もりもりロゴ TOP頁へ(2001年4.15午後7時30分か日誌 晴耕雨読  (2011年1月〜2011年12月 過去ログ2001 3〜4 〜6 〜8 〜10月  〜2002年3(週報) 〜5 〜7 〜9 〜2003年3 〜6 〜10月 〜2004年3月 〜10月 〜2005_3月 4〜12月  2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2012年  現在へ 画像は花リスト(50音順)や庭と花 画像頁でご覧下さい。
温度はアメダス恵庭島松(標高30m)のDATAです。
2011年12月第5週
12月31日(土) 5時-1.9℃ 8時-7.5℃ 12時-0.9℃ (最低-7.7℃ 最高+0.4℃) 晴れ 積雪46cm
暖かい朝だが夜が明けてから急激に冷え込んだようだ。その後は普通に気温が上がり夕方に下がるという変わった動き。年越し準備もほぼ目処がついたので朝は定点観察ポイントへ。残念ながら目的のカワセミ一瞬飛ぶ姿を見ただけでおわり。オジロワシの木も1羽だけ。去年まで多少は枝がかぶっても撮影位置をずらせば交わせたのに今年はどうやっても交わせない場合が多い。別の1羽を探しに下流に向かうと下流から1羽が向かってきて通り過ぎさっきの1羽と一緒に雪原内の遠くの高木に行ってしまった。ここだと遠すぎて撮影は無理。10時過ぎには帰宅してパン生地をこねて低温保存。一部は明日の昼のピザ台2枚に残りは2日の昼にド-ナツ30個ぐらいに。使った小麦粉は900gといつもの1.5倍なのでこねるのにちょっと力が入った。今年の年取りは長女一家は明日帰省するので大晦日は長男一家と合わせて6名、長女一家3人が明日加わるので一番賑やかなのは明日の晩。
12月30日(金) 5時-14.7℃ 13時-4.4℃ (最低-18.2℃ 最高-4.4) 晴れのち曇り 積雪54→51cm
ここ数日寒さがゆるんでいたが今朝はちょっと冷え込み昼になっても気温が上がらず夕方から雪がぱらつくと気温が少し上がってきた。朝までに5cm弱の降雪。 年越し準備も順調に進んで自分の分担はほぼ終わったので朝から久しぶりにカワセミポイントへ、積雪も多くなっているので雪かき道具やスノーシューも持参。鳥見と言うよりは雪踏み雪かきといった感じ。サギやカモ達はいつものように居てくれたが肝心のカワセミはオンコの木陰に入ってから10分ほどで飛去った。この間見える枝には止まりもしないしダイビングするでもない。肝心のカワセミ画像撮れず撤収。午後妻も年越し準備も予定通りに進んで余裕が出てきたので買い物ついでに公園ウオーキング。公園入口でGさんとすれ違った。帰って芝生の雪山のを斜面を整地し踏み固めた。そこそこの雪の滑り台が出来た。FPMO
12月29日(木) 5時-8.6℃ 16時+0.5℃ (最低-10.4℃ 最高+0.8℃) 曇り一時風雪 積雪53→52cm

午前中は曇りと言っても空が明るかったが昼過ぎ雪が降り始め一時は前も見えないぐらいの激しい降り、夕方には上がったので5・6cm程度の積雪。昨日ついた餅を短冊状に切り分ける作業は朝の内に終わらせ、午後は数日ぶり鳥見に公園へ。心配した深雪も細いが踏み固めた道が出来てスノーシューを持って行ったが使わずに済んだ。夕方雪が止んだところでさっと雪かき。雪かきそのものはすぐに終わったが芝生の雪の整理で小一時間。雪の滑り台の概形が出来てきた。FPMO

12月28日(水) 5時-8.4℃ 13時-0.3℃ (最低-11.4℃ 最高-0.3℃) 晴れたり曇ったり 積雪49cm

夜明けからしばらくしてから青空も見えてきた。9時頃から買い物と鳥見ポイントの積雪状況チェック。最近言っているカワセミポイントは車を降りた後除雪の雪山が高くさらにその先も雪が深いのでラッセルなどに時間がかかりポイントまでたどり着くのに時間がかかりそう。他も車からポイントまで距離があるので深い雪をこいでいくのはかなり体力を使いそう。スキーなどで踏み固められて歩きやすくなるまで鳥見は無理かも。ガソリン給油ついでに長都沼まで脚を伸ばしたがカモやハクチョウが観察しにくい場所に僅か居るだけで道路からみえるあたりには皆無、猛禽類も姿がない。帰宅して芝生の上に排雪した雪を整理し新たな降雪に備える。更にスルメ3枚分で松前漬けを追加。うち2枚分は数の子抜き

12月27日(火) 5時-2.5℃ 12時-3.0℃ (最高-2.0 最低-7.5℃) 曇り 積雪57→53cm

朝までに10cm程度の降雪があったが除雪車出動はないので家前道路も含めての雪かきにほぼ1時間かかった。冷え込みは弱いが陽も射さず気温は上がらず真冬日。雪かきをおえたら買い物、正月用品で日持ちのするものをあれこれ探し回って3軒のスーパーをハシゴしてこれも2時間かかって帰宅は昼過ぎ、正月料理の中で自分の受け持ちの松前漬(スルメ7枚)つけ込んだ。数の子は塩出ししてから後入れ。後はピザとドーナツのパン生地作成すれば自分の受け持ちは終わり。

12月26日(月) 5時-1.2℃ 11時+0.7℃ (最低-2.5℃ 最高+1.0℃) 雪のち曇り 積雪51cm
朝になって降り始めた雪は1時間ぐらいで20cmぐらい風が強いので吹きだまる家前は30cmぐらい積もった。9時頃から1時間以上の本格的な雪かき。昼前と3時頃軽く各30分ぐらいと3度の出動で芝生上に載せた雪山も一気に高くなってきた。今日は雪かき三昧の1日で鳥見はおろか外出もなしだったがこの新規の降雪でいつもの鳥見ポイントもスノーシューなどが必要にな所も出てきて簡単に行けるポイントは限られそう。
12月25日(日) 5時-11.1℃ 12、14時0℃ (最低-14.5℃ 最高+0.4℃) 晴れたり曇ったり 積雪27cm

余り年末ぎりぎりになると妻は鳥見どころでなくなるので日高地方の前回オオワシに出会えた所に再び会いに。先に河口と隣接する漁港を覗いたが海水面が少なくなって淡水ガモやハクチョウは僅かの海水部に密集。海は波が高く港内に海水ガモが少々。ホオジロガモを近くで撮りたかったが今回も遠かった。オオワシは若鳥を含めて3羽目撃して写せたが川幅が広く対岸の木なので距離があってGH-2の300mmではちょっとつらい。年賀状出がけに投函、元旦配達に間に合った。

第4週
12月24日(土) 5時-9.2℃ 11時-1.6℃ (最高-1.0℃ 最低-12.7℃) 晴れ時々曇り 積雪28cm

先日までの寒さはゆるんだと言ってもそれでも真冬日。全国的にはこの冬一番の寒さらしい。2日休んだ越冬カワセミポイントへ言ってみると一昨日の降雪で深雪になっていたのでせっせと雪踏みして道を確保。出かけたのが遅かったせいもあるのかカワセミの気配は無し。久しく言っていない漁川上流も言ってみた。秋以来続いた工事も終わって静寂が戻っていたが下流寄りに少しのトビとカラスが居るぐらいで鳥の姿はなし。水面の半分は氷結しその辺りに丸々と太ったセグロセキレイが現れたのでレンズを向けてバシャバシャ。この時期のセキレイはやっぱり撮して上げないと。帰りいつものオジロの木の側を通ったら雄らしき1羽がいたが激しい枝かぶり、下流側もザッと探したが雌の姿は見えなかった。年末の大掃除も今日でほぼ終わり

12月23日(金) 5時-0.5℃ 14時+1.6℃ (最高+1.8℃ 最低-4.1℃=21時現在) 雪のち曇り一時晴れ 積雪33cm→30cm
昨日からの雪は朝まで10cm強積もり除雪車が入ったのは今冬2度目。午前中はちょっと雪が舞ったが積もるほどのこともなく大荒れと言われた割に平穏。この冬はこれまで8日連続して真冬日だったりと真冬(1月下旬頃)並の冷え込みが続いたが積雪の方は逆に例年に比べて少なく雪かき作業もまだ2回しかやっていない。先延ばしにしていた年賀状宛先印刷や換気扇の油汚れ落としなどもようやく完了。大掃除も山を越えた感じ。

12月22日(木) 7時-10.7℃ 14時-5.2℃ (最低-11.1℃ 最高-2.5℃=21時現在) 曇りのち雪 積雪29cm

久しぶりに寒さがゆるんだがそれでも真冬日。雪が激しく降り始めた夕方から気温が上がり夜になって今日の最高気温。午前中は大掃除で自分の担当はあちこちのカビ取り。今日は1階のトイレと居間の窓枠付近をカビキラーで。予報は明日からしばらく天気が大荒れで雪も多くなりそうと言うことなので昼過ぎに急遽森のフクロウに会いに行くことにして家を出た。途中から雪が降り始め森の駐車場に着いた頃には振り方も本格的になってきた。遊歩道をしばらく歩き現場へ着いたが姿がないので少し先までウオーキングして再び訪れると洞から姿を現してゆっくり撮影できた。最初はぱっちり目玉だったが慣れてきたのか眠そうなトロンとした目つきで動きもなくなり雪の降りも激しくなってきたので撤収。デジカメのメモリーの画像ファイルをHDDに整理して転送などの仕事に時間がかかり年賀状宛名印刷は明日に先送り。

12月21日(水) 7時-17.4℃ 14時-6.2℃ (最低-18.5℃ 最高-5.3℃) 晴れ 積雪20cm

最低気温は昨日より高いが最高気温が-5℃台と真冬でも滅多にない寒さ。今日の鳥見はいつもの越冬カワセミ、いつものオジロのほかに某公園の森にエゾフクロウ探し.。着いて所在を確認したと思ったらカメラを向ける間もなくすぐに洞の奥に消えたので一旦撤収。再度訪れるとまるでモグラたたきのモグラのようにひょっこり顔を出しすぐに引っ込んだがカメラを構えながら近づいたので4枚ばかり写せた。カワセミポイントの池にホシハジロの雌らしき1羽が新登場。午後の鳥見も3時前に終えて帰宅し、2階の3部屋の窓枠のカビ取りなどの一部の作業。明日は天気も荒れ模様とかで鳥見は休んで年賀状の宛名印刷など片づける予定。

12月20日(火) 7時-18.1℃ 11時-3.9℃ (最低-19.2℃ 最高-2.9℃) 晴れ 積雪19cm

今朝もこの冬の最低気温を更新。連日冷凍庫に入ったような寒さ。いつもよりちょっと遅くなったがいつもの池に。冷え込みが厳しいとカワセミの出も遅くなるのか9時近くなって登場。池のカモで雌ばかりだったキンクロハジロに雄1羽が加わった。サギも警戒を緩めたのか池の側で行き来しても逃げ出さなくなった。帰りはオジロを探しに下流まで行ったらかつてカワセミのウオッチングポイントとしていた辺りの木に留まっていた。この場所で見るのは今季初、昨年でもあまり見ていない場所だ。午後は町内一回りのウオーキングだがアスファルトが出ている場所があると思えばツルツル路面もあって気づかれする。

12月19日(月) 5時-16.9℃ 13時-3.6℃ (最低-17.5℃ 最高-3.0℃) 曇り一時晴れ 積雪19cm

今日も寒い1日だった。予報で太平洋側は何とか晴れていそうなので前回オオワシに会えなかった海辺の町へリトライ、川はこの冷え込みで河口付近はほとんど氷結していた。目的のオオワシの気配は今日も無し。オジロや海岸でシノリガモなど撮ってからコンビニ弁当を買って川近くで車の中で昼食。川の上流側でようやくオオワシ1羽に出会えた。飛去った後の上流方向を見たら1本の木に2羽止まっているのが見えたが近づく道が判らず撤収。帰り道隣町の川近くの雑草地によると結構な数の人がハイチュウ狙いでカメラを構えていた。ちょっとだけハイチュウを撮って午後4時過ぎ帰宅。明日から鳥見は短時間にとどめ年末の大掃除や年賀状の宛名印刷など真面目にやらないと・・

12月18日(日) 7時-12.2℃ 12時-3.9℃ (最低-13.8℃ 最高-3.5℃) 曇り時々晴れ 積雪20cm

3日続きの真冬日。年の瀬も迫って買い物やらしなければならないことも多いので鳥見は朝1時間だけでその後は清田区のイオンとニトリへ買い物。帰宅は1時過ぎになった。午後は年賀状の印刷、色々思案したが使う写真は6月に撮影したエゾフクロウを使った。春先にLan接続のHDDの破損と共に失われた画像の中に色々使えるものがあったのが残念だ。つぎは住所録の住所変更や喪中などの入力。プリンターが変わったので宛名印刷のこれまでのフォーム特に〒番号枠の修正など面倒な仕事が残っている。鳥見はカワセミが側に来ていたのに気が付かず飛去るのを見送っただけ。デジボーグにGH-2を接続してカモを相手にテスト撮影したがファインダーがライブビューなので像が大きく拡大できピント合わせが格段に楽だ。このGH-2は手持ちで機動性を生かした用途に使うので似たような昨日でこれより安いG3ボディが欲しくなってきた。飛ものに強いCANON機も欲しいし欲しいものが多いが先立つものが・・・・・。

12月第3週
12月17日(土) 5時-18.4℃ 12-13時-3.6℃ (最低-19.1℃ 最高-3.2℃) 晴れ時々曇り 積雪21cm

今季の最低気温を更新。気温は低いが湿度が低いのか霧氷が余り出来ていないので朝の鳥見前に茂漁川に極寒の朝らしい霧氷の撮影をしてから越冬カワセミのくる池に。池もこの寒さで半分が氷結、気温に比べ水温が高いときに水面から「湯気」のように立ち上がってまるで温泉のように見える。回り道したので到着が遅れたがカワセミも昨日ほどではないが遅れてやってきたので間に合った。待っている間にカワセミが留まる場所に目立たぬように後ろ側を回って近づけるように雪を踏み固めて2本ばかり道を付けたりして身体を動かさないと寒さが身にしみる。終わって漁川のヤマセミポイント2箇所を覗いて見たが気配なし。いつものオジロは雄雌別々にいた。下流にいた雄は上流に向かったので後を追ったが行方不明、あきらめて家に向かっう途中で道路脇の高い木の上に止まっていた川から大分離れたところで何のためにやってきたのか不明、すぐ川の方に飛んでいった。午後は妻と茂漁川沿いをウオーキング。

12月16日(金) 7時-11.8℃ 12時-3.7℃ (最低-14.9℃=21時現在 最高-3.7℃) 晴れ一時曇り 積雪20cm
冬型の気圧配置で寒気が強い日は予報は曇りでも晴れという天気がよくある。今日も起きたら綺麗な青空。冷え込みも厳しく昼になって日射しがあっても空気はピリッと冷たい。鳥見の出発は8時を回ってしまったが越冬カワセミ寒さのせいかいつもより大分遅い9時ぐらいに姿を現した。しばらく脚が遠のいていた茂漁川ではカワアイサをこの冬初見。いつものオジロは昨日と同じ枝で1羽。上流に飛んでいったのを追いかけたらいつもの樹につがいで止まっていた。落ち合う時間をあらかじめ決めていたかのようだ。午後は長都沼へミコアイサ探し。他の鴨と挙動が違うので見つけやすいが遠すぎてなかなか写せない。動きを観察して好きな場所が判ってきたので予測して待ち受け何とかこの前よりは少し近くで撮影出来たがそれでも遠いすぐ近くは無理なのでじっくりデジボーグでねらえるようじっとして居て欲しいのだ動きが活発な鴨なのでそれも期待できず。
12月15日(木) 6時-2.3 12時+0.4℃ (最高+2.0℃ 最低-7.7℃=21時現在) 曇り一時薄日 積雪22→19cm

朝に気温が高く昼から夜と気温が右肩下がりの1日、通院日で帰宅できたのは昼を回っていた。天気もぱっとしないし撮るべき対象がオジロワシぐらいしかないので鳥見は完全休業で代わりに町内ウオーキング。日当たりの良い道路は路面が出ているところも多いが歩道は積雪で滑りやすい所もあって転ばぬ様に気を遣いながらのウオーキングでいつもより時間がかかった。今日から年賀状の受付開始とか、年賀状のデザインをどうするか本気で考えないと・・・・・。

12月14日(水) 8時-7.9℃ 14時+3.1℃ (最低-8.1℃ 最高+3.2℃) 晴れ後曇り 積雪20cm
2日ぶり越冬カワセミ現場へ、先客にO氏。ほぼいつもの時間に奥のオンコの枝の中からダイビングを数回行うのは見られたが撮影は出来ず。ここのカワセミ姿は見られても止まる場所が一定しないしこっちが身を隠しにくいので撮影は難しい場所だ。1時間ほどで次ぎ久しぶり漁川のヤマセミポイント2箇所を覗くも気配なしですぐ撤収。帰りオジロをいつもの場所より大分下流まで探し、2羽を発見2ショット画像も撮れた。午後は久しぶりに何もせず録画ドラマを見たりお昼寝などでのんびり。
12月13日(火) 7時-13.1℃ 13時-1.4℃ (最低-13.4℃ 最高-0.7℃) 晴れのち曇り 積雪20cm

お出かけの妻を送りその脚で長都沼へ。カモが主体でハクチョウ少々と変わり映えしないが上流側でミコアイサが3〜4羽のグループが2グループいたが遠いしすぐ逃げて視界から消えてしまう。沼の行き帰りオジロが来ているかいつもの樹の側を通ったが姿はなかった。午後は結露対策で最後に残った2階の2部屋の窓にシートを張って完了。その後はパン作り。いつもより2割大きなバターロール24個焼き上げた。

12月12日(月) 5時-6.1℃ 12-13時-0.5℃ (最低-7.8℃ 最高+0.1℃) 晴れ時々曇 積雪20→19cm
午後は通院なので久しぶり8時前に越冬カワセミ狙いで家を出た。いつものようにカモとサギが居たが此まで居たキンクロハジロは居なく、代わりにコガモの姿があった。コガモ主体にシャッターを切っていると「チー」とカワセミの声がして近くにやってきたようだが姿は見えず。あちこち見回していると池の水面にしぶきが飛んでカワセミが水から上がってきた。ちょっと遠いが久しぶりの画像ゲット。午後は隣町の病院でCT検査と診察。予約時間より1時間以上待たされて3時過ぎに終了。ついでにヤマセミポイントを覗いてみたが人も鳥もいない。
12月11日(日) 5時-6.5℃ 13時-0.4℃ (最低-9.4℃ 最高-0.3) 曇り時々雪午後は時々晴れ 積雪21→19cm
それほど冷え込んだわけではないが一応真冬日。この冬は12月中に真冬日が結構多い。午前中天気も雪がぱらついたりで条件が悪いので鳥見はやめて部屋の結露対策。午後になって青空も見えてきたので車で漁川河畔をオジロ探し。始めは別々に1羽ずつ止まっているのを目撃したがすぐに飛ばれ、いつもの樹の所に行くとつがいで止まっていて今季初の2ショット画像ゲット。このところ朝のうちは晴れてくれず早朝鳥見はお休み続き。越冬カワセミポイントもしばらくご無沙汰、カワちゃんどうしているのか一寸心配。
12月第2週
12月10日(土) 7時-10.1℃ 14時+2.8℃ (最低-11.0℃ 最高+3.7℃) 晴れ時々曇り 積雪18cm
全国的にはこの冬一番の冷え込みらしいが当地は寒さのピークは過ぎたようで並の寒さ。最近家の防寒結露対策に燃えていて今日はトイレの窓と居間南側の窓。昨日と違って暖かいので作業の効果が出たのかどうかわかりにくい。昼食が気分を変えて久しぶりのウオーキングは漁川沿いの遊歩道、オジロが良く止まる樹の対岸側。車が通った轍を多くの人が歩いたようでツルツルでやザクザクで歩数の割には疲れた。ついでに買い物とその帰り道、車でオジロの捜索するも今日も出会えず。オジロ探しは朝の方が良いのかも知れない
12月9日(金) 6時-17.8℃ 14時-1.8℃ (最低-18.6℃ 最高-1.8℃) 晴れ一時雪 積雪20cm
1月末当たりの厳寒期並の冷え込み。この時期にここまで冷え込むのは20年ぶりぐらいらしい。一時雪が降ったが概して日射しがあるがやはり空気がピリッとする寒さだ。昨日一日鳥見でくれたので今日は鳥見はお休みにして歳末の大掃除というか、障子の張り替えや窓の結露対策のシート貼りなど。シートはプチプチシートを使うが結露防止用として少量単位で売られたいるものは梱包資材として売られているものより随分割高なので梱包資材用の長さ10mのものを買ってきた。和室の窓の障子は今回は和紙のものをやめてプラスチックの障子紙に変更した。糊でなく両面テープを使うのではがした後に固まって残った糊を綺麗に取り去る作業などもあって随分手間がかかった。
12月8日(木) 5時-3.5℃ 10時-1.0℃ 13時-2.2℃ (最高-0.3℃ 最低-9.3℃) 晴れ 積雪16cm
大分日射しは戻ってきたが気温は上がらず真冬日。冬型で太平洋側は晴れのようなので久しぶり日高町まで鳥見ドライブ。沙流川河口付近でオオワシを狙うつもりだっtがオジロ止まり、付近の漁港でシノリガモや鵜、ホオジロガモなど。帰り道ではカササギ、ヤマセミにも随分久しぶりに出会えた。かえりスーパーやHCで買い物したりしたので帰宅は夕方5時。とっぷりと日も暮れていた。鳥見三昧の1日だった
12月7日(水) 5時-2.4℃ 13-14時0℃ (最高+1.3℃ 最低-5.7℃) 曇り一時晴れ 積雪18cm
このところ天気はぱっとしないが朝一時的に青空が出ることが多い。その気になって鳥見に出るが雪が舞ったり雲が多くなったり。きょうもそんな具合で8時過ぎになって家を出たが最初に漁川沿いに車を走らせオジロワシの捜索、その後カワセミポイントとヤマセミポイントを回る。今日のカワセミポイントいつものようにカモとチュウサギと変わり映えしなかったが一瞬だが奥の池の上を青い弾丸が横切るのを目撃でき、越冬は間違いなさそうだ一通り鳥見を終えダイソーによって結露対策の資材を買って帰宅するついで2度目のオジロ探索は朝より橋1つ分下流まで行くと河畔の農家防風林にやっと姿を見つけた。枝かぶりで写せないが車から降りたら上流へ飛びだしたので追いかけるように上流へ車を走らす2箇所でシャッターを押せた。午後は2階寝室の窓の結露対策のシート貼り作業。北側なのでシートを此までの1重でなく3重にした。この数日この作業にはまっている。
12月6日(火) 5時-3.3℃ 13時-0.5℃ (最低-5.8℃最高-0.3℃) 曇り一時晴れ 積雪19cm
極寒までは行かないが4日ぶりの真冬日。朝食を終えたぐらいになって雲が薄くなって青空が出てきた。3日もほとんど外出無しだったのであわてて準備して鳥見に、いつものヤマカワポイント期待できそうもないので気分を変え漁川のオジロの良そうな所を通ってそのまま長都沼へ。カワアイサが居るらしいのでカモを丹念に探したらパンダ顔のミコアイサが2羽、雌らしきカモも1羽。この鳥神経質で人気を人の気配を感じるとすーっと遠ざかりなかなか近くで写すことが出来ない。滑りやすい道路に車を止める不安はあったが幸い通勤時間を過ぎていて交通量が少なく。短時間だが道路端で三脚を立てデジボーグで狙うことも出来た。終わって早めに帰宅しすぐに買い物とゆうパック発送など。午後は家の中の結露対策第3弾、食卓横の勝手口ドアにプチプチの断熱シートを3層に貼り付けたりで結露は完全に防止できそうだ。
12月5日(月) 5時-0.2℃ 15時+0.2℃ (最高+1.1℃ 最低-7.1℃=21時現在) 曇り一時吹雪積雪22cm→21cm
朝のうちは天気も落ち着いていたので柏木川上流と漁川上流をチェックしたが目的のヤマカワは居ない。このところの雪でBポイントは車が入れず。帰り21号から18号の間オジロワシ捜索、此も空振り。昼前に厚別のトイザらスまで孫のクリスマスプレゼントを買いに出かけた。滅多に行かない厚別でなおかつ吹雪がひどく視界不良で店を見つけるまで手間取り昼に帰るはずが大分遅くなった。ラジオでは吹雪による事故や渋滞、交通止めなどの混乱ぶりを伝えていたがどうやら最も暴風雪の酷いところに言ったようだ。北側の引き戸の窓枠の結露対策にダイソーで買ってきたアルミシートを貼り付けた。
12月4日(日) 5時+0.6℃ 14時+3.0℃ (最高+3.6℃ 最低-1.3℃=21時現在) 霙→小雨後曇り 積雪32cm→17cm
夜明けまでに積もった雪も夜が明けてからは雨を含んでずっしり。今季初の雪かきが一気に重労働、フウフウ言いながら30分ほどで何とかアプローチの雪を芝生に載せた。昨日までの予報ではかなり気温も上がると言うことだったので雪が融けてくれて雪かきしないで済むと思っていたが当てが外れた。ただ運動不足解消にはなった。
12月第1週
12月3日(土) 5時-8.7℃ 13時-2.9℃ (最低-10.9℃ 最低0℃=22時現在) 曇りのち湿雪 積雪27cm=22時現在

3日続きの真冬日かと思ったら夜になって気温が上がり0℃迄来たので真冬日は無しかも。天気がぱっとしないので鳥見はお休み、外出は午後ちょっとだけ買い物に出ただけでほとんど引きこもり。オークションをチェックしたりでPCにばかり向き合って運動不足だが間食を控えたりして体重増加をかろうじて抑えている感じ。夕方からの湿り雪が積もってこのままでは明朝の雪かきが大変だが予報通りなら夜明けぐらいから雨なのでそれで融けきってくれのを期待しよう。

12月2日(金) 5時-6.6℃ 15時-2.3℃ (最高-1.9℃ 最低-10.7℃=22:30現在) 快晴

真冬日だが昼前後は日射しもあって風も弱く体感的には余り寒い感じはなかった。午前中の鳥見はこのところのおきまりのコースだが、カワセミもヤマセミも見あたらず。オジロも発見できず。妻を手編みサークルの公民館に送ったあと午後の鳥見は久しぶりに長都沼へ。雁は既に南に渡り、ハクチョウも残り少なくなってカモが目立つ程度。デジスコの試運転のためハクチョウを撮っているとその先の対岸でカラスに囲まれて猛禽類がどうやら獲物を確保しているらしくもがいている。遠くて双眼鏡で見ても何の鳥かはっきりしない。目標の正面の位置まで移動してデジスコ、デジボーグ、手持ちのGH-2で狙うが葦の陰になってなかなか全身が写せない。僅かに顔が見えた物もあったがピントが大甘。それでも何枚かを総合してみると胸から上が白っぽくケアシノスリのように見える。脚としっぽが見えないのでそれ以上は判らない。デジスコの調子だが相変わらずピント合わせが上手く行かないのか鮮明さにかけるが壊したFC100の時よりは換算焦点距離が短いものの鮮明度は少し向上した気がする。
12月1日(木) 5時-11.6℃ 12-13時-2.7℃ (最低-12.1℃ 最高-2.0℃) 晴れ時々曇り
12月に入った途端第一級の冷え込みでこの冬2度目の真冬日。朝食を終えた頃から青空が見えてきたので鳥見に出たが、目的の鳥には出会えず。早めに帰宅、妻とうおはんにお歳暮用の荒巻鮭や魚卵など物色に。今年は鮭が不漁のせいか筋子も高い。店から発送した物以外の干物類は家に帰って梱包発送。先日落札したコンデジカシオのEXILIM EX-Z1080が届いたのでフィールドスコープに接続し再びデジスコを構成したが試写明日にでも。
11月第5週
11月30日(水) 5時+0.5℃ 12時-1.6℃ (最高+1.8℃ 最低-4.8℃=20時現在) 湿雪 積雪5cm
未明にうっすらだった雪も夜が明けてからは本格的に降り出しそこそこ積もった。湿った雪なので車の通行が多い道路は融けてしまったが午後になって気温が下がってきたらシャーベット状に。鳥見も無しなので家の中で窓の結露防止の断熱シートを張るなどの作業。シートが不足したので夕方ちょっとだけ買い物に出かけただけで他は家の中に引きこもり。
1月29日(火) 5時+4.9℃ 11時7.4℃ (最高7.7℃ 最低+2.7℃) 曇り一時薄日

夜中に降雨があり気温は高め、予報では晴れマークがあったのにすっきり晴れないので朝の鳥見はなし。昼前漁川両岸沿いの道を車で走りオジロの探索するも見つからず。去年は12月中頃の初見だが今年は既に目撃情報があるので鳥見もヤマ・カワ探しから猛禽類に徐々にシフトかな。昨夜デジスコ用に中古のコンデジ、カシオのEXILIM EX-Z1080を落札3年前の製品だがISO3200とか画素数1020M、撮像素子サイズもコンデジとしては大きい1/1.7と数値だけは立派な物、ネットでレビューを見たら壊れやすいとか評判が悪い。物は明後日には着きそうだがちょっと不安。

11月28日(月) 5時-1.9℃ 7時-3.1℃ 14時8.7℃ (最低-3.2℃ 最高9.1℃) 晴れ

朝いつもの時間いつものカワセミポイントへ。先にO氏が先客でサギにレンズを向けていたがそこにカワセミがやってきてすぐに裏側に飛び去った。O氏は間に合ったがこっちは間に合わず。いつもより大分早くまだ8時前。池のキンクロは1羽増えて6羽になっていた。しばらくしていつもの時間再びカワセミがいつもの辺りにとまったがデジボーグの組み立ては間に合わず手持ちで、此もすぐ飛び出し奥の方に姿を消したがまだ付近にいそうな感じ。再び姿を現すのを期待しd機材を組み立て30分ぐらいして期待通り1ショットだけデジで写せた。証拠画像は確保。その後Aポイントを覗いたが今日も姿無し。帰りホーマックによって窓の断熱シートなどを見て帰る。見栄えとコストとパフォーマンスなど考えるとどの方法が良いのか悩む。午後天気も良く小春日和が続くので三笠の神社までドライブしフクロウに会ってきた。洞と側の枝につがいで居て1枚に何とか入った。帰り三笠のイオンでの買い物の時間を入れて往復3時間半

11月27日(日) 5時-0.2℃ 13-14時6.6℃ (最低-1.4℃ 最高6.7℃) 小雨が降ったり止んだり

雨が降って気温は高めに推移。鳥見に出ることもなし。タンスの陰やらあちこち丹念に掃除機掛けをしたりでちょっとだけ家事の手伝いをしたぐらいで1日中引きこもり。オークションで先に壊したコンデジFC-100の代わりを物色したり。この頁2010年1月から2年分を1頁にしていたものを2010年分を分離しこの頁は今年の分だけにした。 
11月第4週
11月26日(土) 6時-1.4℃ 14時3.9℃ (最低-1.5℃ 最高4.2℃) 曇り一時薄日
ほぼ平年並みの気温。ちょっと雲があって躊躇ったが朝カワセミポイントとBポイントだけでもと出かけた。柏木川源流部のカワセミほぼ定刻に姿を見せたが目の前を通過してずっと奥の池辺りに止まったようだがどこに止まったか確認できない。このところ以前のように撮影可能な距離には止まってくれないがこの地で越冬の期待が高まっては来た。雪もちらついたりですっきり晴れそうもないので9時前には帰宅し町内の妻がいつも歩いているコースを一緒にウオーキングしてノルマ分確保。スルメ3枚で松前漬けを作る。普通は正月料理の1つに作るのだが今回はそのリハーサル。タレの混合比を忘れたのでネットで調べつけ込んでみたが甘みが強すぎたので醤油と水を追加し砂糖の比率を半減してまづまずの出来。数の子の塩抜きが間に合わないので数の子は明日入れることにした。夕方息子夫婦が来たが孫2人は家で留守番とか。親が来るときには必ず一緒に来ていた小4の孫娘もだんだん親離れしてきた。
11月25日(金) 5時-0.4℃ 12時+1.7℃ (最高1.8℃ 最低-1.6℃) 曇り一時晴れ
午前はそこそこ晴れ間もあったのでカワセミポイント2箇所、ヤマセミポイント2箇所を回ったが目的の鳥には出会えず。ただBポイントで今季初見のホオジロガモに出会えた。更に長都沼に足を伸ばしたが展望台付近は僅かなカモが居るぐらいやや上流にマガンとハクチョウが居たようだが間の低木が邪魔ではっきりとは判らず。千歳川本流にも小さなカモの姿があったので土手の道を車を走らせていたら泥を固めた土手でぬかるみに埋まって付近の工事中の重機に救助された。どうやらヘドロ状の土を重機で土手横に積み上げ堤防巾を拡げる工事中で未だ十分固められていない場所だったらしい。
11月24日(木) 3時+10.1℃ 5時+9.2℃ 11時9.3℃ (最高10.2℃最低1.0℃=19:20現在) 風雨、晴れたり曇ったり
夜中の激しい雷雨は明け方までに上がったが曇りの朝。今日の鳥見はお休みにして午前中はウオーキングとその帰り買い物。昼頃から時折青空も見えてきたので夕方にかけて鳥見に出かけた、久しぶりのヤマちゃんポイントだが気配がない。そのうち予報と違って再び雲が出てきて雨の粒がポツポツ来たり、釣り人が現れヤマセミが良く止まる辺りで糸を垂れたのであきらめて撤収。
11月23日(水) 5時-1.4℃ 13時+5.6℃ (最低-3.5℃ 最高6.0℃) 晴れ
柏木川源流部のカワセミ、妻はまだ一度も見ていないので今日は午前の鳥見に妻も一緒に出かけた。カワセミピント珍しく先客。このポイントの情報を教えたOさんだった。程なくカワセミが現れたが此までより随分遠いうえにすぐ見えなくなった。話をしながら戻ってくるのを待つと15分ぐらいで戻ってきたが素通りしてずーっと先の低木の枝にとまった。遠すぎるが証拠画像1枚だけ撮影。ここからも間もなく姿を消してしばらく戻ってきそうもないのでつぎのBポイントへ。ここも気配なし。茂漁川の散策路で妻がウオーキングしている間、自分はいつもの場所でカワセミ待ちするもやはり気配なし。今時季鳥見も端境期とあきらめて買い物し帰宅。午後は此までプリンターが不調だったので印刷していなかった旅行の写真などを先日購入したブラザーの複合機で印刷。普通紙の試し印刷はしていたが写真の印刷は初めて。色の調子など古いキヤノンのプリンターに比べて良くない。良いのは印刷速度が速い事ぐらい。綺麗に印刷するにはレタッチで色合いを強くしたりコントラストを上げるなどの前処理が必要なようだ。
11月22日(火) 5時-3.4℃ 11時+1.1℃ (最低-8.0℃ 最高+1.7℃) 曇り一時晴れ
午前中は青空が目立ったが午後は日が陰ることが多かった。朝は放射冷却で冷え込んだ。空知などは高速が通行止めになるような暴風雪らしいが恵庭は時折雪がちらほらという程度。冬型の天気では恵庭は太平洋側と同様晴れる事が多い。昨日は鳥見を休み柏木川源流近くのカワセミの安否確認が3日も出来ていないので今日は8時前に現場へ。マガモだけだったカモが今日はキンクロハジロの雌も5羽ほど来ていた。キンクロを脅かさないように入り口付近の物陰から移しているとカワセミがいつもより奥の方に姿を現した。既に南へ渡ったのかと思っていたので予期せぬ出現に機材の準備が追いつかず手持ちのGH−2/300mmしか使えず豆粒カワちゃんになってしまったがトリミングで何とかBlog画質で引き延ばせた。この調子では越冬を期待しても良さそうだ。安否確認が出来たので早めに切り上げ、Bポイント、調整池、長都沼を回って10時ぐらいには帰宅。余り歩数が行っていないので町内のウオーキング、夕方の分も合わせて何とかノルマ分達成。
11月21日(月) 5時-1.9℃ 11時-2.0℃ (最高-1.2℃ 最低-7.2℃) 曇り一時晴れ
この時期で真冬日とは・・・。天気も余りぱっとしないし寒いので朝の鳥見はお休み。久しぶりに朝出かけないので掃除機掛けなんかで家事の手伝い。午後はユニクロなどに買い物に行きその後は千歳川当たりに行く予定だったが雲が厚くなって雪がぱらつき始めたので中止し帰ってパン作り。合間にメモリーに貯まった画像を分類して2階PC外付けHDDに転送保存。ノートPCのCドライブの空きを拡げたりのデスクワーク。最近、月始めに足をくじいてから昨日は別にしてウオーキングも不十分なせいか体重が増え気味。足の痛みもほとんどなくなったので真面目にウオーキングでもやらねば
11月20日(日) 5時+8.5℃ 10時10.0℃ (最高10.5℃ 最低-1.5℃) 曇り一時雨
天気がはっきりしないのでちょっと様子を見ていたが(野幌方向の)西の空が明るいので野幌の森林公園にエゾフクロウを見に行くことにして9時過ぎ家を出た。最初は登満別口付近を探したが気配がないので大沢口からいつもの場所へ。1羽だけだがいつもの洞でお昼寝モード動きがないのでしばし様子見。そこにエゾリスがやってきたら目を開けて反応、フクロウの餌食になるのかと気をもんでいるのにリスはフクロウのいる木を登り始めてフクロウのいる洞へ。するとフクロウの方が洞の奥に逃げ込んでしまった。予想外の展開に驚いた。駐車場から大沢園地までの往復は歩数7000ウオーキングとしては手頃な距離だが最後雨が降り出して大急ぎで駐車場へ。帰りは昼時になったので野幌のイオンのレストランで昼食をとって帰宅。帰路は土砂降りの雨だが島松に入ったら雨はポツポツ程度。夜に入って急激に気温が下がり日本海側に暴風雪注意報が出ている。明日は恵庭も雪?
11月第3週
11月19日(土)5時+7.8℃12時10.9℃18時13.2℃(最低+6.7℃最高13.3℃) 曇り
朝から気温は高めだが曇よりとして薄暗い。鳥見はやめて、ネットでプリンターの情報収集。浴室の換気扇のタイマースイッチが壊れているのでその部品を買いに10時過ぎに北広のホームセンターへ。店の人に聞くとこのスイッチすでに生産されていなく変わりになるものも品切れとのこと。あきらめてタイマー機能なしの単純スイッチを買ってきた。付属のスーパーや向かいのスーパーで食品の買い物さらに電気器具の量販店でプリンターを購入。ブラザーのDCP-J925Nというコピー機能つきの複合機、値段はネットで調べた最安値より2千円ぐらい高いがすぐ手に入ったのでまずまず。有線LAN、無線LANのどちらかでネットワーク接続ができ両面印刷などキャノンやエプソンなら1万円ぐらい高い機種の機能がついている。4色インクなので写真は超綺麗とは行かないようだが並みの出来で仕上がるようだ。かえって2台のPCのどちらからでも使えるように設定するのに1階と2階を行ったりきたり。しかしこの(日誌を書いているほうの)ノートPCのCドライブの空きが100MBを切って動きが鈍くなっているので余分なアプリを選んでは削除し空きを何とか300MBぐらいまで増やしながらのインストールは面倒だった。無線での接続は予想より簡単に一発でつながった浴室換気扇は単純なスイッチでも十分なのでタイマー機能なしで修理完了。
11月18日(金) 5時-5.1゚C 15時8.1゚C (最低-7.0゚C 最高8.5゚C) 晴れのち曇り

朝の内は青空がひろがった分冷え込みも厳しかったが午後になって気温は上がったが日射しが無くなり体感気温は高くない。鳥見は養魚場跡と漁川Bポイントだけで9時過ぎには帰宅。Bポイントで久しぶりにいつもより手前に留まっているヤマセミを見ることが出来たが逃げ足が速くてなかなかまともな画像は得られない。ここも積雪が多くなると入れなくなるので上流のAしか観察ポイントが無くなってくる。

11月17日(木) 5時-0.8゚C 12時2.6゚C (最低-2.0゚C 最高+3.1゚C) 未明に雪、朝は曇りのち晴れ 
明け方近くの雪で朝には一気に15cm近い積雪。7時過ぎには雪もあがり雲も薄くなってきたので近頃回っている鳥見ポイントの雪景色、あわ良くば「雪とカワセミ」を期待して家を出たがいつもの時間になっても今日はカワセミは姿を見せない。代わりにイソシギがやって来た。ヤマセミポイントは2箇所とも気配無し。最も木々に積もった雪で留まっていても見つけるのは困難。茂漁川はいつもの溜池側からでなく下流の駐車場側から水車まで往復したが姿無し。ここもズーッと姿を見ていないので越冬カワセミは無理かも。各ポイント短時間で回ったので10時前には帰宅し録りだめたTVドラマを見たりのんびりと過ごす。
11月16日(水) 5時+2.2゚C 14時6.1゚C (最高6.4゚C 最低-2.1゚C) 晴れ
今日も曇りの予報を覆す青空。いつもより少し早めに家を出たので先に漁川のA>bポイントから。Bで久しぶりヤマセミの豆粒画像が撮れた。いつもの柏木川上流の養魚場跡には8時を回ってしまった。池にはマガモの一家、車を降りると慌てて飛び去った。カワセミはいつもより10分以上早く現れ準備が出来ていない。ブラインドを張る作業は中止し慌ててデジボーグでねらいをつけるがゆっくりピントを決める余裕無くボケ画像だけ。カワセミすぐに姿を消したので早々8時半で撤収。。長都沼も飽きたので恵み野中央公園でコガモ。ありふれたマガモやカルガモに較べ少しめづらしい事もあるが小さくて可愛いカモだ。此処で30分ぐらい過ごし帰宅、やり残していたアジサイの雪囲いをやったり取り替えた夏タイヤを洗ったりしてからお昼。午後は家の中で録画ドラマを見たりでのんびり。
11月15日(火) 5時+0.2゚C 12時4.6゚C (最高4.9゚C 最低-3.2゚C) 晴れ
曇りの予報だったが夜明けから青空。諦めていた鳥見だったが朝食を摂ってすぐに出かけた。いつもの時間よりチョット早めに先日来のカワセミポイントへ。デジボーグをいつ求まるあたりにねらいをつけて出を待っていると、いつもとチョット違った位置に留まった。慌てて照準をずらしピント合わせ。ライブビューで細かく合わせる余裕もなく数枚バシャバシャ。GH-2のAFでもとカメラを手にねらいをつけている内にいつもの方向に飛びだして姿を消した。時計を見ると8時20分いつもの時間と5分と違っていない。戻ってくるのを20分ほど待ったが気配もないので撤収、茂漁川へここも30分ほど観察したがやはり駄目。漁川のBポイントも20分ほど出を待ったがやはり駄目。何とかブログネタは確保したので10時前に早々と本日の鳥見終了。帰宅して自転車や物干しを片付け冬支度作業は順調に進んでいる。気温は低いが日が入っている室内は暖かい。夕方日が陰るとたちまち冷え込んできた。明日朝に掛けて雪は避けられそうにない。岩見沢などはしっかり積もったらしい。
11月14日(月) 5時5.5゚C 10時7.0゚C (最高7.4゚C 最低1.6゚C) 曇り時々薄日
徐々に寒気の流入でこの時期並の気温に。冬型の気圧配置で札幌で雪も舞ったらしいが恵庭は持ちこたえ日も時々さして天気はまずまず。朝の内に最近の鳥見ポイント4箇所を廻り柏木川上流先日来カワセミを見ている場所でほんの一瞬その姿を見ることは出来たがゆっくりしてはくれず画像はぼけた1枚だけでブログにも載せられず。困ったときの長都沼に脚を伸ばす。沼は余り鳥の姿はなかったが駐車場付近に僅かながら白鳥ヒシクイなど、珍しくもないので手ぶらで展望台に向かうと。顔見知りの先客から希少種のアメリカコハクチョウが居ると教えられ、機材を取りに戻る。ほぼ正面の見やすい場所に2羽、デジボーグと手持ちGH2でバシャバシャ。ネタも確保できたので1時間弱で鳥見終了。早めの昼食の後は庭仕事、ガーデンテーブルやら空いた鉢を仕舞い、撤去したスチールフェンスも北側の壁にブルーシートで覆って立てかけたり。大物はほぼ片付けた。一段落したので出たごみを車に積んで漁川上流の市の処理場に運び込んでその足で再びAポイントに行ってみたがやはり気配無し。1午前10時以後気温は右肩下がり明日は一層冷え込んで雪もちらつきそうな気配。
11月13日(日) 5時6.1゚C 12時14.7゚C (最低3.6゚C 最高15.2゚C) 晴れのち曇り
暖かな日は今日までで明日は地方によっては雪もありそうな予報。暖かい内に庭の冬支度をと言うことで鳥見は朝の内だけ漁川茂漁川柏木川と4ポイントをザッと回ったが何処も気配無し。今日の庭仕事はアジサイやアーチ周りの剪定と雪囲い残っていた鉢植えの食根草を鉢毎畑に埋め込んだりしたが、まだガーデンテーブルや棚などの始末、自転車の取り込みなど残って明日以降も冬前の作業は続く。
11月第2週
11月12日(土) 5時0.9゚C 12-13時14.8゚C (最低-0.5゚C 最高15.3゚C) 晴れのち曇り
昨日と同じカワセミポイントへ。昨日と同じぐらいの時間になって姿を表し同じ場所に止まって姿を消した。どうやらこの場所餌場ではなく移動の途中一瞬羽を休める場所らしくゆっくりはしてくれない。8時からの一時間で3回やって来たがその後はさっぱり。Bポイントやイントと温水溜め池も覗いたが気配無し。昼まで時間があったので恵み野中央公園に寄ったら池にいつものマガモとカルガモの他コガモが三羽(♂1♀2)来ていた。いつものカモが人慣れして落ち着いているせいかコガモも比較的近くに寄れた。午後は庭仕事、ポットの宿根草を畑に埋め込んだり、南花壇のスチールフェンスをはずしたり。剪定枝などごみが多く出たので又処理場持ち込みの必要が出てきた。この時期にしては気温が随分上がったが明日後半から寒気が入って天気が崩れ来週は雪の予報。
11月11日(金)5時-1.7゚C13時14.3゚C(最低-2.4゚C最高14.4゚C) 晴れ

朝の冷え込みはきついが日が高くなって気温が上がり小春日和。鳥見は昨日チラッとカワセミを見た柏木川源流付近の養魚場跡から。20分ぐらい待って諦めかけた頃現れ何とか数ショット撮ることが出来た。このところなかなか出会えず、皆南に旅立ったのかと思っていたカワセミだがこのカワセミもしかしてここで越冬してくれるのだろうか。他に茂漁川、調整池、漁川Bポイント、下流15号、千歳川北島揚水機場近くの沼など一箇所30分前後で早周り。午後は車のタイヤ交換をしたがスタッドレスの1本春先パンクして修理せずにいたためGSでパンク修理をして貰ったりで鳥見に出る余裕は無くなった。明日から天気も崩れて近々降雪もありそうな気配。

11月10日(木) 5時-2.0゚C 14時11.0゚C (最低-3.0゚C 最高11.2゚C) 晴れ

一層の冷え込みで朝は芝生が霜で真っ白。通院日だが病院の前にザッと鳥見ポイントを早周り。漁川A,B、茂漁川溜池、柏木川源流付近。ほとんど空振りだったが源流付近で青い鳥が飛び去るのが見えた。病院はついでにインフレエンザワクチンの接種も申し込んだのでいつもより更に時間がかかって帰宅は12時を過ぎた。午後も朝カワセミを見た場所と茂漁川、Bと回ったが気配無し。昼の気温は明日まで高めと言うことなのでタイヤ交換などやっておこうかと早めに帰宅したが、泥だらけの車を洗っただけで終わり。タイヤ交換は明日に延期

11月9日(水) 5時-1.1゚C 11時8.9゚C (最低-1.9゚C 最高9.7゚C) 晴れのち曇り
冷え込んだ朝でたっぷり霜が降りていた。鳥見に出た時間になっても氷点下。昨日久しぶりにヤマセミを見たAポイント今日は工事関係者の数もも多くヤマセミの姿は無し。泥がはねないように超低速運転で入ったBポイントで久しぶり姿を見ることが出来たが枝かぶりのないポジションを探しているうちに姿を消した。気温が低いので車を降りてから観察ポイントまで距離のある茂漁川はパスしてバンの居た調整池、長都沼を回って11時ぐらいには帰宅。沼はヒシクイの数が随分減ってマガンが少し。ハクチョウがそこそこの数いたが次々飛び立って少し先の農地に集まっている。展望台付近は余り鳥が居ないのでギャラリーも少ない。夕方晴れていれば晴れたら「夕焼けの長都沼」画像に再挑戦するつもりだったが雲が多くて断念。
11月8日(火) 5時4.5゚C 13時7.6゚C (最高9.9゚C最低1.0゚C) 晴れたり雨が降ったり不安定な天気
昼までは天気雨もあったが概して晴れ。午後は雨がち。朝妻を病院に送りそのまま漁川上流へ。平日なのでAポイントはヤマセミは居ないかと思ったら対岸の一番遠いあたりにいて何とか豆粒ヤマちゃん撮影できた。8時半水道事業団の始業のベルが鳴るとヤマちゃんも何処かに出かけて仕舞った。建物の工事の休みが2日連続し今日も少ない人数で静かにやっているので一時帰宅していたのかも知れない。気懸かりはカラスの数が増えてきたこと。Bポイントと茂漁川のカワちゃんポイントも覗いたが気配無し。そのうち雨もぱらつき妻の病院も終わったので迎えによって帰宅。午後、妻は手編みサークルに出かけ自分は長都沼にでもと思ったが雨もひどくなってきたので出かけるのは止めてネットでプリンターの物色などで時間をつぶす。
11月7日(月) 5時7.0゚C 13時10.6゚C (最高10.7゚C 最低3.6゚C) 曇り
相変わらずどんより、冷え込みはきつくないが昼になっても気温は上がらず寒い。それでも雨の心配が無いし2日も鳥見はなので定点観察ポイント2箇所を回って来たがどちらも空振り。Bポイントでは姿はなかったが鳴き声が一瞬だけ聞こえたのでまるっきりいなくなった訳では無さそう。Aポイントは今年中に戻ってくるのか見込みが薄い感じ。午後は千歳のY電器にプリンターやデジカメなどを見に。最近こうした物の買い物はネット通販やオオクションばかりで量販店に行ったりするのは珍しくなったが懐かしい。
11月6日(日) 5時8.2゚C 11時9.3゚C (最低6.5゚C 最高9.8゚C) 曇り一時霧雨

朝の内は一寸薄日がさしたがその後はどんより。冷え込みも弱いが気温も上がらず。午前中は町内会の清掃作業で身体を動かしたのと午後ホーマックにプリンターインクを買いに出た他は引きこもって画像ファイルの整理。メモリーに溜まった画像を整理し2階のPCの外付けドライブなどに分類して保管したり。印刷せずにいた孫の写真や妻の手編み作品の写真など印刷。最近プリントの裏の汚れが気になってクリーニング動作を繰り返しても完全に綺麗にならない。結構使い込んでもいるので変え変えも検討中。カワセミの会の写真展への作品展示を求められているがA3での展示らしくそのためにはA3プリンターが必要だが滅多に使わないA3印刷のために大きくて邪魔な機器を置くのもいやで悩む。

11月第1/10月第6週
11月5日(土) 5時4.5゚C 11時10.4゚C 15時10.4゚C (最低2.6゚C 最高10.6゚C) 曇り時々雨
終日どんよりとして鳥見も無理。先日デジスコセットのコンデジEX-FC100を毀したのでその代わりをどうするか。接眼を8倍のアダプターに変えて一眼レフにZD40-150mmを着けてつなぐとケラレもなくシャープに写りそうな感じがする。この構成で行くとズームを伸ばすとカメラの重みでレンズがたわむのでサポートが必要。その製作で結構暇が潰れた。天気が回復したらテスト撮影するのが楽しみ。一眼レフのボディOはさしあたって古いE510を利用するがISO感度が不足ならE620とか再びE30あたりを買う手もある。
11月4日(金) 5時-0.4゚C 14時13.4゚C (最低-1.1゚C 最高13.7゚C) 晴れ
朝は久しぶりに氷点下まで冷え芝生にうっすら霜が降りていた。足の調子はまだ万全でないので今日の鳥見はヤマセミポイントのBで車の中での待機、午前中3時間待ったが気配無し。間1時間は上流側奥に釣り人が入った製もあるかも知れないがこのところ空振り続き。Aポイントは一寸覗いただけだがやっぱり工事のある日はまず無理のようだ。午後一休みしてから再びBポイントへ向かったがアプローチの道路を軍用車両で塞がれたので諦めて長都沼の夕暮れを見に行き日没後に帰宅。
11月3日(木) 5時5.9゚C 13時13.9゚C (最低4.2゚C 最高14.2゚C) 晴れ

昨日ほど気温は上がらなかったが風も弱く日射しもあるので体感的には暖かく小春日和。昨日の後遺症で右足首が未だ痛いが、カワセミの会の今年最後の探鳥会なのでちょっと無理をして出かけた。千歳川の孵化場から第4発電所間は歩くのが大変なので車内で待った。支笏湖の野鳥の森付近の水路でキンクロハジロに混じって珍しいスズガモを見つけて盛り上がった。湖畔を周り道道恵庭岳公園線を回ってかえる。写真を撮ることもなかったが行楽日和にドライブといった感じで良かった。午後は公民館まつりに行って昼食帰ってからパン作り。夜には足の調子も良くなって一寸痛みが残る程度。平年よりも暖かいのは明日までで週末には寒気がやって来そう。

11月2日(水) 5時8.4゚C 13時15.5゚C (最低1.2゚C 最高15.5゚C) 薄曇り

先週の検査の結果を聞きに千歳の病院へ。ついでにその前後ヤマセミ探し。朝は2羽の姿を見たが間に木々が多くて証拠画像も困難。時間切れで妻を千歳駅送り妻はJRで帰宅し自分は病院へ10時の受け付けで診察が終わったのは2時近く。コンビニで弁当を買って再び朝の現場へ、現場では地元のバーダーお二人と一緒に1時間ぐらい待ったが姿は無し、3時を過ぎて帰ろうかと機材をかたづけているとなにやら鳴き声が、上流側へ行ってみると良く止まる枝に1羽。手持ちのGH−2・300でバシャバシュ。動きが止まったので車に戻って再びデジスコを組み立てて戻ったが3枚ぐらい撮ったところで飛び去った。デジスコを抱えて戻る途中、脚を引っかけて転倒EX-FC100を破損足首を一寸ねんざ。数日自宅謹慎かも。

11月1日(火) 5時5.7゚C 13時16.1゚C (最高16.3゚C 最低1.2゚C) 快晴
昨日同様爽やかに晴れ上がり風も弱くまさに小春日和。朝早めに漁川中流のヤマセミポイントへ。いつもより更に遠い枝に止まっているデジスコを組み立てていると飛び出し何度もダイビングして水面を右往左往。今日も又逃げられたかと思ったらやや遠くの枝に止まって羽繕い。どうやら朝の水浴びだったようだ。デジスコ画像は多数撮れたが暗い中動きが激しいので被写体ブレも加わり証拠画像にしかならない。日陰だとSSは1/20程度と遅くにしか上がっていなかった。その後上流側に移動したのは手持ち300mmのGH-2で狙ったが換算600mmでは遠すぎて豆粒。結局沢山撮った割には使える画像無し。Blogアップは諦めた。夕方も様子見に出かけたが姿は無し。長都沼も変わり映えしないので今日はパス。
10月31日(月) 5時7.5゚C 13時15.9゚C (最低7.2゚C最高16.2) 晴れ
明日から11月とは思えない暖かい一日。公民館での妻の手編み作品展示の搬入が9時からなのでそれに間に合うように1時間で漁川上流のヤマセミポイントを覗いたが既に工事関係者が早朝出勤、ヤマセミの姿はなかった。搬入してその足で長都沼へ。展望台付近は雁を中心に多数の水鳥が過密状態。鳥見の人も多い。デジスコの練習で主にオオバンを追尾。遠くの木に止まった豆粒のオオタカも狙ってみたがピントがイマイチ合わない。コントラストの弱い小さなオオタカはコントラストAF方式ののコンパクトデジカメにはジャストピントは難しいのかも知れない。午後になっても良い天気なので夕焼けの空の渡り鳥の画像狙いで3時過ぎ再び長都沼へ。丁度義理の姉も来たので一緒に。西の空に雲がでて夕焼けもさほどでなく意図した写真は撮れなかった。
10月30日(日) 5時3.6゚C 11時14.5゚C (最低2.6゚C 最高14.7゚C) 曇り
冷え込みもほどほどでこの時期としては暖かいが今日も午前中晴の予報にもかかわらず日射しはほんの少し。午前中の鳥見は昨日ちらりと姿を見たヤマセミポイントで32時間待つも姿を見せず。そのうち釣り人が入って望み薄となって空振り撤収。午後再び覗いたら釣り人はさらに増えていたので諦めて上流のポイントへ。日曜の今日は工事が休みらしく誰もいない。車をゆっくり走らせながら上流側へいくと欄干遠くに豆粒カワちゃん。慌ててデジスコを組み立ててシャッターを押すが光軸があっていないせいかピントが決まらず。調整している内に飛びだし中洲裏の木陰に。中洲の木の隙間から何とか狙ったが枝かぶりがひどい、枝をかわせないかポジションを変えて狙っている内に下流に飛び去った。明日から又工事が始まると又暫く逢えない日が続くのか。デジスコ、光軸が合えば結構鮮明な画像を得られるが移動する度に光軸を合わせ無ければならず準備に時間がかかる。Fx100C専用金具だと一々調整する必要がないのだが既に製造中止。
10月第5週
10月29日(土) 5時1.3゚C 14時14.3゚C (最低0.5゚C 最高14.5゚C) 晴れ時々曇り
朝、晴れていると冷え込みがきつく0゚C近くまでさがるようになり鳥見の服装も冬物が必要になってきた。ヤマセミも久しく撮っていないので今日の鳥見はヤマセミポイント1箇所に集中。着いて間もなく姿は見ることが出来たが、遠くて枝かぶりがひどく証拠画像にもならず。ここのヤマちゃん警戒心が強くて距離が100mぐらいあっても動くとすぐ飛びだしてしまう。孫娘の学芸会にも行かねばならず午前の鳥見は1時間チョイで切り上げた。午後も遠くに止まっていたので機材をセットしているうちに又もや上流へ。藪の間に身を隠し2時間以上待ったが戻ってこない。日没も近付いたので上流のポイントの様子を見てから帰宅。
10月28日(金) 5時+0.1゚C 14時13.7゚C (最低-0.5゚C 最高14.0゚C) 晴れのち曇り
朝はこの秋一番の冷え込み。今日も予報ほど天気は良くなく晴れのはずの午前中も雲が多かったが最高気温はそこそこ上がって今回の寒気は今朝までで一旦終了のようだ。午前中の鳥見は駄目と判っていても一応漁川上流のヤマセミポイントをチェック。気温が低くなると濡れた道路の乾きも遅くなるので下流側のアクセス道路の泥が乾かないので超低速走行でも泥撥ねが・・・。ヤマセミにも逢えない上に車がドロドロ・・・泣きたくなるね。午後はガソリンの給油(千歳のGS)ついでに脚を伸ばし千歳川上流のヤマセミポイントへ。ポッといって出会えるほど鳥見は甘くはないが久しぶりの千歳川の綺麗な水の流れなど懐かしかった。blogネタ確保のため長都沼経由で帰宅。今日の沼はオオハクチョウが多く、ヒシクイなどの雁はどうやら周辺農地あたりにいるようだ。
10月27日(木) 5時3.6゚C 14時10.7゚C (最高11.0゚C 最低1.5゚C) 晴れたり曇ったり時折俄雨
晴れマークが並んだ予報を信じて鳥見に出たら時々雨がぱらついたり。鳥見は最近のパターンどおり漁川上流→茂漁川→長都沼・茂漁川月曜にカワセミを目撃しているので期待して1時間ばかり待ったが空振り。長都沼展望台付近に今日もオオバンが2羽。ハクチョウは朝早く周辺の農地に出かけたらしく沼には姿がない。帰り道の傍で落ち穂拾いをしているオオハクチョウに出会った。午後は庭仕事寄せ植えなどを解体し宿根草はポットに入れて裏の畑で冬越しへ。枯れてしまって何の鉢か判らなくなって処分したものも今年は多い。ラベルなどで判るようにしておくべきだったが・・・・。紅葉も終わりに近付き公園から大量の落ち葉が飛んでくる。
10月26日(水) 5時6.2゚C 15時8.6゚C (最低5.7゚C 最高8.7゚C) 雨のち曇り一時晴
11月並の気温。雪で通行止めの峠もあるらしい。この寒さでは鳥見に出る気にもならない。昼過ぎ一寸日射しが出たので運動不足解消のため徒歩で買い物、店は近すぎるのでずーと遠回りして一日のノルマの歩数達成。ウインドブレーカー上下を来て急ぎ足で歩いてもこの気温では汗も出ず。どうやら明日は天気も回復するらしいので3日ぶりに鳥見に出られそう。デジボーグのカメラの重みで徐々に光軸がずれるのを避けるためアルミ板でロングプレートを作りヒップサポートを作った。そのテストは明日
10月25日(火)5時11.1゚C13-14時16.4゚C(最高16.9゚C最低5.9゚C) 雨が降ったり止んだり
天気は悪いが気温は高めに推移。昼から千歳の病院で内視鏡検査、終わったあと車の運転が出来ないのでJRとタクシーで往復。帰りが遅くなったので夕食は千歳で外食。鳥見で千歳に行くときは車なので駅周辺を徒歩でと言うのは随分久しぶり。天気が良ければ朝の内鳥見でもと思っていたが諦め午前中はデジスコの光軸調整などで暇つぶし、カメラと接続器具の重みで徐々に光軸ずれが起きたりで組み立てから撮影まで随分手間取るので練習も必要。
10月24日(月) 5時5.8゚C 13時14.1゚C (最低4.9゚C 最高14.3゚C) 曇り
午前中は晴の予報だったがほとんど日もささず気温もさほど上がらない。このところのおきまりの周り順で鳥見、ただこのところウオーキングの歩数不足が続いたので漁川上流と茂漁川で河畔でウオーキング。途中飛び去るカワセミの姿を見た。もう南に渡ったのかと思っていたが未だ残っている個体がいたと言うこと。沼では一昨日結構な数いたオオハクチョウがすっかり姿を消していた。ヒシクイの中に僅か紛れていたマガンの割合がぐっと多くなっていたり。午後は急だったがパン作り焼き上げてすぐに梱包しゆーパックで発送。

10月23日(日) 5時14.1゚C 8時16.0゚C 13時15.1゚C (最高16.2゚C 最低9.9゚C) 雨

昨夜からの雨は夜まで降ったり止んだり。夜半過ぎて上がったようだ。明日、北広の孫娘の誕生日と自分たちの結婚記念日なので夕食は息子一家と北広の回転寿司に出た以外は引きこもり。家の中でデジスコの接続器具に照準器を着けるための細工をしたり、メモリーに撮り貯めした画像を整理して2階のPCの外付けHDDに保存に保存したり。

10月第4週
10月22日(土) 5時10.7゚C 12時18.7゚C (最低9.9゚C 最高18.8゚C) 曇りのち雨

朝から曇ってうす暗いので鳥見はお休み、妻と買い物昼前に帰宅したら通販で注文していたデジスコのカメラ接続のブラケットが届いた。早速それを使ってカシオのコンデジを取り付けて試写のため長都沼へ。ハクチョウクラスになるとかなりワイド側にしないと納まりきらず。幸いヒシクイが向かい側の畑にいて距離は100m以上、遠い方で200m、ズームを最望遠側にするとヒシクイが画面一杯になる。このような場面ではデジスコの超々望遠の威力だ。間もなく雨が落ちてきたので撤収、暇なのでぱん作り。ピザ2枚分の生地をとったのでバターロールは18個。雨は1時半頃からずっと降り続き明日も全日雨の予報。

10月21日(金) 5時7.8゚C 13時17.0゚C (最低7.0゚C 最高17.7゚C) 晴れのち曇り時々晴
冷え込みも弱く平年並みの気温、2日続いた良い天気も午前中で終わって明日からしばらくは天気が崩れていくらしい。今日の鳥見いつもより早めに漁川上流へ。8時前で工事関係者が入る前ならヤマちゃんがいるかもと一縷の望みを持っていたが気配無し。下流側のポイントに寄ったら鳴きながら先の方を飛んでいく姿を見たのでこっちはじっくり待てば出会える可能性はあるようだ。あとは昨日と同じコースで調整池と長都沼。久しぶりに沼でもイスを出してじっくり構えていつもは見るだけの鴨もカメラに納めてみた。午後は妻を公民館に送った後は家で画像の整理やネットでカメラのオークション情報など。
10月20日(木) 5時+0.1゚C 13時17.2゚C (最低-0.1゚C 最高17.4゚C) 快晴

今季2度目の氷点下だが日が高くなって気温もそこそこ上がって気持ちいい。解体したブドウ棚やアーチの廃材を車でごみ処理場に搬入し70kgで490円也その足で漁川上流中流調整池長都沼と鳥を探すが予想通り漁川は鳥がいない。調整池のバンは1羽だけだがデジスコのテスト、前回はFC100だったが今回はFz28を接続。午後は中流と茂漁川を回ってホーマックでイレクターのパイプを購入、アーチとブドウ棚を連結し強風でアーチが倒れ無いように補強。もう片方は家の壁につなぎたいが部品が入手できなかった。
10月19日(水) 5時5.5゚C 13時16.5゚C (最低2.7゚C 最高16.8゚C) 快晴

朝から良く晴れ上がり爽やかな一日。通院で昼過ぎ1時近くに帰宅。鳥見は完全休業にして午後は新旧アーチの差し替え作業。これもブドウ棚同様絡んでいるクレマチスやツルバラがあるので手間がかかったが何とか入れ替えることが出来た。強風で倒れたりしないように隣のブドウ棚や家の角を使って固定する作業が残っている。紅葉が平野部にやってくると近所の公園からの落ち葉も半端でなくなる。寄せ植えに使った宿根草を畑に降ろしたり冬を前にした庭仕事も好きではないがやらねばならず。鳥見も成果が乏しく億劫な作業もあったりで憂鬱な季節がやってくる。

10月18日(火) 5時0.7゚C 13時9.8゚C (最低0.6゚C 最高10.8゚C) 曇り時々晴
ズーッと晴れマークの予報の割に雲が多い。気温も11月上旬並み、更に風も強く寒い。平野部も紅葉が進み綺麗だが近所の公園の落ち葉が押し寄せ始めて落ち葉掃きが必要な時期になってきた。防寒に気を使って鳥見に出たが今日もヤマセミには出会えず意気が上がらない。長都沼でなんとか最低限のネタ、オオヒシクイ・マガンを撮って帰宅。午後はアーチ製作の最終段階、筋交いを4本追加しはめ込んだばかりの接続部に接着剤を注入して固定して完成。古いアーチとの差し替えは明日以降になる。デジスコのカメラ接続部品自作に挑戦してきたが諦めて既製品ビクセンの汎用タイプをネットで発注。
10月17日(月) 5時11.1゚C 13時16.1゚C (最高17.0゚C最低4.3゚C) 晴れたり曇ったり俄雨も
久しぶりに朝漁川上流を覗いてみたら相変わらず工事が続いて鳥の気配は無し。不安定で雨が来そうな空模様なので鳥見は止めて、ホーマックでデジスコのカメラ取り付けようの金具などをさがして固定してみたがやはり不安定。一眼レフE-30を毀してデジボーグが使いにくくなったのでデジスコを使えるようにしたいのだが。午後は所用で札幌へ。久しぶり昔の通勤路を通って東区まで。イレクターのアーチ補強を入れて完成させる予定だったが明日に延期。夕方から冷え込みが激しくなって明日朝は0゚C近くまでさがりそう。
10月16日(日) 5時14.9゚C 13時19.4゚C (最低13,8゚C 最高20.4゚C) 雨後晴れ

孫の小学校の学芸会、全校児童61人と少ないが観客はその割に多いのが田舎の学校らしい。学年毎以外に全校とか高学年全員とかの出し物もあるので時間がかかり終わったのは12時を少し回った。皆でノースキングで昼食を摂ってから帰途に、帰りも高速の有料区間はやめ一般道をたらたら走り6時半ぐらいに帰宅した。昔紋別から札幌へ出てくるとき高速も無かったもで一般道をたらたら6時間以上かけて走った一般道が懐かしい。又近頃は車の運転も昼ばかりで夕暮れや日没後の走行は随分久しぶり、この2日間たっぷりドライブを楽しんだ感じだ。

10月第3週
10月15日(土) (最低10.4゚C最高16.6゚C)
朝8時頃出発、今回は高速に入らず一般道を走り途中砂川の北菓楼に寄ったり、ホーマックでイレクターの接続部品を探したり旭川のイオンで買い物と昼食、愛別のGSでは給油ついでに新米「ゆめぴりか」を買ったり、愛別からようやく無料高速に入って生田原着は午後3時近くになった。庭の手入れはどこから手を着けて良いのやら。通路に伸びてきたツルバラの剪定と付近の雑草を抜いたぐらいで少しぐらいやっても焼け石に水。暗くなったので時間切れ終了。
10月14日(金) 5時6.1゚C 12時17.8゚C (最低2.1゚C 最高18.2゚C) 晴れのち薄曇り
今日もこの時期としては暖かく穏やかな一日。鳥見は朝1時間ほど上流のヤマセミポイントを覗いただけ、何も収穫無く10時前に終了。後は妻と市民会館へ市文化祭の展示を見に行ったり。午後は久しぶりパン作りとイレクターのアーチの製作を同時進行で。イレクターのパイプをカットしてから生地をこね。一次発酵中に不足部品を買いに走り。4皿焼いている間にパイプを連結しほぼ形はできあがったが、部品の在庫切れで補強筋交いが全部は入らない。週末はお出かけなので完成は来週前半までお預け
10月13日(木) 5時5.2゚C 13時17.2゚C (最低3.9゚C 最高17.7゚C) 晴れ
この時期並の気温、青空もひろがって爽やか。通院日だが予約が11時なのでその前にデジスコのテストを主眼に鳥見。遠くのヤマセミのポイントへ行っても気配はない。ゆっくり待つ余裕はないので調整池でたまたまバンが姿を表していたのでデジスコ、デジボーグで撮って比較。意外にデジスコも悪くない。昨日長都沼でオオバンを見たのでそれもデジスコでと思っていったが、上流側でオオヒシクイの群れがいたので手持ちで撮影その後展望台へ。此処でアクシデントE-30ボディを破損。このところGH2をメインにしているとはいえE-30が壊れたのはいたい。これを機にキャノンへ切り替えると言うのも良いかもしれないが・・・・先立つものがない。病院からは1時ぐらいに帰宅。イレクターでのブドウ棚は完成したので次はアーチも作ることにして午後はジョイフルAKにパイプと部品を買いに。この工作子供がレゴで遊ぶようなおもしろさがあって次々何か作りたくなる。アーチは購入部品は1万2千円だが後々補強などで追加する可能性があるので1万5千円ぐらいか。既製品の方が安いかも
10月12日(水) 5時1.8゚C 12時16.7゚C (最低1.3゚C 最高16.8) 晴れのち曇り一時雷雨
朝はぐっと冷え込んだ。昨日入手したEX-FC100のチェックなどして一寸で遅れたが上流のヤマセミポイントへ。現場に着く水道事業団の施設に重機がはいり工事用関係者の車も多数。これではヤマセミも何処かの避難所暮らし。出足をくじかれたのでホーマックによってイレクターの部品やデジスコ接続金具の材料など買って今日はDIYでのブドウ棚の補強部品で行くことに。ただ島松沢のこうようの方も気になったので妻も一緒に旧島松駅逓へ。予想通り一部真っ赤になっt葉っぱもあるが最盛期は来週といった感じ。午後はブドウ棚の補強をさっと終わらせデジスコ用のアルミプレートとアングルプレートの接続用のねじ穴を明けたり、夕方になって何とか接続できたのでチョット遅くなったが長都沼へ此処なら間違いなくカモがいるし遠くのでデジスコのテストに最適。展望台に上がると近くに白鳥が一家族と言った数。ブログネタ用にまずは普通の一眼で数枚。よく見るとその中にオオバンの姿が、慌ててデジスコを組み立て調整。手間取っている間にオオバンは遠くにいきまさにデジスコでなければ無理な距離。何とか数ショット撮ったがうす暗くモノクロームの世界。雨がポツポツ来たと思ったらたちまち本降りで雷光も走る。慌てて機材をしまって車にもどる。帰り36号線へでて給油して帰宅。EX-FC100とkowaのスコープの組み合わせこれまでよりは明らかに良い。自作の接続部品、どうもしっかり固定されず。組み立ても面倒だ。費用はかかるがこのカメラ専用の接続部品を使わないと機動的に撮影するのは難しいようだ。
10月11日(火) 5時7.5゚C 14時15.0゚C (最高15.4゚C 最低2.5゚C) 晴れ
気温は上がらなかったが風も弱く穏やかな天気。午後はブドウ棚の組み立てを予定しているので鳥見は朝の内だけ、漁川中流のヤマセミポイントで運良くいつもより近い倒木に止まっていて何とかデジボーグの準備が整うまで止まっていてくれたが3枚目のシャッターを切ったときには姿がなかった。次出てくるのを待つのは時間の無駄のような感じがしたので早々に撤収。長都沼にまだマガンやヒシクイなどが来たという情報がないので確かめに。やっぱり一面カモだらけの間にちょこっとカイツブリが浮いてきてだんだん遠ざかるのをデジボーグで追っていると20羽前後の集団が幾つか着水。デジボーグで撮って拡大してみるとヒシクイのようだ。この秋初見。ハクチョウもそろそろ姿を見せても良さそうなのだが。その後恵庭渓谷に紅葉の状態チェックし昼を一寸回ってから帰宅。昼食後一休みしてから古い木製のブドウ棚を解体しイレクター製のブドウ棚と入れ替えた。何もないところに設置するのは楽だが既に葡萄の蔓があるのでその下に入れながらなので結構大変だった。午後YAHOOオークションで落札したカシオのコンデジEX-FC100が届いた。水没した品なので格安だが普通に使える。デジスコ専門店でkowaの664EDとの組み合わせセットとして売られていたコンデジなので相性は良いのではと期待している。明日からテスト開始
10月10日(月) 5時13.7゚C 10時18.4゚C (最高18.5゚C 最低9.0゚C=20時現在) 曇り後雨のち曇

今日はDIYでのブドウ棚製作第2日と決めていたが、朝一寸だけ漁川へ、戻ってきたはずのヤマちゃんが昨日は全く気配がなかったので安否確認だけでもと。8時少し前に現場にはいると、工事の人らしき車がある。祝日でも今日の工事はお休みでは無さそう。鳥の方は全く気配がないので上流へヤマちゃん探索。上流にも気配がないので戻ってくると水面すれすれに飛ぶ白い塊が目に入った。どこに止まるのか注視しているとやはり対岸の手すり。落ちつきなくすぐ別の場所に移動し又下流に向かって飛びだして姿が見えなくなった。現場到着から15分ぐらいで撤収、下流2箇所のポイントも覗いただけで引き上げ9時前には帰宅。次はDIYモードへ、まずはブドウ棚に絡まっているブドウ、クレマチス、ツキヌキニンドウのツルを剪定し新しいブドウ棚を入れる隙間を作った。次イレクターでブドウ棚の製作の続き。4つのブロックの製作は終わっているがそれを連結した後そこに後から筋交いはめ込む。その数を当初の予定より多く入れる事にしたのでパイプや接続部品が不足。必要な部品番号をメモしてホーマックへ。しかし複雑で余り使われない部品は置いていない。代替え出来る部品を探したりで買い物も時間がかかる。帰って長いパイプを筋交い用の短いものに切り分ける作業をやっていると雨が降ってきてだんだん激しくなってきたので今日の作業は終了。録画ドラマを見たりで暇つぶし。

10月9日(日) 5時4.1゚C 13時19.1゚C (最低3.4゚C 最高19.2゚C) 晴れ
朝から良い天気、冷え込みはきつかったが最高気温も最近では高い方で秋日和。早めにヤマセミポイントへ行ったが気配無し、下流側のポイントで出ているとの情報で向かったが既に姿を消した後、釣り人も入ってきたのでヤマセミは諦め一旦家によって妻を拾って下流のカワセミ探し、此処も1時間弱待ったがだめ、ならば次は北島の沼にバンとカイツブリと車を走らせると途中でチュウヒが餌探しのホバリング、沼ではカイツブリがほんの一瞬姿を見せたのだがバンは出バン無し。何とかBlogネタは確保して鳥見は午前中で終了。午後はイレクターの不足部品をホーマックでかってブドウ棚の製作開始。今の木製の棚より一回り大きなサイズで上からかぶせるようにして作るので4つの面に分けた現場で連結するので非常に面倒、各ブロックは繋げた段階で作業終了。あとは葡萄の蔓を思い切り剪定してからの組み立てになる。久しぶりDIYを楽しんだ。
10月第2週
10月8日(土) 5時4.8゚C 13時18.1゚C (最低4.1゚C 最高18.4゚C) 晴れのち曇り一時小雨
午前中は良い天気で気温もほどほどに上がって爽やか。午後日が陰って雨がぱらついたが本降りにならずに済んだ。何日もヤマセミ。カワセミに会えていないので今日は朝は止めに漁川上流のいつものポイントへ。久しぶり40mぐらいの距離にヤマセミが止まってくれた。今は常用機になったパナソニックのGH2/300mmだが今日はデジスコのカメラをコンデジFZ28から一眼レフZD40-150レンズとE-510にかえてそのテスト。FZ28よりケラレなどは少なくなったがやはりピントが甘いこの組み合わせもやはり駄目だ。鳥の方ははじめは近くで止まったがデジボーグを出した途端に飛ばれて再び戻ってきたのは対岸で最も遠い位置の枝。豆粒だがゆっくり止まっていたのでGH2、デジスコ、デジボーグ3台並べて撮影比較できた。三脚につけるとGH2も等倍切り出しでも何とか見られる解像度。ZD70-300のぼけた画像とは段違いだ。カワセミポイントも回ってみたが何処も姿がない。
10月7日(金) 5時9.3゚C 14時16.1゚C (最低9.2゚C 最高16.3゚C) 晴れたり曇ったり一時小雨

午前中は雲が多く午後は日射しが出てきたが俄雨が降ったり風も強く寒い、午後から鳥見に出た。しかし風が強く外で出を待つのが辛いので車内で待つが鳥の方も何処かで風を避けているのか姿が見えない。写真は無理。漁川上流は自衛隊の演習場に近いが風のせいもあって砲撃音がいつになく大きく。ヤマちゃんカワちゃんも耐えられず何処かに行ったのかも。市内のナナカマド並木も葉先の一部が赤くなりはじめ山沿いは来週が紅葉の見頃になりそう。

10月6日(木)5時6.2゚C13時14.7゚C(最低5.6゚C最高15.5)曇り後雨
午前中は通院だが予約の時間がいつもより遅いのでその前に2箇所ほど鳥見ポイントを覗いた。時間を気にしながらなのでゆっくり待つことも出来ずどちらも空振り。午後は予報通りの雨なので暇つぶしは懲りずにデジスコの調整。室内だと近すぎるのと暗いので上手く行っているのか分かりにくい。接眼レンズとデジカメレンズの距離を調整し近づけたら少し良くなったような気がするが鳥で試してみないと何とも言えず。YAHOOオークションでカシオのコンデジ EXILIM EX-FC100を落札。一寸難ありなので極安。バスト連写といってシャッターを押す一寸前からの画像が撮せるという機能が楽しみ
10月5日(水) 5時5.5゚C 12-13時19,1゚C (最低4.3゚C 最高19.5゚C) 晴れ時々曇り
3日ほど続いた冷え込みもようやく納まったがやはり朝夕の冷え込みは秋の深まりを感じさせる。渡りの時期に入ったので鳥見は長都沼から、カモの数がめっきり多くなっていたがヒシクイ、マガン、ハクチョウは姿が見えない。先日チラッと姿を見つけたが写そうとしている内に見失ったキンクロハジロも先日の2羽から5〜6羽と大分増えていた。カモ以外に何か来ないかと1時間ばかり展望台で待ったが変化無し。その後漁川上流から下流3箇所ほど覗いたがヤマちゃんカワちゃんとも姿無しで午前で鳥見終了。午後はブドウ棚をイレクターパイプで作るため必要な部品のリストアップ、終わって北広島大曲ののホームセンターへ出かけて帰りは北広島共栄を回って給油して帰宅。昨日葡萄の大半を収穫した中から1キロぐらい(妻が)ジャムに加工、適度な酸味もあっておいしく出来た。
10月4日(火) 5時+1.7゚C 15時17.5゚C (最低-0.4゚C 最高17.7゚C) 晴れたり曇ったり

ついに氷点下まで冷え込んだが9時ぐらいには2桁の桁の気温まで上がってまずまずの陽気。朝の鳥見はカワセミ狙いで漁川下流へ行ったが。すぐに電池切れで戻り充電して出直したので昼前は1時間程度、カワセミは何とか1チャンスを逃がさないで済んだ。帰ろうとしたら詳細不明のシギがやって来ておまけ付き。午後は漁川用水ダムで遠くだが久しぶりにカワセミに出会えた。その後上流まで行ったがヤマセミは気配も無し。やはり朝か夕方でないと駄目かな。帰りホーマックによってブドウ棚の更新の素材のパイプとジョイントの値段などチェックしてきた。パイプのブドウ棚を作るのはかんたんだが古い木製の棚とどうやって入れ替えるかが難しい。

10月3日(月) 5時0.9゚C 14時10.3゚C (最低0.7゚C最高10.7゚C) 晴れたり曇ったり時折俄雨
道北や峠などで雪のところが多数あったようだ。ここ数日、午前は一人で鳥見というのが多かったが妻も出の良いヤマセミを見たいというので今日の午前中は妻も一緒。ヤマちゃん現場、工事もお休みらしく先客も居ないので貸し切り状態。今日のヤマちゃん近くには来ないが結構見える場所を行ったり来たり2時間近く付き合ってくれた。午後は一人で下流のカワちゃんポイントへ行ったが声はしてもなかなか姿が見えず。姿を見せても通過したりで撮影は無理、一度だけ近くの枯れ木に止まったが気づくのが遅れて結局見逃し三振。俄雨も降ってきてコールドゲーム完封負け。一日中気温が上がらず日射しもとぎれがちなので日中もFFストーブの暖房入れ
10月第1週/9月第5週
10月2日(日) 5時2.0゚C 14時11.4゚C (最低1.5゚C 最高12.0゚C) 晴れたり曇ったり時折雨

寒気の流入で11月中旬並みの気温。昨夜から朝夕FFの石油ストーブを点けた。第1日曜でカワセミの会の定例観察会は雨が降る中、漁川上流と茂漁川の温水溜め池だけで早めに終了。チラッとだがヤマセミも見られて喜んでいた。ホーマックでアルミ板他をかってデジスコの望遠ズームがボディの重みでたわむのを防ぐサポートを付けたロングプレートを作った。午後材料買いだしのついでに漁川上流を覗くとヤマセミがいてワイヤーや電線など人工物だがいつもより近い場所に止まった。昨日と同じ遠くの枝に長く止まっていたのでデジスコ(カメラ名E-30・レンズはZD40-150)でも試写、カメラを変えたら周辺減光は無くなったがボンヤリした画像は相変わらず。木陰で暗いためSSが1/15まで落ちているせいもあるのだろうがこの状態では使い物にならない。自作のロングプレートでレンズをしっかり支えて機構的には良くなったのだが・・・。久しぶりに金鋸や電動ドリルを使った。久しぶりDIYも楽しい。

10月1日(土) 5時9.2゚C 12・13・15時12.3゚C (最高13.0゚C 最低7.3゚C=21時現在) 曇り時々雨一時日射しあり
朝日が射していたと思ったら雨が降ったりで鳥見に出るのは躊躇われたが昨日はお休みしたので強行することにしていつでも車に戻れる場所と言うことで漁川上流から。大雨以来の工事などでヤマちゃんは何処かに行ったようだが何時かは戻ってくるだろうと言うことで。現場について程なく姿を表し遠くに止まった。手持ちで撮ってデジボーグでもと思って準備にかかった途端に飛び去った。しばらくして下流側に出現、デジボーグとデジスコで何ショットか撮れたがデジスコでは納得した画像が得られない。鳥見は昼前に切り上げ家出デジスコの調整やらデジカメを一眼レフに取り替えたり。どうもZD150mmと一眼を付けるとクリアな画像が得られそう。室内でのテストなので実際の鳥で試してみたいところ。ただこの組み合わせではカメラボディの重さでレンズがたわんで壊れそう。ボディを支えるロングプレートが必要。デジスコにこれ以上金を使いたくないので自作で行くか。
9月30日(金) 5時15.7゚C 12-13時17.3゚C (最高17.6゚C 最低12.4゚C=21時現在) 雨が降ったり止んだり

今時季にしては朝はかなり高い気温だが日が射さず気温は余り上がらない。気圧配置が西高東低と冬型になって明日は峠や山岳部では雪がありそうとかで気温の予想も最低は1桁、最高が今日の最低にも届かないらしい。鳥見は無理なのでメモリーカードに溜まった画像を整理して2階のPCの外付けHDDに分類して保管。結構手間がかかる作業。カワセミの会の10周年記念で来春、写真展の予定があるので写真提供を請われて居るのでHDDに保管してある画像をザッと見返してみたが今年はヤマセミもカワセミも至近距離で撮るチャンスが少ないのでなかなかA3サイズにプリントできるほどの画像がない。昨年や一昨年は何度か至近距離で撮れていたのだがその画像ファイルを保管していたLAN接続のHDDが春先に故障しデータを消失したのが痛い。L版程度ならリサイズしてBlog に投稿した写真を使う手もあるがA4やA3ではそれでは無理。何万から何十万円か出してデータ救済の専門業者に依頼すれば復旧できる可能性もあると思うのだがそこまでするほどのこともないし・・・・。まだ写真展まで間があるのでこれから良い写真を撮っていくしかないか。

9月29日(木) 5時12.8゚C 12時20.9゚C (最低12.0゚C 最高21.1゚C) 晴れ時々曇り
今時季としては冷え込みもなく穏やかな一日。午前中は妻も一緒に茂漁川、用水ダム、漁川18号。ヤマセミの飛び去る姿を見た以外カワセミも見ることが出来なかった。昼食後すぐに北島の沼と漁川下流。デジスコの試写のつもりだが沼はカモの数が大分増えていたが、バンはなかなか姿を見せない。早めに切り上げ昨日のヤマセミポイントへ。このところ高確率でカワセミを見ているので甘く見ていたがなかなか目的のカワセミ姿を見せず。大分待って何とか撮せたがデジスコ、やっぱり前と同じでピントが甘く使えるかどうか微妙。昨日は20分ぐらい居てくれたカワちゃんも今日は5分も居なかった。明日から週末にかけ寒気が流入、高い山などは初雪の予報も出ている。明日は雨の予報で鳥見は無理かも。
9月28日(水) 5時6.2゚C 13時21.9゚C (最低5.9゚C 最高22.1゚C) 晴れ
秋晴れが続き爽やかな気分。天気とは裏腹に午前中の鳥見は漁川Aポイント、ダム2箇所、茂漁川は空振り、長都沼も変わり映えしない。昼食後、旅行中に録り貯めしたTVドラマがまだ残っているのでそれを見てから再び漁川Aポイントへ。今度は幼鳥らしきカワセミ2羽が姿を見せて一羽はすぐに姿を消したが残った一羽は20分弱付近に居てくれたのでデジボーグも使うことが出来た。
9月27日(火) 5時11.7゚C 14時22.1゚C (最低11.3゚C 最高22.5゚C) 晴れ

3日続いて良い天気、気温もこの時期としては高めで過ごしやすい。今日の鳥見は午前中長都沼と用水ダム、茂漁川。久しぶりの長都沼はヒドリガモが少々、カイツブリ、キンクロも一瞬姿を見たが未だ渡りの季節には一寸早いようだ。午後は昨日漁川下流で妻も一緒にカワセミを待ったが昨日と打ってかわって鳴き声すら聞こえない。農家の人らしき人が傍で濡れた農業用ビニールシートを広げて乾かしていたがそれが邪魔だったのかも知れない。午前の用水ダムでは対岸遠くいつものあたりに豆粒ヤマちゃんを見つけた。傍からもう一羽飛んでいったのでどうやらツガイが無事に暮らしていたようだ。その証拠画像などblogにアップしようとしたがLoginが上手く行かず断念。

9月26日(月) 5時11.5゚C 14時21.0゚C (最低10.7゚C 最高21.4゚C) 晴れ
気温も平年並みかそれ以上に戻ったがやはり9月末ともなると朝晩は寒い。鳥見は出の悪い漁川上流は諦め、午前中は北島の千歳川傍の沼。水際の雑草の陰でじっくり構えてバンとカイツブリ。昼食後録り貯めしたTVドラマを見て2時過ぎ漁川下流へカワセミ狙い。結果はまずまず
9月25日(日) 5時9.7゚C 12時21.0゚C (最低7.7゚C 最高21.5゚C) 晴れ
疲れが残っているのか朝いつもより1時間以上遅く目覚めた。朝少し遅くなったがいつものように鳥見、いつものポイントではヤマ・カワとも空振り。昼過ぎ、一昨日から来ていた娘親子を送った後は不在の間に録りだめした連続TVドラマを3本ほど見て夕方から先日所在を知った沼に鳥見、バン、カイツブリがいたが遠すぎで証拠不十分画像だけ。帰って芝生の芝刈り
9月第4週
9月24日(土)最低8.2゚C 最高19.4゚C 晴れ
一時俄雨
夕べ寝た時間が遅かった割に早起きはしたが久しぶりのわが家で午前中はのんびり、昼前一寸だけいつもの鳥見ポイントの様子見。娘は所用で出かけたので北広の孫娘を呼んで従兄弟同士で遊ばせていたが午後になって孫2人をつれて新札幌の青少年科学館へ。以前ここに来たは孫の親が孫と同じぐらいの年の頃だから20数年ぶりと言うことになる。
夜はこの日誌4日分まとめて描いたが当日分まで書く元気がなく25日にまとめて記述
9月23日(金)最低10.3゚C 最高18.3゚C 晴れ(日照7時間)
第4日目 2日目と入れ替えで上高地へ。砺波からなので宿を早めに出発し何度も行ったり来たりした白川郷や高山のそばを通り平湯でシャトルバスに乗り換えO上高地へ。乗鞍スカイラインは通行止めが続いているらしくパス。
2日目の平日なら観光バスがそのまま上高地まで入れたのだが今日は祝日なのでマイカーやバスの規制にかかってシャトルバスの往復料金(2千円)が余分にかかって旅行会社の持ち出しになったようだ、バスガイドは赤字になったとか行っていたがもうけが減っただけだろう。最終日になって青空も出てきたが穂高の頂上付近は雲がかかってイマイチ。終わってバスで4時間ぐらい走り夕方名古屋に戻った頃には全天青空で真っ赤な夕日、中部国際から最終便で午後9時半ごろ千歳発、家に着いたのは10時半ぐらい。部屋もすっかり冷えていたのでFFストーブで一寸だけだが暖房入.生田原の娘母子が先に到着し既に寝ていた。
9月22日(木)最低11.0゚C 最高15.0゚C 大雨(雨量26.5mm)日照ゼロ
第3日目 白馬→大町→扇沢→黒部湖(ダム)→黒部平→大観峰→室堂→美女平→立山駅→砺波 砺波ロイヤルホテル泊
いわゆる黒部アルペンルートでとトロリーバス・ケーブルカー・ロープウエー・低公害バスと目まぐるしく乗り換え乗車時間より待ち合わせ時間の方が多い。雄大な山々の眺望を楽しむはずが雲が厚く雨も降り続いてダムだけは壮大さはよく判ったが周りの山々がすべて霧の中今回のメインが台無し、ホテルも余り良くない
9月21日(水) 最低7.6゚C最高15.1゚C 曇り一時雨?日照ゼロ
第2日目 高山市内観光(屋台会館・古い街並み)→宇奈月温泉駅(トロッコ列車で黒部渓谷・鐘釣までの往復)→糸魚川経由で→白馬温泉 白馬東急ホテル泊

本来は乗鞍スカイラインや上高地を通って白馬の予定だったが台風の影響であちこち通行止め、4日目の目的地と差し替え。トロッコからは山の上は雲がかかって見えないが下の方の川の流れは良く見えてV字谷の形がよく判った。合羽で雨は凌げるが寒さは北海道並みかそれ以上。ホテルは可もなく不可も無しの並
9月20日(火) 最低9,0゚C最高19.2゚C 日照時間4.3時間
第一日目 新千歳→中部国際→白川郷→飛騨高山 ホテルアソシア高山リゾート泊
 名古屋をバスで通過したあと名古屋は川の氾濫などで交通はずたずたになったようだ。白川郷の合掌造りの集落を合羽と傘をさして歩くが大雨と言うほどでもなく何とか初日は予定通り終了したが、翌日の予定が無理らしく添乗員やバスガイドあちこち連絡を取りながら大忙し。ホテルは良好

9月19日(月) 5時12.1゚C 13-15時15,8゚C (最低11.9゚C 最高16.4゚C) 曇り
昨日以上に寒い。旅行の支度も順調なので午前中は鳥見に出かける余裕があった。工事も終わったようなので漁川上流のポイントも覗いたが豆粒カワセミしか見られず。温水溜め池の縁でも姿を見たが遠くに見つけて近付こうとすると未だ大分先なのに逃げられ・・・の繰り返しで右往左往。イソシギやカワガラスにも出会えたがこれも遠く。それにしても今年は近くでカワセミを撮れたのは数えるほどしかない。午後の買い物は旅行中の食料(お菓子)などが中心。明日は出発が早いので駅までのタクシーを予約。
9月18日(日) 5時17.0゚C 12時16.8゚C (最高17.7゚C 最低13.8=17時) 雨が降ったり止んだり
朝から曇より、気温は朝からどんどん下がって寒い一日。10月下旬並の気温だとか。第2日曜なのでカワセミの会の定例観察会。集合時間の9時前から小雨で合羽を着ての観察会となった。漁川の下流から千歳川に合流して島松川にさかのぼるコース。天気が天気なので車内から観察ポイントの様子を見る程度のつもりだったが北島排水機場傍に沼を見つけバンの幼鳥を見たり意外な発見があって良かった。
9月第3週
9月17日(土) 5時21.6゚C 9時24.4゚C 12時20.9゚C (最高24.5゚C 最低17.8゚C=21時現在)曇りのち雨
朝、蒸し暑かったのが9時過ぎに急降下肌寒くなった。朝カワセミポイント3箇所をざっと回ったがすべて空振り。漁川中流で水の濁りを注視していたら泥水と綺麗な水が混じって流れて上流へ行っても無駄なのと雨もぱらついてきたので10時前に鳥見終了。来週3泊4日のツアーに行くのだが天気予報では雨マークもあるので合羽を買いにプロノやユニクロへ。午後は旅行のネット検索で見学地の情報収集。
9月16日(金) 5時20.3゚C 13時26.6゚C (最低20.2゚C 最高27.0゚C) 晴れ時々曇り
珍しく5時前に起床6時前には漁川上流のヤマちゃんポイントへ着いたがヤマちゃんの気配は無し。豪雨以来の復旧工事などで餌がとれなくなって他に移動してしまったらしい。長居しても無駄のようなので柏木川源流近く、温水溜め池、中央公園、漁川のカワセミポイント3箇所と回って10時過ぎに一旦帰宅。早めの昼食のあと妻を公民館に送りその足で漁川へ。発電所に行くと水門を開けて水を抜いて土砂の浚渫工事、昨日の草刈りと言い工事が続くと鳥、特にヤマセミは全く姿を見せなくなって戻ってくるまで日にちを要する。他のポイントも出が悪く何処に鳥見に行く行けばいいのか悩む。夕方再び茂漁川を覗いたら久しぶりにカワセミ発見。奥の方で証拠画像しか撮れなかったが明日以降期待が持てる。午後は早めに帰宅、泥で汚くなった車を洗車したり。久しぶりに気温が上がって汗ばむ。
9月15日(木) 5時18.1゚C 13時22.4゚C (最低16.5゚C 最高22.8゚C) 曇り後小雨
漁川上流の2つのダム、大雨の後始末で作業の人が大勢入った影響でヤマセミが姿を見せなくなったヤマセミポイントが気になるのでどんよりした天気だが撮影は2の次で出かけたがやはり気配がない。時間帯が遅いせいもあるので早朝に様子を見たいところだがなかなか早朝にはて行けずにいる。ほかにK川源流付近、M川のため池、中央公園と最近カワセミの姿を見ているポイントを回ったがいずれも空振り。午後は雨もぱらついてきたので鳥見は諦め、パン作り。バターロール28個作成。ここしばらくパン作り休んでいたが再開。
9月14日(水) 5時13.5゚C 15時24.3゚C (最低12.5゚C 最高24.6゚C) 晴れ
久しぶりにすっきり晴れ上がって爽やかな一日。早朝は茂漁の溜池と中央公園、溜池でカワセミは見かけたが遠すぎて撮影は無理公園はカワセミの姿は無し。ゆーパックで接眼レンズが届くので9時には帰宅、品物を受け取って再び鳥見に出るつもりだったなかなか配達されず、結局配達されたには昼過ぎになって午前の鳥見は収穫無しで終わった。午後は漁川上流へ。昨日同様カワセミは飛び回り対岸に止まるので豆粒画像は撮れたが昨日と変わり映えしないのでBLOGlネタにもならず。ヤマセミは気配も無し。下流の用水ダムを覗くと土地改良区の人らしき人たちが水門をあけて水を流しタムは川底が見えている。どうやら先日の大雨で堆積した土砂や流木の状態を調べ復旧工事の見積もりをしているらしい。遠くてもヤマちゃんが居た場所だが工事があると上流同様姿を消す心配が出てきた。今日の鳥見は早めに諦め書店によって来週出かける旅行のガイドブックを買ったり、芝刈り(刈り高3cmmに戻した)など。25倍の接眼レンズを付けたフィールドスコープは遠くも非常に見やすいが視角が狭いので何処を見ているのか判らず目標を捉えるために照準器を付けたくなる。。
9月13日(火) 5時15.0゚C 13時22.2゚C (最低14.8゚C 最高22.4゚C) 晴れのち曇り後雨
朝は濃霧。7時ぐらいに晴れてきたが昼前には曇ってきて午後には雨。早朝は恵み野中央公園へ。8時には一旦戻って通院の妻を病院に送ってその足で漁川上流の水道取水ダムへ。路肩崩落による更に上流側の道道の通行止めはまだしばらく続きそう。ダムの復旧作業は昨日で終わったようで今日は他に人も来ていない。ヤマセミの気配は無し消息不明で一寸心配。カワセミの方は上流よりの巣穴付近を2〜3羽ぐらい元気に飛び回っていた。相変わらずの豆粒カワちゃん画像しか撮れなかったが安否確認が出来た。YAHOOオークションで落札した接眼レンズ、札幌から昨日発送されたので今日入手できると思っていたら。どうやら配達日を明日にして送ったらしく恵庭支店に留め置きされているようだ。(郵便追跡で確認)
9月12日(月) 5時16.8゚C 15時20.4゚C (最低16.8゚C 最高20.5゚C) 曇り時々雨

朝から小雨、上がって雲が厚くどんよりとして気温も上がらず。鳥見は完全にお休み、出かけたのは夕方になって運動不足解消に町内を1時間弱ウオーキングしただけ。用心のため傘は持って出たが雨に降られずに戻って来られた。昨夜YAHOOオークションでフィールドスコープTSN664ED用の接眼レンズTSE-17HDを落札。手持ちのコンデジFZ28との組み合わせでデジスコとして納得のいく画像が得られないのでさしあたりスコープとして使う事にした。接眼部に最初からのフォト&ビディオアダムターを付けたときの倍率8倍なので一寸低い。今回の接眼に替えれば25倍としてスコープらしい倍率になる予定。

9月11日(日) 5時12.4゚C 12時20.6゚C (最低11.9゚C 最高21.6゚C) 曇り一時薄日のち雨
震災から半年と同時多発テロから10年目の日が重なった。どちらも思いもしない悲惨な出来事、2度と起こって欲しくないが、起こるかも知れない不安がつきまとう。朝から気温が低くすっかり秋の気配。鳥見も朝の内は長袖シャツの上に薄いウインドブレーカーを羽織って。妻は札幌にお出かけなので今日の鳥見は午前午後とも一人で昨日とほぼ同じポイントを周り、かなりの歩数歩いた割にはカワセミにあっていた時間は最初のポイントでの5分ぐらい。久しぶり漁川の中流で河川敷まで降りてみたが木々や熊笹などに流れてきた枯れ草などのごみが引っ掛かっている。その高さが場所によっては2mぐらい上までなので最も水位が上がったときは普段より2m近く上がっていたようだ。流れの幅も2倍ぐらいになって河川敷がすべて冠水したところもある。道道恵庭岳公園線は漁川ダムから先で路肩が崩れたため今日も通行止め。
9月第2週
9月10日(土) 5時15.9゚C 12-13時22.4゚C (最高22.7゚C 最低13.2゚C=22時20分現在) 曇り
午前中は茂漁川や中央公園など水位が下がらない漁川を避けての鳥見だったが何処でも出会えず。午後は漁川上流へ。水位は余り変わらなく多いが泥のような濁りは大分納まっていた。発電所ダムではゲート付近に溜まった大量の流木を一本一本クレーンでつり上げ撤去の大がかりな復旧工事が行われていた。ゲートを上げて作業するのでダムの貯水量は0で土砂で埋まった川底が出ていた。土砂の堆積も多く新たに中洲が作られるなど水の流れも随分変わったようだ。工事は月曜ぐらいまでかかるらしいがダム底の浚渫はしないのかな。下流の農業用水取水のための堰もリュ乳母奥が流れ込んでいたがこっちは撤去作業などはしないのか流木があちこちに引っ掛かっていてそこにヤマセミが止まっていた。久しぶりのヤマセミだが相変わらず遠く真前粒の証拠画像。
9月9日(金) 5時19.0゚C 9時22.1゚C 12時21.1゚C (最低18.9゚C 最高22.2゚C) 曇り後雨
恵庭岳公園線は今日も通行止め。漁川沿いの鳥見はまだ危険のようだ。昨日新たに見つけたK川源流近くのカワセミポイント、妻も見たいというので一緒に朝一で出かけたがカワセミ今日はさっぱり顔を見せず。何とか藪をこいでいった先で見つけたがすぐ飛び去って終わり、帰り道温水溜め池を覗いて2羽のカワセミ幼鳥を確認して9時前に一旦帰宅。9時半予約の美容室に妻を送った後、中央公園を覗いてみたがここも昨日とうって変わって全く姿を見せず。漁川の濁流も納まってきて採餌出来るようになったのだろうか。雨もぱらついてきたので10時半には鳥見を止め、妻を迎えに行き買い物などして帰宅。午後は画像ファイルの整理などで室内作業だけ。
9月8日(木) 5時18.7℃ 11時27.3℃ (最低16.7℃ 最高27.9゚C) 晴れのち曇り
久しぶり全日晴れマーク、、朝一で鳥見に出て、まず柏木川上流の養魚場跡へ。鳥見の現場を散歩で通りかかり顔なじみになった人からの情報で2度ほど行ってみたが出会えず今回初めて出会えたカワセミポイントコンクリートの仕切り板などに止まるのでロケーションとしては余り良くない。デジボーグをセットする余裕もあった。次茂漁川はカワセミは来ないが鮭の遡上が始まってそれを写真に納め温水溜め池ではセキレイ相手にデジスコの練習を少々。続いて昨日チビカワちゃんに出会えた公園へ。四阿に女性の先客。聞けば江別からJRで来たとのこと、ネット検索でOさんのBlogで情報を得たらしい。程なくカワちゃん登場したので一緒にバシャバシャ。昼近くになったので帰宅したが、その女性は弁当持参らしく午後も頑張るとのこと。午後は雲も多くなって暑さも気にならないので芝刈り。長雨でたっぷり伸びているので一気に刈り込むのは止めて刈り高4cm。3時近くになって再び公園へ。今回は妻も一緒。GH2/100-300mmは妻が、自分は久しぶりにE-30にシグマの50-500を付けた。四阿に着いたら午前と同じあたりに既にカワちゃんがお待ちかね。徐々に距離を詰めていったら10m弱まで近寄って撮せた。女子サッカーなでしこジャパンの試合も迫っているので早めに切り上げ帰宅。
9月7日(水) 晴れ後曇りだったかな。当日記述忘れたため気象データは判らず
午前中晴マーク、鳥見に出たが道道恵庭岳公園線は通行止め、一昨日はダム手前の検問で行き先を言えば通してもらえたが、今日は完全通行止めで引き返し、温水溜め池に、行き先が限られ市内の鳥見の人とあちこちで出会う。川筋は危険となれば行き先は公園。先客と話しながら待ったがなかなか姿を表さない。先客は既に撮っているので先に引き上げた後しばらくして幼鳥カワセミ登場、何度か逃げられたが一寸待てば又現れ、久しぶりに近くのカワセミ画像GET、午後は天気もぱっとしないので自宅待機。
9月6日(火) 5時22.2℃ 13時19.9℃ (最高23.3℃ 最低16.5℃=21時現在) 雨
朝の内は本降り、その後は雨量は少ないが完全に上がる事無い。明朝まで降り続きそうだ。恵庭はさほどでないが札幌は豊平川がかなり水位が上昇。TVでも「増水した川に近づくな!!」と繰り返している状況で鳥見に出るわけにも行かず終日引きこもり。デジスコを2階の窓を開けてテストしてみるが暗く雨が降っている中で余り適当な被写体も見つからず練習にならない。雨続きで涼しい日が続いているので芝生の伸びが著しいが濡れた状態では芝刈りも出来ず困ったものだ。
9月5日(月) 5時21.7℃ 12時25.2℃ (最低21.4℃ 最高25.5℃) 曇り後雨

紀州などで大きな被害を出した台風がらみの大雨は明日にかけ北海道にやってくるらしい。4日目に入った雨の天気だが午前中は小休止。その間に短時間鳥見に漁川上流、茂漁の温水溜め池、恵み野中央公園。これまでの雨で漁川は水量が上がって道道恵庭岳公園線は今日も通行止め。漁川では濁流でヤマセミカワセミは魚を探すのが大変だ。溜池は既に水が抜かれシギなどが餌をあさっていた。カワセミのチビちゃんの姿もあったが管理の作業で周りを人が歩くので逃げてしまった。午後も鳥見に出ようと思ったが再び本降りになったので中止。

9月4日(日) 5時19.9℃ 13-14時26.9℃ (最低19.7℃ 最低27.6℃) 雨一時曇り
降り続いた雨も昼過ぎ小休止薄日もさしてきた。川は増水したりしているので危険のないいつもの漁川上流へ。道道は先の方で通行止めだがダムの所までは入れた。久しぶりの晴れ間に皆さん飛びだしてきたのかギャラリーは4人。川は増水し水も濁っていつもの浅瀬もすごい勢い流れでとても魚を探せる状況でないのでカワセミはいつもの対岸ではなく中洲の葭原のあたり。此処だと流れが無いので魚を狙えるのだろう。デジスコの部品も揃ったので試写とやってみたがシャッターを切った瞬間にピントがずれる。FZ28自分はほとんど使わないので設定やら使用法やらよく判っていないので使えるようになるまでしばらくかかりそう。夜になって又雨が本降り明日の鳥見も望み薄
9月第1週/8月第5週
9月3日(土) 5時23.3℃ 10時23.7℃ 12時23.1℃ (最高23.8℃ 最低19.9℃) 雨一時曇り
午前中は霧雨程度が降ったり止んだりとさほどの雨量でなかったが昼頃から本格的な降りで時折土砂降り。とても鳥見に出られる天気ではない。午後一寸だけ買い物に出た以外は引きこもり。カメラのメモリーの画像もすべてHDDに保存に移動しすっきり。
9月2日(金) 5時22.9℃ 12時24.2℃ (最高24.4℃ 最低19.9℃) 雨

朝から晩まで雨が強くなったり弱くなったり。昼前、手編みサークルに出かける妻を車で送ったその足でいつものヤマちゃんポイントへ行って30分ほど車の中で様子見。ヤマセミの気配は無しでカワセミはチビちゃんらしき3羽が姿を見せたが対岸のうす暗い場所で雨のカーテンのせいもあって双眼鏡でも見つけにくい。帰ってメモリーカードに溜まった画像ファイルをリサイズしたり編集して2階のPCの外付けHDDに保存へ保管。膨大な数だが夜までかかって半分以上は処理できた。明日も雨のようなので明日も画像整理の1日になりそう。

9月1日(木) 5時22.2℃ 12時26.6℃ (最低22.0℃ 最高27.0℃) 曇り時々晴

晴れ間が少しだけなので猛暑にはならないが朝夕あまり気温が下がらず蒸し暑い。通院日で予約が10時なのでその前に鳥見は16号で30分、上流のヤマセミポイントで30分。ヤマセミは姿を表さずカワセミの幼鳥が対岸で行ったり来たりで変わり映えしない。夕方は漁川上流の2箇所で1時間ほど。久しぶりヤマセミの姿は見たが下流側100m先で遠すぎ。明日から週末は雨が続くようなのでBlog更新できそうもないので変わり映えしないカワちゃん画像もUP

8月31日(水) 5時21.0℃ 14時25.2℃ (最低20.9℃ 最高25.3℃) 曇り

曇ってムッと蒸し暑い。曇りなので写真は2の次でスポティングスコープのテストのため鳥見は豆粒ヤマセミ、豆粒カワセミの名所へ接眼部に付けたフォト&ビデオアダプターは接眼レンズとしては低倍率の8倍と自分が使っている安い双眼鏡と同じで対岸の豆カワちゃんは余り大きく見えないが明るいので探しやすい。これにデジカメを付けるアダプターリングがまだ入手できていないので接眼部にコンデジFZ28のレンズを押しつけてシャッターをきって仮デジスコ。光軸があっていないとか、手持ちのカメラが揺れるなどでピントボケやブレがあるがしっかりした器具で取り付ければ結構良いかも。鳥見の成果はカワセミガまずまず。結婚40周年の記念で9月中旬3泊4日のツアーに申し込んだ。

8月30日(火) 5時20.2℃=最低、15時24.3℃ (最高25.0℃) 曇り一時薄日
曇った分冷え込みは弱かったのでムアッとした朝、曇って写真の方は期待できないので朝の内に、漁川2箇所、茂漁川、柏木川と4箇所をそれぞれ30分〜1時間の観察。姿を見たのは1箇所、漁川上流だけうす暗い対岸に幼鳥がじっとしていただけ。ヤマセミは声すら聞こえなかった。運動不足分は午後近くの柏木川筋を2km一寸,妻と一緒にウオーキング、カワセミと会えるわけは無さそうだがつい期待してしまう。夕方オークションで落札したスポッティングスコープとフォトビデオアダプターのセットが届いた。カメラとの接続にはアダプタリングが必要だったりレリーズも付けたり追加出費が必要。ネットショップ(キョウエイ)に発注した。明日からしばらくは天気が悪そうで回復は来週、それに間に合ってくれるかな。
8月29日(月) 5時14,4℃ 13時26.8℃ (最低14.2℃ 最高26.9℃) 晴れのち曇り

朝一でアオバト見に厚真へ。途中コンビニに寄ったりで現場着は8時半を回っていた。前回案内してくれたが先客として来ていた。ハヤブサに襲われたのでしばらくやって来ないかもと言うことだったが意外に早くやってきた。途中アオバトが降りるあたりにホッキ貝採りのひとが入って邪魔され中断したがそこそこの回数やって来て目標は達成できた。現場から数キロ手前の河口付近の道路傍に大型猛禽類の姿、此処では前回もそれらしい姿を見ていたので今回は止まって撮影し画像拡大でオジロワシであることが確認できた。冬の鳥のイメージがあるので一寸驚き。カワセミにも会えるか期待したが電線に止まった1羽だけで翼を広げた綺麗な姿を見ることは出来なかった。帰り千歳?の泉郷の手打ちそばの店でそばを食べて昼過ぎには帰宅。漁川16号付近も覗いてきたが河川開発のコンサルタント会社の人がカワセミの生態の調査中でウオッチングしていた。情報交換を少々、目当てのカワセミの姿は無かった。

8月28日(日) 5時14.5℃ 13時27.8℃ (最低13.4℃ 最高28.4℃) 晴れ

昨日同様良い天気で気温も上がった。午前中は単独で午後は妻も一緒の鳥見。いつものヤマセミポイント珍しく先客多数。鳥の出の方はさっぱり、午後は漁川16号付近と中流のダムの2箇所で釣り人がいて早々に撤収し結局は午前と同じポイント。カワセミはどうやら2番子が巣立ったらしく飛び回っているが対岸ばかり。親の周りに4羽の雛が集まった5羽ならびを一瞬だが視認したりそこそこ退屈はしなかったが写真は相変わらず豆粒ばかり。明日は何処に行こうか

8月第4週
8月27日(土) 5時13.5℃ 15時27.4℃ (最低13.4℃ 最高28.2℃) 晴れ
真夏の暑さが戻ってきた。久しぶりに妻も一緒の午前中の鳥見、新たなカワセミポイント探しに柏木川源流近くと島松川、柏木川下流など。何処も30分〜1時間ぐらい様子を見たが気配も無し。最後はいつものヤマセミポイントで遠くで何度も餌採り練習に励むヤマセミのチビちゃんを撮っては見たが暗くてSSが1/200程度では被写体ブレが激しく写真にならない。島松沢の旧島松駅逓の池の蓮を撮って午前の鳥見は終わり。午後は初夏にカワセミを見た漁川下流へ着いた途端に飛ばれ満足な画像は撮れなかったが今後期待できるかも。夕方少し涼しくなったところで芝刈りの庭仕事。昨夜KOWAのスポッティングスコープTSN-664EDとフォト&ビデオアダプターTSN-VA1のセットをオークションで落札FZ28を装着すればデジスコセットになる。
8月26日(金) 5時14.4℃ 10時24.6℃(最低14.1℃ 最高25.5℃) 晴れ一時豪雨
朝6時までに道の駅に集合し(自分の車は置いて)、ワゴン車1台に7人で海水を飲みにアオバトの群れがやってくるという海岸の現場へ。7時ぐらいには現場着だが霧が濃い。海岸まで草むらをこいで行き砂浜の草むら付近に陣取って機材セットと言ってもカメラはGH2/300mm一台だけ一応三脚も持っては行ったがまずは一脚で手持ち。朝食前の人は持参した弁当などを食べながら霧が晴れてアオバトがくるのを待つ。程なく群れが姿を見せたがハヤブサに追われ戻っていったりで消波ブロックにはなかなか降りてこない。何度か戻った後にようやくブロックに止まり水辺で海水に頭を突っ込んでいる。一寸距離があるのでデジボーグを持ってくればと反省もしたがまずまずの画像が得られた。他に遠くに姿を見せたアカエリカイツブリも遠い割にクリアな画像が得られた。10時前に撤収し帰路に。途中で博物館によって「鳥の世界」の展示を見たり蕎麦屋によって昼食をとって12時時半ぐらいに道の駅に戻ってきた。到着寸前雨が降り始め駐車場に車を入れた時には土砂降りで車から降りられず20分ぐらい車内で待機、小降りになったのを見計らって解散。楽しい鳥見ツアーだった。農家の直販に寄ってトウキビと枝豆を買って帰宅した頃には日射しが回復。
8月25日(木) 5時19.2℃ 15-17時22.0℃ (最低19.1℃最高22.7℃) 小雨一時曇り

朝から霧雨ぐらいの弱い雨だが夕方近くまで降り続いた。朝一で漁川上流へ。此処は早朝の人気のない時間に駐車場傍のワイヤーにヤマセミが止まってくれる可能性がある。1時間弱の観察で何とかワイヤーヤマちゃん画像GET8時前に帰宅して本日の鳥見は終了。いつもなら鳥見で動き回るので特にウオーキングしなくても十分な歩数を確保できるのだが今日はいつもの半分以下。夕方雨もあがったので妻と一緒に町内で30分ぐらい軽くウオーキング。久しぶりあちこち庭など見ながら歩いたがこれはこれで楽しい。今日も福島の桃4個買う。1個百円弱なんて生産者に申し訳ない。風評被害として補償されるのだろうか気になる。明日はカワセミの会のメンバーと海岸ににアオバトを見に行く予定

8月24日(水) 5時16.5℃ 13時24.8℃ (最低16.4℃最高25.4℃) 曇り時々晴

夜中の雨もあがってまずまずの天気。一昨日から草刈り作業で上流のヤマセミポイント、もう草刈りも終わっただろうと朝一で行くと刈った草の後始末でトラックが出入り、諦めて恵み野の公園にカワセミ探しに行くも時間が遅すぎなのか気配も無し1時間ほど粘ったが諦めてバンのいる調整池へ。流石に此処は待てば必ず出てきてくれる。午後は雨の後は道路がドロドロになるので敬遠していたヤマセミポイントへ。風があるからか道路は乾いて心配は杞憂だったが、鳥の出は悪く下流遠くに一寸だけ。早めに諦めて再び上流へ草刈りの後始末ぐらいは午前で終わっているかと思ったら最後の点検作業中。ヤマセミは居ないかと思ったら作業にもなれたのか対岸のいつものあたりに1羽だけ。止まり位置の関係で一寸さがらないと全身が入らないが一寸残念だがblog用にはまずまず。

気温の変動が大きく暑さの疲れも出てきたのか若干体調が良くなく鳥見の意欲も少し低下中
8月23日(火) 5時15.1℃ 14時20.3℃ (最低15.0℃ 最高20.6℃) 曇り時々小雨
季節が1月以上進んだような気温で肌寒い。雲が厚く鳥見はお休みのつもりだったが、暇を持てあまして昼前ちょっとだけ漁川上流へ。霧雨なので車内で様子を窺う。下流寄りで鳴き声が聞こえ建物の屋根に止まったヤマセミを見つけのでカメラを持ってソーッと近付いたが逃げられた。戻ってきそうもないので諦めて車に戻ると対岸の木陰から別の一羽が飛びだして上流へ飛び去りその後30分ぐらい待ったが戻ってくる気配もないので撤収。午後急遽小樽へ墓参りに。1時過ぎに出て6時には帰宅。小樽は15年前まで単身赴任で住んだ町だが2年だけと短かったのとその後ほとんど言っていないので余り記憶に残っていなかったが天狗山付近の旧職場と済んでいたあたりを回ると記憶が戻ってくる。行きは高速を使ったが帰りは一般道を銭函から石狩方面に抜け新川通、札幌新道から環状線とかつて小樽から恵庭に帰るときに良く通った道を通ってきた。随分久しぶりに通ったが以前と変わらない風景もあって懐かしく景色が少し懐かしい。
8月22日(月) 5時16.5℃ 14時24.6℃ (最低16.2℃ 最高24.6℃) 晴れ
このところ不安定な天気が続いたが今日はすっきり晴れ。猛暑続きだった本州も今日は一気に秋の気温だったらしい。朝食前に一人で小一時間中央公園に行ってみたがカワセミは全く姿を見せなかった。散歩の人によると一寸前に来ていたとのこと。もどって朝食を摂って、ざっと家事を終えた妻も一緒にこのところご無沙汰の茂漁川へ。既にカワセミガいてサービスも良かったので短時間で効率よく撮影出来て、次の現場漁川上流へは9時頃に。ヤマちゃんタイムには一寸遅かったが1羽だけ対岸のいつもの枝に。何枚か撮っていたら。草刈り作業が始まったので撤収。午後は一人で再びヤマちゃんポイントへ行ってみたが未だ作業中なので上流側を覗いて早々に撤収。上流側でカワセミが遠くに止まっているのが見えた。他のヤマセミポイントも覗いたり今日もあちこち回ったが3時過ぎには帰宅。先日の焼き肉パーティで使っい水洗いしただけでほったらかしていたコンロや濡れたままザッと畳ん車に放り込んでいたターフを干してから畳むなどして仕舞い込んだ
8月21日(日) 5時17.6℃ 16時22.2℃ (最低17.4℃ 最高22.5℃) 曇り一時雨後晴れ
第3日曜は午前中カワセミの会の定例観察会、その前に恵み野中央公園に昨日同様カワセミが姿を見せたが近くのセキレイが追われて逃げていった。観察会は雨に祟られ目立った成果は無し。同時並行で漁川をカヌーで下りながら沿岸の調査がありどちらに参加するか迷ったすえ川下りは止めたが、そっちに参加した人たちは5回も転覆したらしい。午後漁川上流へ行ってみたがヤマセミもカワセミも出てこなく完全空振り三振。鳥さんが相手ではこんな日もあるのはしょうがない。
8月第3週
8月20日(土) 5時18.7℃ 11時22.2℃ (最低16.4℃ 最高23.2℃) 曇り時々薄日後俄雨後晴
朝4時過ぎ目が醒めたのでそのまま早起きしていつもより1時間早く6時前に鳥見に出発。まず恵み野中央公園。公園では目当てのカワセミ姿を見せたが生憎散歩の人も近付いて来てすぐに飛び去って仕舞った。来ることが判ったので写真は後の機会としてすぐに撤収、漁川上流へ。ヤマセミは今朝はどうやら2羽がいるようであちこち飛び回って神出鬼没。鬼ごっこか隠れんぼの鬼をやっている気分。今朝はGH-2/300mmは妻が使い自分はデジボーグ。そこそこ撮せたし早めに引き上げ茂漁川のカワセミポイントへ。ここは1週間ぐらいご無沙汰、対岸の白く糞の跡があった石を見たら糞の跡が洗い流されたのか消えて新しい糞の跡がない。30分ぐらいで諦めて、再び中央公園を覗いて10時頃に帰宅。昼寝や録画ドラマを見てから早めの昼食。午後は何処に行こうか思案していると空が真っ暗になって土砂降りの雨。時間雨量40mmと恵庭にしたら記録的な激しい雨。BS放送も映らなくなった。この雨も3時前にはすっかりあがったのでバンのいる調整池へ。前回出てこなかった2番子も撮せたのでその後は再び上流へ。朝と同じような場所にいるヤマセミを撮して5時頃帰宅。今日は随分あちこち歩き回った。
8月19日(金) 5時16.1℃ 14時26.2℃ (最低15.8℃ 最高26.6℃) 晴れ
すっきり晴れたのは久しぶり、朝7時前に家を出て2時間ぐらいの予定でヤマセミポイントへ。最近にしては珍しく地元の鳥見人お二人とご一緒。ヤマセミも9時過ぎまで姿を見せてくれたので予定より長居してしまいた。茂漁川のカワセミポイントも覗いて見る予定だっが明日に延期。午後は中流側のヤマセミを探しに行ったが巣立ちから間が無さそうなカワセミ幼鳥が姿を見せただけヤマセミは鳴き声が上流側に遠ざかって戻ってこなかった。
8月18日(木) 5時18.7℃ 13時25.7℃ (最低18.6℃ 最高26.5℃) 曇り一時晴
妻は昨日は鳥見に出ていないので久しくヤマセミを見ていないが、昨日のポイントは朝の内なら出会えそうなので今日は妻も一緒に7時前に家を出て現場には7時少しに到着。昨日ほど活発ではないが2羽ぐらいが行ったり来たり。止まる場所はかなり遠くて画像は証拠画像しか得られなかったが「ヤマちゃんを捜せ」で楽しめた。10時に病院の予約があるので9時前には一旦帰宅。診察はいつもほど混んでいなくて11時ぐらいには帰宅、途中農家の直販で枝豆とトウキビ(トウモロコシ)をゲット。午後は銀行や買い物に。今年は原発事故の風評被害のせいもあって福島の桃が非常に安い。毎日リンゴを欠かさないようにしていたが今年は応援を兼ねてリンゴの変わりに連日福島の桃にしているので桃をまとめ買い。しかし放射能の心配がないというのにそれを疑う人が多いのは何故だ。そこまで気にするなら自然放射能を避けるため鉛の家を作って引きこもって暮らさなければならなくなる。
8月17日(水) 5時18.4℃ 16時24.8℃ (最低18.3℃ 最高25.0℃) 曇り後晴れ

予報では午前中は曇りだが朝食を終えたあたりで薄日もさしてきたので漁川上流へワイヤーヤマセミに会いに出た。下流側、上流側あちこちに出没。下流のワイヤー以外は一寸遠いがGH2の手持ちやデジボーグを使って沢山とれた。9時までの1時間半楽しめた。帰り久しぶりに調整池を回ってバンの様子見。2番子のチビちゃんが出てくるか期待したが大きくなった1番子とツガイの計3羽が出てきただけ。雲が厚くなってきたので1時間時間弱粘ったが諦め10時には鳥見終了。夕方になってまた日が射してきて湿っぽかった芝生も乾いたので芝刈り 一寸湿度が高いがほどほどの暑さで爽やかな一日と言って良さそう。
8月16日(火) 5時19.9℃ 15時21.4℃ (最低19.2℃ 最高21.6℃) 雨
最高気温が昨日の最低気温にも届かない。半袖シャツでは寒いのでシャツも長袖。昼前ちょっと雨が切れたので車内から鳥見が出来る漁川上流へ。平地と違って山沿いは未だ雨が止まない。何とか遠く120mぐらい先にヤマセミを見つけて豆粒ヤマセミを撮っては見たが再び雨が強くなって撤収帰路市立図書館に寄ってみたら満員状態。行くところがない今日のような日は図書館で過ごす人が多いのを認識。午後は雨の中で芝生に肥料を播いたりしたぐらいで後は録画TVドラマを見たりでダラダラ。明日も似たような天気かも。
8月15日(月) 5時22.6℃ 13時28.9℃ (最高29.0℃ 最低22.1℃=22時現在) 曇り後雨
夜の焼き肉の準備の買い物にスーパーの開店時間に行くため鳥見は朝に一箇所だけ。めづらしくヤマセミポイントに先客、ヤマセミが出ているらしい。一寸して下流よりの電線に止まったヤマセミの幼鳥らしき姿。手持ちで撮しデジボーグをセットしている内に対岸の木陰に消えた。場所を変えて葉の陰を覗いてようやく姿が見えたがうす暗い奥まった場所で枝かぶり、証拠画像だけで時間の無くなったので撤収。このポイント今年は訪れる鳥見の人も少なく寂しかったが今日は珍しく4人ばかり。これから秋にかけ徐々に賑やかになってきそう。午前中に買い物を終え午後は雨対策にカーポートからターフを延ばしその下に、コンロやら座席などをセット。予報通り3時から雨が降り始めたが予報の時間雨量1mmとは大違いの土砂降り、ターフの下は何とかて濡れずに済むが風もあってターフが飛ばされそう。中止するわけにも行かないので室内でやることにして準備を始めたら西の空が少し明るくなって小降りに。開始予定の6時には雨もあがったので予定通り外で実施。この焼き肉パーティが終わるとわが家の夏の行事も終わり。例年なら暑さも終わるのだが今年はどうなるやら。8時過ぎ無事終了してターフのみ取り外し後の始末は明日にと家にはいると夕方ほどの降りではないが再び雨が降ってきた。実施中だけ空が雨を降らすのを止めてくれたようだ。
8月14日(日) 5時21.5℃ 9時24.6℃ 13時23.8℃ (最低21.1℃ 最高25.2℃) 曇り後雨

朝一で平岸まで墓参り。帰りは近くのスーパーに寄って買い物、昼前には帰宅。明日は帰省している甥を呼んで焼き肉パーティを予定しているが予報では朝と夕方は雨の予報。YAHOOでは雨量0〜1mmだがTVでは大雨かもと。どっちを信じればいいのか悩むが今更延期出来ず。アプローチにターフを張ってでもやるしかない。

8月第2週
8月13日(土) (最低12.6℃最高27.3℃) 晴れ
午前中、3日ぶりに鳥見、いつものカワセミポイントでは着いて準備が整わないうちに現れ、焦りながら三脚を開きレンズをセット何とか間に合ったがすぐ飛ばれ、しばらく駄目かと観念したが意外にすぐに戻ってきた。予定より早く切り上げヤマセミポイント2箇所を回って昼前に今日の鳥見は終了。午後は昼寝や録画したTVドラマを見たりダラダラと過ごした。
8月12日(金)5時20.1℃13時27.1℃(最高28.0℃最低16.5℃)晴れ
猛暑も一休みのようで過ごしやすい気温。生田原を2時過ぎに出て北広着まで休憩無しで走行6時に北広着。孫を送り届け買い物をして6時半ぐらいに帰宅。昨日からの暑さで家の中はムッとした空気が溜まっていたが窓を全開してしばらくしたら涼しくなって過ごしやすい室温になった。23時前に最低気温が16゚Cだいまで下がったのが幸いしたようで今夜は寝苦しさからは開放されそうだ。
8月11日(木) 最低19.1℃最高33.1℃ 晴れ
以前の予報では曇りと雨で気温は低めのはずが全道的に晴れて猛暑の一日。延期したかった生田原行き今更延期も出来ず。北広の孫娘をつれて予定通り出発、旭川で旭山動物園に寄ったが、風があったせいか気温の割に暑さも何とかしのげた。生田原には4時ぐらいについて庭の雑草抜きなど一仕事、心配した夜の家の中の暑さは去年より風があった分マシで寝苦しくはあったが何とか寝られた。それにしても涼しい日を選んで企画したのにこの夏一番の暑さの日になるとは皮肉。
8月10日(水) 5時20.9℃ 14時25.9℃ (最低20.6℃ 最高26.7℃) 曇り一時晴

午前中は予報通り曇っていたので鳥見はお休みのつもりだったが昼近くから薄日もさしてきたので急遽鳥見に。と言ってもいつもの場所はやめてカワセミポイントの新規開拓。カワセミポイントが幾つかあるといわれる近所の柏木川はこれまで何度も観察を試みているが一度も見ていないのでこの川の中流部から下流まで数箇所に20分から1時間程度観察したが相変わらず姿を確認できない。島松川も南部橋、広恵橋の2箇所で10分程度、覚悟していたがやはり新規開拓は大変だ。明日、明後日北広の孫娘をつれて生田原の孫の所へ1泊で出かける。週間予報などを見て猛暑の日は避けたつもりだが今日になって予報が代わり恵庭も生田原も30℃超えらしい。去年は猛暑で夜も暑くて眠られぬ夜を過ごした反省が生かされない予感。

8月9日(火) 5時20.0℃ 14時29.1℃ (最低19.8℃ 最高29.2℃) 曇り時々晴
昨日より晴れ間が少なかった分気温上昇が抑えられた感じで3日続きの真夏日は免れた。昨日着いた望遠ズームを鳥見で試すため午前中は茂漁川、午後は漁川へ。朝の茂漁川、霧のせいか草が濡れていてズボンの裾がびっしょり。カワセミはいつものあたりに3回ほど姿を見せてくれた。デジボーグはいつもの位置、ゆっくり止まってくれもしたので手持ちのGH2の300ミリでは土手の途中まで降りて近付いて撮影、豆粒よりは大きな画像でとれた。G VARIOの100-300ミリはZDの70-300よりはずっとクリアな画像が得られAFも早くて正確、値段以上のレンズだ。午後のヤマセミ、今回も到着時には狙いの枝付近に止まっていて着いた途端に飛ばれ画像も1枚だけ。手持ちのGH2はレンズの手ぶれ防止機能もあって手ぶれもなくまずまずの画像だった。夕方復興宝くじの販売が今日までなのを思い出して慌ててヨ-カドー前の売り場に駆けつけた。この宝くじ1等でも2000万円なので当たっても人生が変わることもないしはずれたら震災の復興に貢献したと満足できるのが良い。
8月8日(月) 5時19.9℃ 14時29.6℃ (最低18.6℃ 最高30.6℃) 晴れ
昨日より1度近く低く推移したが体感的には昨日よりも暑く感じた。今週後半北広の孫娘を連れて生田原行きを予定しているので、午前中はお土産用のバターロールを作ったりしながら先日購入したズームレンズの荷物の到着を待った。早い時間に届いたらその後試し撮りの鳥見に出るつもりだったが着いたのは午後4時近くになったので本日の鳥見は断念。買い物に一寸出た以外は家出暑さをしのいでいたら昨日よりもずっと暑い感じがした。昨日は日中の一番暑い時間は川近くの林の中だったが今日はまともに日が当たる家の中。昼寝もたっぷりだが寝ていても汗が噴き出してくる。一日完全に休んだ鳥見明日はどこから行くべきか悩む。
8月7日(日) 5時20.2℃ 13-14時30.4℃ (最低19.7℃ 最高31.5℃) 晴れ時々薄曇り
今年の最高気温を更新し暑い一日。午前中涼しいうちに鳥見、8時ぐらいに一旦帰って9時からはカワセミの会の探鳥会へ。漁川上流と茂漁川の2箇所でカワセミを見ることが出来たので初参加の人は効率が良いと大喜びだが・・・距離が遠いので豆粒。午後はヤマセミポイントへ。このポイントで相手に気づかれずに近付くコツが大分つかめてきて20mぐらいまで近付くことが出来て手持ちでまずまずの画像が得られた。動きが無くなったのでデジボーグをセットしてある場所に戻って対岸を見ると葉の間から姿が見えたのでデジボーグでもバシャバシャ。同じようなポーズの画像が多いのでどれを残しどれを削るか決めるのに時間がかかってblogのアップも遅くなった。
8月第1週/7月第6週
8月6日(土) 5時20.2℃ 15時30.8℃ (最低20.0℃最高31.2℃) 晴れ一時曇り

この夏一番の暑さで道内各地で30℃超えの真夏日になったところも多い。午前中は茂漁川でカワセミ待ち。2時間近い観察にもかかわらず全く気配がない。2日連続の空振りで昨日付近でイタチ?らしき姿を見ているので一寸心配。明日はカワセミの会の定例観察会なので他の人から情報をもらえるかも。午後はヤマセミポイントへ行くつもりだったが暑さがひどいので中止し家の中でじっとして過ごすがさほど動き回っているわけでもないのに汗が噴き出してくる。昨夜ネット通販でpanaのzoomレンズ100-300mmを発注した。一緒にLumixGH-2のムック本も注文、今日になってもまだ「発送準備」になったままなので8日月曜の到着は無さそうだ。
8月5日(金) 5時20.8℃ 12&14時26.5℃ (最低20.3℃ 最高27.6℃) 晴れたり曇ったり
すっきりとは晴れなかったが気温は上がってちょっと蒸し暑い。予報は曇りだったので鳥見は無しのつもりだったが朝食を済ませたあたりから青空も見えてきたので鳥見に。昨日はパスした茂漁川で2時間近くカワセミ待ちをするも姿を表さない。この場所には近頃頻繁に通っているのでウオーキングの常連さんとも馴染みになり「(カワセミは)昨日は○○時頃の見ましたよ」などと声を掛けてくれる。妻は昼から手編みサークルに出かけるので早めに帰宅。早めの昼食を済ませて妻を公民館まで送ったその足でいつものヤマセミポイントへ。このところ待ち受け場所に既にヤマセミが留まっていて着いた途端飛ばれるので今日は大分手前から身をかがめ様子を窺いながら近付くと、今日も止まっていた。ブラインドネットを張っていないので熊笹の陰からの撮したがやはり葉っぱが写り込んで全体が緑のベールがかかった画像しか撮れない。4枚ぐらい撮したところで飛び去ったので立ち上がってブラインドやイスをセット。上流側から声が聞こえるので手持ちのカメラを持って探索。何とか木陰から何枚か撮せた。夕方、新聞購読契約更新の謝礼の桃が届いたので北広の息子の所にお裾分けで持参。
8月4日(木) 5時20.5℃ 11時25.7℃ (最高26.2℃ 最低20.0℃=21時20分現在) 晴れたり曇ったり一時霧

通院日だが予約時間が採血10時なので9時まで約一時間茂漁川のカワセミ狙い。久しぶりに成鳥♂(1週間ぶり)に出会えた。昼食後一寸休んでから再び鳥見、というよりは過去のカワセミポイントで最近行っていない場所の様子見。この2ヶ月ぐらいで急激に雑草が伸び藪をかき分けて現場にたどり着けた場所も何処もカワセミの気配無し。漁川上流のヤマちゃんポイントも覗いたがサギが1羽いるだけと閑散だったが霧雨の中、川下からヤマちゃんがやって来て目の前(と言っても遠く)を通過し中洲裏の辺りに消えた。やっぱり居無いわけではなくて姿が見えないだけらしい。帰り道ホーマックで寄せ植え補充用の苗を少しGET、農家の直販では枝豆とトウキビ(トウモロコシ)GET。秋を前に体重増が心配
昨日発見したスズメバチの巣の駆除は、市役所に電話し自分が通院中に処理してもらえた。1匹だけ駆除を免れた働き蜂のスズメバチが巣のあったあたりに戻ってきたが巣が無くなって巣があった付近を飛び回る。


8月3日(水) 5時13.3℃ 14時27.0℃ (最低13.1℃ 最高27.5℃) 快晴

珍しく明け方から晴れ上がったので朝はグンと気温が下がり屋根から落ちた朝露のしずくで軒下が濡れている。道内で100℃を切ったアメダスポイントも結構あったようだ。いつもより早めに鳥見。ヤマセミポイントでブラインドを張って出を待つ方式だが現場に着いたときに既に止まっていて着いた途端飛び去ったあとは全くやってきてくれない。代わりにカワセミの幼鳥がやって来たぐらい。下流側に釣り人が入ってきたせいか上流側で声が聞こえるが待っている場所には出てこない。昼前後は一旦帰宅用事をこなし午後再び同じポイントへ。朝の待ち受け方式は止めてヤマセミの声のする上流部へ藪をかき分けて入って葦の隙間から近い距離で撮せたが相手に築かれないように葦の隙間からなので葉っぱの写り込みは避けられず。もっと遠くてもいいので木陰あたりで葉っぱの写り込みの無い場所に出てきて欲しいがそう都合良くは行かないか。午後は1時間ほどで鳥見は切り上げサンガーデンによって苗を買って帰宅。昼には気温も上がって日向では暑いが鳥見現場は木陰で風が抜けるので爽やか。夕方買ってきた苗で寄せ植えの補修をやっていると芝生内のシャラの木に夏みかん大のスズメバチの巣を見つけ作業中止。ネットを被り刺されないようにして自分で駆除するつもりだったが妻に猛反対されたので、あす駆除を業者に依頼することに。確か去年も巣を見つけ遠くから放水したり殺虫剤を吹き付けたりして自分で処理したのだが・・・・。明日は通院日
8月2日(火) 5時15.0℃=最低 13時24.9℃ (最高25.5℃) 曇り後晴れ
今日も昨日と似たような天気。雲が切れて日が射し始める時間や朝の気温が少し下がったぐらいの違い。このところ鳥見ばっかりで庭仕事の方が手抜きだったので今日は雑草抜きなどに注力。気温は高くないとは言っても真昼の直射は避けて朝方と夕方。午後は妻を美容院に送って迎えに行くまでの間一寸だけカワセミポイントへ。5月までカワセミポイントとして何度か通ったが2ヶ月近く足が向かなかった場所へ入るつもりだったがその間に雑草が背丈ぐらいに生い茂り以前つけた路も完全にふさがってしまったのでやむなく近くの橋の下で様子見。一時間半の観察で幼鳥が前を3回通過したが見える範囲では止まらず。多少場所をずらし止まる枝を探せば何とかなるかも知れないが雑草が生い茂った所に径を付けるのがやっかいだ。多少マンネリだがこのところ通っている場所で行く方が楽だ。この後買い物、久しぶりに花の牧場を覗いたが手頃な花が余りなく、サルビア2種とアゲラタム1つ寄せ植えの補修用にGETして鉢に置いてみたがまだ足りない。
8月1日(月) 5時16.8℃ 12時24.4℃ (最低16.7℃ 最高24.6℃) 曇りのち晴れ
昨日と同じような天気で涼しい。鳥見も妻も一緒に午前中だけ、漁川では豆粒ヤマセミを撮った以外は空振り。茂漁川に移動して対岸の低木の中に入った幼鳥カワセミを色々のぞき込んでバシャバシャ。ここがお気に入りらしくここを起点に餌捕りダイブなどしてはマッタリ。これまで出が悪いなどといっていたときこの中にいたのかも知れない。帰り農家の野菜直販で枝豆がでていたのでトウキビと合わせて購入。早速ゆでてお昼食の足しに。枝豆の季節がやってきたのはうれしいね。
7月31日(日) 5時17.2℃ 16時24.7℃ (最低17.1℃ 最高24.8℃) 曇り後晴れ

一日中曇りの予報だったが9時には青空が出て・・・といつものパターン。昨日よりは少し気温も上がったが涼しく爽やかな一日だった。夫婦2人きりの生活が戻って午前中の鳥見は妻も一緒で茂漁川では妻は河畔のウオーキング、自分はカワちゃん待ちだが結局空振り。漁川のヤマ・カワポイントでもヤマセミの方は空振りだったがカワセミの幼鳥がでてくれた。午後は一人で2時間ばかり2箇所を回ったがすべて空振り。

7月第5週
7月30日(土) 5時21.1℃ 11時23.4℃ (最高23.5℃ 最低17.9℃=23時現在) 曇り一時霧雨のち一瞬晴れ
昼前に気温が下がり始め午後にはちょっと肌寒くなって今夜は久しぶり布団をかけて寝ることになりそう。午後の便で娘と孫を空港まで送っていくので今日の鳥見は早めに出かけ10時すぎには帰宅。30分ぐらい待ってカワセミのチビちゃんに出会えバシャバシャ出来たので早めに切り上げ、時間の余裕があったのでバンのいる調整地を覗いてみた。空港からの帰りに最近ご無沙汰してる長都沼や漁川上流に行ってみたどちらも閑散として鳥も人も居ない。
7月29日(金) 5時18.8℃ 13時29.3℃ (最低18.7℃ 最高30.0℃) 曇り後晴れ

朝き、雲というか霧というか立ちこめていたが8時を回ったぐらいから晴れ、今日も暑い一日。このところ鳥見の家を出るのは10時過ぎからだったが今日は8時ぐらいから、カワセミポイントとヤマセミポイント各1.5時間でで午前中だけで終了。成果はなし。午後一休みしたあと買い物は千歳のイオンへ。眠くなって機嫌の悪くなった孫を車中で寝付かせるため遠出、イオンに着く直前にようやく寝付いたので千歳川傍の涼しい木陰に車を駐めて時間稼ぎし30分以上経ったところでイオンに。眠くなっても素直に寝てくれない幼児は車に乗せればコロッと寝付いてくれ、30分ぐらいでも一眠りすると大分機嫌良くなってくれる。

7月28日(木) 5時20.2℃ 13時28.9℃ (最低19.0℃ 最高29.2℃) 曇り後晴れ
昨夜は余り気温が下がらず寝苦しかった。朝になっても蒸し蒸し。今日も10時ぐらいから日が射し始め30℃一歩手前まで上がって暑い。帰省中の二女親子は札幌の街中へお出かけ、長女母子は午後に帰ったので駅まで送ったその足で久しぶりに妻も一緒に鳥見、ヤマセミポイントで狙いを付けて待っていた枝に一瞬止まったがカメラ位置が悪く完全に枝かぶり。近い枝なので横にずれるわけにも行かず失敗。撮影は失敗だったが妻も久しぶり近くでヤマセミの姿を見られたのでまぁ良かったとしよう。夜、娘の高校時代の友人が尋ねてきた。娘の結婚式以来なのでほぼ6年ぶり。
7月27日(水) 5時19.3℃ 12&14時28.4℃ (最低18.6℃ 最高28.8℃) 曇り後晴れ
夜中に雨が降ったようだが朝には上がって8時頃には青空も見え始めた。昼前に買い物を終わらせたが、妻は孫の世話などもあって鳥見に出る余裕もないので午後の鳥見は今日も一人。しばらくヤマセミも見ていないので今日はヤマセミポイントへ。いつものように三脚にカメラをセットして待つが上流側で鳴き声はするがさっぱり姿が見えない。1時間待っても駄目なのでGH2にZD70-300を持って声のする上流側へ。笹藪をかき分けて水面が見える位置に出るとヤマセミが近くに1羽、更に上流側からは鳴き声が聞こえもう一羽居るようだ。2羽を追っても失敗の可能性が大きいので目の前の1羽に集中、見つからないように屈みながら枝をかわしバシャバシャ。不安定な姿勢でシャッタースピードも上がらないのでブレで没の画像多し。GH2は手ぶれ防止をレンズ側でやる方式なのでZDのレンズと組み合わせると手ぶれ防止機能が無い。やはりIS付きpanaの100-300zoom買った方が良さそうだ。
7月26日(火) 5時15.4℃ 14時27.8℃ (最低14.3℃ 最高28.1℃) 晴れ
札幌へ出かける娘達を駅まで送迎したり色々忙しい事もあって鳥見は午前中に短時間。昨日のリベンジで茂漁川で1時間待ったが返り討ち。1枚もシャッターを切れずに帰るのもなんなのでバンの居る調整池を回って帰宅。午後はパン作り。
7月25日(月) 5時19.0℃ 12時25,9℃ (最低18.4℃ 最高26.7℃) 晴れたり曇ったり→晴れ
夕方から焼き肉パーティをすることになった。帰省中の娘2人でお出かけとあって昼前から孫達のおもり。夕方からは焼き肉パーティの準備て買い物などで忙しい一日。それでも朝の内1時間ほど茂漁川へ。散策路をいつもの場所に向かって歩いていると馴染みの人とすれ違いいつものあたりに青い鳥がいると聞き期待して現場に着くと釣り人がそのあたりに入り込んできてカワセミの姿は無し。釣り人が一旦立ち去ったので機材をセットしてカワセミ待ちをしていると再び釣り人が戻ってきて正面で釣り糸を投げ始めた。普通ならカメラを向けている正面は避けてくれるのだが高校生ぐらいの若い男でそうしたマナーも無し。間もなく立ち去ったがの方はカワちゃんはさっぱり。用事が詰まっているので1時間で切り上げ帰宅。昨日までの涼しさも一転今日は蒸し暑く夕方になっても気温は余り下がらないなか。真っ赤に燃えたコンロに近付くと汗が噴き出る。今回の焼き肉、息子も婿さん2人も居ないので女子会の様相。
7月24日(日) 5時14.1℃ 13時26.4℃ (最低13.3℃ 最高27.2℃) 晴れたり曇ったり→曇り

予報ほど気温は上がらなかったが昼前後は一寸蒸し暑いぐらい。このところ行きそびれていたヤマセミポイントで2時間弱出を待ったが着いたときに車の傍の手すりにいたものが着いた途端飛び去ってその後は音沙汰も無し、カワセミすら姿を見せず。帰りバンの居る調整池を一寸だけ覗いて帰宅。午後は買い物とそのついでに道の駅傍に作られた小川に孫を連れて行って水遊び。帰宅してパン作り。人口が一気に増えたので作り置きしていたパンもみるみる減っていく。

7月第4週
7月23日(土) 5時15.9℃ 14時22.9℃ (最低15.5℃ 最高23.6℃) 曇り後晴れ
午前中は曇り空で鳥見日和とは言い難い。鳥見に行くか迷ったが鳥の相手よりは孫の相手というわけで結局鳥見はお休み。2歳児の孫の相手をして貰うために北広の小学生の孫娘が遊びに来て家の中は賑やか。夜には生田原の長女一家が来てこの週末は正月以来の賑やかさ。昨日よりは少しましだが今日も肌寒い。明日は予報では29℃だが急に増しだ
7月22日(金) 5時13.5℃ 15時20.6℃ (最低12.8℃ 最高21.5℃) 曇り後晴れ

帰省中の娘親子を札幌の従兄弟の所へ送り迎え、その間に妻と近くの西岡公園と紅桜公園へ散策とカワセミ探しのつもりで出かけたが当ては完全にはずれて鳥ブログのネタはなし。今日も真夏とは思えない肌寒さ
7月21日(木) 5時11.4℃ 14時23.2℃ (最低11.3℃ 最高23.4℃) 晴れ

季節が2ヶ月ぐらい戻ったような涼しさ。朝露で軒下が濡れていた。娘母子は札幌へ出かけるのを駅まで送ってからの鳥見。しばらく行っていない漁川の用水ダムへ車で入っていくといつも車を駐めるあたりに自衛隊のトラック、道路を竹箒で掃いている人も見えたのでUターンして茂漁川へ。いつもの場所に着くと川に釣り人の姿。どうしようか思案していると釣り人は上流側に少しずつ移動していったので機材をセットしていつもの枝にレンズを向けて待っているとしばらくして上流側から青い弾丸が飛んできていつもの枝より一寸下流の木にとまった。このところ姿を見せていた雌ではなく久しぶりの雄の成鳥。ちょっとの間、留まっていたが背後の散策路を人がやってきたら飛び去った。昼も近づいたので再びやってくるのを待たずに撤収。午後は鳥見を中止、撮り貯めたTVドラマなどを見て家の中でだらだら過ごす。

7月20日(水) 5時15.1℃ 10時23.6℃ (最高23.7℃ 最低13.1℃=21:30現在) 晴れ

晴れて日射しが強いが気温はさほど上がらず涼しく初夏といった感じ。熊本の娘と孫が昼過ぎの便でくるので買い物などは朝の内に。天気も良いので鳥見にとも思ったが千歳まで迎えに行く予定もあるので何か落ち着かず鳥見は止め。速めに家を出て空港へ。空港ターミナルがリニューアルしてから初めてなのでその様子見など。昨日までの雨で濡れていた芝生も夕方には乾いていたので特にすることもないので夕方
芝刈り。今年はこれまでの所余り暑い日が無い所為か芝生の状態は今時季にしては良い方。雑草も先週からの徹底した抜き取りでほとんど見あたらなくなった。
7月19日(火) 5時17.2℃ 16時28.0℃ (最低17.1℃ 最高29.2℃) 晴れ
朝の内ちょっと曇っていたが程なく晴れて久しぶりに夏らしい陽気。朝一で通院の妻を送ってその足で鳥見に。昨日と同じ場所で昨日と同じカワセミ達を撮し、昨日行けなかった用水ダムに寄ったら草刈り作業と釣り人が2人入っていたりで今日も断念。ショウドウツバメのコロニーの所では土木コンサルタント会社のひとが現地調査とかで巣穴を撮していた。工事の予定があるのか聞いたら、工事をするにしてもこうした環境は保護しながらやることになるので安心してくださいとか言ってやたら気を使っていた。
7月18日(月) 5時18.6℃ 14時22.5℃ (最低18.4℃ 最高23.6℃) 曇りのち晴れ

祝日(海の日)。午前中はカワセミの会の探鳥会。午後日射しが出てきたので妻も一緒に茂漁川、漁川へ鳥見
早朝は女子サッカーのWカップ決勝のTV観戦から始まって忙しい一日だった。

7月17日(日) 5時17.0℃=最低、14時20.9℃ (最高21.1℃) 曇り時々雨

昨日ほどではないが今日も気温が余り上がらない。雨量はさほどでないが降ったり止んだりの繰り返し。昼過ぎ一寸雲が薄くなったようなので鳥見でもと車を出したら雨粒が。恵み野を過ぎたあたりからは路面もしっかり濡れてフロントガラスもワイパーを普通に回さなければならないぐらいになったので引き返す。家近くに戻ってきたら路面はさほど濡れていないが鳥見は諦め芝生の雑草抜きなど。南花壇の雑草も抜いたり庭仕事で暇つぶし。しかし連日の雨で雑草の発芽が促進されるので芝生の雑草は抜いても抜いても次々見つかる。妻は午後から姉とノーザンホースパークへ行き帰宅は6時近くと遅くなったのと明日は妻の誕生日なのでそのお祝いと言うことで夕食は外食で
7月第3週
7月16日(土) 5時16.6℃ 12時18.3℃ (最低16.1℃最高18.6℃) 雨

朝から雨が降ったり止んだりだったが夕方からは雨脚も強まって降り続いている。気温はさっぱり上がらず寒い。鳥見ははなから諦め、午前中はパン作りバターロール24個を焼き上げた。来週は娘や孫が帰省一気にパンの消費量も増えるので作り置きして冷凍保存。予報では明日も雨が続き回復は来週中ぐらいの予報。

7月15日(金) 5時17.0℃ 12時19.9℃ (最高20.1℃ 最低16.0℃=20時現在) 曇り

本州で猛暑とは違って北海道は涼しいというよりは一寸肌寒いぐらい。曇りだが雲が薄いのか、さほど暗くもないので午後、カワセミ狙いで市内の川へ。現場へ着くと対岸の木にカワセミが止まっていた。慌ててリュックからカメラを取り出したがすぐ飛ばれて間に合わず。妻は首からかけていたFZ28で何とか1枚だけ撮れたが葉っぱが被って証拠画像。カメラを三脚にセットして待っていると10分ぐらいで戻ってきて同じ枝に留まり2分ぐらい魚を狙っていたが1回のダイビングで小魚をゲットして上流へ飛び去った。どうやら雄の成鳥で巣立ち前の雛に餌を運んでいるようだ。画像も撮れたし風も冷たいの次やってくるのを待たずに撤収。短時間で効率の良い鳥見だった。帰宅してから家裏の雑草抜き。最近わりと涼しいので日中の庭仕事も苦にならない。今年のわが家の庭は雑草が目立たない。

7月14日(木) 5時20.8℃ 14時20.8℃ (最低19.3℃ 最高21.1℃) 雨時々曇り

終日雨が降ったり止んだり、気温も20℃ぐらいでフラットで半袖ではちょっと寒い。鳥見も庭仕事も出来ないので朝からパン作り、冷凍の餡があったのであんパンも10個、乳製品アレルギーでも食べられるようバターの代わりにショートニングを使ったロールパンなど、焼き上がったらほぼお昼。昼食後空を見ると雨が上がって道路も乾いてきたので一寸だけ鳥見。気になってはいるが最近足が遠のいているヤマセミポイントへ。着いてすぐ対岸遠くのいつものあたりにカワセミが一寸だけやって来た。何とか数枚撮影したところで飛び去ったので又戻ってくるのを待っていたら岡山ナンバーの車がやって来た。鳥見に道内を回っているとのことカワセミは岡山でも撮れるがヤマセミは難しくヤマちゃん狙いでやって来たらしい。空も再び暗くなって雨が落ち始めたので鳥見は切り上げて帰宅。家に着いたら本降りになった。

7月13日(水) 5時19.1℃ 12時27.4℃ (最低18.6℃ 最高28.1℃) 晴れ時々曇り夜になって雨
今日の予報は曇りで午後は雨気温は25℃ぐらい・・・が実際は日もさして気温も上がりここ数日同じようにはずれて居るのでそれを見越して朝から鳥見に地元の川を回ったが結果はイマイチ。狙いのヤマセミは出会うことは出会えたが遠過ぎだったり近くに来てもすぐに飛ばれて撮せたのは豆粒。茂漁川もいつもの場所、良い具合に木陰が出来ていたので小一時間待ってみたが空振り。その間妻は散策路をウオーキング。今日は最近にしたら鳥見に費やした時間が多かったので庭仕事は短時間で家裏の雑草抜きを少しだけ。
7月12日(火) 5時18.0℃ 15時29.3℃ (最低17.9℃ 最高29.4℃) 曇り後晴れ
曇り後雨の予報が実際は昼頃から日射しが強くなって真夏日一歩手前。予報を信じて雨が降る前に庭仕事午後はパンでも作ろうかと思っていたが、早い昼食の後に妻を公民館まで車で送りそのまま恵み野中央公園へそのあと漁川へ。ヤマセミ狙いのつもりがカワセミの幼鳥に出会っただけですぐ帰宅。夕方になって雲が多くなってきたせいか余り気温が下がらず寝苦しい夜になるのかも
7月11日(月) 5時18.5℃ 12時22.8℃ (最低16.3℃ 最高23.3℃) 曇り一時小雨
暑さも小休止らしく涼しい一日。予報通り雲が多いので鳥見は止めて家裏のや畑などの雑草取り作業。適量の雨があったので雑草も元気。それでも去年ほどの手抜きはしていないので2時間ぐらいの作業でそこそこ綺麗になった。昼頃になって空が明るくなってきたので午後は鳥見に出た。ショウドウツバメの巣立ち前の雛の画像を狙っているので状態をチェック。ツバメ現場でコチドリも居そうなので対岸の方に移動してコチドリのチビちゃんを捜し擬態の様子などの画像ゲット。1時間ほどで又空が暗くなったので鳥見は早めに切り上げ帰ってから寄せ植えの補修などの庭仕事。今週は天気が余り良く無さそうななので庭仕事の方が多くなりそう。
7月10日(日) 5時19.8℃ 13時23.8℃ (最高26.0℃ 最低18.4℃) 曇り一時晴
昨日の蒸し暑さに較べれば過ごしやすい。午前中は曇りで鳥見はお休みで買い物。午後になって日もさしてきたので茂漁川のバイカモでもと思って出かけたが花はまだ。西島松と茂漁川で鳥見を兼ねてウオーキング。帰ってから芝刈りでいい汗を流した。
7月第2週
7月9日(土) 5時19.3℃ 13時29.0℃ (最低18.9℃ 最高29.3℃) 晴れたり曇ったり後雨
朝から湿度も高く蒸し暑い。日もさして気温も上がって真夏日一歩手前。朝日が射してきたので鳥見に森林公園へ水辺なのでちょっと涼しい。目的の鳥も出が一段落したところで帰宅。アメダスで気温を調べると付近では苫小牧がグンと低いので避暑を兼ねてイコロの森へ。イコロは千歳寄りと言うこともあってアメダス地点よりは気温は高い感じだったが暑いとまでは言えない。2週間前と違って薔薇が満開。帰り曇ってきたが一寸千歳川沿いの公園を覗いてみたが夕方と曇り空で鳥を撮るのは無理。ウオーキングといった感じで一回り。バンの居た調整池も覗いたがバンは顔を出してくれなかった。
7月8日(金) 5時19.8℃ 13時18.3℃ (最高20.1℃ 最低17.1℃) 濃霧一時雨

終日どんよりとしてうす暗い。気温も朝に最高気温で後は右肩下がり。昼から千歳のスポーツセンターに中体連のバスケットの大会に出場する孫の応援に。強豪相手の試合は予想通り敗退、孫の中学最後の試合となった。付近にはかつてはよく鳥見に行った所なので一寸様子を覗いたが鬱蒼とした木立に今日の霧雨模様の空では鳥見人もいない。ついでに上流のかつてのヤマセミポイントもチラッと覗いてみたが今年は出が悪いらしく余り人も入っていないような感じ。帰路まだ3時前なのに霧でうす暗いためライトを点灯している対向車も多かった。気温も下がって居たので車は暖房側にして走ったがこの時期車の暖房を入れたのは余り記憶がない。スーパーによってメロンを買って発送依頼。メロンこれまで青肉にこだわってきたが相手は赤肉でも良いらしいので夕張メロンにした。
7月7日(木) 5時16.5℃ 11時26.5℃ (最低15.6℃ 最高26.8℃) 晴れのち曇り

午前中の気温の上がり方は急で真夏日かと思ったら昼過ぎから時々雲がでて下降に転じたが道内かなりのアメダスポイントで30℃超えで今年一番の暑さになった。午前中は通院でつぶれ、午後は暑さを避けて家の中でドラマを見ていたら、Kさんからの情報で急遽鳥見にでて正味1時間弱の観察撮影。
7月6日(水) 5時15.9℃ 14時26.4℃ (最低15.4℃ 最高27.3℃) 晴れ
予報よりの良い天気で気温も上がった。昨日草刈り作業で観察できなかった調整池へ朝一で出かけたら、土手の雑草はすべてきれいに刈られ作業は昨日一日で終わったようだ。白いスチール簿手すりが一寸邪魔なので今日はその上から撮れるように踏み台持参したがそのまま忘れて来たようで午後にKご夫妻を案内して再び行ってそれに気がついた。午前のバンの撮影は1時間一寸で終わり、漁川下流のショウドウツバメの様子見。上流の発電所や茂漁川温水溜め池、柏木川遊水池付近などカワセミの居そうな場所を回ったが何処も空振り。天気は明日までで週末は崩れるらしい
7月5日(火) 5時17.6℃ 12時24.7℃ (最低16.4℃ 最高25.8℃) 晴れたり曇ったり
朝から青空、予報は午後から雨もありそうだったので7時過ぎには鳥見にでた。調整池に行くと先客、バンは2家族居るとの話し、先客は満足な画像が得られたのかすぐ引き上げたので一人で1時間ほど待ったが調整池の土手の雑草刈り作業が始まって待っても無駄なので漁川上流へ。久しぶり泥道を入って用水ダムのヤマちゃんポイントを覗くと下流からヤマセミが飛んできて対岸遠くの枝に留まった。100mぐらいと遠いのでデジボーグをセットして何とかバシャバシャ。この距離では豆粒にしか撮れないがトリミング拡大でヤマセミと判る大きさ。此処では4月20日に撮って以来随分久しぶり。デジボーグの組み合わせを変えてGH2に使用としているうちに下流に飛び去った。更に上流のポイントも覗いたが僅かにカワセミガ対岸寄りを飛んでいるのを見ただけでめぼしい鳥も見あたらず早々に撤収し10時過ぎには一旦帰宅し妻を乗せて買い物に。 午後は録画TVドラマを見たりで家の中でゴロゴロ。
7月4日(月) 5時18.5℃ 12時22.2℃=最高 (最低16.9℃) 雨のち曇り

昨夜から降り始めた雨は雨足も強い。雨音がうるさいような強い雨は随分久しぶり。予想通り鳥見も庭仕事も出来ない。風も強いので近所の公園の樹も激しく揺れ、ちぎれた葉っぱが芝生やアプローチに貼り付いて見苦しい。庭の花も頭を下げて傷みもひどい。激しかった雨も3時ぐらいには上がったので4時ぐらいからウオーキング。

7月3日(日) 5時14.8℃ 14時22.0℃ (最低13. 9℃ 最高22.8℃) 曇り
カワセミの会の探鳥会で9時には道の駅へ。行き先は先月の探鳥会でバンに出会えたという調整池と漁川上流2箇所。バンは子もいるらしいが親らしき1羽が姿を見せただけ。漁川ではヤマカワが飛び去るのを一部の人が目撃しただけでたいした収穫は無し。終わって午後からは妻も一緒に再び調整池へ予報と違って霧雨で肌寒いぐらい。バンは何とかツガイや親子で姿を見せてくれたがデジボーグは白いスチールの柵がの隙間から移すので白いパイプが写り込んだりでなかなか動き回るバンをすっきり捉えられず。かえって300mm装着のGH2の方が良かったり。一瞬親子五羽が揃ったのは妻のFZ28しか捉えられなかった。恵庭は霧で気温も上がらなかったが札幌は午後には霧も晴れて日が射し夏日になったようだ。
7月第1週
7月2日(土) 5時15.1℃ 14時26.2℃ (最低14.7℃最高26.6℃) 晴れ

朝は霧が濃かったが予報通り9時頃には霧も晴れて青空がひろがってきた。8時過ぎに家を出て札幌南区の公園を覗いてみた。先月中旬までヤマセミポイントとしてにぎわった場所だがこのところ姿を見せないらしく先客は3人だけでカワセミ待ちらしい。カワセミの幼鳥を300mmの手持ちで撮影、余裕があったのでデジボーグを組み立ててて1シーン撮影した所で飛び去った。ヤマセミは期待出来ないようなので1時間の居ないで撤収、妻の妹の家の庭の様子をみたりした後近くの西岡公園で貯水池の周りを回るウオーキング。途中休憩場所で持参した弁当を拡げて早めの昼食。しかしこの周回コース距離は短いがアップダウンがきついので息切れしてしまう。午後1時過ぎには帰宅。TVでデイゲームの日ハム西武戦を見たり庭の花画像を撮ったり。鳥Blogと花blog両方共UPというのは最近にしたら珍しい。明日は天気が期待できないのでblog更新は無さそう。
7月1日(金) 6時16.5℃ 14時25.7℃ (最低16.3℃ 最高26.2℃) 晴れ

朝の内は雲があったが9時を過ぎたあたりから青空がひろがり夏らしい一日。妻の手編みサークルの日なので早めの昼食のあと妻を送りその後茂漁川、漁川上流でカワセミ待ち。茂漁川3月まであれほど出会えたのにその後はさっぱりで今日も1時間観察したが空振り。日射しが強いせいでいつもは散歩の人が散策路をやってくるのに人もゼロ。土手は綺麗に草刈りされている。一寸大きめのイチイの木陰を見つけて土手に寝そべっての鳥見は涼しくて気持ちがよい。次の漁川も木陰に車を止め窓を開けているとこれも気持ちが良い。青空の下木陰で涼みながら良い半日だったが鳥見の成果は傍の電線に留まったニュウナイスズメと堰堤の上でマッタリしているセキレイぐらいのものと情けない結果

6月第5週
6月30日(木) 5時16.7℃ 13-14時23.0℃ (最低15.7℃ 最高23.2℃) 曇り

雲が厚いが気温はそれなりなのでムッとした感じ。検査のため通院、結果の説明などあったので終わったのは昼を過ぎていた。遅い昼食のあと曇りなので撮影は2の次でカワセミポイント2箇所のチェック、A、Bポイントともやはり姿が見えず。昨日姿を表した上流も今日はカラスが陣取っていてカワセミは近寄らない。帰宅して垂れ花ワーレンベルギアを壁掛け型のプランターに植え込み。花画像数枚撮影など園芸の仕事も少し。今年はカワセミになかなか会えず鳥見にイマイチ力が入らない分庭の方の手入れは去年ほど手抜きしていない分綺麗かも。

6月29日(水 5時16.1℃ 15時25.8℃ (最低15.3℃ 最高26.4℃) 晴れ
初夏らしい暑さ。久しぶりの青空なので午前中は野幌森林公園の原の沼へ。カワセミは2度ほど姿を見せたが沼の真ん中付近でホバリングしてダイビングしてすぐ岸辺の木陰に消えてしまう、300mmでは遠すぎデジボーグでは追いつけない。カイツブリが今日も姿を見せたが相変わらず遠くデジボーグでも厳しい。2時間弱で撤収野幌のナセリー「庭の花」により昼食は北広のモスで。午後一休みしてから漁川へ行ってみたがカワセミなかなか止まってくれず帰る頃になってようやく対岸で日曜日と同じあたりに止まった。デジボーグで何とか日曜並みの画像は撮れたがやはり証拠写真レベル。明日は通院で昼過ぎまでかかるので鳥見は無理かな。
6月28日(火) 5時15.1℃=最低 12時17.0℃ 17時20.5℃ (最高20.7℃) 曇り

昨日同様どんより霧雨模様。昨日はウオーキングに出た途端霧雨で戻ってきたが今日はそのまま強行、服が湿っぽくなったが濡れると言うほどのことなく予定の距離を歩いて帰宅。3時を回った頃雲が薄くなって明るくなったのでカワセミポイントチェックに出かけたが市街地を過ぎたあたりから雲が厚くなってうす暗くなってきたが引き返すのも何なのでそのまま現場へ行き車内からしばらく観察して帰る。カワセミが行ったり来たりするが対岸の木陰は暗くて止まった姿は良く見えない。カワセミが居ることだけは確認できた。山形からサクランボが送られてきた。
芝生に肥料散布
6月27日(月) 5時10.9℃ 12〜14時16.7℃ (最低10.2℃ 最高17.0℃) 曇りのち雨

朝からどんよりとした空模様で時々霧雨模様で気温も上がらず。この天気では鳥見も庭仕事もする気にならないが運動不足になるので昼食後ウオーキングに出たが家を出てすぐに霧雨がひどくなって1km程度で切り上げ車で買い物。暇を持てあますので時々庭に出てはPOT苗の鉢増や土置き場から土を掘りあげ堆肥や軽石などをブレンドしたり。服が濡れない程度の短時間の作業をこまごまと。夜になって雨は本降り、予報では明日も雨マーク。

6月26日(日) 5時8.1℃ 15時20.5℃ (最低6.1℃ 最高21.7℃) 晴れ
朝は1桁まで冷え込んだが昼過ぎに20℃を超えてこの時期並みの気温に戻ってきた。朝9時過ぎ家を出てイコロの森へ。恵庭より気温が低いので庭の見頃にはまだ間があったが年間パスポートにしたのでこの後何度か無料でにゅうじょうできるので・・。わが家でも要所に使っているアムソニアなどが此処でも目立っていた。帰り長都沼を覗いたが昼を回っていたのですぐ帰宅。午後は昨日今日購入した宿根草を鉢増したりで園芸モードで一日終わりのつもりだったが3時を回っても日が高く気温も暑からず寒からずなので遅くなったが鳥見にでた。このところ素通りで止まってくれなかったカワセミがようやく止まってくれた。しばらく止まってくれたのでデジボーグをセットすることが出来たので遠くだったが何とか写真になった。地元でカワセミを撮せたのは随分久しぶりだ。。
6月第4週
6月25日(土) 5時12.0℃ 15時16.8℃ (最低11.5℃ 最高17.4℃) 晴れ

気温は低いが日射しがある分昨日よりは体感気温は少しだけ上がった感じ。今日明日恵庭の花とくらし展(花フェスタ)と言ってもさほど見るべき物もないので昼前に一寸覗いて花苗を少し買ってきた。その前に漁川上流の様子見。ヤマセミはチラッと姿を見せたが双眼鏡で確認しようとしたらもう姿が無かった。カワセミは対岸寄りを止まることもなく上流と下流を真っ直ぐ行ったり来たりするだけ。茂漁川のカワセミポイントもカワセミの痕跡(白い糞の跡)もなし。午後は島松川や漁川の2箇所箇所、カワセミポイントと言われる所で各1時間程度様子見をしたがすべて空振り。今日はイソシギが傍でうろちょろ、ブログネタが他にないのでイソシギでお茶を濁した。夕方未だ日も高かったので
芝刈り作業
6月24日(金) 5時12.8℃ 12時13.8℃ 15時16.1℃ (最低11.1℃ 最高16.6℃) 曇りのち晴れ

5月中旬ぐらいの気温で肌寒いぐらい。寒いのと曇りで鳥見はパス。午後になって空が明るくなり日も射し始めたが風が強くなって寒いので買い物に出ただけで戻った後は庭仕事を少しだけ。山形の友人から毎年届くサクランボが着いたので北広の孫の所に半分ぐらい近所にも少しお裾分けしても夫婦2人で食べるには十分の量。早いところではカワセミの雛が巣立ちを迎えて居るようだが今年は去年までの営巣場所にカワセミの姿が見えない。

6月23日(木) 5時15.5℃ 12時18.4℃ (最低15.2℃ 最高18.9℃) 曇りのち雨

朝から雲が厚く午後には霧雨、夜には本格的な降りで気温も上がらず肌寒い。昨日と較べると2ヶ月ぐらい後戻りした感じ。鳥見は久しく行っていないBポイントで1時間観察したがやはり姿は見せなかった。午後は鳥見も無理なので花の牧場・ホーマックを回って補充用の宿根草(デルフィニウム、ジギタリス、スカビオサファーマ、エキノプス)、寄せ植え用1年草を購入。南花壇や芝生横などに3株以上あったカタナンケがすべて消えてしまったのでこの補充の苗を探しているが見あたらない。そういえば娘の庭に大株になったカタナンケがあったはずだが先日行ったときに見かけなかった。この冬はカタナンケにとって越せない冬だったのだろうか。補充苗東野幌かイコロあたりなら手にはいるかな。宿根アマも毎年いくら補充しても追いつかず今年はわが家の庭では絶滅したようだ。

6月22日(水)夏至 5時17.9℃ 12時27.0℃ (最低17.8℃ 最高27.7℃) 曇り一時雨

朝から曇っているが気温は高めムーと蒸し暑い。予報では全日曇りマークなので朝から鳥見はやめて庭仕事で雑草抜きなどの仕事をしていると薄日がさして気温もぐんぐん上がってきた。急遽予定を変更し午後は昨日の公園へ。1時から4時まで待ったがヤマセミは姿を見せずカワセミが一寸だけ。先客の話では午前中に1度姿を見せただけ、こんな事はこれまでにない事らしい。帰り道ジョイフルAKで買い物。今日の午前中の雑草抜き作業で家裏も雑草無しにあと一歩。

6月21日(火) 5時13.6℃ 14時26.3℃ (最低12.7℃ 最高27.0℃) 晴れ
朝から青空が見えたので8時半過ぎに家を出て札幌市澄川の公園へ。噂ほど出は良くなかったが午後2時までの間に2度目当てのヤマちゃんが現れたが同じ枝に留まって多少顔の向きを変える程度で似たようなポーズばかり。やけに嘴を開いてくだらしない感じの雄。雄はもう1羽居るらしいので次はイケメンの登場を期待したいが・・・。ヤマセミ待ちの合間に暇つぶしにカワちゃんが姿を見せてくれたが、ヤマちゃんと違ってカワちゃんの対岸というのは一寸遠すぎ。デジボーグでも持ち込まなくちゃ駄目かな。帰りジョイフルやサンガーデンによって消えた宿根草の補充苗を探したがエキノプスとカタナンケはどちらにもない。
6月20日(月) 5時15.4℃ 16-17時22.2℃(最低14.3℃最高22.7℃) 曇りのち晴れ

天気がよければ、札幌へ鳥見と思っていたが晴れるどころかポツポツ雨、空が明るくなったのは午後3時近くなってからで結局鳥見は諦め札幌行きは明日以降に延期。空模様を見ながら出かけるかどうか思案しながら庭仕事で雑草抜き作業。鳥見を止めて運動不足なので夕方から町内1回りのウオーキングと買い物で約5千歩。雑草抜きはたっぷり時間をかけたので南花壇と裏の畑が綺麗になった。残っているのは家の北東側サクランボの木の付近だけ。6月も下旬になってガーデニングシーズンのピークが近付いてきたが。クレマチス2種が新規に開花など賑やかになってきた。

6月19日(日) 5時13.2℃ 14時24.4℃ (最低11.3℃最高24.8℃) 晴れ時々曇り
朝食後庭仕事再開。今回は植え込みよりは雑草抜き。雑草に埋もれた宿根草の救出。昨年まで隙間が目立った北西側花壇も大株に成長した宿根草で大分良い感じに。雑草を押さえ込むぐらいに株が成長すると後は楽だが株が小さいうちは雑草抜きは欠かせないが・・・。予定より早めに作業も終わったので昼前に帰途に。途中丸瀬布の藤園の藤を見に寄ったり買い物をしたりしたので家に着いたのは5時近く。予報ほどかんかん照りでなかったらしく鉢物の花達も元気だった。
6月第3週
6月18日(土)5時14.1℃9&11時15.5℃(最低12.5℃最高16.3℃)曇り
朝8時に出発、三笠から高速道。旭川鷹栖で一旦降りてイオンで買い物再び高速で奥白滝PAで昼食休憩生田原には1時過ぎ到着。雨が降る前に一通り庭仕事夕方小雨が降ってきたので遠軽の町中の園芸店で庭に補充する宿根草苗を購入。田舎の園芸店だが此処の店なかなか品揃えが良い。オルレイヤまで置いていて安かったのでつい1株買ってしまった。
6月17日(金) 5時12.5℃ 14時22.5℃ (最低11.9℃ 最高22.7℃) 晴れのち曇り

数日前5月並の寒さがあったばかりなのに今日は7月並の気温に。朝は久しぶり西島松の第2遊水池へ散策路を一回りしたら一寸汗ばむぐらい。鳥はコチドリぐらい。妻が昼からから手編みサークルなので早めの昼食は作り置きしていたナン。妻を送ったその足で茂漁川と漁川上流へ。何処でもカワセミヤマセミには出会えず。ダムには何の居ないかと思ったら対岸の暗がりに雄のオシドリ。久しぶりデジボーグを使った。他めぼしい物もないので早めに撤収、HCに寄って娘の庭用に1年草苗を少々購入。妻の手編み仲間に妻のお気に入りのオルレーヤとアストランテアの苗を差し上げた。苗提供で大きくなりすぎた苗もこれでほとんど出払った。明日明後日は一泊で出かけるので日誌の更新は遅れます。

6月16日(木) 5時11.9℃ 13時20.5℃ (最低11.8℃ 最高21.2℃) 晴れ

午前中久しぶりに野幌の森林公園へ大沢口ではなく昭和の森付近、沼にカイツブリの姿、あとはマガモとアオサギ程度、1時間ぐらいで切り上げ東野幌の「風あしらい」に寄って苗少々購入。午後は近くの農家の苗直販で娘の庭用の安い一年草苗を求めたが、在庫が少なくなって余り良い苗が手に入らなかった。もっと前に買っておくべきだった。そのご漁川のBポイントで1時間ぐらい観察したが今年はこの場所ではカワセミの営巣は無さそうだ。A地点のショウドウツバメ抱卵しているものも居そうだ。今日の鳥見暑からず寒からずで成果は無かったが気持ちは良かった。

6月15日(水) 5時11.3℃ 13時17.1℃ (最低11.2℃ 最高18.0℃) 晴れたり曇ったり

朝は雲が多かったが徐々に日が射し始め、昨日までの低温傾向から抜け出してきた。妻を送るなどの用事があって久しぶりの鳥見も1時間程度。体調にイマイチ不安があるので機材を担いで移動したりする必要のない漁川上流。対岸にカワセミの姿をチラッと見たぐらいで目当ての鳥の気配は無し。この数日芝生の雑草抜きに注力しているが丹念に見ると芝草の陰に発芽したばかりの雑草が見つかるので今日もピンセットで抜き取り。このところの作業でこうした雑草も大分少なくなってきた。アストランティアの苗提供最後の人から切手が届いて今期分は完了。今回は数も多く梱包ようの空きペットボトルが追いつかず大変だった。

6月14日(火) 5時12.3℃ 14時14.3℃ (最低12.2℃ 最高14.4℃) 曇り後雨

朝の内霧雨で路面が一寸濡れたがその後はいつ降り出すのかといった感じで3時ぐらいまで。その後小雨が降り始めた。気温は1月以上季節が戻ったような薄ら寒さ。午後、路面も乾いてきたので買い物を兼ねてウオーキング、昨日なら汗ばむ程度の早足で歩いても頬に当たる風が冷たく汗もかかない。風邪が治りきらずダラダラと微熱が出たり下がったり続いていたが今日は朝から終日平熱。食欲も夕方にはほぼ普段通り。それにしても随分かかった。

6月13日(月) 5時12.9℃ 12時17.4℃ (最低11.9℃ 最高18.5℃) 曇り一時小雨のち雨

朝から降りそうで降らないといった感じの天気。朝食後軽くウオーキングにでもと家を出て100mもいくと雨がポツポツと来たのですぐ帰宅したが降るという所まで行かず。しばらくして空も明るくなったので再出発したが500mぐらい行ったところでまたもやポツポツ、用心のため傘を持ってきていたがしっかりした降りになったので帰って約2000歩。午後軽く一雨降ったがすぐ上がったので再々挑戦して7千歩確保。帰ってからは芝生の雑草抜き。頑張って3坪ぐらいしらみつぶし。これでほぼ駆逐したがO数日後にまた芽が出てくるのがあるので完全駆逐は一筋縄ではいかない。
体調は大分回復はしたがまだ微熱が出ることがあって完治とは言えないようだ。
6月12日(日) 5時14,6℃ 13時18.7℃ (最低12.4℃ 最高19.4℃) 曇り一時薄日
昨日ほど気温は上がらなかったが似たような天気が続く。朝、一寸微熱があったがそう休養ばかりもしておられないので涼しいうちに軽くウオーキング、午前中に買い物など追わし昼からは体調を気遣って妻が芝刈り機を使って芝刈り、初めてなので使い方など指導したり使用後の機器の手入れなどがあるので大して楽が出来たわけではないが汗はかかずに済んだかも。その後はDVDでドラマを見たり野球中継をみたり。夕方からは刈った芝生に目立つ細かな雑草を丹念にピンセットでぬく作業、数が多いので1時間で1坪ぐらいの面積の雑草は駆除できたがもう1日ぐらいみっちりやらないと。このところ久しぶりに芝生のメンテに燃えてきた。
6月第2週
6月11日(土) 5時13.8℃ 12時22.7℃ (最低13.6℃ 最高22.9℃) 曇り後薄日一時雨
このところ南風(湿潤)の流入で気温は20℃を超える事も多いが空気が不安定で俄雨が降ったり。体調も大分回復してきたので朝食後気温の上がらない内に町内をウオーキング、まだ身体が本調子でないので距離は普段の6割ぐらい途中から妻と別れショートカットして帰宅。負担にならないように歩調もゆっくりだったが帰宅したら一寸汗ばむぐらい。熱も出ないようなので続けて庭仕事は芝生横の白のノイバラをかなり根元から切りつめた。根元から太さが3cmぐらいの幹が何本も上がって居るが繁った葉もすごく下の植物が見えなくなっていたがすっきり。生育旺盛なバラなので今年は寂しい感じだが来年には又復活するだろう。切った枝を車に積んでごみ処理場に持ち込んで埋め立て処理。盤尻まで行ったついでかつてのヤマちゃんポイントへ車を入れた途端すぐ近くで鳴き声がして飛び去ったようだ。車から降りて探したがもう見つけることは出来なかった。午後は北広のスポーツセンターへ中学生の孫のバスケットの試合の応援。帰り恵み野で買い物して帰宅。久しぶり身体を動かしたが夜になっても熱は出ないようなので明日ぐらいから普段の生活に戻れるのかも。
6月10日(金) 5時13.9℃ 11時18.7℃ (最低12.9℃ 最高19.4℃) 曇り一時薄日がさしたり小雨だったり

予報では午後は雨だったが雨はほんの一時で薄日もさす時間あった。暑からず寒からず。妻は札幌へお出かけ、風邪も治りきっていないので鳥見は余り歩かずに行けるBポイントで1時間カワセミを待ったが姿はおろか声もせず。先月中旬まであれだけ良く止まり白い糞の跡があった枝も新たな糞の後がない。あのツガイのカワセミ何処へ行ったのだろう。ショウドウツバメは巣の上流側や下流側にで以前のように大群で飛ぶのではなく♂♀2羽で揃っている姿が見えるが巣穴への出入りもそこそこあるので既に抱卵の巣穴もあるのかも。まだ時折微熱も出る感じなので午後は出かけるのを控え、パン作りなど。この週末道東の孫の運動会に行くつもりだったが体調にやや不安があるので中止。

6月9日(木) 5時15.3℃ 11時19.1℃ (最低14.7℃ 最高20.6℃) 曇り夜になって雨

起きたら熱も無いので鳥見にでも行こうかと思ったが朝食を摂ったり身体を動かしていると一寸微熱。どうも直りきらないので念のため病院へ行くことにしたが予約無しでは朝一で行っても待たされるだけなので9時ぐらいまで鳥見ポイントをザッと(車で)回りHCで買い物をしてから10時半過ぎに病院へ薬局で薬を受け取って帰宅出来たのは1時近く。遅く行った割には早く終わった。鳥見は漁川上流と下流、ヤマセミポイントは予想通り空振り、ショウドウツバメはどうやら子育てに入ったようで飛び回っていた。その近くでは子連れのコウライキジ♀に出会ったがすぐ藪の中に姿を消した。午後、熱も上がらなくなって風邪の方はほぼ直ったようだが、一寸腰の方が・・・・。今回の風邪?で体重が1Kgほど減ったが夜に測ったら既に0.5kg戻っていた。

6月8日(水) 5時13.6℃ 13時21.1℃ (最低9.5℃ 最高21.5℃) 晴れたり時々曇
札幌や遠軽も夏日(最高が25℃以上)になったようだがここ恵庭はそこまでは行かずほどほどの暑さ。今日も夕方まで37度前後の微熱が続き外出は苗発送に郵便局に行っただけ。あとは庭で花の写真をとったり水遣りをしたぐらい。今年は芝生の雑草がこれまでになく目立つ見かねた妻が午前中の余り暑くない時間に雑草取りをしたがまだまだ根絶までは遠い道のり。去年からの手抜きのツケが一気に現れたようだ。体調の回復がイマイチなので明日も鳥見は無理っぽい。カワセミポイントも今時季状況が変わるのでチョット気になるが車から荷物を担いで多少歩く場所が多いので無理は出来ないかな。アストランティア苗提供締め切ったつもりの後にも申し込みがあって昨日今日追加発送したが今日で完全終了をHPでも宣言
6月7日(火) 5時8.4℃ 12時21.7℃ (最低7.6℃ 最高22.0℃) 晴れのち薄曇り

予報よりは良い天気。風邪の具合は昨夜中に38度超えをピークに徐々に下がり朝には37度台前半まで下がったがその後は一進一退夕食後になってやっと36度台に下がった。朝、アストランティア郵送のため郵便局に行った以外は時折庭を眺めるぐらいで静養の1日。明日一日ぐらいは我慢、家でじっとして居なければいけないかな。
6月6日(月) 5時7.5℃ 12時21.3℃ (最低6.1℃ 最高22.3℃) 晴れたり曇ったり一時俄雨
午後になっても熱が下がらないので病院へ。感染症ようの抗生物質の薬が出ただけ。夕食後に薬を服用したが熱は下がらず昨夜よりひどい。熱さまシートを貼って寝るしかないか。

6月5日(日) 5時11.8℃ 11時19.5℃ (最低10.4℃ 最高20.1℃) 晴れ後時々曇り

昨日がこんな天気だったら良かったのにと言うような良い天気。微熱が続くので℃超えも出かけずに家でゴロゴロ良い天気なので庭の草取りでもと少しやってみたが今年の芝にはこれまでになく雑草が多い。けだるいのでやる気も無くなってポット苗を一寸植え替えた程度で家に入って又ゴロゴロ。喉の痛みが残っているのでちょっと長引きそう。

5月第4週/6月第1週
6月4日(土)5時11.3℃15時13.9℃=最高(最低10.2℃)曇り時折霧雨?

北広の孫娘の運動会。島松の小学校も運動会らしく6時に花火が上がったが空はどんより気温も上がらない。予報では寒いと言っても15℃ぐらいにはいくと思っていたが午前中は12℃台から上がらないで時折ポツポツ雨粒も落ちてくる始末。身体の芯まで冷えて昼食後午後の競技は見ずに帰宅。どうやら直りきっていなかった風邪もこじらせたようで夜になって熱を測ったら又熱が出てきた。明日も鳥見どころで無さそうだ。アストランティア苗1つ発送。今季はこれで終わりにしたい。

6月3日(金) 5時11.3℃ 13時17.1℃ (最低10.8.8℃ 最高18.4℃) 曇り時々晴
朝に小雨があったが間もなくあがり気温も持ち直してきたが、日射しも弱いと体感気温は低い。金曜で妻も手編みサークルだし、未だ風邪が抜けきっていないので買い物に出かけたぐらいで後は家にこもって撮り貯めてカメラのメモリーに入ったままの沢山の画像ファイルをチェックしながら削除したり2階のディスクトップに外付けした大容量HDDに保存にしたり。最近のカメラ画素数が多いので1枚の写真も8MBとか数年前の10倍以上のファイルサイズなので画像ソフトに読み込むのも瞬時には行かず時間がかかり1日仕事。あすは北広の孫娘の運動会、小4の今年は午後の種目もあるので鳥見などはお休みになる。
6月2日(木) 5時7.4℃ 14時14.5℃ (最低6.6℃ 最高15.2℃) 曇時々薄日

午前中は野幌森林公園に。先日のフクロウの雛の様子を見に行ったが全部巣立って他に移動したらしい。場所を変えて別口にいくとこっちは親鳥が散策路傍でのんびり雛と違って人気がないのかギャラリーも数人だけ。昼は久しぶり野幌のモスバーガー。帰り道「庭の花」にもよってアストランティアの大輪種「ばっくランド」ほかGET。午後は漁川のカワセミポイントへ。先月中は待てば必ず出会えたポイントも先日から空振り続き、今年はこの付近では営巣していないのかも知れない。ショウドウツバメも寄ってみたが全く姿がない。時間帯によっては別の場所に移動しているのかも。昨日からの風邪、直ったのかと思ったが夕方熱を測ったら一寸高め。

6月1日(水) 5時7.2℃ 13時13.5℃ (最低6.2℃ 最高14.5℃) 晴れ(薄曇り)
昨日よりも一段と気温が下がって寒い。それでも薄日がさしていたので苫小牧方向にドライブ。北大演習林は1年ぶりだが苫小牧は日もささず一段と寒いなか林内をひととおり回ってきたがカワセミが飛び去るのが見えたぐらいで鳥のさえずりもなく静か。早々に引き上げイコロの森へここでも寒いので庭を見るのはパスしてグリンセンターで宿根草をチェック。アストランティアは10種類で店の中で随分目立っていたが雪融けが遅く低温なイコロではまだ芽が出たばかりのようで成長が随分遅れていた。わが家にない品種が2つばかりあったが購入するほどものではない。帰りどうも身体がだるく声も鼻声、どうやら風邪を引いたらしく帰宅後熱を測ったら一寸熱があった。風邪を引いて熱が出たのは一体何年ぶりだろう。
5月31日(火) 5時4.3℃ 12時17.0℃ (最低2.2℃ 最高17.2℃) 晴れ
天気が良いが気温は低めで4月並の気温。鳥見というか新たなカワセミポイントを探しに幾つかのポイントでそれぞれ1時間程度観察したがすべて空振り。1週間前ぐらいまで必ず出会えたBポイントでも姿がない。巣を引っ越した?。今日の収穫はたっぷりの蕗だけ。先週BBSを復活、アストランティアの開花報告2件はいる
5月30日(月) 5時9.2℃ 11時17.6℃ (最高18.4℃ 最低7.4℃) 晴れのち曇り
ガーデニングの方もシーズンになってきたので鳥見は午前中か午後かどちらかで行くつもり。今日はショウドウツバメが気になるので巣穴に日が当たる午前中に鳥見。営巣行動の邪魔をしないように対岸の木立の間にブラインドを張ってデジボーグの超望遠で。午後は庭仕事、妻が組み合わせを決めた寄せ植えに土をブレンドして入れたり。今年はこれまでより寄せ植えも少なくするつもりだがそこそこ数が増えてきた。
5月29日(日) 5時12.9℃ 14時17.3℃ (最低12.4℃ 最高18.6℃) 曇り一時雨のち薄日

娘母子を送って旭川まで、帰りは旭川で上野ファームのナセリー、月形のコテージガーデンを回って帰宅。いつもの帰路と違い野幌まで来てから恵庭江別線を通った。野幌も久しぶり北広のGSでの給油も久しぶり

5月第3週
5月28日(土) 5時13.6℃12時20.7℃(最高21.7℃ 最低12.4℃) 曇り時々晴のち雨

今日は北広の孫の中学校で体育祭(運動会)、生田原の孫が来ていてその母親が札幌へ出かけたので一緒に運動会の応援。流石に午後は応援も飽きたらしく家にもどって同い年の孫娘と(従兄弟同士で)で遊んでいた。午前中日が射したりで暑いぐらいの天気も徐々に雲が厚くなってきた。そんなこんなで今日は鳥見もお休み。明日は娘親子を旭川まで送りついでに旭川や月形のナセリーなども回ってくる予定で鳥見は明日も無しの予定。

5月27日(金) 5時7.1℃13時18.1℃(最低6.7℃ 最高19.6℃) 晴れ時々曇り

午前中Kさんからの情報でフクロウの雛に会いに出かけた。気温が上がってきたせいか虫がウジャウジャ。油断して虫除けなどの準備が無かったがお隣に陣取った女性が虫除けスプレーを貸してくれたので何とか虫さされはしなくて済んだ。モコモコも雛が3羽ぐらい出てくれるらしいが居る間には2羽しか見られなかった。午後からの方が順光で条件が良くなるのだが今日から日曜まで娘と孫がやって来るので準備のため1時間ほどで帰宅。乳製品にアレルギーがある孫用にバターの代わりにショートニングを使ったショートニングロールを24個作り残った。帰るまでに食べきれなかった分は本人に背負て持ち帰えらせる事に。明日の昼食用にナンを3人分製作冷凍保存。このところ毎日熊本の孫からskypeのTV電話がかかってくるが今日は孫同士が画面を見ながらきゃっキャ。
明日は北広の中学生の孫の運動会。天気も下り坂の予報だが何とか雨だけは降らないで欲しい。
5月26日(木) 5時6.9℃ 13時20.4℃(最低6.3℃ 最高20.9℃) 晴れ
朝こそ曇っていたが早い段階から晴れ夏らしい陽気になった。午前中は通院で潰れたが、予約が10時だったので朝一で苗の郵送や送金、特売の買い物など先に出来た。午後は裏の畑にミニトマトの苗を植え、ビニールの空き袋で防風や芝生の芝刈りなど園芸モード。3時頃陽気もいいのでこのところ姿を見ていないB点でのカワセミを見に1時間ほど鳥見。いつも止まる枝に余り留まらず素通りが多い。どうやら産卵し抱卵のため交代で巣穴に出入りしているようだ。写真は撮れず
5月25日(水) 5時8.7℃ 15時18.1℃(最低8.5℃ 最高18.6℃) 曇り後晴れ

朝、天気もぱっとしないし庭仕事もすることが多いので鳥見は止めて庭仕事を始めたら日が射して気温も上がってきた。やりかけたので午前中は畑の雑草抜きやクレマチスを絡めるスチールの網を取り付けたり。ホーマックで用土や支柱の竹を買ったり。午後は漁川下流Aポイントでショウドウツバメの巣作りを撮りながらカワセミ待ち。カワセミはポイントへ入ったときに飛び去った姿を1度チラッと見ただけでBポイントでの1時間待ちでも空振り。

5月24日(火) 5時6.6℃ 13時13.8℃(最低6.2℃ 最高14.6℃) 曇り後薄日
午前中は札幌にお出かけ、36号線で中央区まで車で行くのはかなり久しぶり。ストリートビューが結構変わっているような・・・。帰りは北広島のダイソーによって恵み野店で在庫切れで買えないお気に入りのキャラメルを買って帰る。ガソリンの給油ついで漁川上流と下流Aを覗いてみたが成果無し。先日ショウドウツバメが乱舞していた場所を対岸から見たら崖に沢山の穴が開いていたがツバメの姿は無し、カワセミ2羽が飛んできてすぐ飛び去った。同じあたりに巣を構える可能性はありそうだ。札幌の帰りニトリでフロアスタンドを買ってLED3個で居間のこれまでのシーリングライトの代わりになるか試してみた。ちょっと明るさが足りないがあと2個ぐらいLED電球を追加したとしても節電にはなるが雰囲気は随分変わる
5月23日(月) 5時8.0℃ 15時11.4℃(最高11.8℃ 最低7.5℃) 曇り後薄日
季節が又1月ぐらい逆戻り。道東道北や峠では雪も降ったようだ。天気も悪いので午前中は家に引きこもり午後薄日が射してから一寸だけ鳥見に出たが寒いのでザッとポイントを回っただけ。成果も無し。早めに帰って庭仕事を少し。明日は札幌まで所用で出かけるので明日の鳥見も無しかも。アストランティア苗1つ発送。新規の申し込み1、問い合わせも1。最近お茶は自前で入れて飲んでいるのでペットボトルの空きが不足。苗提供の梱包ができない。

5月22日(日) 5時9.6℃ 15時14.9℃(最高15.2℃ 最低8.5℃) 曇り後晴れ

午前中はカワセミの会の定例観察会と町内会の公園清掃がぶつかったので清掃は妻が参加。観察会では漁川と千歳川の合流部付近の溜池?で一寸珍しいオオバンなど良い場所の存在が判った。午後は妻も一緒に漁川のカワセミポイントABの2箇所へ。Aではカワセミにはすぐ飛ばれたがショウドウツバメの群れが崖に巣穴を掘るため乱舞。此処で子育てをするとなるとしばらくは近付かない方が良いのかも。撤収しようと車を動かしたら車の前至近距離にコチドリ。Bポイントでは雄の翡翠が3回ほど姿を見せた。帰り道の農道沿いで蕗をとって帰宅。

5月第2週
5月21日(土) 5時11.6℃ 12時13.0℃ (最低11.5℃ 最高13.7℃) 曇り時々雨

一日中どんよりとした空、時々雨も、こんな天気では鳥見もパス。北広の孫娘が遊びに来るので迎えに行ってそのまま買い物やゲオでDVDを借りたり。昼は以前に作り置きしていたピザ台を使ったピザ、一日大して身体も動かさず食べる方だけいつも通りだとたちまち体重が急増・・ヤバイ。
5月20日(金) 5時10.6℃ 11&13時19.6℃ (最低9.8℃ 最高20.8℃) 晴れ後曇り夜になって雨
一気に初夏の陽気。日向では汗ばむぐらい。妻は手編みサークルでお出かけなので鳥見は一人で漁川のカワセミポイント3箇所を回った。B地点ではいつもの枝以外にも留まった姿を今年初めて見た。A地点は今日もカワセミの姿無し、ショウドウツバメが飛び交っていた。C地点は相変わらず飛んでいる姿しか見られず。止まる場所が特定できない。午後の鳥見は早めに切り上げ、パン作り。
5月19日(木) 5時10.0℃ 14-15時13.3℃ (最低4.4℃ 最高13.9℃) 雨のち曇り
良い天気が続かず。今日は来週の診察のための事前採血のため病院へ。終わってあちこち買い物へ。久しぶりに作業着などの専門店プロノにも。園芸用の手袋や夏向きの帽子、薄手のヤッケなど。専門店なので色々面白いものがあったりで見ていて楽しい。午後になって薄日が射し始めたので鳥見に出かけたが出た途端に厚い雲、今にも泣き出しそうな空に逆戻り、やむを得ず車にすぐ戻れる場所と言うことで漁川のAとCで観察したがC点で1度飛び去る姿を見ただけ。ここも何処に止まっていたのか今日も判らず。ほとんど空振りなので途中から蕗採りに変更こっちは良い蕗がたっぷりとれた。
5月18日(水) 5時4.9℃ 14時19.3℃ (最低+2.0℃ 最高19.9℃) 晴れ時々曇り
急に暖かくなって6月並の気温。川沿いの吹きさらしでもこのぐらいの気温だと寒さを感じないでカワセミ待ちが出来る。午前中はいつものB地点で妻と手分けして両岸でカワセミ待ちしてみたがいつもの左岸は何度か姿を見せたが右岸では全く姿が見えず。今後は左岸で観察を続けることにした。午後は一人で柏木川第2遊水池回りの散策。何日かぶりカワセミCポイントも覗いたが行ったときに足元から飛び去ったのを見ただけ。再びBポイントで1時間観察したが今度は全く姿無し、昨日は同じ時間帯何度も姿を見せたのと比べて大違い。
5月17日(火) 5時6.6℃ 13時13.8℃ (最高14.6℃ 最低5.0℃) 曇り時々晴
昨日小雨で行くのを止めた恵庭湖の桜公園に行ったが今日も山沿いは雲が厚い。桜も未だといった感じ。帰りヤマちゃんポイントを覗いたが姿無し。茂漁川傍の公園、恵庭公園を散策小鳥の写真を撮って帰宅。昨日梱包しておいたアストランティア苗8個発送。午後は漁川下流のBポイントでカワセミ定点観測。2時間弱で♀2回、♂4回とまずまずの出だが、いつも同じ枝でマンネリ。このポイントがカワセミにとってどんな場所なのか(巣?、餌場?、単なる休憩場所?)未だつかめない。
5月16日(月) 5時+4.8℃ 12時13.7℃ (最低-0.8℃ 最高14.4℃) 晴れのち曇り

昨夜から氷点下まで気温が下がった。午前中は何とか晴れ気温もまずまずだったが午後には雲が厚くなって山沿いでは霧雨が降っていた。午前中は漁川Aポイントでカワセミ観察だったが2時間で一度も姿を見せず。巣穴もあって付近に糞の痕跡もあるのだが、昨日までと同じようでもある。此処での営巣を止めたのだろうか。午後は妻も一緒に恵庭ダムの桜の広場に花見の予定で出かけたが牧場のあたりから霧雨、ヤマちゃんポイント迄行って様子見10分で引き返して茂漁川川沿いを散策しながらの花見に変更。越冬カワセミ狙いで毎日のように通っていた頃からもう2ヶ月ぐらい過ぎた。予想通りカワセミの姿は無かったが下流側の広場でオオルリに出会えた。帰ってアストランティアの苗の梱包作業。芽が出てから大分経って葉っぱも大きくなってきたので2株を1梱包にするのが大変だ。
今年最初の芝刈り
5月15日(日)5時+5.0℃13時10.3℃(最高10.7℃最低2.8 -0.1℃)晴れ

久しぶりに9時前には青空が出てすっきり晴れ上がったが気温は相変わらず低く風は冷たい。午前中は北広のホームセンターへ。最近はDIYもすっかりご無沙汰で此処へも随分久しぶり、帰りは里塚のベーカリーで昼食用や明日からの分のパンを買って帰宅。午後は漁川のカワセミポイントのAとBでウオッチング、両方とも1時間に2度姿を見たがAでは何処に止まっていたのか判らず撮影は出来ず。営巣ポイントかどうかはっきりしない。B点雄も雌も姿を見せたが相変わらず同じ枝でいつもの構図で変わり映えしない。夜になって気温が下がって霜注意報も出ている。

5月第2週
5月14日(土) 5時+5.5℃ 13時10.6℃ (最低+5.2℃ 最高10.8℃) 曇り
今にも雨が降りそうな天気だが一寸だけぱらついた程度。午後一寸だけAポイントへ行ってみたが収穫無し。北広の孫娘が遊びに来ると電話も来たし雨もぱらついて来たので1時間ほどで撤収。普段なら誰も来ないところだが山菜採りらしき車が来たりで落ち着かなくもある。
5月13日(金) 5時 +6.1℃ 14時9.9℃ (最低6.0℃ 最高10.3℃) 雨

1日中雨が降ったり止んだりで気温の高低差も少ない。何処にも出かけず引きこもり状態。夕方になって雨もほとんど上がったので軽く町内を一周したが急ぎ足のウオーキングでも汗もかかないぐらいの気温。アストランティアの苗の申し込みメールがあったりで返信のため久しぶりのメール送信。日頃鳥見に出かけたりでオークションでレンズなどのウオッチングをする時間がとれなかったが今日はたっぷり情報収集できた。

5月12日(木) 5時+1.8℃ 12時17.8℃ (最低+0.3℃ 最高18.7℃) 晴れ

朝は早春並みの冷え込みだが昼には初夏の気温に。朝は漁川下流Aポイントでカワセミの観察。時折やってくるがすぐ飛び去って何処で観察すればいいのかよく分からない。帰り長都のGSで車に給油しついでに長都沼を回って帰宅したが沼には何も居ない。午後は野幌森林公園の登満別口付近を散策、池ではカワセミの姿も見られたが付近に止まらないので撮影は無し。ヤマゲラに出会えればとの期待はあったが空振り。東野幌の苗直販の風あしらいを回って帰宅。

5月11日(水) 5時6.2℃ 13時14.7℃ (最低5.6℃ 最高15.8℃) 晴れ
ようやく5月らしい暖かい一日となった。暖房も朝一寸の時間入れただけですんだ。午前中は妻は庭仕事で鳥見は一人で漁川の上流側へ。目当ての鳥には出会えなかったがオシドリの雌が大きな蛙を飲み込むのに四苦八苦している様子が結構大きく撮れた。「餌 はドングリを好む」などとあったので蛙を捕まえるというのは意外。演習場付近のヤマセミポイント着いたときに上流に姿があったヤマセミも機材を出した頃には姿が無くなって1時間ほどブラインドを張って待ったが戻ってこなかった。午後は妻も一緒に下流側にカワセミ探し。A地点確実に姿は見られるが何処で待てば写真が撮れるのか難しい。B地点、久しぶりにKご夫妻とご一緒したが出が悪く写真も1枚だけ。
5月10日(火) 5時7.9℃ 11時13.1℃ (最高13.8℃ 最低7.4℃) 曇り時々薄日
予報は曇りで鳥見は無理かと思ったら時々薄日も射すので、妻を送ったその足で、西島松、漁川、柏木川などカワセミポイントと言われている所を探し回ったが漁川の3箇所以外では姿を見られず。写真はやはり18号近くのBポイントでしか撮れない。
5月9日(月) 5時6.5℃ 13時13.6℃ (最低6.0℃ 最高14.2℃) 晴れのち曇り
17℃まで気温が上がるという予報だったがさほど上がらず。とはいえ3時ぐらいまで日も射して春らしい暖かさ。鳥見は漁川下流で自分は左岸と妻は昨年通った右岸と手分けして観察したが右岸側ではさっぱり見られなかったとのこと。自分が入った場所からは対岸の1つの枝にのみ何回かやって来たが10cmもずれないほとんど同じ場所に留まるのでいつも同じ構図で「先日の画像と何処が違うのか?」と思われそうな写真ばかり。他のポイントも探さねばと少し上流の水門付近に寄ったら同じ個体と思われるカワセミがツガイでじゃれ合っていた。観察位置の近くの河畔林は伐採されたので止まるのは遠くの枝、此処は姿は見られても豆粒でしか撮れそうもない。迷彩テントを使うには近くを散歩の人が通るので無理。
5月8日(日) 5時+8.8℃ 9時13.2℃ 12時10.8℃ (最低6.7℃ 最高13.5℃) 曇り一時薄日

妻は姉妹でお出かけで札幌、自分は9時からカワセミの会の観察員講習会、1時間ほどカワセミの生態などのビデオを見た後は観察会。分散してあちこちのカワセミポイントへ行くはずが結局全員漁川上流へ。ほぼ1週間ぶりに訪れたが相変わらず閑散。遠くの巣穴にカワセミガ出入りしていたが既に抱卵が始まったようで♂♀交代で出入りがあるらしい。だとすると巣立ちまで1月半来月中旬には巣立ち?、昼は河川敷で豚汁や山菜の天ぷらなど。気温が下がってきて吹きさらしでは寒かった。午後は一寸だけ庭仕事後は寒いのでDVDやTVを見て引きこもり。

5月第1週
5月7日(土) 5時+7.8℃ 14時11.5℃(最低+7.5℃ 最高11.8℃) 曇りのち雨

夜明け前に既に一雨、どんよりとした空で鳥見は撮影は諦め手ぶらで観測ポイント2箇所のカワセミの出具合をチェックし田だけで後は買い物とレンタルDVDを借りて帰宅。午後はそれを見たりで引きこもり。夕方からは雨も本降り。明日は地元カワセミの会のボランティア観察員の説明会があるが参加した方が良いのかどうか。

5月6日(金) 5時-0.5℃ 10時12.0℃ (最低-0.8℃ 最高12.6℃) 晴れ
朝は氷点下まで下がったが昼にはそこそこまで上がった。鳥見現場は風がもろに当たるので冬の装備。午前は漁川下流の2箇所でカワセミの観察。撮影は二の次にして巣穴への出入りを確認したり何処に良く止まるのかなど調べ適当な場所が見つかったら今後の定点観測ポイントにするつもり。お気に入りの餌場なんかが見つけられれば言うこと無いのだが・・・。午後は一昨年の定点にデジボーグ持参して待機、対岸に♂♀交互に姿を見せてくれたがバックが赤土でイマイチ
5月5日(木) 5時+4.9℃ 15時11.2℃ (最低+4.0℃ 最高11.7℃) 晴れ

昼近くから何とか春の気温が戻ってきた。今日の鳥見は午前中はウオーキングも兼ねて西島松、散歩なのでカメラGH2にZD70-300とスナップモード。カワセミも戻ってはいるが余り期待できない。コチドリを一寸追いかけたり。その後は今年のカワセミ待ちポイント候補の1つで様子見。何度か姿を見せたが止まったのは遠くでシャッターチャンス無し。待機するポジションを何処にするか難しそう。漁川上流のヤマセミポイントも行ってみたが出が良くないせいか休日でも誰も来ていない。カワセミも巣穴に出入りしていたが遠すぎて駄目。

5月4日(水) 5時+3.5℃ 11時+1.5℃ 15時6.3℃ (最低+0.7℃ 最高6.4℃) 雨後みぞれ後曇り

朝からの小雨は昼前に本降り更に雪が交じって気温も昼前に最低を記録午後には少しずつ上がってきたが3月末並みの寒さ。道東や峠でも雪、今時季の雪は6年ぶりぐらいらしい。先週から外に出していたオルレイヤの苗もこの寒さで室内に戻した。午後霙も上がってやや雲が薄くなって明るくなってきたので漁川下流の河川敷でカワセミのウオッチ。河川敷に車が入れて車内から水面を見られる場所なので今日のような天気の場合はこんな場所でしか観察場所がない。車からカメラセット予定の場所まで素早く移動できるように邪魔になる藪や枯れ枝などをカットしてポイントの道路整備。此処に営巣してくれると観察が楽なのだがもう少し様子を見ないと何とも言えない
。明日は天気が回復しそうだがこの寒さもう少し続きそうだ。
5月3日(火) 5時+4.7℃ 13-15時9.4℃ (最低3.9℃ 最高10.1℃) 晴れ

久しぶりに朝から日が射しているので朝食後早めに鳥見。最初のポイント工事終了後土手に張った芝の上を歩いていたら水が溜まった所でズボッと埋まって転倒。そこだけ下の土が流されて芝が泥水の上に浮いていただけだった。埋まった片足は泥だらけ。まだ小さかった子供の頃、遊んでいてどぶに落ちて泣きながら家に帰った時の惨めな気持ち・・・そんな記憶がよみがえった。一旦家に戻り昼食後は又めげずにカワセミ探し4箇所ばかり。演習場そばのダムでは久しぶりにヤマセミに出会った他はさほどの収穫無し。今後のカワセミ待ちに適したポイントは未だ見つからない。GH2を使うとデジボーグのMFがすごく楽になるが高速AFなどを使わないのがすごくもったいなく、もっと安いG2あたりで良かったような気もする。GH2にはパナの100-300mm望遠ズームあたりを付けたいところだがG2も買ってとなると一寸出費が多くなりすぎる。
5月2日(月) 5時+7.7℃ 13時5.8℃ (最高8.1℃ 最低2.9℃) 曇り時々風雨
朝の内は気温が高く雨もなかったので新しいカメラDMCーGH2の試写のため鳥見強行。雨が降ってそうなのですぐ車に戻れる場所と言うことでいつもの漁川上流へ。ヤマセミ、カワセミで試したいが姿が見えずセキレイとキンクロハジロしか居ない。GH2はデジタルズームが2倍と4倍がり、ファインダーがライブビューファインダーなのでズーム倍率を上げてやるとそれがファインダーに反映されて大きくなるのでピント合わせが圧倒的に楽になる。さらに今日のようにどんより暗くてもファインダー内の被写体は明るい。超高速連写は秒40コマは多すぎて使えないかも。カワセミが良く止まる対岸にコチドリ似の小鳥が留まったので試写したが、遠くの豆粒はやっぱりピント合わせも難しくデジタルズームで4倍にすると大ききはなるが解像度が落ちて証拠画像にしかならない。セキレイのようなちょこまか動く鳥で練習しているとヤマセミの声が上流側から聞こえてきたが姿は見えず、しばらくしたらツガイ?のヤマセミ2羽が上流から上空を飛んできてそのまま尾根越えで下流へ。雨脚も強くなってきたのでなって撤収。昼ぐらいから気温もぐんぐん下がり風も強くなってきた。道北では雪が降り出したらしい。
5月1日(日) 5時+8.4℃ 14-15時+10.1℃ (最低+7.9℃ 最高10.4℃) 雨
時間雨量はたいしたことはないが一日中ほとんど止むことなく雨が降って気温の幅も2度程度と少ない。鳥見もGH2をデジボーグに付けての試写も出来ず。昼前恵庭の本町に買い物ついでキタムラにGH2用のシャッターリモコンを取りに行った。純正品でないエツミ製でチャッチく安いが軽いのは良い。他は一日中家の中でTVやDVDばかり見ていると運動不足で体重急増、最高水準に達した。
4月第5週
4月30日(土) 5時+2.3℃ 13時17.8℃ (最低+1.9℃ 最高18.4℃) 晴れ後曇り
朝こそこの時期並みの冷え込みだったが日中は初夏並みの気温まで上がった。甥の結婚式のため朝8時半ぐらいに家を出て車で札幌の円山へ。随分久しぶりの札幌行き。去年3月までの通勤路だが1年前とはやはり景色の変わったところもある。甥の結婚式なので、自分の兄弟や甥、姪など一体何年ぶりにあったのか記憶も定かでない人も。昼の祝賀会のあとの2次会などと続き帰宅は午後6時。いつもとは全く違った一日でチョイ疲れた。明日は又天気が崩れそうな予報。鳥の方も端境期で成果も期待できないのでマー良いか。ネットで注文し店で受け取るシャッターリモコンの入荷の連絡が入った。
4月29日(金) 5時+3.7℃ 13時11.7℃ (最低+3.3℃ 最高12.2℃) 曇り後晴れ一時俄雨
朝、久しぶり漁川上流を覗き9時過ぎには家に戻り、先日オークションで落札し今日着く予定のGH2ボディとMフォーサーズアダプターの配達を待つ。昼近くに配達されたのでネットの取引連絡や評価を書き込んだりしてから、庭の花などを試写。メーカーが違うと操作や設定の仕方も違ってAUTO以外で使いこなすのはしばらくかかりそう。先日から新たなカワセミポイント探しで漁川下流にブラインドを張ってカメラもセットしたら俄雨で慌てて撤収。ガソリン給油に最近よく使っている長都の出光GSへ行きついでに千歳川上流のヤマセミポイントを覗いたが気配も無し。去年の今頃は道外からの団体も来て賑やかだったポイントも今年は寂しい限り。あすは久しぶり晴れマークの予報だが甥の結婚式で朝から札幌へ行くので鳥見は無理かな。GH2とデジボーグの組み合わせで遠くのヤマちゃんあたりで試写したいがちょっとお預けかな。
4月28日(木) 5時+6.5℃ 14時11.4℃ (最低+6.4℃ 最高12.0℃) 雨のち曇り
昨夜からの雨は昼過ぎに上がったが夜に又雨。朝の気温は高めでも日中の最高気温はさほど上がらず。今日は鳥見はお休みにしたが庭仕事が出来るわけでもなく雨が上がった午後になって野幌の園芸店「庭の花」まで出かけ、ギリアレプタンサ、オンファロデス、銅葉のニガナ(紅ニガナとラベルがあったがクロニガナとかカラスバニガナが正しいようだ)をGET。どれも花が着くまでしばらくかかりそうなので植え込みも大分先。札幌通勤が無くなってから野幌方面に車を走らせるのは久しぶりで沿道の建物が変わっていたりでちょっと驚き。鳥も花も画像がないのでどっちのblogの更新もないのでWebサイトのトップ画像とプロフィールを直し、アストランティアの苗提供再開のお知らせなどUP
4月27日(水) 5時+3.0℃ 14時14.2℃ (最低+2.8℃ 最高14.6℃) 曇り後雨
予報は曇りだが時折雲が薄くなって薄日が覗いてきたので鳥見と言うかカワセミの観察場所の開拓に出かけ昨日の3箇所でそれぞれ1時間程度様子見と居場所の藪を刈るなどの準備。昨日は3箇所で顔をみせたカワセミは今日は何処でも出会えず。ノビタキやカワラヒワ、コウライキジなどでblogはお茶をにごす。夜になって本格的に雨が降って予報では明日も雨、鳥見も園芸も無理?
4月26日(火) 5時+3.9℃ 13時13.5℃ (最低;3.7℃ 最高14.6℃) 晴れ後曇り一時小雨

今日も不安定な天気で昼過ぎから日が射しながら雨が降ったり。気温の方はそこそこなので時々暖房を止めたりできた。鳥見は撮影チャンスは無かったがヤマセミの意外な飛び方を見たり、午後は漁川下流のカワセミポイント3箇所でにカワセミガの姿を見ることが出来。その内の一番下流ではツガイらしき2羽を確認できた。

4月25日(月) 5時+4.4℃ 12時10.8℃ (最低+2.4℃ 最高10.8℃) 雨が降ったり止んだり
日が射したと思ったら雨が降ったり一日中定まらない天気。昨夜のパナソニックのミラーレス1眼LumixGH2ボディに続いて今日はフォーサーズレンズをマイクロフォーサーズボディに付けるためのアダプターMMF2をオークションで探して落札。その送金のため普段使っていない自分の小遣い用の労金の貯金を下ろしに市役所内のATM迄行ったり、レンタルDVDを借りに行ったり鳥見なしでもそこそこ忙しい。雨の合間に漁川下流のカワセミポイントにチラッと様子見。一昨年夏によく通ったが昨年夏はほとんど行っていない場所なので雑草や踏み固めて付けた径も消え笹藪もはびこって此処を又使うとすれば多少手間を要す。渡りのカワセミがまだほとんど戻ってきていないようなので何処のポイントにしていいのかなかなか決まらない。
4月24日(日) 5時+7.0℃ 14時11.8℃ (最低+6.4℃ 最高12.8℃) 晴れたり曇ったり

ようやく雨もあがって日が射すようになったが、いつもの漁川上流、ヤマセミの姿は無し、カワセミは飛ぶ姿をチラッと見ただけでどこに止まったか判らず。カモもキンクロハジロが姿を消し、マガモのツガイとオシドリのツガイ各1組ぐらい。下流のヤマセミポイント道路が乾いていないのであと数日近づけない。下流の新たなカワセミポイント開拓に車内から観察してみたがまだどうなるのか判らず。午後、孫のバスケットの練習試合の応援。

4月第4週
4月23日(土) 5時+5.6℃ 16時10.1℃ (最低+3.4℃ 最高10.2℃) 雨
一日中雨、強くなったり霧雨程度だったり。気温はさほど低いわけではないが日射しもないのでFFストーブは冬の温度設定で点けたまま。鳥見も出来る状態でないので一日中引きこもってTvを見たりネットオークションでカメラの価格状況を調べたり。
4月22日(金) 5時+2.2℃ 12時4.6℃ (最低+2.1℃ 最高+4.7℃) 雨が降ったり止んだり

朝からどんよりとした天気で時々雨が降り寒い季節が1月ぐらい後戻りした感じの一日。朝一での買い物を終わらせ、その足で鳥見に行く予定だったが晴れるどころか霧雨でさっぱり気温も上がらないので中止してすぐ帰宅。録画したTVドラマなどを見て午前中時間をつぶす。午後雲が薄くなって空が明るくなって来たので漁川上流にでもと出かけたが、市街地を抜けたあたりから次第に霧雨。途中で引き返すのも何なので一応発電所ダムまで行ったがマガモが2ツガイ居るだけ。車内で様子を見て居ると雨も本格的になってきたので20分ぐらいで撤収。町中まで戻ると雨もあがってきたのでそのまま下流の河川敷でカワセミポイントになりそうな場所探し。去年のポイントより下流に車を止めて川岸まで入りやすい何カ所か見つけたが肝心なのはカワセミが何処に止まってくれるかだ。これが判るまであちこち巡回型の鳥見を続けなければならないが明日は荒れ模様の天気らしいので河川敷を歩き回るのは無理かも。

4月21日(木) 5時+3.0℃=最低 12&14時7.1℃ (最高7.6℃) 曇り時々雨
朝から小雨が降ったり止んだり、昼前チラッと薄日が射しかけたので鳥見に出たら小雨に降られたり。漁川上流の道路沿いで遠くにヤマセミ。何度か水浴びダイブなどサービスは よいが遠いし枝が混み合っていつもの枝かぶり画像の山。午後も雨があがったので下流でカワセミ探しと土手の道ウオーキングのつもりだったが雨で車の中から様子見し特に収穫無し。明日もぱっとしない天気で鳥見は無理?
4月20日(水) 5時+0.8℃=最低 14時10.5℃ (最高11.2℃) 概ね晴れ

朝の内は気温も余り上がらずちょっと寒いが昼ぐらいから気温も10℃ぐらいまで上がると爽やか。日向では気持ちが良い。午前中は鳥見と言うよりは散策目的で西島松の柏木川遊水池へ。屋外授業?の学生のグループが水たまりを覗いていた。終わって近くのサンガーデンに寄ってオルレィヤとポレモニウムを買って帰る。オルレイヤ種まきしPOTあるが上げしたものが25POTあるが寄せ植えなどにつかえるのは大分先。当座使うものは買わざるを得ない。宿根草並みの値段が付いていた。その足で農家の直販でビオラとアリッサムをGET。鳥見もほどほどにして園芸の方にも一寸は気を配らないと庭も荒れ果てるし。午後は漁川上流でヤマセミ、カワセミ狙い。何とか両方に出会えた。

4月19日(火) 5時+1.1℃ 14時11.7℃ (最低+1.0℃ 最高+11.9℃) 晴れのち薄曇り
予報より若干良い天気。午前中は漁川のヤマセミ探し、演習場傍のポイントで遠くのヤマセミ画像確保。去年の今頃はは結構近くでとるチャンスがあったが今年は豆粒ばかり、デジボーグをもってしても厳しいものばかり。いつものポイントではヤマセミは出てこない。カワセミの姿も見られなかった。渡りのカワセミは未だなのか午後漁川の去年のマイポイント付近に入ってみたが樹も切られて身を隠すのが困難でブラインド必須になりそう。此処での観察はGWぐらいからか。
4月18日(月) 5時+3.8℃ 14時+6.8℃ (最低+2.3℃ 最高+7.5℃) 曇り一時薄日
予報では午後晴のはずが一瞬日が射した程度でほとんど曇り空。朝給油のため長都、ついでに千歳川を覗いてみたが遠くでヤマセミの姿を見たぐらいで収穫無し、長都沼もほとんど鳥が居ない。午後は一人で漁川上流へ。いつものポイントでは対岸の排水孔に出入りするカワセミは見えたが胡麻粒で写真にならず。コガモのツガイが1組。後は常連のキンクロとマガモ。オシドリは♂1羽しか見えなかった。一寸下流側いつもの道路っぷちでカワセミに出会ったが枝陰でなかなかかわせず三脚の高さを縮めて地面から30cmぐらいの低い位置で何とか被らずに撮れたがやはり遠すぎと暗いのでクリアに撮るのは無理だった。普通はこの位置のヤマセミは見つけるのは無理だが先客があのあたりに居るはずというので丹念に探したため。連日ヤマセミ探しをやっていると普通は見つけられないような枝かぶりの豆粒でも見つけるのが我ながら上手くなったがその分つい条件の悪いものも撮ってしまう。良いのか悪いのか
4月17日(日) 5時+1.0℃ 14時+5.8℃ (最低+0.7℃ 最高+6.2℃) 霙のち曇り

朝起きたら芝生が久しぶりに真っ白。間もなく雪は融けたが、風が強く体感的には寒い一日。午前中はカワセミの会のボランティア活動で漁川〜茂漁川の河川敷でゴミ拾い。黄金橋下のゴミがひどいのは橋の上からゴミを捨てる不届きものが結構多いと言うことのようだ。午後少し空が明るくなってきたので漁川のカワセミポイントの様子見。冬の間に河川敷の雑木の伐採が行われ去年良く通ったポイントも林が切られ生きやすくなったが回りから丸見えブラインドが必要。まだカワセミが戻っていないようなのでどのあたりが良いのかしばらくはポイント探しに歩き回らなければならないかも
4月第3週
4月16日(土) 5時+7.5℃ 8時+8.7℃ 12時+7.9℃ (最高8.9℃ 最低+2.3℃) 雨

ほぼ一日中雨。朝の内に最高気温に達した後は右肩下がり。鳥見ははなから諦め外出も無し。5X5の25連結のセルポットで育てていたオルレィアの種まき苗をPOT上げ。4X6=24POTが並ぶケースに入れたが2階の南向きの部屋にブルーシートを敷いた上に置いた。1個だけケースに収まらないPOTは別扱いで場所も優遇。昨日撮った鳥の画像枚数も多いので写りの良くないものを削除したりCFメモリーから外付けHDDに保管したりの作業も。デジボーグに付けるカメラ今はE-30やE-510を使っているがミラーショックのないマイクロフォーサーズの機種LumixG2あたりを専用にしようかと考えオークションや通販で情報収集。上位機種GH2と言うのも魅力的。

4月15日(金) 5時+5.4℃ 12時13.1℃ (最低+4.7℃ 最高14.0℃) 曇り一時晴

気温は高いが風が強く余り日も射さないので体感的には寒い。昼前に妻を公民館まで送ってそのまま鳥見へ。漁川下流のカワセミポイントで20分ほど待ってみたが姿無し。気温が高いのでこれまでより薄着で出たが寒くて家に戻ってダウンに着替え漁川上流へ。戦車道は泥が大分乾いてタイヤの汚れは余りないのは良いがヤマちゃんは遠くで枝かぶり。先客と情報交換し更に上流へ。いつもの道路沿いのポイントでヤマセミ発見傍にあったFZ28で画像確保したがすぐ奥に飛んでいったので三脚やデジボーグをセットして狙ったが遠いのと枝かぶりで証拠写真。そのうちカワセミが比較的近いところに出てきたのでバシャバシャ撮れたが、ピントの甘いのが多い。特に遠くにピントが合った状態から急に近くに来られるとヘリコイドを回しても近くに合焦出来ずネジをゆるめて鏡筒を伸ばしてからリングで微調整するので動きが速いと追いつけない。この数日空振り続き、その前はカモの画像でblogはお茶を濁してきたが今日は久しぶりにヤマカワ画像がアップできて気分が良い。明日は天気が崩れる予報、鳥見はお休みかな。

4月14日(木) 5時-0.9℃ 13時-13.2℃ (最低-1.0℃ 最高13.9℃) 晴れ時々曇り

午前中は通院。午後漁川上流へ鳥見、対岸近くで作業があったとかでカモ類も逃げだし超閑散。遠くの巣穴に出入りするカワセミの姿が見られたが胡麻粒で証拠画像にもならず。久しぶりKご夫妻とご一緒。先だって下流のダムを覗いたら中洲のヤマセミが居そうなあたりにブラインドも無しでカメラをセットしている先客。この位置でこうやられたらヤマセミも来ないのですぐ撤収。

4月13日(水) 5時+3.4℃ 12時+3.4℃ 16時+7.9℃ (最低+0.7℃ 最高+8.2℃) 雨後曇り→晴れ
昼まで雨、そう激しくはないが水たまりも出来る程度の降り。昼過ぎになってあがり夕方には日も射し始めた。鳥見は完全休業で家の中でパン作りに専念。先日の新聞で紹介されていたレシピで強力粉にご飯を加えたモチモチのパン生地であんパン9個、とろけるチーズ入りのパン5個。普通(小麦粉)の生地でいつものバターロール27個を焼いてピザ台1枚は冷凍保存。低めの温度(室温)で発酵させるので発酵待ちの時間も長いので合間に録画TVドラマなどを見ながら朝から昼過ぎまでダラダラ一日がかりといった感じ。
4月12日(火) 5時-2.3℃ 15時+9.1℃ (最低-2.4℃ 最高+9.5℃) 晴れ

今日は妻の通院日。8時頃家を出て妻を病院まで送ってそのまま漁川へ鳥見。2時間ぐらいヤマちゃんの出てくるのを待ったが今日も駄目。待っている間、地元カワセミの会のモモンガさん達が来て一緒に観察。穴?に出入りするカワセミを見つけたが巣穴として使うのかどうかまだ断定は出来ないが期待は持てそう。終わって妻を拾って帰宅。午後は妻も一緒に千歳川へ。此処でも1時間ぐらいヤマセミを待ったが振られ、公園でもカワセミは見られず、長都沼を回って帰宅。午後の鳥見の出発時車のタイヤのパンクに気がつき夏タイヤに取り替えて出発したので30分近く出発が遅れたあたりからツキが無かった。帰ってから残りのタイヤも夏タイヤに履き替えた。まだ積雪の心配もあるが、雪が降ったら車を使わなければ良いだけの話し、毎日札幌へ通勤していたときと違って全然気にならない

4月11日(月) 5時+1.9℃ 11時+8.4℃ (最高+8.9℃ 最低-0.2℃) 晴れ後薄曇り

風もあって一寸寒い。朝夕ヤマセミポイントを覗いたが気配無し。数日前に姿を消したキンクロハジロの♂、♀を釣れて戻ってきたので計3羽。これを相手にデジボーグのMFでのピント合わせの練習。カモが泳ぐぐらいでは何とか追いかけてピンを合わせられるがファインダー内の像でピントの山を掴むのは難しく特に朝夕日陰など暗いとなおさらだ。
戦車道横のダムは夜中の雨でドロドロと思われたので行くのを控えていたが夕方には乾いてきたので4時過ぎ覗いてみたが此処も気配無し。もう一週間近くヤマセミを見ていない。
4月10日(日) 5時+0.3℃ 11時+10.4℃ (最低-0.1℃ 最高+11.1℃) 晴れ後薄曇り
午前中は選挙の投票ついでにウオーキングでほぼノルマ確保。帰って雪囲いをとったり軽く庭仕事、南花壇のわが家の一番花チオノドクサが去年より2日遅れて開花。午後になっても日射しがあったのでお休みのつもりだった鳥見にいつものダムに、予想通り今日も空振り。カワセミすら撮れず。帰り浄水場の方に入って崖の上からダムの方を眺めてきた。いつも見ている対岸の崖の後方の様子なども良く見えた。
4月第2週
4月9日(土) 最低-4.7℃ 最高9.9℃ 晴れ

朝と午後2度も出かけたのに撮れたのは遠くのカワセミだけ。漁川上流のこのカワセミ、真冬の目撃情報もあるので越冬カワセミだったようだ。漁川からの帰り西島松の柏木川の遊水池回りの散策路を一周3000歩強の歩数を此処で確保したがそれ以外が少なくノルマに達しなかった。日誌の更新を忘れて寝ちゃった。

月8日(金)5時+6.9℃13時+9.6℃(最高+10.1℃最低-2.4℃) 小雨後曇り→晴れ
朝久しぶりの降水でアスファルトが濡れていた。雨があがっても曇り空なので鳥見は休みの積もりだったが2時頃から日も射してきたので漁川上流へ行ってみたがヤマカワどちらも姿を見せず。待っている間、時々顔を合わせるバードウオッチャーの方と情報交換。この付近にオジロが住み着いているなど知らなかった事も教えて貰った。オマケに北海道の野鳥と題したDVDをいただいた。午前中はCFの写真を選別しながらUSB・HDDに保存に保存。枚数が多いとファイル転送も何分から何十分と結構時間がかかる。
4月7日(木) 5時+3.0℃ 16時+12.5℃ (最低+2.3℃ 最高+13.1℃) 曇り一時晴
曇り空だが気温は高い。風が強いので気温ほどのうららかさは感じない。今日もいつもより大分早く地元のヤマセミポイントを覗いたがはずれ。カモだけが悠々泳いでいた。今日新たに増えたカモはコガモのツガイとカルガモのツガイ。どちらも普段はカメラを向けないが今日は他に撮るものもないのでBlogネタとして確保。夕方柏木川下流の土手を車で進み島松川、音江別川の合流点まで回ってきたがアオサギ・ダイサギが少し居たぐらいでカワセミの気配は無し。明日は雨の予報で鳥見はお休みかも
4月6日(水) 5時-1.8℃ 14時+14.7℃ (最低-3.5℃ 最高+16.0℃) 晴れ 積雪0(午後2時に0に)
一気に季節がひと月先に進んだような暖かさ。今日も早起きして7時過ぎには千歳川にヤマセミ探し妻はウオーキングを兼ねて下流へ、1時間半ぐらいで1度だけ遠くに止まった姿を見ただけ。長都で給油し沼と漁川を回って昼には帰宅。今日の鳥見は気負った割に成果は少ない。午後は雪の下で冬越ししたPOT苗を出したり自転車、物干しを出したり春先の定番作業。鳥見で泥だらけの車を洗車したり。気温が高いので冷たい水を使っても苦痛に感じない。
4月5日(火) 5時-4.1℃ 12時+9.7℃ (最低-6.0℃ 最高+10.1℃) 晴れ 積雪7cm
珍しくいつもより2時間も早く6時台に鳥見に。張り切った割に結果は・・・。いつものヤマセミ早朝現場に着いたときに2羽が1羽のカラスに追われて尾根を越えて逃げていくのが見えただけ午後も行ってみたが鳴き声すら聞こえず。変わったところではオシドリの数が1増、キンクロハジロのツガイが去年と同じ今日姿を見せた。午後は気温が上がってポカポカ鳥見もオーバーズボンなし
4月4日(月) 5時-5.0℃ 14時+3.5℃ (最低-7.1℃最高+3.7℃) 晴れ 積雪11cm
朝から晴れ上がったせいかこの時期にしては冷え込みがきつかった。日射しがあって家の中はポカポカだが外は一寸寒い。朝の鳥見は漁川上流でヤマセミ狙いだったが対岸中洲裏に居たが気づかず気づいたときには下流に鳥羽去る姿が見えた。諦めて茂漁川越冬カワセミの安否確認。3日ぶりの散策路は大分土が出て歩きやすくなっていたがカワセミの姿は無し。10日近く姿が見えないのでこの地点の観察は当分お休み。午後再び漁川上流へ。昨日のあたりでヤマセミ、近いが今日も枝かぶり画像。待ち受けポイントへ行くと先客2人、久しぶりの懐かしい顔も。ヤマセミは不在で戻ってきそうもないので撤収さっきのヤマセミの板あたりを覗いているとカワセミがやってきた。ここのカワセミ今年2度目の撮影。
4月3日(日) 5時-0.9℃ 12時+1.9℃=最高 (最低-2.2℃) 曇り時々吹雪後薄日 積雪17→13cm
第1、第3日曜日はカワセミの会の探鳥会。MLに参加したので探鳥会にも参加し長都沼へ。3日ぶりの沼は前回よりマガンが多く近くの農地にも数百単位で散らばっている。大した収穫もないので午後は漁川上流へ。カラスも最近は居なくなってきてヤマセミも戻ってきたようでツガイで見ることが出来た。ただ此処は止まるところが遠くてなかなかすっきり撮せない。完全に雪が融ければ枝かぶりを避けて良い場所をさがせるのだが。
3月第5/4月第1週
4月2日(土) 5時+0.9℃ 12時+2.7℃ (最高+3.3℃ 最低-2.2℃=21時現在) 曇り一時小雪 積雪15cm
春らしい気温になったなぁと思っていたら途端に雪が舞ったりで少し冬に逆戻り。近所の柏木川の土手は冬の間工事車両が出入りして除雪されていた所為もあって大分前から雪がない。越冬カワセミも居るという噂もあるので観察しながらウオーキング。カワセミが居るといわれている割に夏でも出会ったことがないので今年は少し此処にも力を入れてみようかと思う。下流側の他去年は上流側で遊水池回りで遊歩道工事が行われていた所も一回り。こっちは一部雪で歩きにくいところがあったが来週には雪も消えて遊水池に水鳥なども姿を見せるかも知れない。blogネタの写真もないので昨日ヤマセミに出会った所を覗いたが枝が邪魔ですっきり画像は無理だった。夕方からパン焼き。小さめのバターロール26個できた。
4月1日(金) 5時+1.1℃ 13時+5.8℃ (最低+0.9℃ 最高+6.4℃) 曇りのち晴れ 積雪17cm
予報と違って朝は日射しが無い、昼ぐらいから晴れてきたので鳥見に。昨日は行かなかった地元のカワセミポイントとヤマセミポイント。越冬カワセミは今日も出会えず3/26日を最後に姿を消したようだ。繁殖期が近付いたので♀を探して他に移動したのかも知れない。ヤマセミポイント一昨日はカラスが居たが今日は居ないので期待できそう。少し待ったら下流から飛んできて対岸遠くに止まった。なかなか見つけられなかったが見つけて500mmで撮影、デジボーグに切り替え狙いを付けている内に下流に飛び去った。戻ってきそうな感じもしないので撤収。帰り予想通り下流のよく見る場所に止まっていたので大分手前で車を止めてデジボーグを何とか数ショット、少し近付こうとしたらやはり奥の方に飛ばれ姿が見えなくなった。帰って芝生の雪融けは最終段階
3月31日(木) 5時-2.3℃ 13時+9.7℃=最高 (最低-3.5℃) 晴れのち曇り 積雪23cm

久しぶり5時10分頃に目が醒めて起床。鳥見の出発もいつもより1時間以上早く7時半ぐらい。ヤマセミポイントに8時前に着いたら既に鳴き声が聞こえたが止まっている場所はかなり遠くデジボーグでようやく。ブラインドを張って見ていると巣穴を掘るような動きをしていたが諦めたのか下流へ飛び去って戻ってこないので撤収し長都沼へ。日が高くなってからはハクチョウや雁は出かけてしまって閑散とした沼だったが♂のミコアイサと親子らしきオジロ2羽を撮れた。ブログネタも十分確保したので帰宅。昼食前に芝生の雪割を少しだがやる余裕もあった。芝生もこの先雪割りしなくても済む程度の積雪になってきた

3月30日(水) 5時-5.4℃ 12時+8.1℃ (最低-6.4℃ 最高+8.4℃) 晴れ 積雪27cm

昨日と同じように暖かい一日。今日も雪割で芝生の固い雪山もすっかり低くなって芝生の2割ぐらいは緑が見えてきた。午前中の鳥見、今日は茂漁川で1時間カワセミを待ったが全く姿を見ない。彼女を捜しにぐっと下流や漁川あたりに遠出でもしているのかも知れない。午後、北広に用事で出かけたついでそのまま漁川上流のヤマセミポイントへ向かったが気配無し。カラスの大群がやって来たので撤収し少し下流側で道路から川を丹念に覗くと青とオレンジのポチ、双眼鏡で見るとどうやらカワセミのようだリアゲートをあげてデジ一眼を取り出すのも面倒なので持っていたFZ28で証拠画像確保。ここのカワセミ越冬したものではなくいち早く南から戻ってきたものと考えた方が良さそう。

3月29日(火) 5時-2.4℃ 14時+7.9℃ (最低-3.3℃ 最高+8.1℃) 晴れ 積雪31cm
春らしい気温と日射しでアメダス地点でのこのところの融雪ペースが一日6cmと先週あたりの3〜6倍に上がってきた。このペースが続けばあと1週間以内に積雪ゼロになりそう。わが家の芝生日中の日射しで表面が融けて夜に凍るので朝の時点で表面がガチガチ。午後になって柔らかくなるので雪割は昼ぐらいから全力で、雪割で掘り出した雪塊、以前ならスコップで放り投げてていたが腰に負担もかかるので蹴飛ばして転がす事が多い。余り使わない筋肉を使うので全面の太ももあたりが筋肉痛。鳥見は昨日より1時間ほど早く出たが、ヤマセミもカワセミも空振りでチラッと見ることも無かった。昼前妻はJRで札幌へ買い物
3月28日(月 )5時-7.5℃ 13時+6.2℃ (最低-8.6℃ 最高+6.5℃) 晴れ 積雪37cm

気温も上がり日射しもあって昼ぐらいから目に見えて雪が融けていくのが判る。とはいえ踏み固めた芝生の雪は割ってやらないとなかなか融けていかないので雪割作業に精を出さないと。鳥見は午前中は茂漁川、漁川上流、長都沼と回り途中長都のGSで給油。前回の給油が11日なので17日持ったことになる。入院で2週間ぐらい車を使わなかった時を除いて新記録。ヤマセミポイントでは久しぶりにヤマセミの鳴き声を聞いて飛んでいく姿を見たが写真は少し下流に下がった所で胡麻粒の証拠画像だけ。しかし早朝とか夕方ぐらいに粘っていれば何とかなりそう。カワセミは諦めて引き上げる道筋に姿を見ただけ。長都沼は未だ春の渡り鳥のピークには少し間がありそう。閑散な中で鷺の姿が目立った。

3月27日(日) 5時-4.0℃ 14時+2.4℃ (最低-6.0℃ 最高+2.7℃) 晴れ 積雪43cm
予報に近い晴れ。朝一でオークションで手に入れたUSB接続の外付けHDDが届いた。震災の影響でもっと遅くなるのかと思ったら普段と変わらない日数で荷が着いた感じ。早速、二台のPCのHDDにかろうじて残っていた画像ファイルをコピーしたり撮したり。LanHDDを買う3年以上前の画像はPCのHDDに保存され残っているが鳥見を初めて一眼で撮るようになってからの主として鳥の画像はLANHDDにだけ保存していたのでHDDの昇天と共に消え去った。今年の正月、子供達一家も揃ってみんなで撮った集合写真印刷したものがあったのが救い。画像整理や雪割作業でほとんど潰れ鳥見は午後短時間茂漁川を覗いたがカワセミに会えず完全空振り。そろそろ南に渡ったカワセミも戻って来てもいいのだが。このところしばらくヤマセミを見ていないので会いたいがなかなか会えそうにない。
3月第4週
3月26日(土) 5時-3.9℃ 13時+2.7℃ (最低-6.0℃ 最高+3.0℃) 晴れ 積雪45cm

早朝たれ込めた霧も8時を過ぎたぐらいから晴れて日射しが出てきた。予報は今日も曇りだったが今日もそれより良い天気。昨日の鳥見で隣町など行って走行距離も70km以上だったので今日は市内だけで30km程度に抑えいつもの茂漁川と漁川上流。いつもの場所で待ったが釣り人が近くで川に入ったりでカワセミはやってこない。川筋をウオーキングしていた妻が下流で出会って撮したものしかUP出来ず。漁川上流のヤマセミは今日も気配無し。以前ほどの大群では無いがカラスの群れがいてヤマセミが近寄れない感じ。午後は雪割作業に専念。鳥見では歩数が進まないがその分雪割作業で十分な運動量。芝生と前の道路の道路脇の雪山目に見えて小さくなって居る。

3月25日(金) 5時-8.8℃ 14時+3.0℃ (最低-10.0℃ 最高+3.3℃) 晴れたり曇ったり一時小雪 積雪48cm
最近は予報は雪や曇りでも午前中は良い天気、昼過ぎから雪がぱらついたりするが概ね晴れ。今日もこんな感じの一日。ガソリン節約のため鳥見も近場だったり休んだりしていたが今日は5日ぶり千歳にヤマセミ探し、2時間近く待ったが駄目。長都沼も閑散、遠くにミコアイサの姿が見えたので機材を出し始めたら更に遠くに行って仕舞い撮影できず。唯一ヤマセミ待ちの現場にコゲラがすぐ近くに来て至近距離で撮れた。地元いつものオジロも姿が見えず。いよいよ北に旅立ったのか。
hare
3月24日(木) 5時-7.0℃ 11-12時+1.2℃ (最低-10.3℃ 最高+1.8℃) 晴れ一時雪 積雪50cm
予報も実際の天気も昨日と似たような感じで予報は雪でも日射しがあって昼頃一時的な雪。気温は今時季にしては少し寒い。例年より積雪が多かったようで庭の積雪0は遅れそうなので全力で雪割作業。曇って雪がぱら着き始めた午後は久しぶりに町内ウオーキング。一日車を動かさないでガソリン節約、前回給油より14日で未だ1/4ぐらい残っている。鳥見も極力近場で済ませたりでこれまでの新記録かも知れない。
3月23日(水) 最高+0.8℃ 最低-10.5℃ 晴れたり曇ったり一時激しい雪 積雪54cm→52cm

(blogの投稿やオークションの対応などで日誌の更新はすっかり忘れて24日に更新)
予報は雪だるまマークなのに今日も朝の内は良い天気。誘われて茂漁川に鳥見。いつもの場所で1時間強待ったが全く姿を見せない。諦めて機材を収納散策路を下流に向かって帰る途中、駐車場近くまで来たところで混んだ樹の陰に青とオレンジのいつもの小さな塊。どうやっても枝が邪魔で撮せないので思案していると上流に向かって飛び去った。慌てて来た道を引き返しいつもの場所に戻るといつものあたりに止まっている。機材を再セット被る枝を避けて右左移動しながらしばらく撮影。この距離だと身を低くして動いても相手は別に反応しないで撮影できる。しばらくして下流に飛び去ったので機器を仕舞って撤収したが帰り道で留まっている姿を見つけて又も機材セット戻りながら3箇所ぐらいで撮影できた。実際に車に戻ったのは最初に帰り支度を初めてから1時間も後。帰り道途中から前方視界が見にくくなるほどの激しい雪。今日は憑いていた。午後は余裕が出たので録画ドラマを見たり壊れたLanHDDの代わりのをネットオークションで探すなど。結局LAN接続は止めて安いUSB接続の外付け500GBを落札。2階のディスクトップPCに接続して共有をかけておけば転送ネットワークでアクセスできるし画像など余りアクセスしないデータの保管なので支障はない

3月22日(火) 5時-2.1℃ 11時+1.4℃ (最高+1.7℃ 最低-4.5℃) 晴れたり曇ったり 積雪50cm
予報は午前中雪だったがややはずれて薄日。気温はそう高くないが日射しがあれば雪も融けるのでせっせと雪割し家前の道路とアプローチのアスファルト上に割った雪をまき散らす。作業が一段落したらもう昼が近い。結局鳥見は午後1時半を回ってから、午後は雲も多くなってと言うかわが家付近よりも山に近い茂漁川と漁川上流は雲が多いし風も強いので気温の割に寒く1時間ぐらいで鳥も来そうもないので撤収。移動の途中花の牧場に寄って見たら4月リニューアルオープンの看板があって店はお休み。

3月21日(月) 5時+1.2℃ 12-13時+3.4℃ (最高+4.0℃ 最低-1.7℃) 晴れ 積雪52cm
鳥見は午前中茂漁川で1時間半。待ち受け場所に向かう途中に出会って一眼を取り出す暇無くFZ28で僅か3ショット、その後全く姿を見せず。いつものオジロも姿無し。午後日射しも強く絶好の雪割日和なので鳥見は止めて雪割作業に専念。
3月20日(日) 5時-3.8℃ 12時+4.9℃ (最低-5.7℃ 最高+5.8℃) 晴れのち曇り 積雪55cm
昼ぐらいまで良い天気だったが午後は雲が多くなってきた。午前はヤマセミ、午後はカワセミとそれぞれ1時間半ずつ待ったが完全空振り。長都沼はハクチョウ、ヒシクイなど少しでカメラを向けるような対象は無し。漁川のオジロワシの姿も無し。帰宅して3時過ぎから雪割。融雪剤の燻炭と雪割で芝生と家前の道路脇の雪山は目に見えて低くなっている。この調子で行くと近所より2〜3日は早く花壇なども姿を出してくれそう。1月ぐらい前に種まきして昨日播き床から一本ずつ連結セルに植え替えたオルレイヤは25セルが無事根付いたようだ。小さなセルなので来月ぐらいにはそれぞれポットに植え替える必要があるが25ポット室内にどうやっておけばいいのやら。壊れたLAN接続HDD結局買い換え、データの復元は諦めって事になりそう。代わりのHDDはバックアップ用も付けておかないとまたデータ喪失の可能性が出てくる。

3月第3週
3月19日(土) 5時+1.1℃ 15時+8.3℃ (最低-1.5℃ 最高+8.8℃) 曇り 積雪57cm
昼過ぎまでどんよりと厚い雲が日射しを遮っていたが午後になって雲も薄くなり気温もグンと上がって8℃超えともなると雪融けのペースがグンと上がってきた。籾殻燻炭散布や雪割作業でわが家の芝生の雪山も目に見えて低くなっている。早いもので大震災から8日が過ぎてTVのニュースも暗いニュース一色から希望の光がチラッと入るようになってきた。妻は昼前後、日赤のボランティアで町内のスーパーの前で募金活動。わが家の義捐金は別途送金手続き済みだがそれとは別に妻の募金活動に「サクラ」になって2度ほど入れてきた。赤い羽根募金などに較べて今回は協力者も多いし金額も多く箱がずっしり重くなったとのこと。今日は天気もぱっとしないので鳥見は完全休業で妻を送りに車で外出した以外は家の前で雪割作業に精を出した。雪割の合間にカメラのメモリーに溜まった画像を整理してLANHDDに保管しようとしたらネットワーク上にそのHDDが存在しない。IPチェッカーなどで探すが認識できず。データ修復専門業者にでも依頼しないとデータを取り戻せない可能性大。業者のサイトでこのサービスの料金を調べると簡単な作業なら3万円程度、データ量が多かったりHDDの物理的損傷などがあれば5万円以上。この3年ぐらい鳥見で大量に画像データを格納したので5万以上かかりそうな予想だが果たしてこれだけの金をかける必要があるファイルかどうかとなると迷う。LAN接続のHDD、わが家のようにPCが複数ある場合非常に便利だがこう言ったことが起こると外付けHDDと違い自分で復旧作業すら出来ないのがつらい
3月18日(金)5時-5.7℃15時+2.7℃(最低-11.5℃最高+3.0℃)晴れ積雪71cm→60cm
昨日の雪が融けきらない上に更に5cm程度の雪が積もっていたが日当たりの良いアプローチは夕方までに融けてアスファルトが出た。午前中は先に融雪剤としてまいていた籾殻燻炭の上にこの2日真っ白い新雪が積もっので新雪を溶かし下の黒い部分が見えるようにその上に更に燻炭を撒いたりの作業。妻は昼前に手編みサークルに出かけたので午後の鳥見は一人で。茂漁川でカワセミを待って1時間半粘ったが姿を見せたのは2度。帰路いつもの漁川右岸でオジロを久しぶりに見たので車から降りてカメラを取り出したらすぐ飛び出したので観察はほんの短時間。日射しも強く気温も上がったので微少でFFストーブを点けていたら3時過ぎ帰宅した時の室温は25℃近くまで上がっていた。この冬暖房の温度設定を下げて節約しているので室温が25℃迄上がることは珍しい。TVで原発関係の放送がめっきり少なくなって来たのは、事態が悪い方に向いていないようで少しは安心か?。自衛隊と東京消防庁の放水は上手く行っているらしい。
3月17日(木) 5時-7.1℃ 16時-2.1℃=最高 (最低-7.9℃) 雪のち曇り 積雪67cm
朝になって降り始めた雪はだんだん本格的な降りになり昼過ぎまで続き10cm以上積もった。気温がやや低いのと午後降り止んでも日が射さないので夜までに融けずに残っている。雪かきしなくても何とかなる量だがアプローチを妻が50cm幅ぐらいで除雪し道路は放置。自分はその時間家の中でパン作り。ついでにナンの生地も2回分作って冷凍。福島の原発事故、冷却のため放水作戦を取り始めたが警視庁の放水車は届かなかったとかで情けない。自衛隊消防車は何とか注水出来たらしく有効戦術に思える。予断は許さないが光が一寸見えたような。天気も良くないので今日の鳥見もお休み。
3月16日(水) 5時-4.9℃ 13時+0.6℃ (最低-6.9℃ 最高+0.8℃) 晴れ 積雪57cm
昨夜から朝までに10cm弱の降雪があったが日も射しているので放っておいても昼ぐらいには融けた。地震以来近所での買い物程度で遠出していなかったが今日は千歳川上流まで鳥見、一週間ぶりぐらいだが散策路に除雪車が入って随分歩きやすくなっていた。これまでより広範囲に探索できたがバックが雪で白っぽいと枝に留まってるヤマセミは見つけられず向こうの方が先に気がついて逃げていきシャッタ−チャンスは無し。長都沼に寄って帰る。沼は雁が少しとこれまで姿を見なかったアオサギが今年初見。午後漁川、茂漁川と回ったがヤマ・カワどちらも姿を見ることは出来なかった。途中泥道で車が泥まみれになったので帰って洗車。冬になってはずしていたホース凍って詰まっているかと思ったら完全に水が抜けていて普通につかえた。
3月15日(火) 5時-2.7℃ 13時+2.0℃ (最低-3.3℃ 最高+2.4℃) 晴れのち曇り一時小雪 積雪59→61cm
午前中は日も射していたが午後には日も陰り雪もぱらついた。福島の原発事故の状況が昨夜から次々変わって、原子炉に多少興味があるのでTV中継から目をはなせない。午後からは新たな展開も無くなってきたので鳥見でも出ようかと思ったが雲が多くなって意欲をそがれた。地震発生で病院に頼んでいた書類のことを忘れていたのを思い出して受け取りに出、ついでにレンタルDVDを借りてきてドラマなどを見て気分転換。毎月定期配送の灯油の給油、昨年同月より量は1割ぐらい節約できたが金額は逆に1割以上の増加。
3月14日(月) 5時+3.1℃ 10時+5.2℃ (最低0.0℃ 最高+5.7℃) 曇り 積雪60cm

大震災から3日目だが相変わらず孤立し援助が届いていない人多数。万単位の犠牲者が予想されているが発表されている死者は千人台その何倍ものひとが収容もされずに放置されているのか。原発が完全停止せずメルトダウンの可能性も大、経済活動への影響も大きく株価も6%以上下落のニュースも伝えられたり首都圏でも計画停電による影響が云々と次々報じられる緊急事態のニュースなどを見ているととても鳥見に出る気にもなれない。別に自分が何か出来るわけでも無いのに・・・。それでも運動不足解消とガソリン節約を兼ねて徒歩で町内のスーパーへ買い物。芝生の雪割などで運動量は確保。BS放送では少しずつドラマなども放送されるようになったので録画して視聴したり。

3月13日(日) 5時+0.7℃ 11時+4.8℃ (最低-2.1℃最高+5.0℃) 晴れ 積雪66cm
 
ネット接続の目途もつかず、天気は良いが鳥見の元気も出ない。気温も上がってきたのでせっせと雪割、地震の被害がだんだん明らかになってきて悲惨なニュースに目を覆いたくなる。一方原子炉の炉心溶融の可能性などこれまで何重にも安全装置があるといわれていた原子炉がこうも脆いとは!!、確かにM9の地震が起きるとは余り考えられなかったのかもしれないが・・。過去の世界最大でM9.5、津波も過去に高さ10m以上があったというのであれば、そのクラスにも耐えられるように作るべきだった。昼前ルーターの設定を書き換え直したつもりでも繋がらずそのままにしていたが午後になって接続状態を調べたら「接続」に変わっている。結局設定の所為ではなくプロバイダーの所為だったようだ。3日ぶりにネットがつかえるようになったのでショッピングモニター入力送信、日誌の更新、blog更新など3日分まとめて書き込み。明日のホワイトデーを前に、孫娘がやって来て妻と一緒にクッキー作り。間にチョコをはさみトッピングもした手の込んだものが出来て満足して帰った。
3月第2週
3月12日(土) (最低-0.3℃最高+3.0℃)晴れ

地震の被害のすごさにTV中継に釘付け。電話が繋がり難かった山形の従兄弟一家と午後にようやく固定電話が繋がった。内陸の山形は津波の心配がないので余り心配はしていなかったがやはり連絡が取れないと安心は出来ない。電話が繋がったのにネットは相変わらず繋がらないので、地震の所為でないのかとルーターの設定を見ると接続パスワードが6桁のはずなのに倍ぐらいになっている。???何じゃ???。ウイルスでも感染?、6桁で入れ直して設定の保存ボタンをクリックすると途端に元の12桁に戻ってしまい接続が出来ない。何度も書き換えて何とか6桁で保存して接続を試みるとID又はパスワードが違うとかのエラーで繋がらない。何度もやっても駄目で諦める。

3月11日(金)最低-11.2℃最高+1.4℃晴れ(3/13日記述)
午前中茂漁川で越冬カワセミをとってから長都のGSで給油、リッター142円と表示より5円も安かった。帰り漁川のいつもの樹でオジロワシを撮って帰宅。午後は芝生や家脇の積み上がった雪にスコップで割れ目を入れる雪割作業。終わって3時に家にはいると地震のニュース。恵庭も震度3ぐらいの揺れだったらしいが雪の上でいた所為か気づかず(一寸ふらついた感じがしたが目眩かと思ったがすぐ納まったので大して気にも止めなかった)。午前中に撮ったカワセミなどの画像をBlog にUPしようとしたらインターネットに繋がらず。地震の所為かとネット接続は諦めた
3月10日(木) 5時-9.4℃ 16時+0.2℃ (最低-15.2℃ 最高+0.6℃) 雪のち晴れ 積雪83→76cm

朝7時頃から降り始めた雪は猛烈な降りになって10時過ぎぐらいにあがるまでに一気に15cmぐらい積もった。日が射してからは大分融けて深さは半分ぐらいまで締まった。予算節約の為か結局除雪車の出動はなく。家前道路も除雪したりで時間もかかった。午後時折日が陰ったり風も強いのと、鳥見ポイント雪が深くて歩きにくそうなので鳥見は完全休業。芝生の上や道路脇の雪山にスコップで割れ目を付けって融雪を速める雪割作業など十分な運動量確保。そんなわけで今日は全く車を動かさなかったのでガソリン給油は明日に延ばせた。

3月9日(水) 5時-6.8℃ 14時-1.6℃ (最低-9.0℃ 最高-1.4℃) 晴れたり曇ったり 積雪69cm

今日の鳥見は千歳のヤマセミポイントでは1時間半の観察で1度だけ前を飛んでいっただけでシャッターチャンス無し。長都沼では電柱オオワシ、漁川上流のヤマセミポイントはカラスはほとんど居ないしトビも上空を飛んでいるだけなのでヤマセミもやって来ても良さそうだが気配無し。去年の3月8日にここで撮っているので期待していったのだが・・・。茂漁川の越冬カワセミはいつもの場所に姿を見せたがちょっと欲を出して近付こうとしたらやっぱり飛ばれた。漁川のいつものオジロ久しぶりに出会えたがいつもより300mぐらい上流。今季こんな場所にとまっているのを見るのは初めて。オオワシもオジロワシも.もう北に向かって旅立ったのかと思っていたがまだ居てくれた。長都沼、水面が開いて雁が少し居たが遠くてマガンかヒシクイかはっきりしない。そろそろ沼も賑やかになる時季か。昨日ガソリンがリッター144円で驚いていたら今日は147円の所もあった。明日あたり給油が必要かも知れないが何とか10日持ったことになる。今日1日の走行は約70km。毎日この距離だと1週間しか持たない計算。

3月8日(火) 5時-13.2℃ 11時-0.3℃ (最低-14.8℃ 最高0.0℃) 晴れたり曇ったり 積雪70cm

予報では雪マークもあったが結局降らずに済んだ。時々日も射し、風も弱く鳥見で川傍でじーっと待っていても寒さは気にならなかった。午前中は茂漁川でカワセミ、いつものポイントへ来てくれたのはほんの一瞬でデジボーグセットは間に合わずシグマのズームで1枚だけ。現場で1時間ぐらい待ったが再び姿を表すことはなかった。どうやら下流へ飛び去ったらしく、ウオーキングで下流に向かった妻は3箇所ぐらいで追いついてFZ28で何枚か撮れたが枝かぶりが多くてすっきり撮れたのは1箇所だけ。昼食後一休みしてから又鳥見に出たが途中のガソリンスタンドでレギュラーガソリンがg144円の看板を見てびっくり(確か昨日までは136円)千歳へ向かうつもりがガソリン節約の意識が急に強まり近間の茂漁川で再びカワセミ探しに変更。午後も成果無し、カモがぐっと増えたのでカモの写真でblogはお茶を濁すことに。

3月7日(月) 5時-7.0℃ 11時+0.9℃ (最低-7.7℃ 最高+1.3℃) 薄曇り 積雪70cm
雲があってすっきり晴れてくれないが薄日でまずまずの天気。今日の鳥見は長都沼と千歳川上流、往き帰りに漁川のオジロ探し。沼は中央部もうっすら凍っているようで水鳥も疎ら。オオワシも見つからないので車から降りることなく千歳の町中を抜け千歳川上流へ。一昨日スノーシューで行ったあたりは雪が締まり更にスノーモ-ビルの後があって普通に歩ける状態だったがヤマセミは居ない。しばらく待ったら鳴き声が上流側で聞こえやって来たようだが何処に止まっているのかなかなか判らない。双眼鏡でねばり強く探したらようやく遠くの枝に留まっているのが見つかった。遠すぎるがデジボーグなら何とかなる距離(100mぐらい)。20分ぐらい同じ場所にとまってくれたのでモード設定を変えたりライブビューでピントの微調整をやったりの余裕があってまずまずの成果。2月中旬に同じあたりでの証拠写真を撮って以来ヤマセミ画像は3週間ぶり。blogネタも確保したので茂漁川の方はパスして帰宅。午後は芝生の雪割や融雪用籾殻燻炭を播いたりの作業で歩数不足を補う。昨夜、恵庭カワセミの会のML(メーリングリスト)に申し込んだが昼過ぎには参加許可が下りた。
3月6日(日) 5時-3.4℃ 13時+4.3℃ (最低-8.8℃ 最高+4.9℃) 曇り 積雪74cm
朝は雲が厚く鳥見はお休みかと思ったが昼近くになって雲が薄くなったので鳥見に出た。昨日大雪で埋もれた径を踏んで径を付けた茂漁川河畔にカワセミ探し。車を止めて下流側を覗いたら姿が見えたがすぐ飛ばれたが飛び去ったのが本流ではなくせせらぎの流れの方、その先を探したがどうやら上流へ向かったようなのでいつもの待機場所に向かったがその手前に止まっているのを見つけたがカメラを構え2枚ばかり撮ったところで上流へ飛ばれ1時間待ったが戻ってこなかった。天気もぱっとしないので漁川上流のヤマセミポイントの様子を見て帰宅。カラスの大群は居なかったが鳶が少しでヤマセミが戻ってくるのは未だ先かも。
3月1週/2月第5週
3月5日(土) 5時-16.1℃ 13時+0.8℃ (最低-18.4℃ 最高+1.8℃) 晴れのち曇り 積雪81cm

2日ぶり車を動かしたら、住宅街の道路は両脇除雪で積み上がった雪山のため道幅が狭くなって、車のすれ違いができないところも。気温も上がって昼ぐらいには交通量の多い幹線道路はほぼアスファルト路面がでている。3日ぶりの鳥見は長都沼から、沼は全面凍結で白鳥がほんのわずかほかに鳥は居なく、車から降りることなく次千歳川上流へ。千歳の今回の雪の量は少ないがそれでも先月末入れた駐車場も雪に埋まっていた。ヤマセミはいつも見かける方と反対側遠くに鳴き声が聞こえ居るのがわかった、近くに来てくれるのを待ったが来そうな気配もないのでやむなくスノーシュー装着し除雪されていない遊歩道を近づいたがもたもた歩いていると相手の方が早き気がつきどんどん先に逃げられる。苦労の甲斐無く撤収。午後は茂漁川のいつものポイントへ行ってみたが今回の大雪で以前踏み固めた道は跡形もなく何とか先に1人歩いた足跡があるので後をラッセルしながら前進いつもの場所まで道をつけた。カワセミを待ちながらも付近を踏み固め道幅を広げ次来たときにすんなり歩けるようにしたがカワセミの気配もなし空も曇ってきたので1時間のウオッチングで撤収。往き帰りいつものオジロポイントを通ったが姿は無し。夕方になったが芝生上に積んだ雪山の雪解けを早めるため融雪剤として籾殻燻炭や園芸用土を少しだけ散布。まだこの上に新雪が積もるので何度か蒔く必要がありそうだ。

3月4日(金) 5時-5.9℃ 15時-1.5℃ (最低-12.8℃ 最高-1.2℃) 暴風雪のち晴れ 積雪93→締まって87cm

風があっての雪は物陰などに吹き溜まるのでカーポート横のアプローチや家々の間の道路などは朝までに30cm以上、雪かきをした後、昼までに又30cmぐらいの積雪。夜中一旦納まった雪も朝になって再び激しい吹雪。妻の手編みサークルの日だったが吹雪のためお休み。妻と2人で朝1時間ほど雪かきをしてアプローチと夜中に来た除雪車が家前に置いていった雪山を始末したが吹雪がひどくなって除雪が終わったところもたちまち雪が積もってくる。予報で午後は曇りなので降り止むまで中に入って様子見、合間を利用しパン生地をこねて発酵、成形など。昼食後ようやく雪も納まったので雪かき再開、オーブンでパンを焼きながら焼き上がる間に外で雪かきとパン焼きと同時並行で作業。除雪車がなかなか来ないので結局家前の道路もすべて除雪。芝生上も積み上げた雪で一杯で除雪した雪すべて1軒間を置いた公園まで運ぶので一日の除雪作業での歩数は普段のウオーキングの歩数の2倍。重い雪を運んでの歩数なので流石にぐったり。パン作りと雪かきで三昧?の一日。明日は天気は良さそうだが積もった雪でカワセミポイントなど歩ける状態かどうか不安。

3月3日(木) 5時-4.8℃ 13時-2.5℃ (最低-6.8℃ 最高-2.4℃) 曇り一時晴のち 猛吹雪 積雪81cm
朝には10cm一寸、夕方から20cmぐらいと一日で30cmぐらいの降雪というのはこの冬1、2の降雪。今日は通院、2つの科の診察が久しぶりに同じ日になったのでたっぷり昼過ぎまでかかった。昼ぐらいになって青空も覗いてきたので昼食後鳥見に出かけたら途端に雲が厚くなって雪が舞い始めた。予定を変更しスーパーへ買い物に、買い物を終えて店を出た頃には降りも本格的、ライト点灯しての走行が必要なぐらいの吹雪。茂漁川のかわせみポイントなんかに行っていたら大変な事になっていた。昨日から既に30cmの降雪があるのに除雪車の出動がない。除雪予算をすでに使い切ったのか出動回数を減らそうとしているようだ。
3月2日(水) 5時-3.1℃ 12時+0.6℃ (最低-7.4℃ 最高+0.9℃) 晴れたり吹雪いたり 積雪52cm

時折晴れ間が出るのでつい鳥見に出てしまったが吹き晒しの茂漁川では風と吹雪で1時間で我慢できず撤収。此処でのカワセミしばらく顔を見ていない。「撮り飽きた」なんて言ったので気を悪くした?。車内から状態を見られる長都沼では雪原水際に座っているオジロの若鳥を見たがすぐ逃げられてしまった。この間までほぼ毎日出会えた漁川オジロもこのところ余り出会え無くなってきた。熊本の娘に醤油など送った。醤油と言っても九州は随分味が違うらしい。

3月1日(火)5時-3.3℃15時-0.8℃=最高(最低-9.1℃)曇りのち小雪 積雪53cm
この時期としては一寸低い気温かも知れない。午後湿った細雪が降り出したがアスファルトが出た所などはすぐ融けてしまい積もらないが積雪部分は上に重そうな雪が薄く積もっている。明日までにまとまってこの重い雪が積もったりしたら雪かきは重くて始末に困る。天気が良くないので鳥見は無しでウオーキングでもと出かけたが湿った雪で濡れそうなので中止、買い物だけで帰宅。TVの連続ドラマの1時間ものが平日は毎日2本上書きで録画され、月火は週一の連続ドラマがさらに1本あるのでその日の内に見ると退屈している暇はない。
2月28日(月) 5時-9.2℃ 14時-2.2℃ (最低-10.5℃ 最高-2.0℃) 快晴 積雪52cm

久しぶり全日綺麗に晴れ上がったが気温は上がらず。昨日は一日鳥見も休んだので今日は気分一新鳥見再開。長都沼、千歳川上流、漁川と回って途中長都のGSで給油。先週からガソリン価格が急騰し、恵庭でセルフでも139円の看板が並んでいたが長都のGSは133円と安かった。クレジット給油で2月中は値引幅が多いのでまだ余裕があったが月末ぎりぎりで給油。午後の鳥見は茂漁川1時間。今日の鳥見いつもの鳥3つ(オオワシ、オジロ、カワセミ)はすべて空振り、唯一千歳川沿いでオジロを見つけて何とかボウズは避けられた。いつもの鳥、「撮り飽きた」なんて言ったのが聞こえたのかな。日射しは強いが気温も上がらず風もあって吹き晒しの茂漁川での1時間はかなりきつい。
2月27日(日) 5時-6.0℃ 12時-0.2℃ (最低-8.3℃ 最高+0.5℃) 曇り一時晴と雪 積雪55cm
薄日程度は射すが雪が舞ったりでぱっとしない天気。夜になってうっすらの積雪。鳥見も御休してのんびりレンタルDVDや撮りだめTVドラマを見たりでダラダラ一日を過ごした。
2月第4週
2月26日(土)5時-6.8℃14時-3.3℃(最低-10.5℃最高-2.8℃)曇り時々猛吹雪のち晴れ 積雪51cm
昨日の暖かさから一転真冬日に逆戻り。午前中は特売のスーパーをはしごしての買い物。帰って昼まで間があったので生地をこねて昼食はナン。まとめて作ったのであと3回分は生地を冷凍保存。午後妻はぼた餅作りに入ったので一人で鳥見は茂漁川へ。現場は吹き晒しでとにかく寒い。いつものあたりにカメラをセットし後ろの木陰で風をよけながらカワセミをまっていたら程なく姿を見せたがカメラの所にソーッと近付いている間に飛び去った。帰り道漁川河畔で久しぶりにオジロ(♀だけ)を見たので写真に納めて帰宅。なんとかブログネタ確保。
2月25日(金) 5時+2.2℃ 12時-0.7℃ (最高+4.6℃ 最低-6.1℃) 曇りのち薄曇り 積雪51cm
4月上旬並みの暖かさも夜明けぐらいで終わり気温が右肩下がり。朝までにアプローチと家前道路はほぼアスファルトが出て乾燥路面になった。どんよりとした空も昼過ぎになって気温が下がるにつれて薄日も射すようになってきた。鳥見もお休みの積もりだったが午後になって天気も回復してきたし暇なので出かけた。一昨日からオジロワシもオオワシも見ていないので確認しようと思ったがどちらも空振り。猛禽の季節も終わりが近付いてきたようだ。風もあって体感気温が低いので吹き晒しで待つ茂漁川の翡翠は昨日も見ているので今日はパス。漁川オジロは下流まで丁寧に探しついでに柏木川下流の河川敷地内の樹の伐採作業の様子を見てきた。カワセミガ止まって魚を狙いやすいような枝の木が無くなりカワセミの姿が見られなくなりそうで心配。
2月24日(木) 5時+1.6℃ 14時+6.4℃ (最低+1.2℃ 最高+6.7℃) 曇りのち晴れ夜になって雨 積雪53cm
午後になって日も射してきたら気温も更に上がって雪融けが進んで家前の道路は除雪状態が良いわが家の前だけアスファルトが出たが左右はザクザク道路、夕方除雪車が来てようやく車も通りやすくはなった。来週の通院診察に先だって血液検査のため通院。採血だけなので短時間で済んだがついでに妻と待ち合わせて買い物。午後天気が悪ければTV出も見て過ごすつもりだったが日も射してきたので鳥見に出た。いつものオジロやオオワシを探したがどちらにも会えず、長都沼もTVのトピックニュースでヒシクイも戻ってきたと言っていたがハクチョウが少々いるぐらいで閑散。地元に戻って茂漁川のカワセミにあって短時間で鳥見終了。今日のカワセミは枝の混んだ場所ではあった10分以上相手をしてくれた。
2月23日(水) 5時-0.4℃ 14時+2.5℃ (最低-0.8℃ 最高+2.6℃) 曇り 積雪60cm
一日中曇よりとして気温は高いが暖かい感じもない。天気も冴えないので鳥見はお休みし、パン作りたり、録画済み連続TVドラマやレンタルDVD視聴、撮り貯めた鳥画像を整理などすることも多い。少し残っていた確定申告書作成作業も終わらせて税務署へ郵送。医療費が多いので源泉徴収で 納めた分の半分近くが還付される予定、得した気分になるがその10倍以上も医療費を払っているんだから喜んではいられない。
2月22日(火) 5時-8.1℃ 13時+4.8℃ (最低-11.1℃ 最高+5.0℃) 晴れ 積雪61cm
昨日と似たような天気だが更に暖かい。自分と妻の確定申告の書類作成で一日がかり。午後一寸だけ鳥見に茂漁川に行た他は、録画済みの韓国時代劇のドラマやレンタルDVDを見たりPCに向かっての作業。カワセミは今日もいつもと同じ場所で全く変わり映えしない。背後の散策路を人が近付いてきてすぐ飛び去っり戻ってきそうもないので短時間で鳥見終了。ただこの場所このところ一人で来ていて妻も一緒というのは久しぶりなので妻にとっては久しぶりのカワセミだった。
2月21日(月) 5時-12.9℃ 14時+2.7℃ (最低-14.5℃ 最高+2.8℃) 晴れ 積雪63cm
日射しも強くなって日当たりの交通量の多い道路は昼過ぎには水たまりが出来るぐらいに融けてきた。一方真っ白で光を反射する割合の大きい雪原は余り積雪の高さは変わらない。2日続きで鳥ブログの更新無しだったので今日はいつものポイント長都沼、茂漁川、漁川を回ってカワセミ、オオワシ、オジロワシなどいつもの鳥を撮ってきた。ヤマセミポイントは1時間いて声を1度聞いただけで姿も見ることは出来なかった。やっぱり3時間ぐらい頑張る気力がないと駄目かも。鳥見に現を抜かして忘れていたオルレイヤの種まき本日第1弾
2月20日(日) 5時-1.3℃ 12-13時+0.9℃ (最低-5.9℃ 最高+1.2℃) 雪のち晴れ 積雪71→64cm

今朝も明け方までにまとまった雪が積もったが日射しの強さと温度で大分融けたのか夜には昨日より2cm積雪高が上がっただけ。除雪車出動基準に達しなかったようで結局付近の道路には除雪が入らずあちこちの道路車に踏み固められた道路脇には各家庭が押し出した雪で道幅が大分狭くなっている所もある。最近どうも腰(脇腹?)の調子が悪く、昨日の雪かきで更に悪化したようなので今日の雪かきはほとんど妻に任せた。午後は久しぶり隣町の孫娘が遊びに来るというのと腰の調子もあって鳥見はお休み。最近の鳥見ポイントいつも同じような写真しか撮れず意欲も減退中。

2月第3週
2月19日(土) 5時-6.4℃ 13時-0.6℃ (最低-11.1℃ 最高0.0℃) 晴れ一時曇り 積雪73→62cm

朝方の雪は家前では15cm近く、アメダス地点で12cm積もったが日中の日射しと高めの気温で夜には積雪は昨日より1cm高いだけになった。土曜日で生徒自動の通学がないせいか除雪車の稼働は遅く、わが家の前には朝の段階では除雪が入らないので道路もザッとやるとそこそこの仕事量。結局除雪車は昼過ぎ鳥見に出かけている間に入ったようだ。今夜は年に1回この時期にやっている岩内会の飲み会で1週間ぶりに札幌へ出かけるので鳥見は短時間、茂漁川のカワセミ。行ったら対岸の木にとまっていたがデジボーグを組み立てている間に飛び去った。妻のFZ28で何とか証拠画像は確保したがBlog 投稿している暇もないし昨日と同じような画像なので今日のBlogはお休み。

2月18日(金) 5時+0.4℃ 12時+2.1℃=最高 (最低-3.6℃午後9:30現在) 曇りのち湿雪 積雪61cm

昨日から続くどんよりとした天気。今日は金曜で妻は昼前に手編みサークルに出るので昼食は早めに食べて車で送った後、空が明るくなって来たのに誘われて昨日行かなかった茂漁川の様子見。いつもの場所についたあたりから雲が厚くなって風も強く荒れ気味の天気に。近頃数が増えてきたカモなどを眺めながらカワセミも姿を見せないようなので撤収かどうか思案していると川上対岸の木にポチっとカワセミ。640mmのデジボーグでも一寸遠いうえ逆光でMFのピント合わせが難しい。手間取っている間にあちこち枝を移動しピント合わせが追いつかない上に枝かぶり。枝をかわせる場所を探そうとしているうちにカワセミの姿は無くなった。天気も更に悪くなったのですぐに撤収、漁川のオジロの様子も車内から一瞥して帰宅。夕方妻を迎えに車を出すと除雪が完璧でない生活道路は融けた雪と新たに降った雪が交じってザクザク走りにくいことこの上ない。明日朝は融けた路面が凍り付いてツルツル路面になるのかも。

2月17日(木) 5時-7.6℃ 14時+2.0℃ (最低-10.8℃ 最高+2.1℃) 曇り一時小雨 積雪61cm

どんよりとした天気で鳥見に出ようか迷って結局出たのは10時頃、昨日のヤマセミポイントで1時間ほど待ったが鳴き声もせず撤収、長都沼はオオワシ遠くの防風林にいるのは判ったが同じ構図は過去に何枚も撮っているし天気も悪く良い画像も無理なので素通り、漁川オジロもいつもの樹の上でこれまでと変わらないので無視、他でもオジロの姿を見たがいつものオジロと大差ないので素通り。午後茂漁川へと思って家を出たが雨がポツポツ降ってきたのですぐ引き返し帰宅。結局今日は一度もカメラを構えることなく終わった。ブログ更新もお休み。たまにはこんな日もあるさ。午後からはネットでデジボーグ専用のミラーレス一眼ボディの情報など集めてみたが迷うことが多い。

2月16日(水) 5時-5.7℃ 11時+4.3℃ (最低-8.9℃ 最高+4.8℃) 曇り一時晴 積雪61cm
季節が一気に1月以上進んだような気温。鳥見もいつも同じような所だけでマンネリに陥っているので目先を代えてヤマセミポイントを覗いてみた。以前ほど訪れる人が少ない感じだったがヤマセミはチラッと姿を見せてくれた。積雪は多くないが踏み固めた径もないのでウオッチングは難しいかも。帰り飛んでいく鳥に目を奪われ車を路肩の雪山につっこみJAFのロードサービスのお世話になった。午後はいつもの茂漁川、一人なのでボーグの望遠レンズは持たずに行ったらそんなときに限ってカワセミがまったりモードで30分近くいつものあたりで相手をしてくれたが対岸なので一寸豆粒。バックが雪で白抜きの場面もあったのに惜しかった。それでも久しぶりにバシャバシャと沢山シャッターを切れたので楽しかった。
2月15日(火) 5時-17.8℃ 15時-1.0℃ (最低-21.3℃ 最高-0.9℃) 快晴 積雪64cm

朝からきれいに晴れ上がって一段と冷え込んだ。この冬一番の冷え込みのようだ。妻が早朝から通院(まず検査)なので送った足で茂漁川へ。冷え込んだせいで水面からは水蒸気が湯気のようになって立ち上がり木々は樹氷で覆われ幻想的な風景。検査が終わった妻を迎え一旦帰宅。再び診察時間に合わせて送ってまた茂漁川。カワセミの気配も無いので漁川沿いでいつものオジロを見に行く。2羽そろっていたがいつもの構図で代わり映えしないので撮影は無し、飛び出し下流へ向かったので追跡し下流側で発見。退屈しのぎになった。昼前2度もカワセミに振られてこのままでは2日連続空振りになるので午後3度茂漁川へ。ようやくいつものあたりに止まっているのを発見したが枝が混みすぎてどうやっても抜ける場所がない。あちこち移動している内に対岸カワセミの背後を散歩のひとが近づいてきてカワセミは逃げ去った。背景が雪で景色としては上出来だが枝かぶり画像では・・・。

2月14日(月) 5時-5.9℃ 14時+0.7℃ (最低-12.1℃ 最高+0.9℃) 晴れ 積雪69→65cm

雪かきで手間取って鳥見は午後から茂漁川だけ。出がけにカメラ(FZ28)のメモリーが行方不明になって探し回ったりですっかり気勢をそがれ、泣き面に蜂でカワセミにも出会えず完全空振り・帰り道いつもの漁川のオジロ、番で止まっていたが先日も番で撮っているので今日は無視。メモリーは別のMSDを入れて出かけたが帰ってきてから思いがけないところで見つかって良かった。ここ数日の豆粒カワセミ画像が消えなくて良かった。

2月13日(日) 5時-5.1℃ 14時-2.0℃ (最低-6.8℃ 最高-1.6℃) 晴れたり曇ったりのち夜になって雪 積雪58→68cm

日中は時々青空も出てそこそこの天気。妻は札幌にお出かけなので鳥見は一人で。まずカワセミ狙いだが今日も1時間以上粘ったが駄目で帰り際下流のいつもの水門?でチラッと見ただけ。久しくご無沙汰の漁川発電所にも行ってみたがやはりカラスの群れに占領され雪融けまでは駄目かも。長都沼は又水面が氷結、オオワシは遠くの防風林。手ぶらで帰るわけにもいかないので雪原をスノーシューで近づいて撮影強行。30m以内に近寄ったら道路の電柱に飛んでいった。追いかけて足元まで近づくと又防風林へ飛びだし。レンズが超望遠なので飛びものはフレームアウトが多い。やっぱり場数を踏まないと上手く行かない。昨年買ったがほとんど使う場面の無かったスノーシュー今日は役だった。

2月第2週
2月12日(土) 5時-8.1℃ 14時-1.1℃ (最低-12.7℃ 最高-0.9℃) 晴れ 積雪59cm

一寸風があるがまずまずの天気。鳥見は午前中に茂漁川のカワセミだけで昼から買い物、帰ってBlogにアップ。4時過ぎのJRで札幌へ。6時からの紋別元気会の前に大急ぎで雪祭り大通り会場の雪像などを駆け足で撮り歩いて何とか会の開会に間に合った。1年ぶりの集まりで去年は出席者が1桁まで落ちたが今年は例年並みの14名。それぞれが皆1つずつ歳をとり、ほとんどが既に定年を過ぎて話は持病のこととかで以前とは随分様変わり。

2月11日(金) 5時-9.9℃ 14時+1.4℃ (最低-13.2℃ 最高+1.7℃) 晴れ 積雪61cm
この時期並みの気温で日射しも強くなって、春は「光の春」からやって来ているようだ。疲れたせいか夜中目を覚ますこともなく朝は7時近くまで熟睡。鳥見の重点はカワセミ、午前と午後それぞれ1時間以上頑張ったがシャッターチャンスは各1回それもきわめて短時間でいつものチョット奥まった場所で余り景色の良くないところだけ。チョット横の枝とかバックに雪景色が入るとかを期待するがなかなか注文通りに留まってくれない。午後の帰りにいつものオジロはいつもより橋1つ分下流の今季初見の場所なので土手の深雪をカメラを担いで近付いたがそれでも100m近く。デジボーグで何とか絵になった。帰宅後パン(バターロール24個)をこねて焼き上げた。
2月10日(木) 5時-7.2℃ 16時+0.5℃ (最低-9.7℃ 最高+1.2℃) 晴れのち曇のち雪 積雪64cm
昼までは良い天気だったがだんだん崩れ夜には湿った雪が降ってきた。茂漁川のカワセミの安否が気になったので朝1時間ほどいつもの場所で待ったが一度も姿を見られなかった。帰り漁川沿いの道を帰ってくるといつもの樹にいつものオジロが久しぶりに2羽お揃い。Blogネタ確保のため歩道に車を乗り上げて駐車しじっくりとデジボーグで撮影。帰って昼食後すぐにBlog にアップ。午後は2時過ぎに家を出てJRで「雪明かりの路」開催中の小樽へ。明るい内に会場の手宮線跡や運河を下見。まだ点灯時間に間があるので早めに寿司屋通りで夕食を済ませる。店を出るとあたりは大分暗くなって良い感じだが雪が振り出し一時は霰が顔にいたいぐらい。雪明かりのローソクも雪で大分消えて担当者が着火用のライターで消えたローソクに火を付けようと苦労しているが芯が濡れてなかなかつかない。余りぱっとしないので予定を速めて帰途に午後8時半には帰宅した。小樽の町は以前2年ばかり単身赴任で暮らしていたが休みには恵庭に戻る生活だったので町中の様子に疎く、住んでいたという実感がない。今日は小樽の町を歩き回ったので歩数がいつもの3倍ぐらい
2月9日(水) 5時-12.3℃ 12時-0.7℃ (最低-15.7℃ 最高-0.5℃) 晴れ 積雪61cm
朝から青空がひろがり風もなく絶好の鳥見日和。このところ茂漁川のカワセミは満足に撮れていないので鳥見はまずは茂漁川からスタート。現場に着くとKご夫妻が既にお見え。一緒に1時間ぐらい待ったが2度姿を見せたがすぐ飛び去ってじっくり狙いを付けて撮れず。気分転換に長都沼にオオワシでも見にと行ってみたら昨日の隣の電柱にいた。そのうちGさんもやってきてKご夫妻も含め4人でオオワシの追っかけ。電柱を飛びだした後防風林へ行ったがこれまでより大分近い。ここもすぐに飛びだして沼の凍結した雪原でも姿を捉えたり、撮影は出来なかったがオジロも姿を見たりでまだまだ楽しみかっtが昼を回ってお腹も空いたので撤収。午後再び茂漁川に出かけようかとも思ったがBlogネタも十分なので鳥見は止め録画ドラマを見たり、大量に撮った画像の整理など。
2月8日(火) 5時-8.5℃ 12時-3.3℃ (最低-15.2℃ 最高-2.6℃) 晴れたり曇ったり 積雪61cm
時折日射しが途絶えるが青空も見えてまずまずの天気。今日の鳥見は午前は妻も一緒に茂漁川と長都沼。午後は一人で茂漁川。長都沼は3日ぶりオオワシに出会えたが電柱でこれまでと変わり映えしない。顔に白い毛が着いたのかまるで眉毛が白髪になったように見えて面白い。飛びだしていつものように防風林に飛んだが飛び出しを予期してレンズをZD70-300に切り替えたがこのレンズのAFは飛びものに全く追いつけず。今日も飛びもの失敗。カワセミは午前中は1時間粘ったが全くの空振り、午後も出かけ車を止めた付近でチラッと姿を見せたので証拠画像は確保できたがいつものポイントで待ってもやはり駄目。最初の数日は確実に見れたのに最近はひどく不調。

2月7日(月) 5時0.0℃ 13時-4.6℃ (最高+1.3℃ 最低-15.4℃=22:40分現在) 晴れたり吹雪いたり 積雪64cm→61cm
青空だった空に急に厚い雲がかかり吹雪いてみたりで荒れ模様の天気、降る量はさほどでないが場所によって吹きだまり。鳥見で雪原内の農道を走ったりすると吹きだまりが見られる。青空も出るので鳥見に出たが、茂漁川に着くと吹雪き模様、西の空が明るいので我慢して待つと日射しが回復してきたがカワセミはさっぱり、1時間以上待ったが再び吹雪き模様になっても来たので撤収。長都沼に向かう途中漁川によってオジロを撮しすぐ沼に向かったが電柱付近も防風林にもオオワシの姿はない。展望台付近まで様子見に行くと更に下流側を飛び去るオオワシが見えたので車で追ったがすぐ姿を見失って撤収。昼食後再び茂漁川へカワセミ探しに行くがブリザードがひどくなってきて30分で撤収。漁川のオジロの飛びものでもと思って探したが居なかった。
2月6日(日) 6時-16.5℃ 12時-1.0 (最低-17.4℃最高+0.4℃=22時30分現在) 曇り一時晴夜になって小雪 積雪62cm
余りぱっとしない天気で鳥見の意欲も湧かず、チョット遅くなって最近のいつものコースを回ったがオオワシは空振り、カワセミは下流の車から見える範囲で証拠画像程度。午後も茂いざりに行ったが雪が降ってきたのでチラッと見ただけで帰宅。ネットで見るとオオワシはもっと早い時間、カワセミはいつものウオッチングポイントで早い時間出ていたようだ。
1月第6/2月第1週
2月5日(土) 5時-2.1℃ 11時+0.8℃ (最高+0.9℃ 最低-4.7℃=21時現在) 晴れ 積雪63cm

高低の差が小さな一日。今日の鳥見は妻も一緒にまずは漁川のオジロ、1羽だけだがいつもの樹でまったり今日はデジボーグを使わずシグマ50-500とZD70-300だけ、近いので300でも何とかなる。次は長都沼のオオワシは丁度昨日より1本隣の電柱に止まっていたが昨日のようにマッタリではなくソワソワ、すぐ飛びだし昨日と同じあたりに飛んでいった。近くで昨日と違ったポーズの画像もゲット出来たので次は茂漁川のカワセミ。このところ姿は見ることは出来るがすぐに飛ばれて撮せない。結局今日は午前中と午後一人でと2度訪れたがやはりチラッと姿を見ただけで終わり。撮影するにはじっくりやってくるのを待つ必要があるが・・・真冬に何時間も待つのはちとつらい。

2月4日(金) 5時-2.6℃ 12&14時+5.1℃ (最低-8.1℃ 最高+5.6℃) 晴れ 積雪64cm
今日も春のような気温。妻は昼前に手編みサークルに出かけるので鳥見は一人で。茂漁川でカワセミ、長都沼でオオワシを探すのが今日の目当て。茂漁川ではヤマセミポイントでよくお会いしたカワセミの会の会員の人と出会い情報交換しいつものウオッチングポイントへ向かうと雄の成鳥に出会えた。今日は付近で歩くスキーをする人が多く傍を通るのでカワセミもすぐ飛び去った。一応画像はゲットできたので次ぎ長都沼へ。沼近くの雪原でカラスに囲まれたオオワシがカラスを振り切って飛んでいくのが見えたので車で追うとお気に入りの電柱に止まった。去年の2月3日に止まったのと同じ状態で独占撮影会。レンズも300ミリ、500ミリ、デジボーグと色々取り替えたりの取り放題だが如何せん電線が邪魔くさい。いい加減飽きて集中力が切れてよそ見をしていると飛ばれたが100mぐらい先の木にとまったのでデジボーグに1.4倍テレコンを付けて撮影したがやはり遠すぎ。妻を手編みサークルに出かける時間になったので一旦帰宅し昼食後妻を送ったその足で再び戻ると同じ場所にオオワシ更に近くにオジロワシがとまっていたが撮影前に飛ばれ、しばらく探して戻るとオジロが同じあたりに戻っていて証拠画像GET、帰りは茂漁川、漁川によって翡翠、オジロを探したが空振り。今日の目標達成したし早めに鳥見終了。雪融けが進んだ2日間だったが明日から普通の気温に戻るらしい。
2月3日(木) 5時-6.5℃ 15時+3.7℃ (最低-10.9℃ 最高+4.2℃) 晴れ 積雪70cm

季節が一気に1ヶ月以上進んだような暖気で積雪も一気に10cmも下がった。道路は融けてアシファルトが出て走りやすいところもあるが、除雪状態が悪かったところはザクザクで走りにくかったり。鳥見は午前はチョット気になっていた長都沼から茂漁川と回ったがほとんど収穫無し。茂漁川のカワセミは昨日と同じ下流で妻がチラッと見たぐらい。上流の待ち受けポイントには姿を見せなかった。久しぶりKご夫妻とご一緒。午後は再び長都沼、期待した猛禽の姿はなし。帰りにいつものオジロのところを回ったが下流まで探しても姿が見えない。沼は先日の冷え込みで凍っていた上流側の水路も今日は水面が開き、展望台付近でも真ん中付近は水面が出てハクチョウやカモの姿もちらほら。

2月2日(水) 5時-13.9℃ 13-14時0.0℃ (最低-16.2℃ 最高+0.3℃) 晴れ 積雪80cm

午前0時頃には雪もあがり、朝の雪かきはそれほど大変ではなかった。それでも芝生上も雪を載せるスペースが少なくなってきたのでアプローチの雪も近所の公園に運ぶので結構歩数計の歩数が増え、雪かきだけで1日の最低限目標(5千歩)に近い歩数。雪かきでお腹も空いたので昼食を早め昼から2日ぶりの鳥見。茂漁川散策路付近の住民がやってくれるのか人家脇のところは除雪されていて歩きやすい。人家が途切れるとそれもなくなり長靴の足跡をたどり踏み固めながら水車の付近まで進んで1時間カワセミを待ちながら雪を踏み固めて道を拡げたり。ウオーキングに下流へ向かった妻が下流でカワセミに出会って1枚だけ証拠画像を撮れただけで後は姿を見つけてカメラを構えた途端逃げられ追いかけ見つけては逃げられるを数回繰り返し行方を見失った。帰りいつものオジロをいつもの場所より下流の遠くの木で見つけて証拠画像を撮ったが往きにはいつもの場所に居たので往きに撮っておけばみっと綺麗に撮れたはず。2週間ぶりに最高気温がプラスとなって真冬日脱出。明後日には立春で暦の春が目の前。低かった南中高度も徐々に高くなり昼の日射しは確実に強く「光の春」も大分近付いてきた感じ。日射しと気温が上がったり、降った雪かなりふわっとしていたせいもあってて時間が経つとぐっと締まって1日で積雪が10cm以上も下がった。

2月1日(火) 5時-5.5℃ 12時-7.3℃ (最高-5.0℃最低-7.8℃) 雪 積雪93cm
夜明け近くから降りだした雪はその後ほとんど止むことなく降り続き、1日で40cm近く積雪高が増えた。昼前後高速道の札幌〜恵庭などが吹雪で通行止めになったりもしたようだ。ニュースに依れば道内アメダスポイントでここ恵庭島松の降雪量が並はずれて多く、札幌中央区の積雪を一気に抜き去った。わが家の雪かきも午前、午後、夜と3回で延べ3時間以上、雪に振り回された一日だった。昼過ぎに1度除雪車が入ったがその後も30cm近く積もっているので明朝までに又除雪車が入り、他から運んできた雪の山を除雪済みの我が家の前に置いていくのでが明朝の雪かきも必至。それにしても内陸に入り込んだ恵庭島松が札幌や江別より降雪量が多いというのは珍しい。
yoakemaekara
1月31日(月) 5時-17.0℃ 15時-4.3℃ (最低-19.5℃ 最高-3.7℃) 曇り一時晴 積雪54cm

昨夜降った雪が5cmぐらい積もっていたので久しぶりに軽く雪かき。午後、天気もぱっとしなかったが昨日鳥見を休んだので安否確認のつもりで茂漁川へ。今日の現場はマガモの他にコガモ、カワアイサ、オカヨシガモと多彩。カワセミは雄の成鳥はチラッと姿を見せたが、枝かぶりを避けてなんてやっていたら逃げられピントの甘い2枚撮しただけ。雌の方は確認できなかった。撤収しての帰り道付近で丸々太ったキレンジャクの群れに出会った。オジロもいつもの樹に1羽だけいたが光線も余り良くないので安否確認だけで撮影はなしで帰宅。

1月30日(日) 5時-12.5℃ 12時-2.6℃ (最低-18.6℃ 最高-1.7℃) 晴れたり曇ったり時に雪 積雪55cm
青空がひろがっていたと思ったら厚い雲が出てきたりですっきり晴れない。夕方には雪もぱらついてきた。天気も冴えないので、と言うより撮るものがいつも同じでマンネリなので今日の鳥見はお休み。代わりに町内をウオーキングで1回り。念のためカメラは300mmを付けてお散歩装備で持参したがこれと言って撮るべきものは無し。早朝アジアカップ決勝を見たりでチョット寝不足な分はウオーキングから帰ってからTVを見ながらチョットうとうと昼寝。
1月第5週
1月29日(土) 5時-12.6℃ 13時-2.2℃ (最低-14.4℃ 最高-1.7℃) 晴れ 積雪51cm
午後、北広の中学生の孫の部活の試合があるというので、鳥見は午前中に済ませ午後は北広まで応援に。同じぐらいの実力のチームが相手とあって大接戦、かろうじて2点差で逃げ切って勝利。中学に入って日曜も部活があったりでめっきりわが家に来るのが少なくなったので久しぶりに会うとそのたびにぐんぐん大人っぽくなっている。応援を終わって久しぶり北広の生協で買い物して帰宅。
1月28日(金) 5時-15.9℃ 16時-5.2℃ (最低-18.4℃ 最高-4.9℃) 曇り 積雪53cm
道内全体かなりの冷え込み、孫のいる生田原もー27℃以下まで下がったが他の地点でそれ以下があったのでニュースには出てこなかった。7時でも25.8℃、前回-25℃以下の時は歩いて登校したら顔が痛かったとのことで今日は車で送っていったそうだ。無理して凍傷なっても困るからね。先週から韓流時代劇「朱蒙」が平日の朝放映されるようになったのでそれを見てから鳥見に出ることが多くなった。今日も天気がぱっとしないので様子見しているとじきにもうお昼。昼食を早めに終わらせ越冬カワセミのポイントへ今日は妻も一緒。下流の橋の傍に車を置いて川沿いを進むと枯れ枝に小鳥のシルエット、双眼鏡で確認するとやはりカワセミ。そーっと近付くが見通しのところを進むと逃げられるので小木の陰に隠れてまずは証拠画像。続いてデジボーグをセットしていると相手は上流へ飛び去った。いつものポイントまで進みカメラを3脚にセットし目立たない木陰で戻ってくるのをしばらく待ったがその気配もないし、日射しが無く寒いので30分ほどで撤収。帰りはいつものようにオジロポイントを通ったが1羽だけだし、空もどんよりなのでカメラを向けず通過し帰宅。
1月27日(木) 5時-7.3℃ 14時-4.6℃=最高 (最低-15.517.2℃) 晴れ 積雪53cm
今日もよく晴れたが気温は低く夜になってジンジン冷えてきた。今日も昼食を早めに終わらせこのところ通っている茂漁川に一人で。昨日は妻が三脚なんか持ってくれたが今日は一人なのでデジボーグを担ぎ手に三脚。首から双眼鏡と液晶フード。現場に着いたが今日はカモもいない。1時間ほど待っている間にカモやサギがやってきたがカワセミは来ない。諦めかけた頃下流側から来た人が対岸にレンズを向けている。下流から飛び去るカワセミを追ってやってきたとか。慌ててデジボーグを向けたが更に上流へ飛んでしまい間に合わず。300mmのレンズのその人はカワセミの会の会員とのことで、ここの越冬カワセミことを色々教えてもらえた。しばらくカワセミを待ったが諦めて撤収。いつものオジロのところを通って帰宅。オジロの姿は無かった。
1月26日(水) 5時-6.6℃ 14時-3.4℃=最高 (最低-8.19.2℃) 薄曇りのち晴れ 積雪54cm

冷え込みはきつくないが日中でも気温が上がらない。今日も12時前に早めの昼食を摂ってから鳥見。しばらく行っていない漁川上流の発電所へ。今日も恵庭中のカラスとトビが集まった?とでも思われるようなすごい数、とてもカワセミ・ヤマセミが居れる状態でない。この往き帰り茂漁川に寄って水車付近までデジボーグを担いで行ったが、往きの時は空振り、帰りに何とか姿を見れたが、葦に止まってはすぐ10mぐらい飛んで又止まるを繰り返すのでじっくりピント合わせも出来ずあたふたと追いかけての撮影。帰りはいつものように漁川の川沿いの道を通り21号橋をわたるコースを来るといつもの樹の上に1羽のオジロ、昨日はパスしたので今日は止まって撮影機材を出そうとすると三脚が無いのに気がついた。カワセミを撮って撤収するときに3脚を収納せずに忘れてきたらしい。慌てて引き返すと駐車していた道路の脇にそのまま立っていて無事に回収できた。危なく9万円が消えるところだった。再びオジロの樹のところに来たらオジロが1羽増えて2羽になっていた。

1月25日(火) 5時-10.5℃ 12時-0.3℃=最高 (最低-14.0℃) 曇りのち晴れ 積雪55cm
朝の内雲が多かったが昼近くから日が射してまずまずの天気。ウオーキングは昨日と同じ茂漁川へ。まさか2日続けてカワセミに会えるとは思っていないのでカメラのレンズは軽い70-300mmズーム。昨日と同じあたりまで来ると枯れ枝に黒っぽいポチ、双眼鏡で確かめようと思ったら双眼鏡は車の中に置いてきた。ゆっくり近付くとやはりカワセミ、500ミリ持ってくるべきだったと少し悔やんだが証拠画像でも撮れるだけでラッキー。カワセミ餌採り成功した後マッタリモードに入ったので車のところまで引き返し50-500mmのレンズを持って再び現場に戻ると姿が見えない。あちこち探したら下流側の葦に留まっているが遠い。近付くと飛ばれてチョット先に止まる、追いかけると又飛ばれを繰り返している内に車を止めたところまで戻っていた。帰路、漁川のいつものオジロの樹の脇を通ると今日はツガイで止まっていたが最近オジロには飽きているので止まらずに帰宅。午後、市民会館で会議がある妻を送った後、千歳で給油と長都沼の様子見に向かったが途中で妻から会議が終わったとTELがあって沼の南端で引き返す。去年は今時季から猛禽類が色々姿を見せてくれたのだが今年はさっぱりだ。

1月24日(月) 5時-10.7℃ 13時-0.6℃ (最低-14.6℃ 最高-0.5℃) 晴れ 積雪55cm

並みの冷え込み日も良く差し込む2階の部屋などはポッカポカ。午前中は録画したドラマなどまとめ見していたが、良い天気にさそわれ昼から散策。まず町内、街路樹などあるところを回ってレンジャク探し。意外に簡単に近くのスーパーの駐車場で遭遇。目的も簡単に達成したので次は茂漁川沿いの散策路でウオーキング。カメラはFZ28だけ持参。下流から左岸を上流に向かって歩く。幅50cmぐらいで除雪されていて歩きやすい。歩き出してすぐ下流から水面すれすれに飛んでいく小鳥が河畔の葦に留まった。バックの雪がまぶしくシルエット状で分かり難いが背中が青い。カメラのズームを最高にして覗くとやっぱりカワセミだ。気づかれないように近付くが間に遮るものがないのですぐに逃げられるが何とか数回のシャッターチャンス。証拠写真確保。ウオーキングどころでなくなって3000歩弱で引き返す。帰りいつものオジロの樹の傍を通ったがblogネタもあるので「居なくてもいいや」と思っていたがそんなときに限ってしっかり止まっている。素通りも出来ずのんびり3脚を出して機材セット見上げたら「あれ!!居ない」。少し下流を探してすぐに見つけて今度は本気で撮影。ネタが豊富なのでBLogには2回に分けて投稿。ダミーのblogにも各1枚ずつアップ。ダミーには載せたくないのだが今もって多数のアクセスがあるのでついつい最低限の投稿をしてしまう。
今日はノートPCでも文字化けもせず日誌の更新が出来そう
1月23日(日) 5時-7.2℃ 15時-0.8℃ (最低-13.1℃ 最高-0.6℃) 晴れ時々曇 積雪56cm
冷え込みもさほどでなく風もない穏やかな1日だった。鳥見はお休み、雪かきも無いのでウオーキングで島松の市街地のまわりを回る。あちこち連雀の群れが見られているようなのでどこかで出会うかとカメラも持参したがヒヨドリが居るぐらいで群れで行動しているような鳥の姿が見えない。このwebサイトの更新に使っているPCよほどメモリーや仮想メモリーに余裕がないのか立ち上げて使っている内に画面表示の文字化けやソフトの起動に時間がかかりすぎて使い物にならない。やむなくこの日誌も2階のPCに一旦サーバーからFTP転送でファイルを写し、今日の分を書き加えてFTP転送で更新しようとしている。
1月第4週
1月22日(土) 5時-10.6℃ 13時-1.7℃ (最低-17.5℃ 最高-0.7℃) 晴れ 積雪58cm
日高に向かって車を走らせていると娘からのメールで今日が6●才の誕生日だったのを思い出した。メールには約2才の孫の歌う♪ハピーバスデイトウユー♪のビデオ画像付。沙流川はオオワシが目当てだが今回も駄目、漁港側の海岸付近で海ガモの写真、氷結した川原遠くのオジロを撮り、コンビニ弁当とおでんなどで昼食、鵡川に移動。土曜日とあって鳥見の車は20台ぐらいがあちこちでコミミの出を待つがなかなか姿を見せない。土手付近で飛び回る姿が見えたが遠いので近付いて来るのを待つがその気配無し。しびれを切らして堤防上に移動したら傍のポールに止まっていた。何とか目的は果たせたのでまだ日没まで間があったが皆さんより一足早く撤収。夏至から1ヶ月、大分日も長くなって千歳近くで日没、家に着いたのは5時チョット過ぎ流石に暗くなっていた。
1月21日(金) 5時-9.0℃ 12時-1.7℃ (最低-13.8℃ 最高-1.5℃) 雪のち晴れ 積雪63→59cm
朝になって降り始めた雪がふんわりだが10cmぐらい積もった。除雪車が入るほどでないのかくる気配がないので前の道路も雪かき。昼、公民館に出かける妻を送った後その足で長都沼へ。去年はオオワシやオジロ、ハヤブサなどが姿を見せた頃なので時々覗いておく必要がある。往き帰り漁川のいつもの樹にオジロの♀が止まっていたが♂の姿が見えない。♂を探しに下流側に行って見たが見あたらず戻ってくると♀が下流の木に移動していたので車を止めて見ていると河川敷から♂が下流にむかって行くのが見え、雌も後を追って行った。この付近が待ち合わせ場所?。早めに鳥見を切り上げパンとナンの生地をこねてナンは冷凍、パン生地 は夜までにバターロール25個に焼き上げて一部冷凍保存。
1月20日(木) 5時-12.4℃ 15時-3.2℃ (最低-16.5℃ 最高-3.1℃) 曇りのち晴れ 積雪58cm

日本列島全部がかなり冷え込んだようだが日本で一番の冷え込みとして生田原の-25.9℃がTVの全国ニュースで伝えていた。その寒さでも学校は普通通りなのか小学生の孫はいつものように歩いていったとのこと。ここまで冷えると寒いと言うより痛いとかで大変だろう。久しぶりの通院、この時期風邪引きとか多いのか病院は混んで予約より1時間ぐらい遅れ薬局も30分以上の待ち時間。この間をつかって漁川沿い下流まで往復オジロを探したが見つからず。帰宅し昼食後漁川方面へウオーキングしていくと、昨日ツガイで留まっていた木に1羽だけとまっているのが見えたがウオーキング優先なのでカメラも無し、予定の3000歩の所まで行って引き返す。帰り大分戻ってから振り返ってみてもまだ同じ樹にポチッととまったままなのが見えるので帰宅してから機材を積んで車でもう一度いってもまだ止まっていてくれた。1時間以上止まっている事になる。昨日と同じ場所(左岸側)からデジボーグで覗くと枝がかぶり多少ずれても駄目、車で右岸側に回ってみると枝は邪魔にならないが、すぐ横だと完全逆光になるのでやや遠くなるが南(上流)側の道路端から撮影した。今日も漁川沿いの道路は雪捨て場に向かうダンプで交通量多し。

1月19日(水) 5時-5.8℃ 13時+0.1℃ (最高+0.4℃ 最低-10.814.7℃) 晴れ 積雪59cm

気温も上がって良い天気。町中で排雪の音が聞こえ、家近くの道路もロータリー除雪車で大分拡げられて見通しが良くなってきた。雪かき作業はないので今日はウオーキングで路地を歩くと綺麗に排雪されたところと未だのところが入りくんでいる。鳥見は午前いつものオジロが見つからなかったので午後も再び探し回ってようやくツガイ2羽並びで撮せた。

1月18日(火) 5時-10.5℃ 14時+1.4℃ (最低-13.6℃ 最高+1.7℃) 晴れのち曇り 積雪68→62cm
昨夜からの雪も10cmを超えて今朝も雪かき。量的には一人で処理できる程度だったが雪かき疲れか腰の方もチョット危ない感じなので妻にも出動要請。芝生の上の雪かきも今日は止めておく。この2日車も動かさなかったので3日ぶりに鳥見へ。長都で給油してその足で長都沼もチェックという最近よくあるパターン。去年は沼周辺でオオワシやオジロ、ハヤブサなどに出会えたが今年は冷え込みがきつく海水面が無いのでカモもいない。従ってそれを狙うオオタカやハヤブサなどの猛禽もやってこない。漁川上流も鳶の群れが占領してヤマセミの姿は無い。漁川いつものオジロは午前の鳥見では下流まで探したが見つからず。午後再探索で何とか撮せた。
1月17日(月) 5時-0.4℃ 13時-0.5℃ (最高+0,5℃ 最低-3.0℃) 曇り時々吹雪 積雪58→66cm
気温の方は昨夜から急激に上昇、最低気温が先週の最高気温といった感じ。降雪量は少ないが風が強いので吹きだまる感じで道路もアプローチも雪かきが必要。昨日の3度の雪かきの疲れが溜まったのか、朝のチョットの雪かきでも息切れ、その後は家の中で昼寝をたっぷりしたりゴロゴロとして引きこもり。夜になってようやく元気になったが外を覗いたら吹雪でそこそこの積雪で明朝は又雪かきが必要・・・もうしばらく雪はいらないんだが。鳥見の方は天気も良くなくオジロもちょっと飽きが来た感じでお休み。野幌や岩見沢あたりにフクロウでも見に行きたいところだがこのところの吹雪や大雪ではしばらく無理っぽいし・・・。
1月16日(日) 5時-4.2℃ 16時-0.5℃ (最低-5.9℃ 最高+0.2℃) 曇り一時雪 積雪63→60cm

昨夜からの雪は朝までに15cmほど積もり、起きたときには除雪車も入って家前には50cmぐらいの固い雪山が。朝食後ゆっくりそのかたずけとアプローチの除雪。雪が降らなければかまくらの内部を掘って拡張でもと思っていたがそんな余裕はない、かまくらの上に載せている暇もないのでかいた雪の大半はスノーダンプで2軒先の公園に運んで押しつける。1時間チョットで午前の部は終了。午後は物置とカーポートの屋根の上に積もった雪下ろし、積雪も60cmぐらいで締まって固く重い。カーポートの屋根の一部はアクリル板でその上に載っかると板を踏み破るので木の板を渡してその上で作業するので地上で雪かきするのと較べて随分時間がかかる。TVでは高齢者が屋根の雪下ろし中に屋根から落ちたり雪に埋まって死亡などのニュースも幾つかあったが他人ごととも言えないのかも。降ろした雪がアプローチで山になっていたが夕方3度目の作業で何とか全部片づいた。さすがに疲れたので今日は早く寝よう。
1月第3週
1月15日(土) 5時-21.1℃ 15時-1.4℃ (最低-23.0℃ 最高-0.8℃) 晴れ一時薄曇り 積雪49cm
新たな降雪もないが朝の冷え込みは昨日以上でこの冬の最低気温の記録更新したが、寒さのピークも越えたようで午後には気温も大分上がってきた。午前中買い物と帰りにいつものオジロの追っかけ。新規の降雪がなく雪かきも無しだと運動不足になるので、雪山も大きくなったので掘り込んでかまくら作り作業を1時間ちょっと。広さはまだ奥行き1mチョットで狭いが、毎日少しずつやれば1坪ぐらいの広さに出来そう。天井を頭がつかえない高さにするには未だ雪が足りないかも知れない鳥見は買い物帰りいつものオジロを漁川下流12号付近で姿を捉えた
1月14日(金) 5時-18.0℃ 14時-6.3℃ (最低-20.3℃ 最高-6.0℃) 曇りの晴れ 積雪51cm
この冬の最低気温を更新。真冬日も今日で9日目連続だ。午後青空も見えてきたので久しぶりに恵み野中央公園を歩こうと出かけたがこのところの雪で散策路で踏み固められている所はほんの少し、スキーかスノーシューでないと一寸無理なので途中で引き返し、歩数は3千強しか行かなかった。そのまま買い物は恵庭地区でこれまで行ったことのないJ●●鮮市場。普段通らない道に面しているので存在も知らなかった。結構客も居て繁盛しているようだがわざわざいくほどの店でもないかな。かえりはいつものオジロの樹の所を通るとつがいで止まっていた、他の車の通行の邪魔にならないように車を止めてからカメラを持って降りたら既に1羽は何処かへ飛んだ後、残った一羽も程なく飛びだし上手い具合に枝が枝が被らないところに飛びだしてくれたので連写で10コマぐらい綺麗に納まってくれた。10コマでアニメーションのGIFファイルを作ったがファイルサイズが大きすぎでブログにはUP出来ず。
1月13日(木) 5時-11.4℃ 12時-6.5℃ (最高-6.4℃ 最低-18.6℃) 晴れたり曇ったり 積雪63→56cm
今朝も10cm強の降雪、雪かきする前に除雪車が入ってまたまた家前に30cm以上の雪山を置かれてしまった。除雪車が来たとき家前で目を光らせていると置いていく雪山も少なくなるのだが・・・。結局1時間強の雪かき、芝生の上に載せた雪は夕方鳥見から帰ってからドームに載せて始末。鳥見は日高方面、沙流川でオオワシ、鵡川でコミミズクが狙いだったが、オオワシには出会えずオジロ止まり、コミミは長時間待ったが姿を見たのはほんの一瞬。時間とガソリンを費やした割に成果はイマイチ。コミミ狙いの車は平日の所為か随分少なかった。
1月12日(水) 5時-18.5℃ 12時-8.6℃ (最低-19.1℃ 最高-6.1℃) 曇りのち雪 積雪50cm
生田原の-25.6℃には負けたがこの冬の最低気温を更新。朝までに10cm弱の降雪、晴れそうな気配もないので鳥見は止めて普通のウオーキング。夕方になって又5〜6cmの降雪。雪かきは朝と夕方各1時間強とたっぷりの運動。昨日今日の雪かきとウオーキングが効いたのか正月以来体重が増えたままなかなか元に戻らなかったのがようやく元に戻った。運動の合間に録りだめしたTVドラマを何本も消化。連ドラ録画予約が上書き録画設定が大半なのでその日の内や次週までに見ないといけないので大変。
1月11日(火) 5時-9.9℃ 14℃-6.4℃ (最低-18.6℃ 最高-5.9℃) 晴れ一時曇り 積雪54cm→48cm
このところ真冬日が普通になって5日連続。朝から綺麗に晴れたが、今朝も夜中に10cm弱の新たな降雪があって午前中は1時間以上の時間をかけて雪かき。裏のガスメーターの検針も出来るように雪を踏み固めて路を付けておいた。午後はいつものコースで鳥見に出たがオジロは遠く、ヤマセミは空振りでシャッターチャンス無し。演習場内のヤマセミポイントも雪がこの数日の積雪は僅かなので意を決して車を乗り入れた。戦車道あまり戦車も通っていないので深雪のままだが勢いを保って進めば何とか進めアドベンチャードライブを楽しんだがヤマセミの気配は無し。そのまま帰宅というのも何なので茂漁川によって遊歩道をウオーキング、島松などより雪が少ないし、散歩する人も多いのか路も踏み固めtられて歩きやすい。越冬カワセミの噂もある場所だが気配はなかった。
1月10日(月) 5時-9.0℃ 15時-5.3℃ (最低-15.1℃ 最高-4.8℃) 晴れ 積雪58→52cm

夜中に10cm程度の降雪があって朝は雪かきを1時間ぐらい。空は晴れ上がって日射しが強いので気温の割に暖かい。雪かきの後一休みしてから鳥見、いつもの漁川でオジロワシ♀に出会えてじっくり撮せたので上流へ行かずに帰宅。午後は上流のヤマセミポイントを覗いたが出会えず。上流はさぞかし雪が深くなっているのかと思ったら、(島松で30cm以上の降雪があった)この数日新たに降った雪は1cmぐらい。道路脇は以前の汚れたと雪山にうっすら新雪が乗っている程度。背後の山が雪雲を遮ってくれるような北西方向からの大気の流れで下降気流で晴れたようだ。下流ではオジロは昨日あたりからいつもの樹の対岸に良く止まるようになってきて撮影には遠過ぎ。この数日の雪がなければ土手を進めば大分近づけるのだが雪融けまで無理

1月9日(日) 5時-13.3℃ 13時-6.0℃ (最低-14.9℃ 最高-5.6℃) 雪のち晴れ 積雪54cm→51cm
風は無いが雪が時に激しく、時に小降りに途切れることなく2時過ぎまで降り続いた。札幌との間の高速も又通行止めになるなど。積雪もこのぐらいになると時間が経つと重みでグンとしまってくるのだがそれを補うように雪がふり続いた。除雪車が入らないので道路の雪も綺麗に掻いて芝生上にドーム状に積み上げた。掘り込めば結構広いかまくらが作れるようになったが当面使う予定が無いのでどうしたものか。2時を回った頃から空が明るくなったので、漁川のいつものオジロを探しに出かけた。今日は2羽居ることは居たのだが同じ樹に止まっても離れて止まったり別々に行動したりで余りぱっとした写真は撮れなかった。姉と一緒に札幌に出かけた妻、帰りは高速の通行止めの影響か国道が渋滞し替えるのに大分時間がかかったとのこと。
1月第2週
1月8日(土) 5時-7.8℃ 14時-5.6℃ (最高-5.2℃ 最低-14.4℃) 晴れたり曇ったり 積雪56cm→48cm
昨日午後雪かきした後に朝まで20cm以上降った。除雪車が入って家前には高さ50cmぐらいの雪山が出来ていて雪かきは妻と2人でたっぷり1時間以上かかり、歩数計も雪かきだけで1日のノルマに近い歩数。終わって一休みして鵡川方面へ鳥見ドライブ。目当ての沙流川のオオワシには出会えず残念だったが、鵡川ではコミミズクがタイミング良く出てくれた。今回は全く止まっってくれずデジボーグは使えず。シグマのzoomではピントが甘くて満足な写真は撮れない。ここのコミミズクもすっかり有名になってマイクロバスでやってきた団体鳥見客も。
1月7日(金) 5時-10.3℃ 14時-8.0℃ (最低-11.0℃ 最高-7.9℃) 曇り時々吹雪→猛吹雪 積雪51cm(21時現在)
朝の内に少しの積雪があったので運動を兼ねて雪かき。早めの昼食の後、公民館に妻を送りそのままいつもの鳥見ポイントへ。昨日と同様同じ恵庭でも西と東で天気は大違い。漁川沿いに走ると18号から下流では吹雪、21号までは吹雪いたり晴れたり、市街地を抜け牧場を過ぎたあたりから青空で日射しがまぶしく道路脇の除雪の山は数日前から変わらず降雪の痕跡もない。長都沼もいってみたがここも晴と吹雪の境界で上流の橋のあたりから下流が吹雪で千歳寄りが晴れ。沼は完全に氷結し白鳥すら居ない。結局鳥見はすべて空振り、帰宅して又も雪かき。日が落ちてから吹雪が一層ひどくなり高速道恵庭付近は通行止めになっている。積雪量も増えてきたが除雪しても又降りそうなので今日の除雪は終了。明朝、除雪車が入った後に頑張ってやるしか無さそうだ。
1月6日(木) 5時-7.9℃ 10時-4.1℃ (最低-10.1℃ 最高-3.6℃) 晴れたり吹雪いたり 積雪28cm
日が射していたと思ったら激しく吹雪いてみたりコロコロ天気が変わる。朝、長女親子をシネコンまで送った後漁川上流から下流まで一通り鳥捜し。上流側から川沿いに12号橋のあたりまで進むにつれ天気の急激に変わって晴れ→薄日で雪が舞う→猛吹雪。山越えの下降気流が通るあたり(36号線の西側)と山を越えずに石狩湾から江別・北広島と入ってきた雪雲が入る国道36号の東側で結構天気が違う。年が明けてから一度もウオーキングなしで一日のノルマ歩数達成できていない日が続いている。体重も正月前と較べ僅か数日で1kgぐらい太ってしまっているので今日は何とか昼前町内をウオーキングやっとノルマに達した。その後夕方軽く除雪作業などでそこそこの運動量にはなったが、体重の超過は納まらない。運動で帰って食欲が出てしまって逆効果?。今日の鳥見は空振り(上流のヤマセミは車が車を止めた途端奥に飛び去り、オジロは何処でも出会えず)
1月5日(水) 5時-5.3℃ 14-15時+0.5℃ (最低-6.6℃ 最高+0.9℃) 曇り 積雪18cm

天気もぱっとしないし、札幌に出掛けた娘親子を送ったり、遊びにくる北広の孫娘を迎えに行ったりで午前中は鳥見も出そびれたが午後暇になって漁川へ。4日ぶりに、つがいで居るオジロをたっぷり撮れた。

1月4日(火) 5時-9.9℃ 13時+0.1℃ (最低-11.8℃ 最高+0.4℃) 晴れたり曇ったり 積雪19cm
早めに朝食を摂ってから近場の鳥見へ。しばらく行っていなかった漁川上流のヤマセミポイント2箇所。上流のポイントでは下流の道路沿いに居たが車を降りた途端足元から飛びだして奥へ飛び去って撮れず、下流のポイントではカワセミではなくオジロ。いつものオジロの樹付近でもオジロ。飛び去った後を追ったりして除雪されていない深雪の堤防上の道を進んだりでチョットしたアドベンチャードライブ。上流の方でも除雪されていない道を走ったが積雪は平地より多く30cm以上スタックするのではないかと心配になったが勢いを保って進み何とか埋まらずに済んだ。成果は2箇所でオジロの画像、飛び出しも撮れたのでまずまずかな。北広の孫娘今日は息子が連れてきてくれたが明日は息子も仕事なので自分が送迎しなければならず。鳥見の暇はとれるかな
1月3日(月) 5時-7.5℃ 13時+0.3℃ (最低-10.1℃ 最高+0.6℃) 薄曇り 積雪17cm
残っている長女一家の内、婿さんの方は一足先に今日帰って、娘と孫だけがあと数日滞在。孫を昼から北広の息子の家で同い年の孫娘と遊ばせるため送った後その足で鵡川まで夫婦で鳥見。現場に着いたのは3時を回っていたが既にコミミズクは出ているようで先客20人以上が海岸近くの芦原でカメラを並べて撮っている。車で近付いてカメラをセットするが立ち位置が拙かったようで逆光。時折ホバリングなどもしてくれるが飛びものに弱いマイカメラではつらいものがある。何とか1度小木に止まってくれたがちょっと遠い。あまり納得のいく写真は撮れなかったが雲が多く日射しも弱い上に日没も近付いて条件はますます悪くなってきたので30分ぐらいで撤収。途中買い物をして5時チョットには帰宅。すぐ北広に孫を迎えに。午前中はパンを焼いたり昼食用にドーナツをあげたりもあって忙しい一日だった。
1月2日(日) 5時-3.7℃ 12時-1.0℃=最高 (最低-7.8℃) 晴れ 積雪18cm
そう冷え込みという感じはないが気温は上がらず真冬日。今日の昼は手製のナンとカレーだが生地が8枚分しかストックが無いので朝食後すぐ4枚分追加で全員の分確保できた。長男一家と2女一家が帰り、家の中はグンと静かになった。長女一家も数日後に帰ると一気に寂しくなる。熊本の2女一家は福岡空港から高速で帰るのだが九州北部積雪などで高速道が通行止めの情報があって心配したが夕方には通行止めも解除になり無事に帰宅できたようだ。新千歳空港まで車で送った帰りいつもの漁川傍で今日もオジロに出会えた。
1月第1週
1月1日(土) 5時-2.4℃ 13時+0.5℃ (最低-3.6℃ 最高+0.6℃) 晴れ 積雪18cm

予報よりは穏やかな元旦で東の地平線に雲はあったが初日の出は見えた。午後長女一家が到着して、子と孫全員集合で夕食は12人、普段の人口の6倍、人が多い。買い物に出かける2女夫婦を駅まで送ったついでに漁川いつものオジロワシの樹の所を回ったら、丁度ツガイで止まっていてすぐ飛び出して下流へ飛んでいった。レンズは300mmのズームしか持っていなかったが飛び出しの画像やHPのトップに年賀画像として使える画像も撮れたのはラッキーだった。年末年始ゆっくり鳥見をしている暇はないが短時間で効率よく鳥見始めができた。年賀状の配達は例年よりも早い時間、出していなかった人の分を午後恵庭の本局で投函(郵政民営化後に島松局が集配局で無くなって本当に不便だ)し、再び漁川沿いを通ったが2匹目のドジョウは無かった。


頁の先頭に

日誌2010年
日誌2009年
日誌2008年
日誌2007年1〜12月
日誌2006年1〜12月 
日誌2005 4〜12 
日誌2004 11〜2005 3 日誌2004 4〜10
日誌2003 11〜2004_3 日誌2003_7〜10 日誌2003_4〜6  
日誌2002_10〜2003_3月 日誌2002_8〜9月 日誌2002_4〜5月 週報2001年11〜2002年3月
日誌2001年9から10月
 日誌2001年7から8月 日誌2001年5から6月 日誌2001年3から4月
庭とDIYとbasic(TOP)へ
2005.5.3〜
昨日      今日