・舞鶴遊水地・長都沼と回るもほとんど空振り、途中でショウドウツバメの群がいつものあたりを飛び交う姿を狙ってみたが何十枚に1枚ぐらいしか写っていない。最もこの画像HDに転送した後消えてしまった。午後、薬局に薬を取りに行ったついでにヤマセミポイントを覗くと2羽のカワセミがいたが空が暗くシャッタースピードも上がらず解像度の悪い画像しか得られず。
5月21日(日) 5時10.6℃ 12時19.9℃(最低8.0℃ 最高20.5℃) 晴れのち曇り一時小雨
数日続いた高めの気温も落ち着いて来たが、天気は少し不安定晴れていたと思ったら黒い雲で雨がぽつりと来たり。町内会の公園清掃作業で10時半過ぎまでかかったので一休みして鳥見に出たのは11時頃から、清掃作業で疲れたので車内からの観察ですます。島松川沿いでヤマセミポイントは通過するのをちらっと見ただけ、広恵橋では思ったところにカワセミは来たが車内からなので豆粒だがダイビングは撮れた。漁川上流の王寺発電所にも行ったが工事事務所が残っていて関係者の車も2台。何時になったら工事が終わるのやら。
5月第3週
5月20日(土) 5時11.3℃ 12時23.3℃(最低10.7℃ 最高25.7℃) 晴れ
道東などで真夏日になるところが散見される中、当地恵庭も今年初めての夏日となった。昨日のタンチョウのその後も気になったので今日も行ってみたが姿がない、もう他に移動したのかも。三重湖でカワセミを待って湖畔につけた車内で待ったがバンのつがいを撮っただけで2時間弱で撤収。午後芝刈り。風はあったが暑いので汗が出た。
5月19日(金) 5時9.1℃ 12時22.2℃(最低+5.0℃ 最高23.0℃) 晴れ
昨日同様さわやかな一日、道東の長女の住むあたりは30℃の真夏日らしいが当地は過ごしやすい。朝一で昨日もらったタンチョウ情報のある南幌に行くと昨日情報をくれた人の車が見えてその付近の河川敷のヨシの間に見え隠れしている2羽のタンチョウを見つけたのでCAPRI80EDをセットして取り始めるとヨシの間から開けた場所に出てきて距離も少し近くなったのでeos7DUと400ミリでも撮影。残念ながら逆光で目のあたりが黒くつぶれたものしか撮れなかった。タンチョウあまり警戒心がないのか土手を上がって来たが土手の道を向こうから車が近づいてきたらさすがに飛び出してそばの田んぼのあぜ道の陰あたりに降りた。近づく道路が無いので撤収。自分が鳥見に出ている間に妻は先日購入した苗を寄せ植えにして数鉢作って玄関前を飾っていた。
5月18日(木) 5時+8.2℃ 12時22.5℃(最低+7.7℃ 最高24.2℃) 晴れ
夏日一歩手前、道内で結構な数の観測点で夏日となったようだ。しばらく舞鶴遊水地にも行っていないので午前中はMKPや遊水地を回るがカワセミにも目立った鳥も見つからず。10時半ぐらいには来週の通院の事前採血のために病院へ。昨日の内科と整形の時に一緒にこの分の採血もしてもらえば良かったのだが・・・。帰宅後すぐに妻を伴い支笏湖畔の野鳥の森へ、途中コンビニで弁当をかって観察小屋で観察しながらの昼食。鳥は始めはセンダイムシクイとカラだけが何度もやってくるだけだったがその後オオルリ♂、キビタキ♂♀、クロツグミ♂、クロジ♀と出てきて結構収穫があった。顔見知りの先客から南幌にタンチョウが来ているとの情報をもらう。今日はいけないが明日にでも行ってみようと思う。
5月17日(水) 5時+4.3℃ 12時17.4℃(最低+4.0℃ 最高19.3℃) 晴れ

昨日までの寒気がウソのよう、朝から青空が広がって気温もどんどん上がって最高気温で昨日よりも10度近く高い。午前中は通院、2つの科だが普通なら診察は3分で終わるのだが次回に1年ぶりに大腸内視鏡検診をすることになってその説明を受けるまで1時間近く待たされたので病院の後午前中に1時間ほど鳥見の予定でいたが無理、ウドの採取だけで帰宅。午後漁川のMKP(マイカワセミポイント)へ行くと20分ぐらいして2羽のカワセミが見られた。(撮影は1羽)1羽は足下から飛び出した感じなのでここで巣を構える積もりらしく2羽とも外にいる時間が長いので未だ抱卵までは行っていないようだ。午後近くの農家で直販の花苗購入

5月16日(火) 5時+8.1℃ 12時9.6℃(最高10.5℃ 最低7.3℃=21:50現在) 曇り時々小雨
昨日同様一日どんよりとして肌寒い。鳥見もお休み、戸外に出たのはゴミ出しとゴミ箱の回収だけ。
5月15日(月) 5時+7.2℃ 12時9.3℃(最低+6.2℃ 最高12.5℃) 曇り時々霧雨夜になって小雨
今日も寒い一日で日中もほぼ暖房入れた。朝ヤマセミでもと鳥見に出たら車のフロントガラスがぬれてくる。霧雨状態、ヤマセミがいないのですぐ撤収。昼、妻を公民館へ送ってその足でヤマセミポイントへ先日と同じあたりに姿があったのでCapri80EDで撮影、先日よりは少し接近してみた。付近の田んぼにタカブシギらしきシギを見かけた。
5月14日(日) 5時+5.7℃ 12時8.0℃(最低+5.7℃ 最高10.3℃) 曇り

今日もどんより気温も上がらず。鵡川の人口干潟にシギが多数いるらしいというので出かけたが空振りウオーキング4千歩。研究林にも回ったがカワセミは会えず。カメラマンもいないのであの場所での巣作りは無いのかも。かろうじてキジバトを撮しただけ。
5月第2週
5月13日(土) 5時+6.3℃ 12時+9.8℃(最低+6.1℃ 最高11.7℃) 曇り一時晴れ
日差しも弱く気温も上がらなくて寒い一日、日中も時々暖房を入れる必要もあった。鳥見は近頃あまり行っていなかった島松川のヤマセミポイントへ。これまで会えないことが多かったが今日は見やすい枝にまったりととまっていた。距離が有るので400ミリの望遠では歯が立たないのでCapri80ED+E-P5をセットしてじっくり狙ってパチリ、それでも遠すぎるので相手が警戒しない範囲で近寄ってじっくりMFを会わせて撮ったら5倍までトリミングしても結構良く解像してくれた。20分ぐらいで撤収し舞鶴遊水地や長都沼の巡回。遊水地、手前の水辺一寸みでは鴨もいないように見えたが多数のコガモが岸辺に上がっていた。その中に2羽ほどシマアジ、ハシビロガモも2羽ぐらい見えた。奥の水路の方にもやはりコガモが結構な数いる。今時期まで居るということはここで繁殖するのだろうか。娘朝一で8時半頃に家を出て札幌に向かったが11時頃には用事も終わって帰りの列車まで大分時間があるというので妻が急遽札幌に出てショッピングなどつきあったようだ。
5月12日(金) 5時+9.6℃ 12時16.2℃(最高17.6℃ 最低+7.9℃) 曇りのち晴れ

予報は終日曇りマークだったが午後から日が射して青空が出てきた。午前中は漁川のMKPで1時間観察するも空振り、午後も3時を回ってから平岡公園へカワセミに会いに、ねらい通りカワセミには会えたが光線状態は暗かったり夕日の直射だったりで画像はイマイチ。長女が1泊で出てきたので夕食は町内で一寸評判のイタリアンレストランでパスタなど。上品に少量しかないので満腹と間では行かなかった。
5月11日(木) 5時+9.9℃ 12時13.7℃(最低+9.8℃ 最高+14.1℃) 雨が降ったり止んだり
朝から雨模様で気温もさほど上がらずストーブを入れたり止めたり。家から1歩も出ず完全引きこもり来週にかけて雨や曇りばかりで晴れマークがないさえない天気が続く。
5月10日(水) 5時+7.2℃ 12時14.7℃ (最低+2.5℃ 最高+17.0℃) 晴れのち曇り夜半から雨

戸田記念墓地公園の桜が昨日あたりから満開となっと言うので朝8時にに家を出て石狩市の厚田地区へ、野幌経由で60km一寸1時間15分ぐらいで着いた。思った以上に綺麗に整備され墓地らしからぬ明るい公園で道幅もあって車は路側に駐車しても良いのであまり歩かずに鑑賞できた。ソメイヨシノが8千本もあるとかで、同じ品種なので一斉に見頃でまさに圧巻。帰りは江別の泉の沼公園を覗くとバン・カイツブリのほか芝生でアカハラがいた。帰り野幌の園芸ショップ花の庭で苗を買ったりと大分寄り道をしたので昼を大分回って帰宅した。午後は風も強く厚い雲のどんより天気。

5月9日(火) 5時-0.9℃ 12時16.8℃ (最低−1.3℃ 最高20.1℃) 晴れ
久しぶり朝は氷点下まで冷え込んだが昼にはぐんぐん上がって初夏の気温まで上がった。予報で天気も良さそうなので支笏湖畔の野鳥の森の水場へ。センダイムシクイ、アオジ、コルリが何とか撮れたがイマイチ出が悪い。昼を少し回ったぐらいで撤収して千歳の回転寿司で昼食、買い物などしてきたくは3時になった。途中林東公園に寄ったら池の水の水位が下がり干上がってきていた。千歳川から水を引き込む所にゴミなんかが詰まって流れ込まなくなっているらしく市の職員がつまりを直して何とか水が入り始めた。
5月8日(月) 5時+8.8℃ 12時11.6℃ (最高13.7℃ 最低+2.5℃=21:10現在) 雨のち晴れたり曇ったり
朝のうちは雨なので鳥見も花見もお休みしたら昼前には日が射して青空も出てきたが風が強く気温もさほど上がらないのでお休みしたのは良かった。
5月7日(日) 5時+5.4℃ 12時16.2℃ (最低+3.3℃ 最高16.7℃) 晴れのち曇り

いつもより早起きして平岡公園に鳥見と梅園の様子見、その後美唄市の東明公園の桜を見に。ちょっと雲が多くなってきて雨がぱらついたのは残念だったが桜はこれまで見た円山公園やモエレ沼公園よりも綺麗だった。ソメイヨシノの淡いピンクがやはり良い。ソメイヨシノは花が咲いている間は葉っぱが目立たないのがいい。早くに家を出たので昼チョット過ぎには帰宅できた。一休みしてからMKPで1時間ほど観察するも1回前を通っただけ。
 5月第1週/4月第6週
5月6日(土) 5時+9.6℃ 12時13.4℃(最高14.2℃ 最低+3.7℃=21:20現在) 曇り一時雨
朝からどんより一時雨も降って気温は上がらず。季節が1ヶ月先にいっていたのが一気に戻ってきた。このところ連日札幌などに遠出していたので今日は鳥見も休んで静かに。昨日のオオルリや珍鳥サンショウクイの画像などから選抜してBlogにアップ。サンショウクイは撮影場所が特定されかねないのでフアンに限定しての公開。
5月5日(金) 5時+5.9℃ 12時23.0℃(最低+5.2℃ 最高24.4℃) 晴れ後時々曇り
S氏から平岡公園にカワセミが頻繁に来ているとの情報が寄せられていたので、いつもより1時間ぐらい早く家を出て平岡公園へ。カワセミポイントへ着くと先客達がなにやら小鳥を追って付近を動いている。見るとオオルリ、私としてはカワセミより今季初見のオオルリの方がうれしいあちこち飛び回るが遠くに行くわけではなく30分近く楽しませてもらえた。至近距離の画像もゲット。合間に見慣れない鳥が5分ぐらい姿を見せた。帰宅してネットで検索してどうやらサンショウクイらしい。本州でまれに見られる絶滅危惧種U類の鳥だが北海道で見られるのは極めて珍しいらしい。鳥見は8時チョイ過ぎに切り上げてモエレ沼公園で花見。帰宅途中昼食の弁当を買って帰宅して昼食。膨大な数のオオルリ画像と花見の画像も有るので整理が大変で今日の所は花見だけBlogにアップ。
5月4日(木) 5時+1.3℃ 12時21.9℃(最低+1.0℃ 最高23.2℃) 晴れ
今日も朝は寒いが急激に気温も上がって夏のような気温に。2日続きでお出かけしていたので今日は遠出は自粛。MKPに午前午後合わせて5時間の観察するもカワセミの姿は2度ちらっと見ただけで近くには止まってくれず。S川上流も行ったがあちこちに釣り人がいてヤマセミの姿は見られる訳もないのですぐ撤収。夜暖房も入れていないのに室温が高いので肌がけの上の毛布は掛け無くても寒くなかった。
5月3日(水) 5時+0.9℃ 12時+20.9℃(最低+0.2℃ 最高22.9℃) 晴れ

朝は最近にしてはグンと冷え込んだが日中はぐんぐんと気温が上がり最低・最高の気温差が20度以上。円山公園の桜が満開というので混雑しないうちにということで7時半ぐらいに家を出て北海道神宮の駐車場には8時すこしには入れた。参拝してから公園の方へと散策したが花の方は一寸・・・。ついでに旭山公園へ行くもこっちは未だ早い感じ。花見はさっさと終わらせて紅桜公園にカワセミ撮りに、着いてちょっとの間姿を見せていたカワセミ11時近くからぱったりとこなくなって再び姿を見せるまで3時間半も待った、他の10人以上のカメラマンも根気強く待っていた。再びくるようになってからはあちこち飛び回りたっぷり遊んでもらった。今夜から掛け布団これまでの冬用の羽毛から肌がけ羽毛に変えたが当面うえに厚めの毛布を掛けることにした。

5月2日(火) 5時+6.7℃ 12時+13.0℃(最低+6.5℃最高13.0℃) 晴れ
朝は一寸雲が多かったが9時頃から晴れて暑からず寒からずの過ごしやすい一日。S氏から紅桜公園にカワセミが出ているとの情報をもらったのでいつもより早めに家を出て9時前には現場着すでに5,6人の先客がファインダーを覗いていた。急いでカメラをセット、今日は妻もオリンパスE-P5/Lumixの100-300mmを使い自分は400mm、まったりモードになったらCAPRI80EDもつかえるように持って行ったがそれほど落ち着いてはくれないのでほとんど400mmを使った。1時間ほど付近を飛び回った後はぱったりと姿を見せなくなったので11時半には撤収、車の中からカメラマンの動きを見たらカメラに着いているので又来たらしいがほどほどのBlogネタは確保できたので帰途へ。情報をくれたS氏も10時頃に顔を見せ午後まで居るとの事。常磐を通って盤尻をまわって帰宅。市内のスーパーで弁当を買って家でちょっと遅い昼食。
5月1日(月) 5時+5.6℃ 12時11.3℃(最低+3.8℃ 最高+12.5℃) 曇りのち時々晴れ
日差しに恵まれずこの時期にしてはやや寒い感じ。朝の掃除などに手間取って鳥見に出たのは9時半ぐらいからなのでMKPでは1時間、遊水地で30分、移動で40分ぐらい。カワセミには出会えず、遊水地では未だシマアジがいたが雄が3羽(雌は探せなかった)ぐらいと大分少なくなっていた。午後は買い物、冬の鳥見にはダウンなどの防寒が十分な上着があるが今時期のものがあまり無いのでプロノでブルゾンや軽いレインウエアなどを購入。ユニクロでは春物衣料など。
4月30日(日) 5時+4.2℃ 12時+11.6℃(最低+3.6℃ 最高+14.5℃) 晴れたり曇ったり一時雨

このところ日は射しても雲が多かったり雨が降ったりと綺麗に晴れ上がらない日が多い。それでも午前中は雨がなさそうなので支笏湖畔の野鳥の森へ1時間ほど待ったがヤマガラが1度来ただけなのであきらめて苫小牧へ。先日も出会っているカワセミポイントへ行くと先客がファインダーを覗いているあわててカメラを一脚にセットしてカメラを向けて連射で5枚ほど撮ってから三脚にセットして・・と思っていたら飛び出して下流へ。ここでも1時間ほど待ったが戻ってきてはくれなかった。潔く撤収。気温が高い札幌には夏鳥も増えてきた感じだが支笏湖畔や苫小牧はまだ夏鳥はほとんど来ていない感じだ。帰り苫小牧の宇佐見で給油したらリッター125円だったので千歳の宇佐見はいくらかと見たら130円と5円も違っていた。
4月第5週
4月29日(土) 5時+6.0℃ 12時+13.9℃ (最低+4.9℃ 最高+15.0℃) 曇り一時晴れ時に小雨
西野幌の整備工場でタイヤ交換してそのまま登満別園地へ。鳥の声はあまり無く。エゾリスを撮ったりしてからMKPへ。途中北島遊水地を回ろうと思ったらどの入口も通行止め。いろいろ道草を食ったのでMKPでの観察は1時間ほどしかとれなかった。カワセミはちらっと姿を見たが撮影可能な近くには止まってくれなかった。
4月28日(金) 5時+3.4℃ 12時+12.7℃ (最低+2.9℃ 最高+13.2℃) 晴れのち曇り一時雨
このところ午後から天気が崩れる日が続いているが今日も昼には雲が多くなって夕方には小雨。今日の鳥見はカワセミ待ち2時間の後MFの遊水地へ。遊水地は鴨が奥の方だけでなく手前側にも来ていたので土手から降りて水際に車を停めて車内から鴨の撮影。珍しい鴨はシマアジ、去年は5月頃にやってきて初めて見たが今日は数も10羽近くいるようで撮しやすかった。他にハシビロガモやマガンも、河川敷の砂利の道路にコチドリのつがいがチョロチョロ、土手でヒバリなど種類も多くBlogには分割してアップ。
4月27日(木) 5時+2.6℃ 12時+11.4℃ (最低+1.3℃ 最高12.8℃) 晴れのち曇り時々雨。
予報では昼前は晴れなので鳥見は平岡公園に。しかし鳥の姿はなく途中でにわか雨に見舞われ雨に濡れながらあわてて車に戻った。雨は激しくなってあられに変わった。帰り近くのショッピングセンターで買い物して帰宅。恵庭の方は未だ雨は降っていなかったようだがまもなく雨が降り始めたので午後は鳥見にも行けずBlogネタも無し。
4月26日(水) 5時+5.3℃ 12時13.2℃ (最低+4.8℃ 最高14.8℃) 朝夕は曇り夜に雨、日中一時晴れ

午前中にMFの遊水地や長都沼巡回、今日もこれといった変化無し、その後恵庭公園へ、夏鳥が来ているかと期待したが姿を見たのはニュウナイスズメとアオジぐらいアオジは高木の天辺でまともな画像は得られず。午後は夏タイヤを積んで東野幌の店で交換してもらおうと行ったら定休日。ついでに登満別園地に行ってみたがウグイスの声がしたぐらい。収穫無し
4月25日(火) 5時+6.0℃ 12時+13.3℃(最低3.6℃ 最高+13.8℃) 晴れのち雨
業務用のゼラチンを買いに札幌の札幌市西区のお菓子材料の卸の会社へいって帰り道帰宅の東屯田川遊水地へ。ミサゴが来るので知られているところだがポット行って会えるとは期待せずオオバンでもと思っていったらヨシガモも撮れたのでまずまず。ミサゴは魚をつかんで飛んでいくのを見たが突然のことでカメラを向ける余裕はなかった。帰りは拓北の義妹の所にゼラチンを1袋置いて近くで焼き当てパンの昼食江別と南幌を回って帰宅、札幌は11時頃にはもう18℃近くまで上がってダウンのジャンバーとベストの重ね着では暑すぎだった。3時少し回った頃に帰宅したがそれからまもなく雨がぱらついて夜になって本降り。
4月24日(月) 5時-1.5℃ 12時+11.9℃(最低-2.2℃ 最高+13.4℃) 晴れ

久しぶりに氷点下まで冷え込んで朝のうちは気温が低いので少し日差しも強くなって気温も上がり始めた9時過ぎに漁川のカワセミポイントへ鳥見へ。車を降りて川をみるといつもの待ち受けポイントの近くにすでにカワセミがいる。気づかれないように遠回りしながらポイントへ行くが相手に気づかれるとまずいので少し手前で飛び去るのを待つ。いなくなったのを確認してからブラインドネットを張って機材セットして2時間近く待つがカワセミは戻ってこなかった。代わりにカワアイサやイソシギなど撮影。午後は妻を病院へ送迎したり買い物で鳥見はなし
4月23日(日) 5時+2.7℃12時+8.4℃(最低+2.5℃最高+10.1℃)曇りのち晴れ
漁川でカワセミ待ちの鳥見は午前中9時半から始めたが冬の出で立ちでマフラーや膝掛けも用意したがそれでも寒い。1時間一寸待ったが一度下流に飛び去るのをみただけ、キセキレイがつがいでやってきたので最低限のBlogネタ確保、舞鶴遊水地も回ったらコミミヅクにしては大きいフクロウ?をみたが証拠写真しか撮れず。午後再びMKF(マイカワセミポイント)へ行き何とか遠くだがカワセミの撮影が出来た。妻は姉の家で妹と会っておしゃべりなどで夕方まで楽しんだようだ。
4月第4週
4月22日(土) 5時+0.7℃ 12時+3.7℃ (最低+0.7℃ 最高+4.5℃) 雨が降ったり止んだり
真冬日にこそならないが季節が1月逆戻りした感じ、日差しが無くこの低温で暖房の設定温度も3月並に上げてもあまり暖まらない。妻が独身時代につとめていた会社の同僚と会うため札幌へ。中には退社以来初めての人もいるのでドキドキ・ワクワクだったらしいがたっぷり楽しい時間を過ごしてきたらしい。朝駅まで妻を送った後このところ足が遠のいていたMFの遊水地や長都沼それにS川のカワセミポイントやヤマセミポイントなd、小雨が降っているので車の中から様子が見られるところだけ。遊水地少しの鴨はコガモやハシビロガモがいたが遠いのでカメラは出さず。沼ではもういなくなったと思ったノスリや上空をV時で飛ぶ白鳥などがみられたが沼は鳥がzero
4月21日(金) 5時+1.2℃ 12時+9.6℃ (最低+0.9℃ 最高+13.0℃) 晴れ
予報は午後からは曇りで気温も上がらないはずが午後も晴れて気温も上がって体感的に暖かくなった。鳥見はヤマセミポイントから遠いので撮影しようかどうか迷っているうちに上流へ飛んでいった。付近でウグイスの鳴き声がするので探したら藪の中ではなく木にとまったので撮影できた。平岡公園にも行ってみたが梅は未だつぼみが堅く鳥の姿も見えず。午後気温も上がってきたので漁川の16号付近で1時間ほどカワセミ待ち撮影は出来なかったが4回ほど姿は見られた。
4月20日(木) 5時+2.0℃ 12時5.1℃ (最低+1.1℃ 最高+6.7℃) 曇りのち一時薄日
季節が1ヶ月逆戻りしたような気温。風もあって日もほとんど射さないので寒い。それでも太平洋側の天気予報をみたら晴れマークが並んでいるので北大研究林へ。カワセミねらいでフクロウはパスのつもりだったがポイントへ着いたら鳥も人もいない。しばらく待つが寒いのでじっとしていられず運動をかねてカワセミ探しに上流へ..ライトダウンのベストとジャンバーの重ね着では不十分で真冬並にダウンのコートで来れば良かったと後悔。ホオジロガモやカラ類を撮って再びポイントへ戻りしばらく待つ、2時間近く立っても気配がないので下流の駐車場付近の池やその付近で探すことにして車に戻る、下流の池から少し上流へ向かうと遠くの枝に青いポチを見つけて双眼鏡で確認したらやっぱりカワセミ、撮影出来るぐらいまでそーっと接近しパチリ、他の枝に写るが見える範囲なのでそーっと追いかけ木陰から立木にカメラをくっつけて何ショットも撮れた。一脚だけの手持ちなので付近に立木があると手ぶれが防げる。今日は空振りで終わるかと思っていた最後にまずまずの画像GET、上機嫌で撤収。ウトナイの三つ星で焼きたてパンの昼食をとり千歳で買い物をして2時頃には帰宅。
4月19日(水) 5時+4.1℃ 12時+6.7℃ (最高+7.8℃ 最低+2.4=21:45現在) 曇りのち雨が降ったり止んだり
雨が降る前の午前中、妻を美容室に送ってカットが終わるまでの1時間ほど舞鶴遊水地の様子見。その後妻を迎えに行きそのまま買い物と島松川上流へ行くもヤマセミは姿無し。11時ぐらいに帰宅したがそのころから雨。気温も上がらず3月下旬から4月上旬並みの寒さ
4月18日(火) 5時+8.8℃ 12時+4.7℃ (最高+9.0℃ 最低+3.9℃) 風雨

夜明け前に最高気温、朝に最低気温だがその後徐々に気温は上がったが風雨が荒れて寒い一日。帯広では雪が積もったとか。この数日、日中は暖房を切ることもあったが今日は朝から夜まで暖房ON。妻を手編みの会に送迎した以外は引きこもり。

4月17日(月) 5時-1.2℃ 12時+13.1℃ (最低-1.5℃ 最高+14.9℃) 晴れ
今日も春らしい暖かい一日だが良い天気も今日までで明日は大荒れかも。森林公園の登満別駐車場側から森の中へ進んで引き帰えしその後は登満別園地の広場で鳥見するも成果無し、目標の歩数は歩いた。島松川上流のヤマセミポイントへ。巣穴付近に2羽とまっているが遠いのでしばらく観察しただけで帰路へ。昼食は久しぶりにモスで外食。
4月16日(日) 5時+6.6℃ 12時14.5℃ (最低+6.1℃ 最高+15.7℃) 晴れ

昨日ほどではないが今日も春らしい暖かい一日。朝9時前に家を出て途中長都のスーパーで特売の卵など買ってから支笏湖畔の野鳥の森へ。やはり標高が高いので道路脇や林の中などには雪が残っていて観察小屋の水辺も少し雪が残っていて鳥はやってくる気配なし。30分ほど待ったが苫小牧の北大研究林へカワセミに会いに移動。カワセミ待ちをしながら昼食をとる2時間以上待ってもこないのでエゾフクロウをみに森の奥に、1羽しか見えないが一寸は目を開けてくれたりでまずまず。戻って再びカワセミ待ち、フクロウの方に行っている間もカワセミはこなかったらしい。30分ほどしてやっとカワセミがきてくれ少しはゆっくりしてくれた。カワセミがまた飛び去った後にはミヤマカケスがきて水浴び。まずまずの成果で帰ることが出来た。
4月第3週
4月15日(土) 5時+7.2℃ 12時+17.0℃ (最高18.9℃ 最低+7.1℃) 曇りのち晴れ

朝少し雲があったがその後はほぼ晴れ気温も上がって森をクマゲラを探して歩いたらダウンコートを着ていては汗ばむぐらい。日が当たる車内も暖かいので暖房を切っての走行。登満別園地から森内のコースを歩いて昔森の家が有ったところまで行って車道を戻るコースではヤマゲラ・アカゲラ・シマエナガは撮れたが空抜けばかりで画像はイマイチ、北広のイオンで買い物した後団地内を通り抜けて輪厚へ抜けて島松沢のヤマセミポイントに寄ったがヤマセミにも会えず。午後からは昨日の宮島沼行きの画像を整理しBlogアップ、今日の分のアップもあって忙しい。
4月14日(金) 5時-0.3℃ 12時+12.7℃(最低-3.8℃ 最高+16.3℃) 晴れ
晴れて気温はぐんぐん上がって5月並ぐらいの暖かさ。明日から又すっきり晴れそうもないので午後から宮島沼の夕暮れを撮りに行くことにして午前中は登満別と泉の沼、三重湖と駆け足で回った。宮島沼4時半ぐらいに着いたときには沼には雁の姿はほとんど無し、付近の畑など回ったがあまり多くいないのが日没頃からどんどん戻ってきて沼の半分近くをうめた。一旦ねぐら入りしたものがオジロでも来たのか一斉に飛び上がり沼も手前側に降りる様はものすごい迫力。
4月13日(木) 5時+0.7℃ 12時-2.3℃ (最高+1.8℃ 最低-2.4℃) 雪のち曇り

季節が半月以上逆戻り、湿り雪が吹雪模様で降るが」時折日も射す。風が強いので室内も気温が上がらず久しぶりにストーブの設定温度を22℃まであげた。一昨日までは15℃ぐらいでも暑かったのだが・・・。鳥見完全お休み、一歩も外へ出ないのは久しぶり。
明日の予報はお日様マークが並んでいるので宮島沼あたりにねぐら入りを見に行くことにしよう 
4月12日(水) 5時+0.8℃ 12時+2.6℃ (最低+0.3℃ 最高+5.4℃) 雨のち曇り

明け方に雪が降ったり午後には晴れ間も見えたが気温は上がらず風も強く寒い一日。明日にかけても寒気の流入は続き季節が一月逆戻りしたかのよう。午後買い物ついでに遊水地と昨日ヤマセミに会えたあたりを回って車内から様子を見るだけの鳥見、これといった成果も無し。
4月11日(火) 5時+1.3℃ 12時+9.9℃ (最低-1.2℃ 最高+10.9℃) 晴れのち曇り夜になって雨
昼前から雲が多くなって夜には雨。風も強いので気温の割には寒い。クマゲラねらいで登満別口へいくがやはり森の奥は雪が残ってズボズボ、がんばって300mぐらいまで行ってみたがその先も雪道が続くので引き返し広場で鳥待ち。しばらく待ったが気配もないので撤収し島松川のヤマセミポイントへ。鳴き声が聞こえるので双眼鏡で探す、しばらくして2羽の姿を見つけたが遠過ぎ、CAPRI80EDを出して撮ったが曇天のせいもあってSSが上がらなかったりISOが高いのでイマイチだったが今後に期待できそう。
4月10日(月) 5時+3.6℃ 12時+8.4℃ (最高+10.0℃ 最低+0.3℃=21:20現在) 晴れ

日中はさほど低い気温ではなかったが風があるのでちょっと寒い。夜になって気温が下がり明朝にかけて冷え込みそう。登満別口からの公園の遊歩道の雪もそろそろ消えているかと思い出かけた。入り口でエゾリスの姿があったのでしばしそっちを相手にした後奥に向かったが奥の方は吹きだまって積雪量が多かったせいかまだ結構残っていてすんなりと進めそうもないのであきらめて撤収。舞鶴遊水地を回って帰宅。入り口付近の水辺に鴨が少々、遠くにミコアイサがいたが遠すぎる。夕方今日高校の入学式を終えた孫娘が制服姿を見せにやってきた。
4月9日(日) 5時+2.2℃ 12時+8.5℃ (最低+1.5℃ 最高+9.0℃) 晴れのち曇り

クマゲラ探しかハジロカイツブリか悩んだが冬鳥のカイツブリはいなくなる心配があるのでそちらを優先し厚真へ。先に周文のフェリーターミナル横でハシビロガモを撮ってからハジロカイツブリのいる旧漁港へ。着いたときは水鳥の姿がなかったがしばらく待っていると4羽姿を見せた前回(2/22)ほど近くまでは来てくれなかったが夏羽に変わった4羽がまとまって行動するのを写せた。ついでに北大研究林でエゾフクロウでもと森の奥に向かうと途中でカワセミに出会い撮影、フクロウの方は行くのをやめて帰宅。明日も天気が良さそうなので今度こそクマゲラ探しだな。
4月第2週
4月8日(土) 5時+2.9℃ 12時+4.6℃ (最低-0.8℃ 最高+6.2℃) 曇り

3日ぶりに氷点下の最低気温。3月並の寒さが戻った感じ。鳥見は買い物ついでにMFの遊水地と長都沼だけ。一昨日まではいたオナガガモの大群はまったく姿がない。入り口付近の水辺は完全に融けマガモやコガモハシビロガモなどの姿が見えたが遠いので風景写真を撮っただけで撤収。明日は天気が回復しそう、森林公園の遊歩道歩きやすくなっているだろうか。
4月7日(金) 5時+6.1℃ 12時+9.9℃ (最高+10.2℃ 最低+3.7℃=21:10現在) 曇りのち晴

昨日ほどではないが今日も気温が高い。夜中に雨が降りたりはしたが昼前ぐらいから天気は回復。登満別口から森の奥に入ってクマゲラを探すつもりで行ったが100mぐらいすすんだ先はまだ積雪で非常に歩きにくい状態なのでそれ以上はいるのはあきらめ撤収し泉の池公園、三重湖を回って昼過ぎ帰宅。クマゲラはだめだったが泉の沼で比較的近距離でミコアイサを撮ることができたので成果としては上々。
4月6日(木) 5時+3.4℃ 12時+14.2℃ (最低+1.9℃ 最高+14.6℃) 晴れのち曇り
5月並の暖かい一日。帯広などは7月並の18℃だとか。昼過ぎから雲が多くなって明日朝には雨もありそう。鳥見は長都沼、舞鶴遊水地と回ったが昨日と同じように撮るべき鳥も無し、そのまま登満別園地に向かう。森の中に入る道は未だ雪が深い上に暖気で柔らかくなっているので踏み固めた道もズボズボなので広場で鳥待ち。アカゲラとカラを撮ったぐらいで昼前に撤収。明日も昼ぐらいまで雨もあるが気温は高いがまだ森の中はいるのは無理かな。
4月5日(水) 5時+0.2℃ 12時+11.1℃(最低-2.6℃ 最高+11.8℃) 晴れ 積雪0cm
札幌の15℃超えやオホーツク沿岸の17℃などと比べるとさほどではないが暖かい一日。全道的に5月並の陽気らしい。積雪も昼ぐらいに0となった。定期通院で検査などもあって薬は後回しにして帰宅できたのはほとんど昼。午後買い物ついでにMF2カ所と市内のヤマセミポイントを2カ所回ってみた。遊水地の手前の水辺は明日ぐらいには雪解けかも、また沢山いたオナガガモも昨日の1/3ぐらいピークに比べたら1/10以下と減っていた。長都沼は鳥がいないしカメラマンもいない。ヤマセミポイントは短時間いただけだが気配なし。盤尻の発電所の方はまだ工事が終わっていないようでいつまで続くのかよくわからない
4月4日(火) 5時-2.7℃ 12時+8.8℃(最低-2.7℃ 最高+10.5℃) 晴れ時々曇り 積雪8cm

雪解けもすすんで春らしさが広がってきている。妻を趣味のサークル手編みの会に送ったあと長都沼方面へ。先日来オオモズが出るというのでカメラマンが集まっていた。さほど興味のある鳥ではないが他に撮る鳥もいないので2時間近く出を待ったが結局だめ。それよりもクマゲラやシマエナガを撮りたいので登満別園地へ。弁当があるので園地の車の中で昼食し広場で鳥の出を待つが気配なし。森の奥に入りクマゲラを探そうかとも思ったが道はまだ雪が深く踏み固められた雪もこの暖気で埋まって歩きにくいのでクマゲラ探しはもっと雪が消えてからとあきらめた。広場で待機していると遠くをキジが走っていくのが見えたので姿が消えたあたりに行ってみたらキジには会えなかったがヤマゲラの雌雄に会えたが離れているので雄の方を狙ってカメラを向けた。何とかBlogネタ確保。3時に妻のサークルが終わるので迎えに行くため2時半には撤収。何とか3時に間に合った。

4月3日(月) 5時-0.8℃ 12時+9.4℃(最低-1.7℃ 最高+10.1℃) 晴れのち曇り 積雪12cm
気温も上がって穏やか昼過ぎまで日差しもあって気持ちの良い一日。鳥見は午前中に舞鶴遊水地へ。入り口付近の水場が未だ凍っているところにオジロワシ、堤防から水辺近くまで積雪もわずかになったので降りてそこからカメラを向けたがそれでも100m以上はあるのでCAPRI80EDシステムで何とか拡大して久しぶりに精悍な顔が見られた。奥のオナガガモはピーク時より半分以下に減ったとはいえ未だウジャウジャ。スコープで観察しているKさんと出会い、遠くに少し居るコガモの中にアメリカコガモが1羽いると教えられたが自分の双眼鏡ではコガモの存在すら良き判らなかった。代わりに少し手前にミコアイサ発見CAPRI80EDで追いかけながらのピント合わせは大変動きがなかったり緩慢な鳥ではクリアな画像は照れてもミコアイサのような鳥では大変。
4月2日(日) 5時-5.3℃ 12時+4.7℃(最低-5.6℃ 最高+5.6℃) 晴れのち曇り 積雪17cm

目先を変えて札幌の屯田遊水地へ。2週間前ぐらいは一面雪に覆われていた沼もすべて水面が開いていてミサゴ待ちらしきカメラマンが10人ぐらい。手前の沼にはヒドリガモの群にカワアイサが数羽、魚をくわえて浮上したカワアイサに魚を奪おうと追いかける別のカワアイサのバトルなどが見られ奥の沼にはオオバンが10羽ぐらい。どうもミサゴはまだ1度も姿を見せていないようなのであまり期待も出来ないので撤収。新川のメガドンキホーテでドレッシングなど買い物して野幌の登満別園地で昼食を摂りながら雪ウサギ待ちクマゲラも期待したがシマエナガがちょっとだけ来たぐらい。1時間ぐらいで帰途に。行き帰り北広島との間は裏道を通ったらあちこちで白鳥や雁の姿があった。
4月第1/3月5週
4月1日(土) 5時-2.9℃ 12時+4.3℃(最低-3.6℃ 最高+5.9℃) 晴れ 積雪24→22cm

朝から綺麗に青空、日差しが強く風もないので昼過ぎ一時暖房の設定温度を最低まで下げても室内は暖かい。鳥見、2日ほど遊水地方面に行っていないのでまずは遊水地から、オナガガモの群まだすごい数が逗留中。湿地部分もかなり雪が融けて来ている。白鳥はあまり姿がなかった。Capri80を出して豆粒オナガガモを撮ってみた光線も良いので5倍ぐらい引き延ばしても十分な解像度が得られ改めて光学性能の良さを認識。千歳川上流のヤマセミポイントでも1時間ぐらいまったが今日の目当てのシマエナガは姿を見せなかった。
3月31日(金) 5時-1.7℃ 12時+3.2℃(最高+3.5℃ 最低-3.2℃) 晴れ 積雪22cm
朝きれいに晴れ上がっていたが湿った雪が10cmぐらい。鳥見は登満別園地へ、新たな雪で非常に歩きにくいので入り口付近でエナガなどの出を待ち受ける作戦だったが1時間以上粘ってもだめ。なんとかコゲラとヤマゲラは撮れた、帰りは北広島から北島を回って帰宅。予想通り道路脇の田んぼに白鳥や雁がいた。気温はさほど上がらなかったが日差しが強いので家前のアプローチのアスファルトの上の雪は昼過ぎにはほぼ融けたが、まだ雪が残っている場所に積もった雪は融けるのが遅い。
3月30日(木) 5時-2.7℃ 12時+1.8℃(最低-2.9℃ 最高+2.5℃) 雨のち湿雪 積雪30cm
一転寒い一日になった。朝のうちは雨だったが午後には霙から湿り雪、鳥見はお休み
3月29日(水) 5時-3.4℃ 12時+6.7℃(最低-6.0℃ 最高+8.6℃) 曇りのち晴れたり曇ったり 積雪24cm

このところの暖気で融雪は順調に進んでいる。定期通院で薬局も終わって10時を回ってからの鳥見なので近場だけ。恵み野中央公園と茂漁川、しばらくダイサギを近くで撮っていないのでそれが目あてだったがどちらでも会えなかった。結局鴨のほかアカゲラなどの小鳥

3月28日(火) 5時-2.3℃ 12時+5.1℃(最低-5.7℃ 最高+5.7℃) 曇り一時晴れ 積雪27cm

気温の割に日差しが少なかった事もあってあまり暖かい感じはなかった。天気もぱっとしないので鳥見は長都沼と舞鶴遊水地だけ。どちらもこの数日と変わらないが鴨はオナガガモの大群から少し離れた水たまりにコガモがわずか居たぐらい。Capri80を出して遠くのオナガガモを大きくと思って撮ったがほとんどが寝ている姿ばかりで絵にならずBlog投稿はあきらめた。
3月27日(月) 5時-6.6℃ 12時+6.6℃(最低-7.4℃ 最高+8.6℃) 晴れ 積雪29cm
今日も良い天気。研究林のエゾフクロウ今季は未だ目を開けた画像も2羽並びも撮れていないので3度目の正直を狙ったが結果は2度有ることは3度有る。付近のエゾマツの枝にもう1羽が居るというので探したが葉が茂っていてなかなか姿が見えずようやく見えてもお尻だけ。付近でシマエナガがチョロチョロしているがあたりは未だ深雪で踏み固めても居ないので1歩ずつ雪を踏み固めながら出ないと動けないので姿を見ても枝を交わす位置に移動できず歯がゆい重い。帰りウトナイ湖の道の駅奥を覗いたら元気のないオオハクチョウが1羽だけ。羽を痛めたのかそれとも鳥インフルで弱っているのか。
3月26日(日) 5時-8.4℃ 12時+5.9℃(最低-8.9℃ 最高+6.9℃) 晴れ後晴れたり曇ったり 積雪32cm
今日も良い天気なので久しぶりに隣町のヤマセミポイントへ。先客は朝6時から来ているが出ないとのこと、別の人はこの2週間以上何度も来ているがヤマセミはおろかカワセミもまったく姿を見せないとのこと、シマエナガはちらっと来たが込み入った枝の先なのでAFが追いつけず。早々に撤収し長都沼と舞鶴遊水地へ、沼は今日もサギがポツポツ居るぐらいで遊水地はオナガガモの大群が未だ居てその後ろの雪原にオジロワシの幼鳥が3羽。遠過ぎでCAPRI80EDを使ったがそれでも苦戦。北広の息子のところの大学生の孫が帰省し、もう一人の孫は先日高校の合格が決まったのでそのお祝いに我が家でお祝いの宴。
3月4週
3月25日(土) 5時0.0℃ 12時+3.2℃(最高+4.3℃ 最低-3.6℃=22:00現在) 晴れ 積雪34cm

昨日までの雪であちこち状況が変わっているようなのでその様子見に。登満別園地雪が深くなって歩きにくい。雪ウサギを待って居るとコゲラが近くにやってきたのでこっちをバシャバシャ。シマエナガも来たが小枝の多い木の天辺付近で枝かぶりがひどくまともな画像は撮れなかった。最低限のBlogネタ確保したので江別の公園や三重湖を回り、北広からは裏道を通った。北島付近で遊水地に隣接する水路にオオハクチョウが居たので車を停めて撮っていると上空をヒシクイの群が遊水地の奥の方に飛んでいき、白鳥は先に水路にいる白鳥のそばに降りてきた。
3月24日(金) 5時-3.4℃ 12時-0.3℃(最低-4.3℃ 最高+1.8℃) 雪のち曇り時々晴れ 積雪48→38cm
夜明けまでにまたそこそこの積雪だが気温があまり高くなく薄日もあるので車が頻繁に走るような道路はアスファルトが出ているが雪の残っている庭や畑のような所は消えずに積雪が増えた感じ。鳥見は遊水地などを回ったが遊水地の土手は吹きだまりがあったりしてに脱出できなくなったら大変なので入り口のところで引き返し千歳川上流へも行ってみたがここでも林道部分がやはり雪が深いので自重して帰路に。途中の畑に雁と白鳥の群が降りているのを撮って今日のblogネタ確保。
3月23日(木) 5時-0.9℃ 12時+1.1℃(最低-3.3℃ 最高+1.3℃) 雪が降ったり止んだり 積雪40cm

久しぶりにまとまった積雪だが時々日も射すので積もっては一部融けていった感じなので日当たりが良くて交通量の多い道路はアスファルトが出ていた。妻を手編みの会に送った後そのまま鳥見に長都沼方面に車を走らせたが1kmも行かないうちに吹雪き模様になったので引き返す。
3月22日(水) 5時+0.2℃ 12時+3.8℃(最高+4.1℃ 最低-1.3℃=21:30現在) 曇り 積雪29cm

冷え込みが弱いがその後昨日までほどには気温も上がらない。今日も午前中遊水地や長都沼の巡回。昨日と同じような状態なので写真を撮っても・・・とも思ったがBlogネタがないと困るので比較的近くにいたヒシクイを1眼レフとCAPRI80EDのセットで撮影。一眼レフでも三脚にセットした画像は大きくトリミングしてもまずまず見られる。帰り久しぶりに長都駅近くのスーパーアークスに寄った。
3月21日(火) 5時-3.5℃ 12時+4.1℃(最低-4.5℃ 最高+5.1℃) 曇り 積雪30cm
高めの気温だが日差しがないのでさほど雪解けもすすまず暖かい感じはない。曇りで光線状態が悪く綺麗な写真は望めないが春の渡りが始まってMFの長都沼や舞鶴遊水地などの様子が気になるので行ってみた。沼はサギがダイサギからアオサギに入れ替わる時期なので両方が群で居たが他に鳥の姿はなし。遊水地は昨日同様オナガガモがウジャウジャ。一眼レフの300mmや400mmでは豆粒なのでCAPRI80EDを取り出した。鴨の他ヒシクイや白鳥が少し、オジロも幼鳥成鳥各1羽。生田原の孫の高校合格祝い振り込み、北広の孫の方は週末にでも持参の予定
3月20日(月) 5時+1.9℃ 12時+5.8℃(最高+6.0℃ 最低-2.3℃=21:30現在) 晴れ 積雪32cm
夜になって氷点下の気温になったが0時からずーっとプラスの気温で日差しも有ったので雪解けのペースは上がった。午前中は舞鶴遊水地へ2日前にはまだ土手にかなり雪があったが今日は東側に少し残っていたがほとんどは雪が消えていた。周回しようと車を走らせ東側の雪のあるところも大分走れたが最後の所に雪山があってスタック、雪が腹につかえ動けない。保険のロードサービスを呼んでレッカーで10mぐらい牽引してもらって脱出出来た。遊水地の東側の水路は雪も融けて水面が開きすごい数の鴨、多くはオナガガモの群、白鳥や雁も少し混じっている。ス脱出に時間がかかり帰宅は昼過ぎになった。午後3時頃から今度は登満別園地にエゾユキウサギを目当てに、先客が数人いたのでどのあたりに出てくるのかすぐ判ってカメラセット程なく姿を見せた。枚数は多く写せたがやっぱりちょっと遠いので拡大するとイマイチの画像。明日又といいたいところだが明日からしばらくは天気が悪そう。
3月19日(日) 5時+1.1℃ 12時+4.4℃(最低+0.8℃ 最高+4.8℃) 晴れ 積雪36cm
今日の良い天気、少し風はあったが日差しもあって暖かい。雪解けのペースが少し上がった感じ。クマゲラねらいで野幌の森林公園へ。大沢口からカツラコースで大沢園地まで行き帰りは大沢コースと回る。森の中はまだ積雪が多く踏み固めた所を歩かないとズボっとはまってしまうので気を遣いながら鳥の声に気を配りながら回ったが鳥の声はカラ類の声がたまにするだけ。残り1kmのところでようやくコゲラとキバシリが撮れた。駐車場には昼少し前に戻ってバナナなど食べて一休み。これで腹を持たせたので昼食は帰宅してからということにして登満別園地も覗いてから帰宅。
3月3週
3月18日(土) 5時-2.8℃ 12時+4.2℃(最低-4.3℃ 最高+4.4℃) 晴れ 積雪39cm

午後になってちょっと風が出たが昨日に引き続いて暖かい一日。今日も早めに家を出てオジロの木→長都沼→M遊水地→道の駅脇→林東公園と回った。オジロは居なくて沼も閑散、遊水地はまだ雪に覆われ道の駅脇は鴨がほんの少しに減っていた。林東公園ではシマエナガがこないかと待つがアトリがきたぐらい。エゾリスが近くを行ったりきたりしてくれたのでこれはたっぷり撮れた。10時ぐらいには帰宅。午後スーパーに買い物のついでにホーマックで靴につける滑り止め先日ゴムが切れたので買い直そうかと行ったがもう在庫もなかった。まぁ今シーズンは無くても

3月17日(金) 5時-0.4℃ 12時+3.9℃(最低-1.1℃ 最高+4.1℃) 晴れ 積雪42cm
明け方にうっすら雪が積もっていたが程なく消えた。今日は孫2人が高校受験の合格発表日。9時すぎても連絡がないので心配したが発表は10時だった。2人とも無事合格で良かった。北大研究林のエゾフクロウに会いに午後2時過ぎに家を出た。夜行性の鳥なので夕方からの方が良いかとの計算。現場には3時ちょっとに着いたが姿があるのは1羽だけで瞑想モード。先客の話に寄れば午前中は2羽見られたらしい。気温が上がって暖かいとはいえ日が陰ってくると結構寒い。4時半ぐらいまで粘ったがもう1羽は洞の中入ったまま出てこないし出ている1羽もほとんど目をつぶって薄目がほんの一瞬といった感じ。帰りは千歳で買い物をして6時頃帰宅。
3月16日(木) 5時+0.7℃ 12時+1.9℃(最低-4.8℃ 最高+2.8℃) 曇り時々晴れ 積雪45cm

気温は高いが強い風で体感的には寒い。風が強いので戸外で鳥待ちのスタイルは無理なので車で巡回。昨日オジロが北島遊水地に居るというのでまずは北島へ、鷲がとまるような木もないが車が走れそうな道を進んでいたら鳶のような猛禽が雪原にぽつんと居た車を停めて双眼鏡で確認したらくちばしの感じからオジロの幼鳥と判ったが遠いので手持ちで撮っても無駄先に進むと道路脇に若鳥といった感じのオジロ、車を停めてカメラを構えるが運転席から前方の被写体を狙うのは大変だった。もう1羽やはり幼鳥と感じのオジロも飛んでいくのが見えたが漁川のいつもの個体とは別らしい感じ。その後長都沼を覗いたがダイサギが目立ったぐらいで超閑散。帰宅して午後娘達に山形から届いた干し柿を普通郵便で発送。ついでに農協のスタンドでドライブスルー洗車なるもので車を洗ってきた。北島遊水地の間の道路は泥だらけで普段普通の汚れぐらい気にしない自分でも気になるぐらいの泥まみれ状態。洗車代を払ってまで往きからには良い画像が撮れなきゃ元が取れない。
3月15日(水) 5時-4.7℃ 12時+2.5℃ (最低-6.9℃ 最高+3.1℃) 晴れ 積雪46cm

定期通院日だが10時ぐらいには終わったので北大研究林のフクロウに会いに行ったが見えるところには1羽だけでそれもお昼寝モード、1時間ぐらい粘ったが目を開ける気配もないのであきらめて撤収。子育て中らしいのでしばらくはここで会えそう。3時ぐらいには帰宅。
3月14日(火) 5時-6.3℃ 12時+1.4℃(最低-7.3℃ 最高+4.2℃) 曇りのち時々晴れ 積雪48cm
予報は朝から晴れマークが並んでいたが実際は曇り空、鳥見はお休みにしようかと思ったがオジロの消息やようやくにぎわってきた長都沼が気になったので少し遅くなってから上を出た。沼はオオハクチョウ、ヒシクイ、鴨ち居ることは居るが機能に比べてぐんと少ない。オジロの姿は無かったがが午後買い物の行き帰りに寄ったら往きの2時半頃1羽。2日姿が無かったのでもう旅立ったと思ったが今年は去年よりも随分遅くまで残っている。
3月13日(月) 5時-9.4℃ 12時+3.7℃(最低-10.8℃ 最高+4.9℃) 晴れ 積雪49cm
今日も良い天気で最高気温も高くなった。いつもより早めに家を出て、長都沼、林東公園、千歳川上流の孵化場付近と回った。長都沼渡りの鴨のオナガガモが群で居たが白鳥や雁は昨日よりは少ない感じ。林東公園ではから以外にシメ、エゾリスもやってきた。ヤマセミポイントはウソとシマエナガが来たがカワセミもヤマセミも気配なし。オジロは今日も見られず
3月12日(日) 5時-10.0℃ 12時-0.6℃(最低-12.0℃ 最高+2.4℃) 晴れ 積雪52cm

コオリガモが居るというので石狩湾新港へ行ったがコオリガモどころか他の鴨も居ない。次屯田遊水地へ行ってみたがまだ水面はほとんど凍っていた。野幌の森林公園登満別園地も未だ雪が多く鳥もカラしか居ない。昼チョット過ぎに帰宅。いつものオジロも気になるので3時過ぎに再び出かけて長都沼も回ってきた。オジロは行き帰り寄ったが姿無し。沼はヒシクイがかなり多くなっていた。

3月2週
3月11日(土) 5時-4.1℃ 12時+0.6℃(最低-7.1℃ 最高+1.8℃) 晴れ 積雪59→52cm

夜中に6cmぐらいの降雪があったらしいが日差しが強いので玄関前のアプローチは雪掻きをしなくても夕方までにアスファルトが出てきた。天気がよいので鳥見は妻も一緒に長都沼からウトナイ湖まで。どちらも鳥はさっぱり居ない。帰り再び長都沼に寄ると白鳥が少し、すぐにヒシクイ4羽がやってきた。カメラを持って水際近くに行って白鳥とヒシクイを撮っていると、ヒシクイの群が次々やってきて一部は下流側に降りたり一部はそのまま飛び去ったり。ようやく北帰行の雁がやってきて沼もにぎわいが戻り始めたようだ。
3月10日(金) 5時-4.8℃ 12時+0.8℃(最低-7.2℃ 最高+2.4℃) 曇り一時湿った雪の吹雪 積雪53cm

妻を手編みの会に送ったとそのまま鳥見へいつものオジロが居るのを確認した後に長都沼、千歳川上流の孵化場付近と回るも鳥に出会えず再び長都沼へ行き駐車場で弁当の昼食を摂ってから帰宅。沼の付近でノスリとハイタカを写せた。沼はやたらダイサギが多くほかの鳥はごくわずか。
3月9日(木) 5時-8.7℃ 12時+1.4℃(最低-11.1℃ 最高+3.0℃) 晴れたり曇ったり 積雪52cm
この時期並の気温に戻ったようだ。青空も覗いていたので午前中駆け足でオジロの確認と長都沼の様子見。2日続いて姿がなかったのでもう北に帰ったと思っていたオジロが未だ居た。長都沼開いていた水面の一部が薄く凍っていたりはしたがほぼ全域で開いているが鳥の姿はカラスが水飲みに水辺にポツポツ居るぐらいで水鳥は全く居なかった。車を下流側にゆっくり走らせていると上空を追い越すように10羽ぐらいの白鳥が飛んでいって駐車場付近に降りた。ここにはその前から少し白鳥が居たようで合わせて30羽ぐらい見られたがさらに下流には又何も居なかったが上空をオジロワシが2羽千歳川本流の方に飛んでいくのが見えた。
3月8日(水) 5時-13.0℃ 12時+0.6℃(最低-14.1℃ 最高+1.2℃) 晴れのち曇り一時雪 積雪60→54cm
今時期にしたらちょっときつい冷え込み。夜中に8cmぐらい積雪が有ったが朝には青空。いつもより早めに鳥見に出て長都沼と恵み野中央公園へ。中央公園ではヨシガモを探したが見あたらずコガモなんか散って帰ろうとしたときになってアメリカヒドリに気が付いた。10時ぐらいには帰宅。
3月7日(火) 5時-3.7℃ 12時-1.9℃(最低-5.3℃ 最高+0.4℃) 晴れたり曇ったり一時雪 積雪53→52cm
明け方近くに3cm程度の降雪、予報は曇りマークばかりだった意外に日差しがあった。鳥見はお休みになると思っていたが長都沼もそろそろ渡り鳥が来るかも知れないので買い物ついでに鳥見。長都沼は鳥が居ない。白鳥2と雁が2、河畔林の隙間あら見えたのと鴨が少々、カメラを向けることもなく撤収。行き帰りオジロが居るかどうか覗いてみたが姿なし、いよいよ旅立ったのかも。午後は確定申告の仕上げと医療補助申請書も仕上げて発送。気がかりの作業が片づいてすっきり。おひな様も(妻が)かたづけた。
3月6日(月) 5時-9.7℃ 12時-1.3℃(最低-12.0℃ 最高-0.5℃) 晴れ 積雪50cm

今日も予報で昼過ぎまで晴れマーク。明日は荒れる予報なので鳥見は休むわけに行かないので千歳川上流の孵化場付近へ、その前にオジロの確認と長都沼を覗いてみた。オジロは1羽だけだがいつもの枝に、沼は何カ所かに白鳥が少し。鴨は少なかったがミコアイサの姿があった。ヤマセミは気配もなしで越冬カワセミはいつもの枝から何回かダイビング。そこそこのBlogネタ確保したのでいつもより」少し早く帰宅。
3月5日(日) 5時-5.6℃ 12時-0.4℃ (最低-7.7℃ 最高+0.4℃) 晴れ 積雪50cm

朝天気予報を見たら晴れマークが並んでいるので鳥見は苫小牧に行くこととして8時半頃出発、いつものオジロの存在を確かめようとオジロの木の所を通ると2羽並び、1羽だけなら撮さずに通過というつもりだったが滅多にない事ので車を停めてカメラを向けた。早々に切り上げ苫小牧へウトナイ湖の道の駅で渡り鳥の様子を見ようと立ち寄るも鳥の姿はなし。研究林ではダイサギやウミアイサ、キクイタダキなどを撮ってから漁港へ行くが漁港内には鴨の姿がない。外側にシノリがもがいたがその景色だけ撮って帰路に。ウトナイの三つ星で焼きたてパンの昼食をとり長都沼経由で1時過ぎに帰宅。夕方4時から恵庭のカワセミの会の15周年の祝賀会に、行く途中オジロの木に1羽留まっているのを確認。
3月第1週/2月第4週
3月4日(土) 5時-9.3℃ 12時-1.9℃(最低-10.3℃ 最高+0.2℃) 曇り時々晴れ 積雪50cm

午前中は晴れのはずだが雲が多くすっきり晴れとはいかない。寒さも戻って今時期並。舞鶴遊水地や長都沼を回ってみたが遊水地は土手の一部が車で入れたが水辺は無く一面雪原。沼も閑散で白鳥が5羽ぐらい、鴨はマガモが少々、変わったところでオナガガモが1羽だけ、ダイサギが3羽ぐらい。キタキツネが2カ所で道路にいたが一方はあわてて雪原の奥に逃げたが沼の脇の道路では逆に車に寄ってきて餌をねだる仕草。可愛いので餌をやりたくなる気もするが野生動物に餌はやるべきでないしそれよりも餌の持ち合わせがないので手を振ってバイバイ。

3月3日(金) 5時+0.9℃ 12時-0.4℃(最高+2.4℃ 最低-3.7℃) 曇り時々風雪 積雪51cm

午前中はプラスの気温だが午後にはマイナス。時々日差しもあるが突然激しい吹雪なので鳥見は今日もお休み。この時期にしては気温が高いが風が強いので体感的には寒い。明日はこの時期並の冷え込みになるらしい。昼過ぎ買い物ついでにオジロの様子を見に行ったが姿無し。去年も最後に姿を見たのは3月2日だったのでもう北へ向かって旅立ったのかも知れない。

3月2日(木) 5時+1.7℃ 12時+4.4℃(最高+6.7℃ 最低-1.2℃=21:00現在) 曇り 積雪54cm
夜明け前からプラスの気温で4月並ぐらいの暖かさ。車の通行の多い道路はアスファルトが出て乾いているが住宅街の道路はザクザクやツルツル。定期の通院は予約が昼に近いので帰宅できたのは昼を回ってから。曇りだし通院などで今日の鳥見はお休みだが、午後の買い物の行き帰りにはオジロの様子見、1羽が往きも帰りも留まっているのを確認。
3月1日(水) 5時-2.0℃ 12時+5.1℃ (最低-5.1℃ 最高+5.3℃) 晴れのち曇り 積雪55cm

荒れ模様の天気になるかと思ったら意外に日が射したり、気温はグンと高く3月下旬並。鳥見はお休みの予定だったがこの陽気で長都沼に白鳥や雁などの北帰行の第1陣が姿を見せていないかの確認。予想通り付近の川などに居残った白鳥らしきものにしては数が多いので第1号の群も来ているのではないかと思われる。北へいつ旅立つのか気になるオジロワシはいつもの木に1羽、風が強くて毛が逆だっらりしていたが沼の往きと帰り両方確認できた。11時前には帰宅しておひな様の人形と最低限の屏風と欄干を机とテーブルの上に広げた。
2月28日(火) 5時-16.6℃ 12+1.8℃ (最低-17.4℃ 最高+3.2) 晴れ 積雪57cm
昨日ほどではないが今日も冷え込んだが午後からは大分気温が高い。明日から天気が崩れそうなので鳥見はヤマセミねらいで千歳川上流へ。9時半過ぎに出てスーパーで弁当や普段の買い物をしてから現場へ。土日あたりからヤマセミが出ないようなのでめっきりギャラリーは少なくなって駐車場所は余裕。昼20分ぐらい車内に戻ってお昼。ヤマセミはこないが対岸に狸のつがいらしき2匹が日向ぼっこでまったり、そのあと子狸?という感じの3匹が少し離れた場所に並んだりしたのでこれを相手にパチリパチリ。昼を回ってしばらくしたら越冬カワセミがやってきた、昨日はCapri80EDセットを出すのが面倒で撮影はパスしたが今日は気合いを入れてCapri80EDセットを持ってきてダイビングを狙う何度も撮影失敗したが最後にまずまずの画像GETしたのでカワセミを残して撤収。
2月27日(月) 5時-16.8℃ 12時-6.3℃(最低-19.8℃ 最高-0.7℃) 晴れ 積雪60→58cm

朝起きたらうっすらの新雪と綺麗な青空、気温を調べると-20℃近くまで冷え込んでいる。この気温なら霧氷やケアラシが見られるので朝食後急いで家を出て、漁川18号橋、千歳川長都大橋、長都沼とまわっていつものオジロの所を回って9時前には帰宅。ダイヤモンドダストも見られたが写真はうまくは写せなかった。札幌に出かける妻を駅まで送り一休みしてから再び鳥見に。途中スーパーで昼食その他を買ってヤマセミポイントには昼ぐらいに着いた。先客多数、ヤマセミは出ていないとかで皆対岸の越冬カワセミを撮っている。400ミリではゴマ粒で撮っては見たが使い物にならないし、一昨日と同じ枝の同じようなカワセミのために560mmレンズ一式を運ぶのも面倒なので撤収。朝いつものあたりの対岸の木に2羽居たオジロは午後はいつもの木に1羽、昨日姿がなかったので旅立ったのかと思ったがまだのようだ。
2月26日(日) 5時-7.5℃ 12時-4.0℃(最低-13.5℃ 最低-2.7℃) 晴れのち曇り一時吹雪積雪60→59cm
朝うっすらの降雪、除雪するかしないか迷うぐらい。日が昇ってしばらくは日も射したが午後からは雲が多くなって一時は激しい雪。朝一で買い物に出たついでに長都沼を回ったがダイサギ1羽の姿を見ただけで深閑としていた。行き帰りオジロがいるかそばを通り姿がないので帰りはそのまま下流側に探索しるも見あたらず。
2月第3週
2月25日(土) 5時-10.0℃ 12時+1.2℃(最低-11.9 最高+3.0) 晴れたり曇ったり 積雪56cm
もうすぐ3月となると冷え込んでもこの程度、朝ツルツルの生活道路は昼ぐらいになるとザクザク凸凹。予報が晴れだったので千歳川のヤマセミポイントへ行くがヤマセミは姿を見せず雪が舞ったりで寒い。昼近くなって青空が出てきたので千歳の街中に戻ってコンビニで弁当を買って再びヤマセミポイントへ。ヤマセミは姿を見せないがカワセミが対岸にやってきて時折ダイビングしては元の枝に戻ってまったり遠いのでCAPRI80ED+E-P5を持ち出して撮影この距離になるとやっぱり400mmの7DUでは証拠画像しか得られないがここは換算1120mmの威力。3時を回ったのでカワセミを残して撤収いつものオジロを撮って帰る
2月24日(金) 5時-2.4℃ 12時-0.9℃(最高+0.5℃ 最低-6.5℃) 曇りのち晴れ間が多くなった積雪56cm
夕べからの暴風雪、雪の量はさほどでないが風は午前中いっぱい強かった。鳥見は長都沼・茂漁川・漁川上流などと回ったがダイサギといつものオジロを撮しただけ。
2月23日(木) 5時-1.2℃ 12時+1.8℃(最低-3.7℃ 最高+2.3℃) 曇りのち湿雪 積雪56cm
低気圧の接近で暖気が流入空はどんより夜になって湿った雪の吹雪模様、朝一で病院来週の定期通院の事前採血なのですぐに終わった。妻は昼から手作り味噌つくりの会に行って帰ってしばらくして急に腹痛を訴えた夜になっても収まらないので救急夜間診療所へ。着いたら大分収まって痛み止めを処方されて帰宅、大分元気になった。
2月22日(水) 5時-13.3℃ 12時-0.6℃(最低-15.0℃ 最高+0.5℃) 晴れのち曇り 積雪57cm

予報は昼ぐらいまで晴れなので鵡川や厚真、苫小牧の漁港でクロガモなどの海ガモでもと出かけたが予報よりは天気が良くなかった。ハジロカイツブリやウミアイサ、クロガモとほぼ目当ての鳥には出会えたがちょっと遠くて逆光など必ずしもすっきり画像とは行かなかった。枚数だけは有り、明日は天気が良くなくて鳥見はお休みになりそうなので2日に分けてアップできる。
2月21日(火) 5時-10.1℃ 12時-4.9℃(最低-10.7℃ 最高-2.9℃) 曇り時々雪 積雪59cm

薄日が射しても雪が舞いときに激しい吹雪。2月も下旬になりオジロワシもそろそろ北へ帰る日も近いようなのでオジロワシ撮影に家を出た。10時近くなので気温も上がっているかと手袋は薄手にしていったが気温は-8度ぐらいと低く手が冷たかった。オジロは1羽だけ。恵み野中央公園により池のカモはヒドリガモがまだ残っておりコガモが増えている。はじめは気が付かなかったが1羽だけヨシガモが居るのを見つけた。かなりの枚数撮ったが雪も舞っているのでAFが雪に引っ張られ鴨にピントが合っていない画像が多い。積雪量はさほどでなかったが風が強いので家前カーポート横は吹きだまって深いところで10cmぐらいになったので久しぶりに雪かき。
2月20日(月) 5時-14.5℃ 12時-4.8℃(最低-16.4℃ 最高-2.1℃) 曇り一時吹雪 積雪56cm
このところ朝は綺麗に晴れているがじきに雲が出て来て、一時は吹雪、気温も上がらず3日続いての真冬日。先日車の左のテールランプをカーポートの柱にぶっつけて割ったプラの部品が入荷したとのことで午後、恵庭駅近くの工場へ、30分ぐらいで交換して終了。往きと帰り新オジロの木に2羽留まっていたがカメラもないしあっても曇天なので写真にならない。2月も下旬になってそろそろ北へ帰ってもおかしくないのでなるべく毎日観察しないと。
2月19日(日) 5時-12.3℃ 12時-2.8℃(最低-15.5℃ 最高-2.1℃) 晴れ時々曇ったり 積雪55cm

朝青空だったが鳥見にでかけるあたりから怪しくなって長都沼に着いたら吹雪模様、水面がかなり凍って水路は狭くなり鳥の姿もないのですぐに千歳川上流のヤマセミポイントへ。今日は山沿いの方が天気は良く青空も見えていた。ヤマセミはあまり待たずにやって来たが向こう向きで小枝が多いところ。何とかかわせる場所は出来たがそのうち養魚池の方に飛んでいってそこで鮭の稚魚を捕っていた。恵庭に戻るとこっちの方が良い天気だった。

2月第3週
2月18日(土) 5時-8.2℃ 12時-4.8℃(最高-3.9℃ 最低-14.1℃) 曇り時々晴れ 積雪56cm

午前中軽く巡回型の鳥見、長都沼は昨日覗いたときは白鳥や鴨がそこそこ居たのに今日ははほとんど居ない、オジロは珍しく旧オジロの木に、島松に戻ったらナナカマドの並木にツグミ。妻のインフルエンザは大分良くなったので久しぶりに妻と一緒の買い物へ。夜の飲み会(岩内会)はインフルエンザの疑いが強いので欠席。
2月17日(金) 5時+4.8℃ 12時+0.1℃(最高+7.4℃ 最低-4.0℃=20:30) 雨のち曇り時々雪 積雪55→57cm

日が改まった頃に最高気温で後は右肩下がり。暖気と雨で幹線道路はアスファルトが出て家前のような生活道路は氷の上に水がたまってツルツル。午前中に千歳警察署に更新した免許証の受け取りにでかけた。往き雨の中いつもの木にオジロが1羽留まっていたが帰りには姿がなかった。妻のインフルエンザは午後になってかなり良くなったが代わりに自分がちょっと咳が出たり鼻づまりなどでもしかしてうつったのかもしれない。熱は微熱と体調がさほど悪くないのはワクチンを打って軽く済んでいるせいかも。妻の場合2日目に急に熱が高くなったので明日あたりが要注意かな。明日は全道的には荒れるようだが恵庭や千歳は晴れマーク鳥見日和になりそうだが1日自重せねば。
2月16日(木) 5時-4.6℃ 12時+2.0℃(最低-10.9℃ 最高+4.3=22:30現在) 曇り 積雪56cm
夜になって最高気温になるなど気温が右肩上がりの一日。設定温度まで室温が上がってストーブの火力がほとんど微少のまま。日差しもないので家の中ではかえって寒い一日のように感じる。3月末並ぐらいの暖気流入だが明日から又寒気が来るらしい。寒くなりのは別にかまわないが降雪は無しにしてもらいたい。どんよりとした空で鳥見はお休み、妻のインフルエンザの熱は微熱だが体調はやはり悪そうで買い物なども行かず、ゴミ出しもないので一歩も外に出ない完全引きこもりの一日、その分PCで確定申告の医療費控除のため医療費の1年分の領収書を取り出して入力集計作業までは終わった。
2月15日(水) 5時-10.7℃ 12時+0.8℃(最低-11.0℃ 最高+1.7℃) 曇り 積雪57cm

予報で晴れマークが並んでいたので千歳のヤマセミポイントへ向かうが予報と違ってどんより。1時間待ったがヤマセミの気配なし、キンクロハジロなんかを撮っただけで撤収。途中道路脇の林にいたエゾシカを撮ったり、オジロワシに出会ったりBloggネタは豊富。風邪気味といっていた妻が午後になって熱が急にあがって38度台になったので急遽病院へ。インフルエンザA型だった。妻も私もワクチン接種したのだが・・・・。イナビルという抗インフルエンザ薬などを処方され薬局で即吸入してきたら、帰宅してしばらくしたら37℃台に下がってきた。このイナベルは吸入を1回やるだけで劇的にウイルスの増殖を停める働きのある薬でタミフルなどのような薬が何日か服用するのに比べて簡単で最近はインフルエンザ治療で一番使われているらしい。自分はワクチンが効いているのか今のところ罹患していない感じ。
2月14日(火) 5時-1.6℃ 12時-0.7℃(最低-2.6℃ 最高+0.5℃) 曇り一時晴れ 積雪59→58cm
朝、うっすらと雪が積もっていたがその後は薄曇り午後わずかに日も射した。曇り空なので鳥見はお休みしたが午後明るくなってヤマセミポイントにでもと思ったが妻がどうも風邪を引いたようなので外出はやめた。
2月13日(月) 5時-1.2℃ 12時+0.9℃(最低-1.7℃ 最高+2.0℃) 曇り一時薄日 積雪57cm

昨日と同じように3月並の気温、曇りではあるが雲があまり厚くないので明るい。この暖気で長都沼にも水鳥などが来ているのではないかと言ってみたらオオハクチョウ、ダイサギなどが小さな群で姿を見せてくれた。期待しているミコアイサは見あたらず鴨はわずかにマガモが居るぐらい。いつものオジロワシは下流まで探したが見あたらず、北へ帰るのはまだ早いような気がするが・・・
2月12日(日) 5時-1.5℃ 12時+0.9℃(最低-2.9℃ 最高+2.3℃) 曇り時々薄日 積雪61→59cm
山陰地方などは寒気の流入で大雪とかで大混乱だが北海道は寒気がゆるんで3月並ぐらいの気温。予報で雪と有ったが雪は夜明け前に2cm程度で終わり薄日も見えてきたので千歳川のヤマセミポイントへ。10時過ぎに現場着だがついてまもなく鳴き声がしていつも良く止まる木に姿が見えた。時々飛び移るがほぼ同じ木に戻ってくる。何とか見つけられるが枝かぶりがひどくほとんどが枝かぶり画像。1時間以上してようやく枝がほとんどかからない画像が撮れたが動きがない。付近にカワセミもやってきた。越冬カワセミは1年以上まえに見て以来。昼になったのでヤマセミを残し途中でトライアルで買い物をして帰宅。枝かぶり画像は多いがたっぷりヤマセミを撮れたし越冬カワセミにも会えたりでラッキーな一日
2月第2週
2月11日(土) 5時-7.1℃ 12時-2.1℃(最低-8.5℃ 最高-0.7℃) 曇り一時晴れ 積雪58cm

薄曇りなので鳥見はためらったが明日からの荒れ模様の天気を考えて出かけた。隣町のヤマセミポイントへ行く予定だったがオジロワシが2羽とまっていたので降りて撮影、次バイパスに出たところでツグミの姿があったのでここでもツグミを追いかけたりでだんだん時間が無くなってきたので千歳はあきらめ茂漁へ。鴨もほとんど居ないとは予想外。午後から札幌行きがあるので早めに切り上げて戻る途中再びオジロがいたのでまたまたオジロを撮したり。午後3時過ぎ家を出て白石のホンダで車検の終わったマイカーを受け取って雪祭り会場へ。会場付近の駐車場は何処も満車。何とか南1西9のあたりで1台分だけ空いている所を見つけて駐車。小型雪像はライトアップされていないので大雪像だけを撮影、前回は平日の昼だったのですいていたが今日は休日の夜で人出もすごくプロジェクションマッピングの雪像の所はすごい混雑。それでも1時間ほどで切り上げて帰路に。しかし南一条通は大渋滞、中心部を抜け出すのに随分かかった。
2月10日(金) 5時-5.2℃ 12時-3.9℃(最低-8.6℃ 最高-1.9℃) 曇り 積雪59cm

朝の冷え込みはゆるんだが最高気温はあまり上がらず真冬日。曇り空だが2日続けて鳥見は休んでいるので妻を手編みに送った後駆け足で巡回鳥見(漁川雪捨て場付近からオジロを探しに下流へ。そのまま舞鶴遊水地へ向かい入れそうもないので長都沼の脇を通ってサーモンパーク横の千歳川で鴨など。戻って再び漁川の下流へオジロ探し、見つからずノスリを撮って帰宅。2月9日(木) 5時-9.8℃ 12時+2.2℃(最低-13.2 最高+2.3) 晴れ 積雪60cm
車検で白石のホンダに車を置いて代車は真っ赤な軽、それで石狩湾新港へ海鳥などを目当てにいったがカモメぐらいしか居ない。もう一つの目当てはサッポロ雪祭り、北1条地下駐車場に車をおいて2時間ぐらいで会場を一回り、雲が多くなってちょっと眠いような画像しか撮れなかったのがちょっと残念。やっぱり雪像は暗くなってライトアップされた方が見栄えがするね。車検上がりがあさってで夕方に上がるというのでその帰りに行けばライトアップ画像が撮れるかな。
2月8日(水) 5時-6.0℃ 12時-0.9℃(最低-6.9℃ 最高0.0℃) 曇り 65→62cm

わずかな降雪で雪かきはしないでも良いかと思っていたら、除雪車がやってきてここ数日降って圧雪となって高くなった路面を削っていったがそれによって道路脇に堅くて大きな雪の塊が山のように置いて行かれたのでその始末作業は重い雪を公園側まで運ぶというきつい作業。半分以上終わった頃に再び除雪車がやってきて置いていった雪山を持って行ってくれた判っていたらそのまま放置しておくんだった。定期通院は予約が10時半なので10時頃に出て12時過ぎまでかかった。もっとも曇天で鳥見はお休みするような天気なので不都合はないのだが。
2月7日(火) 5時-6.7℃ 12時-3.8℃(最低-8.6℃ 最高-2.1℃) 曇りのち晴れ一時小雪 積雪60cm
朝の冷え込みも弱いがその後さほど気温は上がっていないが日差しも出てきたので寒い感じはない。日本海側の港でも行って海ガモとかカイツブリなどを撮って帰りは雪祭り・・なんて思ったがTVで札幌の末の様子が撮されて雪が舞っていたので逆方向の千歳川の上流へ。2時間以上ヤマセミを待ったが姿を見せず、カワアイサやキンクロ、カケスなんかを撮って帰途へ・その途中道路脇のがけの上の方にオジロワシ2羽を見つけて撮影、飛びものも撮れた。
2月6日(月) 5時-4.2℃ 12時-0.4℃(最低-6.6℃ 最高+1.4℃) 曇り 積雪62cm
冷え込みがゆるんで風も弱く穏やかだが日差しがないのでさほど暖かくは感じない。どんよりとした空なので写真は綺麗に写せないので鳥見はお休み。家の外に出たのは朝のゴミ出しだけで引きこもりの一日。
2月5日(日) 5時-13.7℃ 12月+1.1℃(最低-14.7℃ 最高+1.8℃) 晴れ 積雪63cm

晴れて風もなく穏やかな一日だった。鳥見は市内の茂漁川、恵み野中央公園へ、移動の途中ナナカマドの街路樹のある通りの茂漁川近くで赤い実にツグミが5,6羽群がっている場面に出会えた。先日来すこしずつずれているが近い場所。他の場所にもまだ沢山実をつけた木があるのに同じあたりにやってくる。茂漁川は例年より鴨の種類も数も少ない。中央公園の池もカルガモ、マガモと少し珍しいところと言えばコガモぐらい先日居たカワアイサも居なかった。オジロはいつもの木に1羽いたがそう毎日撮ってもしょうがないのでスルー。
2月第1週/1月第5週
2月4日(土) 5時-5.8℃ 12時-1.2℃(最低-6.5 最高+1.3) 曇りのち晴れ 積雪71→63cm

明け方うっすらの雪、予報は朝から晴れるはずが今日も日差しは午後になってから。太平洋側は天気は良いかとウトナイ湖のサンクチュアリーに小鳥(出来ればシマエナガあたり)を撮ろうと出かけたがえさ台にカラがやってくるぐらい。散策路は細く道が付いては居たが木道は平均台の上を歩くような感じで途中で音を上げ撤収。何も撮らないのも寂しいので着陸する飛行機など撮って千歳のモスで昼食をとって帰路へ。オジロは行き帰り姿があったが朝は日差しがないのでパス、午後は何とか撮っているうちに青空も出てきたのと大きく口をあいて吼える姿が撮れたのでblogネタとしては十分。往きに長都沼の様子を覗いてみたが水路の中央付近すこしは水面が開いては居たが鴨も白鳥も居なかった
2月3日(金) 5時-10.9℃ 12時-3.9℃(最低-16.3℃ 最高-3.3℃) 雪のち晴れたり曇ったり積雪71→68cm
恵庭は今時期としては普通の冷え込みだが娘の住む生田原は−27℃まで冷えたらしい。朝起きたときはさほど積もっていなかった雪は10時ぐらいまで降ったり止んだりで家前では10cm以上になって雪かきが必要になった。昨日段階の予報では朝から晴れマークだったので朝早めに鳥見に出ようかと思っていたのだが当てがはずれて午後から買い物ついでに鳥見、いつものオジロを撮った後、ナナカマドの街路樹の通りや茂漁川と回ったが茂漁川の散策路は先週までは除雪されていたが昨日今日の雪は除雪されていないので途中から吹きだまりがひどくなってきたので引き返した。もう少し行けばカワアイサが写せたのだが・・・。かろうじて飛び去るダイサギを数枚写せただけ。買い物は節分なので恵方巻きを買ってきたががこんな風習誰が広めたのか。商業主義の魂胆丸出しの作られた風習。
2月2日(木) 5時-9.4℃ 12時-6.7℃(最低-9.8℃ 最高-6.2℃) 晴れ時々曇り一時雪積雪 65cm
朝の積雪量はさほどではないのだが風が強いので吹きだまる玄関前のカーポート脇は10cmぐらい積もったので雪かき。晴れていないせいもあって朝は冷え込みはさほどでなかったが昼になっても気温は上がらず、風の強い寒い一日。買い物と鳥見であちこち回ったが強風のせいか低温のせいかアトリやツグミもあまり見られずオジロも探したが見あたらなかった。
2月1日(水) 5時-11.1℃ 12時+0.6℃ (最低-16.8℃ 最高+1.5℃) 晴れのち曇り時々雪 積雪62→59→62cm

定期通院日だがあまり時間がかからないはずなので終わったらついでに市内の街路樹の小鳥などなら撮れるだろうとカメラも持参。予想通り10時半ぐらいには終わって昨日アトリを撮ったあたりを回ると同じあたりでツグミとアトリが撮れた。帰りはいつものオジロ、昨日は素通りしたので今日はカメラを向けたがすぐに下流へ飛び去った。追いかけて下流まで探すが見つからず再び最初の「新オジロの木」に戻ったらオジロも戻っていた。撮影するほどでもないので帰途につくと今年とまっているのを1度も見ていない(旧)オジロの木に1羽がとまっていた。これは珍しいとカメラを向けポーズが変わればシャッターを切ったりしていたら上空をオジロが1羽通過、1羽は成鳥もう1羽は幼鳥ということが判った。先日3羽が同じ木にいるのを撮したときは幼鳥/成鳥の区別がはっきりしなかったが今日の観察で親2子1と見るのが妥当かな。 
1月31日(火) 5時-14.3℃ 12時-6.8℃ (最低-16.7℃ 最高-4.3℃) 雪のち晴れたり曇ったり 積雪66→62cm
朝夕結構冷え込んで日中もさほど気温が上がらない。明け方に一旦止んだ雪が朝になって再び激しく降ってきた。朝食後雪かき作業を終えて一休みしていると除雪車がやってきたので再び除雪車が置いていった雪の始末。終わった頃に空が明るくなってきたので買い物へ、ついでにナナカマドなどの街路樹にレンジャクやツグミなどが来ていないか遠回りをしていくとアトリの小さな群を見つけてパシャパシャ。買い物帰りオジロ探索。新オジロの木に1羽、空も明るくなっていたがいつもと同じポーズなのでパスして2kmぐらい下流の1羽のところで車を止めて機材を・・とやっているうちに川辺の方に飛んで見えなくなった。ならば次とさらに1kmぐらい下流の良くとまる枝にまた1羽見つけたので車を道ばたに寄せたら車がスタック、近くで家の周りの除雪をしていた農家の除雪トラクターに引き上げてもらいすぐ帰宅。撮影はしなかったがそれぞれ別の木にいるオジロ3羽を確認できた。

1月30日(月) 5時-5.7℃ 12時-4.4℃ (最低-6.8℃ 最高-3.5℃) 曇り 積雪54cm
時折雲が薄くなってぼんやりと太陽が見えることはあるが日差しとまではいえず、冷え込みはきつくはないが気温も上がらず日差しが無く風も少しあるので寒い一日。鳥見はお休みしたので、午後になって徒歩で町内のスーパーへ店のそばの街路樹ナナカマドにキーという鳴き声がしてツグミが小さな群で姿を見せた。札幌など冷え込まない所では街路樹にツグミやレンジャクなどが来ている様子がBlogで紹介されていたがようやく恵庭にもやってきたのかも。
1月29日(日) 5時-14.1℃ 12時-3.1℃ (最低-14.8℃ 最高-1.7℃) 晴れのち曇り 積雪55cm

朝から晴れたので隣町のヤマセミポイントへ出かけたが、日曜日のせいか先客が多く車を止める場所がないのであっさりあきらめて道の駅脇の千歳川でカモや白鳥を撮って帰路へ。漁川脇の道路を通って帰ってきたが往きに1羽居たオジロが帰りには姿がない。ならば・・と下流側にオジロ探し、2km以上下流側の川と反対側の農家の庭の高木に1羽とまっているのを見つけた。敷地に入るわけにも行かないので道路から撮るしかない。幸い交通量が少ない道路なので三脚にCapri80EDをセットしてじっくりねらえたが枝がかぶるのは避けようがない。
1月第4週
1月28日(土) 5時-6.1℃ 12時-4.2℃(最低-7.5℃ 最高-4.0℃) 曇り時々小雪 積雪56cm

寒気が戻ってきたが雲がある所為か朝の冷え込みはさほどでない。凍結路面も上にうっすらの新雪が乗ったので懸念されたほどのツルツル路面はなかった。午後、空も少し明るくなったので鳥見と買い物に家を出たら漁川のいつものあたりでオジロが3羽いるのが判り証拠画像確保。長都沼を回ると昨日の暖気の所為で上流側は広く水路が開いて数は少ないがカモ、白鳥、オジロ1羽が居た。
1月27日(金) 5時+1.2℃ 12時+2.8℃(最低-4.9℃ 最高+4.5℃) 雨のち曇り 積雪52cm

夜中に降り出した湿雪は朝には雨になって除雪が十分でなく圧雪になっている生活道路はザクザク、4駆でない自動車ならスタックしそうな所も。踏み固められた場所は朝のうちは水が乗ってツルツルの氷、滑って歩くのは大変そう。夕方はそうした場所も融けてザクザクになったので滑りにくくはなったが明日には気温が下がるので今日以上にツルツルか。手編みの会に妻を送迎した以外は家でおとなしくしていた。
1月26日(木) 5時-9.0℃ 12時-2.7℃ (最低-12.7℃ 最高-0.5℃) 晴れたり曇ったり 積雪60cm
太平洋側は晴れマークが並んでいるので勇払m苫小牧へ。漁港でクロガモとかカイツブリなどが撮れれば良いし研究林ではカラ類が沢山居る。ほぼ狙い通りハジロカイツブリやクロガモなどしっかり撮れた、研究林はあわよくばクマゲラでもと期待したがそれは残念な結果になったがカラ類もたっぷり、ダイサギなどもGET、メガドンキーで買い物して3時頃に帰宅。
1月25日(水) 5時-14.9℃ 12時-6.4℃(最低-15.7℃ 最低-3.6℃) 晴れ時々曇り 積雪69→64cm
一昨日から20cm以上の雪が降ったのに家前の道路に除雪車が入ったのは今朝になってから、雪山がおかれたり玄関前のアプローチも昨日の雪かきした跡10cm弱吹きだまっていたので30分ぐらい雪かき作業。終わって札幌へ出かける妻を駅まで送ったあと鳥見に。出が遅くなったので近間の茂漁川へ散策路が雪で埋まっているかと思ったらちょうど除雪機で道をつける作業中、除雪機がつけた道の跡を通っていつものあたりまで行くが除雪機の音に驚いたダイサギは逃げ出してカモしか残っていなかった。帰途新オジロの木で1羽、下流でもう1羽を見つけて撮したが下流の木はちょっと遠すぎ、
1月24日(火) 5時-16.4℃ 12時-9.0℃(最低-20.8℃ 最高-8.6℃) 晴れのち曇り・雪 積雪67cm
この冬3番目の冷え込み、全国的には西日本で大雪だったりで大混乱。全道的には3年ぶり4カ所の観測ポイントで-30℃以下の気温を観測したとか。冷え込んだ朝は千歳川のケアラシねらいからスタート千歳川上流にヤマセミねらい。昨日あたり千歳の方が雪が多いようなのでいつものポイントまで車が入れるか不安だったが何台か通った形跡があって上まで上がることが出来たがヤマセミの方は近くにいるのを見つけられず飛び出しで気が付くことを2回ほど1時間半ほど待ったが結局見逃し三振。オジロも下流で見つけたが三脚を組み立てているうちに逃げられた。
1月23日(月) 5時-4.9℃ 12時-4.8℃ (最高-3.6℃ 最低-11.0℃=21:20現在) 曇りのち薄日一時小雪 積雪61→57cm
雪は夜が明けてからは弱く昼前からは薄日が射してきた。昨日夕方に家前を少し雪かきしたがその後ほとんど降雪は無いはずなのに朝には10cmぐらいは積もっていた、雪かきしていなかったところは20cm以上、アメダス地点と違って家前は屋根などに積もらずに風で飛ばされた雪が吹きだまるのでどうしても多くなる。鳥見は今日もお休み。明日は晴れそうなのでヤマセミポイントへでも行きたいが千歳は恵庭よりも降雪が多かったようなので車が入れるかどうか不安
1月22日(日) 5時-17.0℃ 12時-6.9℃(最低-18.5℃ 最高-4.8℃) 曇りのち雪 積雪58cm=21時現在

朝、曇り空なのにかなり冷え込んで昼になっても気温が上がらない。夕方から雪が舞い始め玄関前だと15cmぐらい積もっている。予報は明日まで雪マーク20cm以上になるのは必至で久しぶりに雪かきかな。天気が悪いので鳥見はお休みし買い物の行き来にオジロの木をチェックしたが姿無し、帰りは下流まで探索したら下流側で最近よくとまる枝に1羽いたが遠い、この光線でこの距離は撮っても無駄なのでスルー
1月第3週
1月21日(土) 5時-11.8℃ 12時-6.2℃(最低-12.7℃ 最高-4.1℃) 晴れ 積雪47cm
冷え込みはさほどではないがさすが大寒、昼近くになっても結構低い気温。昨日行った千歳川上流、長く待てばカワセミに出会えそうな感じだったので今日は8時前に家を出て寄り道せずに直行。8時半ぐらいには現場へ、1時間ぐらいしたら下流側で鳴き声、三脚にセットした400mmの方は上流側においてきていたので手元には300mmズームの7Dしかないが上流へ取りに戻れ暇はない。向こう向きにとまっているので見返りの姿はわずかしか撮れないうちに上流へ。上流の三脚にセットしたカメラの所に戻って付近にヤマセミが居ないか探すがなかなか見あたらず。背後の木にキバシリやアカゲラ、シマエナガなどが来るのでそっちを追っかけていると川の方からヤマセミの鳴き声再び対岸を探すが雪が着いた木々の中では見つけるのが困難。そのうちもっと手前の中州の木からヤマセミが飛び出して其処にいたのが判ったが手遅れ。そのうち鳴き声もしなくなったので撤収。昼まで待つつもりだったが一応使えそうな画像が2枚ぐらいはGET出来たので11時前には撤収。またそのうち天気の良い日にじっくり来てみよう。
1月20日(金) 5時-16.5℃ 12時-1.9℃(最低-18.5℃ 最高-0.6℃) 晴れのち曇り 積雪46cm

久しぶりに朝の冷え込みがきつかった。天気は良いので鳥見に出たが鳥に会えそうな場所がない。ダメモトで漁川上流と千歳川上流のヤマセミポイントへ。漁川は工事車両が多いのですぐに撤収、千歳川は1時間ほど待ったが気配もないのであきらめ、いつものオジロ探しでもと寄ったらすんなり新オジロの木にいた。10分ぐらいで撤収。午後久しぶりに徒歩で町内のスーパーへ買い物。
1月19日(木) 5時-4.9℃ 12時-2.4℃(最高-1.8℃ 最低-11.9=22:00現在) 曇りのち晴れ一時雪 積雪50cm
久しぶりに降雪朝までに5cm弱。午前中は時々雪が舞ったが積もるほどでも無く。午後からは青空に。鳥見は午後からになったので近場で茂漁川とその付近。先日は居なかったカワアイサが居たので今日のblogネタに。養魚場跡にはキンクロとコガモ。行き帰りオジロの木にオジロが居なかったが帰宅途中から下流にオジロ探し、下流まで行っても見あたらずに戻ってきたら昨日と同じPゴルフ場の奥の木に1羽。昨日より大分遠いが光線が良いのでCapri80EDを出して撮影。遠い割にはまずまずの画像。茂漁の散策路も吹きだまりで一部道が埋まっていたり、農道が道幅が狭まっていたりしたところもあった。
1月18日(水) 5時-5.7℃ 12時-2.5℃(最高-0.4℃ 最低-6.8℃=21:30現在) 曇り 積雪44cm

寒波は抜けたが曇り空でさほど気温も上がらず真冬日。朝一で定期通院9時半の予約だが9時に受付したらほとんど待たずに診察終了。予約時間には薬局での薬も出て10時前には帰宅。天気が良くないので鳥見はお休みのつもりで居たが午後買い物に出てその行き帰りにいつものオジロの木そばを通ったが姿がない、昨日も居なかったので木になって帰りにそのまま下流にオジロの探索3kmぐらい先で見つけた。ちょっと距離があるので写真になるかどうか微妙だがそのときはカメラを持っていなかったので急いで帰宅して機材を持って再び現場へ。時間が経っていたが未だ1羽が居てくれたのでCapri80EDをセットして撮影。曇り空であまり良い色がでないがまずまずの出来。blogネタ確保
1月17日(火) 5時-8.2℃ 12時-2.4℃(最低-8.9℃ 最高-2.0℃) 晴れ 積雪44cm
青空が戻った。気温もさほど低くないので鳥見日和なのだが行くところが・・・。悩んだ末ここ数年足が遠のいている千歳川上流の様子見に、例年この時期雪で入れなくなる林道も今年は綺麗に除雪されていたが、その割先客は居ない。どうも近年ヤマセミの出がさっぱりらしくその所為かも。風も弱く日差しが強いので車外で椅子に座って待っても全く寒さは感じないが鳥の方はさっぱり。昼近くなって撤収、行き帰りにそばを通ったオジロの木もオジロが居ない。
1月16日(月) 5時-0.4℃ 12時+0.5℃(最低-6.8 最高+1.0) 曇り 積雪45cm
昨日までの大寒波から一転して冷え込みが弱く真冬日を抜けた。2月末から3月上旬といった感じだが風があるので体感的にはさほど暖かい感じはない。空もどんよりしているしここに行けば鳥が居るという場所も思いつかないので鳥見はお休み。貯まった録画のTVドラマを見たり、早くから大相撲中継を見たりでだらっとした一日
1月第2週
1月15日(日) 5時-9.7℃ 12時-4.9℃(最低-17.9℃ 最高-3.2℃) 曇り積雪48cm

寒波はピークを過ぎたようだが天気の方は悪くなってきた。明日は雪も降るらしい。天気もさえないので撮影は二の次で茂漁川と恵庭公園の様子見に行ってきた。茂漁川の散策路は予想外なことに一区間を覗いて除雪機できれいに除雪されていたが肝心の鳥はマガモぐらいでせめてカワアイサとサギぐらいはと思ったが残念。恵庭公園は駐車場とトイレまでの間はきれいに除雪されていたがその先はほとんど道がない。鳥の声もしない。かんじきかスキーでもないと長くは歩けない。往復オジロの木のそばを通ったら往きに居なったオジロが帰りはつがいでとまっていた、曇天で条件は悪かったがカメラを向けたが二羽とも一枚に入れると小さくなるので表情などが良くでない。
1月14日(土) 5時-19.5℃ 12時-9.0℃(最低-21.6℃ 最高-5.6℃) 晴れのち曇り 積雪48cm

今回の大寒波、昨日がピークらしいが今朝もかなり冷えた。「厳寒の朝」を撮るため昨日より早めに家を出て長都大橋付近の千歳川へ。ケアラシや銀世界の雪原など撮影し長都沼も覗いて帰路へ。往きはパスしたオジロの木を回って見たが姿がない、時間は早かったので下流へ探しに行くと2kmぐらいの下流の河川敷の木にとまっているのを見つけたが遠いのでCapre80EDのセットをセットしたが霧氷で太くなってだが顔の当たりにかかって満足な絵が撮れず。
1月13日(金) 5時-21.0゚C 12時-11.3゚C(最低-22.0゚C 最高-6.5゚C) 晴れのち曇り 積雪47cm

ついに最低気温が-20℃以下に。去年はこんな冷え込みあっただろうか。この冷え込みで青空となると川岸の霧氷やケアラシなど幻想的な風景写真が撮れるかと妻を手編みの会送ったと千歳川や長都沼方面に向かったが途中漁川沿いでオジロワシに出会ってそっちを優先、飛ばれたので下流のどこかにいるだろうとオジロの追っかけ。見つけて近寄ると飛ばれ、探して見つけて近寄ると飛ばれを3回以上繰り返したが画像の方は最初の画像しか使い物にならず。午後妻を迎えに行って帰宅し車を降りたところでカーポート内の氷結したところで滑って転んだがうまく転んだのでどこかを打撲という事もなく済んだが毎回車を降りたときに危険が待っているのでホーマックで滑り止めの砂を買ってきて散布。
この寒波まだ続きそうで今夜も午後7時には-15℃まで下がっている。
1月12日(木) 5時-10.5゚C 12時-7.1゚C(最高-6.6゚C 最低-15.4゚C=21:30現在) 曇り一時晴れ 積雪49→48cm
今日も寒気団が居座って寒い一日。日本海側は暴風雪などの所もあるようだが風も弱く穏やか。太平洋側は晴れマークなので苫小牧の研究林や漁港で海ガモなどを目当てに出かけた。港ではクロガモの群が少し居たがなかなか近くへは来ない。次演習林へ行き下の方の池のところで車を止めて昼食でもと思ったが車から降りてすぐ妻が滑って転倒しあちこち打撲。森の中に入る散策路も凍結して危険なので入り口で付近でサギとカラ達を撮って早々に撤収。帰宅した家の中は微少でストーブをつけていても今日の寒さでは室温も下がっていて回復するまでかなり時間がかかった。
1月11日(水) 5時-9.4℃ 12時-8.5℃ (最低-13.6℃ 最高-7.3℃) 曇り一時晴れ 積雪46cm

この冬一番、最大級の寒気団が入り込んで西高東低の気圧配置で日本海側では大荒れの天気らしいが当地は今のところ静穏でジーンと冷え込んでいる。予報が荒れ模様の天気ということだったので鳥見はお休みしてストーブの温度設定をいつもより1度アップしてストーブのそばで録画番組を見たり大相撲を見たり。Blogは昨日タップリ撮ったエゾリス画像から抜粋してアップ。
1月10日(火) 5時-3.3゚C 12時-2.6゚C(最高-0.2゚C 最低-14.1゚C=22:00現在) 晴れ時々曇り 積雪45cm

冷え込みはないが気温はさほど上がらず真冬日に。定期通院の妻を送った後千歳の警察署で免許更新の手続き。その後久しぶり林東公園へ
小鳥が集まる餌台に近い場所へは深雪に長靴の足跡が1つあるだけだがそこに行かないと鳥には会えないので同じ跡をなぞるようにして近づいた。シマエナガでも来ていないか期待したが撮れたのはシジュウカラとゴジュウカラ、それでもエゾリスが現れてうろちょろしてくれたのでそれの画像はたっぷり、一応Blogネタを確保できたので長都沼を回って帰宅。沼はダイサギとオオハクチョウしか居なくて閑散夜になって気温がぐんぐん下がってきた。明日はこの冬一番の寒気が入るとか。

1月9日(月) 5時-7.2゚C 12時+2.6゚C(最低-8.7゚C 最高+2.7゚C) 曇りのち雨から霙夕方には止んだ 積雪46cm
朝からどんより昼ぐらいから雨午後には霙に変え合ったが夕方には上がった。近所のスーパーに買い物に出た以外は引きこもり状態。
1月8日(日) 5時-4.2゚C 12時-2.6゚C (最低-13.0゚C 最高-2.0゚C) 晴れ 積雪47cm

朝から青空が広がったので久しぶりに胆振地方に鳥見ドライブ、高速料金が3割引だというので伊達ICまで高速で豊浦町の貫気別川へ。しかしねらいの猛禽は姿無し、ヤマセミがちらっと見えたぐらい、ウミアイサや港でスズガモなど撮って再び川沿いにゆっくり車を走らせて探すが気配なし、あきらめて伊達の長流川へ行くが以前に行った場所が判らず堤防上や河川敷を行ったり来たり何とか遠くにオオワシが見えたが近づけず。ガソリン代と高速代をかけたのにまっったく見合わず。帰りは高速料金節約で美笛峠超えだが30分ぐらい時間がかかったぐらいですんだ。
1月第1週
1月7日(土) 5時-11.9℃ 12時-2.0℃ (最低-13.7℃ 最高+2.2℃) 晴れのち曇 積雪46cm
熊本の娘一家が午後の便で帰るのを送りに昼前空港へ。帰り道、サーモンパーク横の千歳川によってハクチョウやカモを写してそのあと買い物さらに長都沼を覗いて1時過ぎに帰宅。沼はサギが1羽いたがそれ以外生き物の姿はなし。
1月6日(金) 5時-7.8゚C 12時-6.5゚C(最低-10.3゚C 最高-2.6゚C) 曇りのち晴れ 積雪48cm
今日も日中気温が上がらない。朝のうちはちょっと雪がぱらついたりしたが昼前にはきれいに晴れ上がったがその割気温は上がらず。妻の姉と妹が帰省している娘や孫の顔を見たいと言うことで来訪予定だったが孫のインフレエンザが未だ完治せず朝熱があったので断りを入れたが、2人ともワクチン接種済みで感染のリスクが低いので予定通り来訪。
1月5日(木) 5時-6.2゚C 12時-4.7゚C(最高-4.6゚C 最低-8.0゚C) 晴れのち曇り一時晴れ 積雪49cm
朝のうちは青空も出ていたが気温は上がらず午後には雲が多くなってきた。インフルエンザに罹った孫、朝にかけて再び熱が出てきたが昼ぐらいには微熱程度になった。昼から平岡のイオンショッピングセンターのトイザらスへいっておもちゃを買い。ついでに夕食の食材も買って帰宅。行き方をちょっと変えて274号から行って後はナビに任せたら細い道に案内されたが除雪体制の良くない道路でがたがた。ナビは冬道を考慮するなんて機能はあるわけ無いか。
1月4日(水) 5時-9.1゚C 12時-3.2゚C(最低-10.6゚C 最高-2.1゚C) 曇り一時小雪 積雪47→51cm
長女母子は昼前にかえって行ったがまだ次女一家4人が残っているので相変わらず賑やか。昨日夜熱が高くなった孫娘を小児科医院に送迎する際に待っている合間に漁川でオジロワシを撮るつもりでカメラを携行したら昨日と同じ木に1羽、対岸の河畔林にもう1羽とつがいで来ているのが確認できて撮影も出来たが空模様はどんよりと暗く時折雪が舞い色もきれいに出ない画像しか得られなかったが一応初鳥見としてBlogネタとして使用。孫はインフルエンザと診断されたので今夜北広のホテルに泊まる予定はキャンセル。夕食は家で出前のお寿司。しかし午後になって熱も下がってきて処方されたタミフルも飲まずに済みそう。
1月3日(火) 5時-6.0゚C 12時-0.9゚C(最低-9.4゚C 最高-0.4゚C) 曇り一時小雪や薄日 積雪50→48cm
さほど冷えこまないがそれでも真冬日。長女のところは婿さんが仕事の関係で今日帰ったが孫と長女は明日まで。次女の所の孫は午前中家前で雪遊びして楽しんだが上の孫が夜になってちょっと高い熱。午後長女一家と一緒に買い物に行ったが漁川脇の「新オジロの木」にオジロワシ1羽がいるのを確認、今季初認だがカメラを携えていないので通過。買い物先のユニクロはすごい混雑。帰宅してから改めてご地元の神社に初詣に出かけた。
1月2日(月) 5時-3.4゚C 12時+1.5゚C(最高+3.0゚C 最低-8.3゚C) 晴れたり曇ったり 積雪49cm

春先のような暖かい一日。夜の便で長男の静岡の大学に行っている長男(私からは最初の孫)が帰省、大分遅い時間になったが我が家の子と孫が全員そろった。ここ4,5年ぐらい誰かがそろわなかったが久しぶり。久しぶりにパン生地をこねて昼はドーナツ、夜はピザを作った。
1月1日(日) 5時-7.6゚C 12時+1.7゚C(最低-11.3゚C 最高+2.8゚C) 曇り時々晴れ 積雪50cm

穏やかな元旦。午後3時頃長女一家3人がJRでやってきた。天気が安定していて定刻に着いた。夕食に合わせて長男夫婦と孫娘3人が加わり今日の夕食はすき焼き、昨日着くかと思っていたが今日着いた北海シマエビ、長男が持ってきたズワイガニ何か加わって豪華な夕食。次女のほうの孫、すでに風邪引きの妹の方にくわえ姉の方も夜になって熱を出して。あすの雪遊びは中止かな。


この日誌2017の先頭
日誌2016年
日誌2015年
日誌2014年
日誌2013年 
日誌2012年
日誌2011年
日誌2010年
日誌2009年
日誌2008年
日誌2007年1〜12月
日誌2006年1〜12月 
日誌2005 4〜12 
日誌2004 11〜2005 3 日誌2004 4〜10
日誌2003 11〜2004_3 日誌2003_7〜10 日誌2003_4〜6月  
日誌2002_10〜2003_3月 日誌2002_8〜9月 日誌2002_4〜5月 週報2001年11〜2002年3月
日誌2001年9から10月
 日誌2001年7から8月 日誌2001年5から6月 日誌2001年3から4月
庭とDIYとbasic(TOP)へ
 

2005/5/3〜
昨日 今日