カーブの強いレンズで起こりがちな‘歪み’に対し、独自の検査方法により極力軽減いたします。検査段階で歪みを
お客さまが体感チェックが可能です。度数がどうしても合わない場合でも30日以内は1回までレンズ交換無料となりますので、安心してお作りいただけます。最新のレンズカットマシーンを07年3月に導入しておりますので、他店でお断りされた度数の強いお客さまでも、無理なくレンズ入れがOKです。
*調光のミラーは紫外線が当たっていない場合は
クリアにミラーが掛かるので、ご自身の目自体が
反射し裏写りすることもございます。
(ブルー・シルバー・ゴールド・ピンク)
*枠なしフレームへの加工は+4.00〜-4.00まで
この価格表をみてご自身でお見積もりしたいですよね?
度付の方はレンズの価格が決まらないと、ご予算も立てられませんし、
サングラスのモデルも決めることができません。

1、コンタクトの度数は大まかに目安としてください。(箱に書いてあります)
2、処方箋の数値も参考になります。
3、お作りされたメガネ店に度数を問い合わせてみてください。

スポーツカーブの度付は、ほとんどの場合で度数を変化させ歪み軽減を
実現しております。なのであくまで目安なので参考程度とお考え下さい。
「+4.00〜-4.00」までなど各レンズに「製作可能範囲」が設定されております。
レンズの強さを数値化したもので「1.0」などの「視力」とは異なります。
通常の近視を「S(球面)」と表現し、乱視を「C(乱視)」と表現されます。
「S(球面」と「C(乱視」を足した数値が製作範囲かどうか見る材料となります。
この場合、左右とも「-4.00」以内となりますので薄型「スポーツ1」か
超薄型「スポーツ3」の2通りの選択肢となります。
いずれの度数でありましても選択肢は2つとなるように設定しております。

      *R/Lは左右 PDは瞳孔間距離 AXは乱視軸
Q1 度数が強いのですがカーブの強いフレームで製作できますか?
A1 メガネナカジマでは−9.50まで問題なく製作できます。

Q2 チタニウムクリアを度つきで作りたいのですが可能でしょうか?
A2 可能です。現状作れないカラーはエメラルドとルビーだけです。RUBY・エメラルド伴に近いカラーには出来ます。

Q3 持ち込んでの度付きレンズ入れをやってくれますか?
A3 致します。お持込でのレンズ加工の場合、価格が異なります。

Q4 今持っているサングラスに通販で度入れをして頂けますか?
A4 デコリンメガネにて全て承りますが、別店舗となるので一部価格が異なりますことをご了承くださいませ。上記のレンズ価格はご足労頂きましたお客様に感謝の意味を込めまして割安に設定させて頂いております。

Q5 レンズの硬さは大丈夫でしょうか?
A5 メガネ ナカジマで使いますスポーツレンズは一般的な度付きレンズより丈夫なものを使っております。しかしOAKLEY(オークリー)などのスポーツサングラスメーカーが採用するポリカーボネート素材の方が丈夫さでは上です。ですので価格改定に伴いまして当店もポリカーボネートの設定を致しました。

Q6 OAKLEYやRUDYなどスポーツサングラスメーカーが採用するプリズム強制(XYZオプテックス等)はオリジナルレンズに入っているのでしょうか?
A6 度付きレンズの場合、プリズム矯正を入れることはメガネナカジマでも致しております。

Q7 カーブの強いレンズをかけると地面が近くなったり、クラクラすることがあると聞いたのですが?
A7 現在お掛けの度数と同じ度数をカーブサングラスに入れても同じ見え方になりません。メガネナカジマでは、スポーツレンズ用の処方をお客様個人個人に合わせて行っております。ノウハウの部分になりますので詳しいことは申し上げられませんが、違和感を出来る限り軽減させることが出来ます。当店は基本的な検眼から他店と異なります。ベーシックな度数が違うことでスポーツカーブにした時に違和感が生じる事が多くあります。当店の検査では80%以上の方が必要以上に強い度数を掛けられています。メガネの基本は最低度数で最高視力です。

Q8 度がどうしても合わない場合は?
A8 メガネナカジマでの検眼分は度数保障がございますので、製作より30日以内にお申し出いただければ無料にてレンズ交換を実施しております。(レンズのメーカ保障は1年です。お客様にご自身によるキズなどの過失は当然対象外)

Q9 納期はどのくらいですか?
A9 お作りしますレンズの種類によりますが、最大で14日間・最短で6日間です。
   クリア(透明)は比較的早く、ミラー加工されると時間を少し頂くようになります。


Q10 HJの度付を作りたいのですが?
A10 HJの度付は-3.00以内でしたら純正レンズで度付を作成できます。コチラ
    純正の範囲外の方にもメガネナカジマ度付スポーツレンズで対応可能です。コチラ
■カーブ度付で良くある質問と事例
1、パソコン用などで常用されるメガネの度数を弱めに使われている方が、スポーツ用のみ度数を
  強く作られるとクラクラしたり浮き上がったり見えたりすることがあります。
  これはカーブ度付だから起こることではなく、普通のメガネでも起こります。

  パソコン用が0.8程度でスポーツ用を1.2などとご希望されることが多くございますが、
  眼も筋肉ですので普段からフルパワーを使っていないところを、いきなりフルパワーで矯正
  すれば当然弊害が起こってしまいます。その際の不具合はご了承くださいませ。

  スポーツカーブ度付において違和感が生じる一番大きな原因は
  常用されているメガネの度数が合っていない事がほとんどです。
  メガネナカジマでは常用されているメガネの度数も同時に見直す事をオススメしております。


2、欧米人向けに作られている多くのスポーツサングラスは、フィッティングで困ることも多く
  ございます。度付レンズへ変更される際、レンズの厚みが裏側(顔側)へ出るため、まつ毛
  が擦れたり、鼻に引っ掛かったりしない事もしばしば。

  メガネナカジマでは独自のフィッティング術で、出来るだけストレス無くカーブ度付サング
  ラスをお掛けいただけるよう試行錯誤しております。

  お持込でのレンズ加工の場合、フレームの保証等の関係によりフィッティングは最小限の
  サービスのみの適用となります。予めご了承くださいませ。フレーム加工のフィッティン
  グは一切行わないことをご了承くださいませ。


3、検査は全てご購入の方のみを対象に実施いたします。お掛けのメガネ・処方箋を見れば
  レンズのお見積もりは可能ですので、検査実施はご購入を前提の場合のみとなります。

  何らかの原因で度数が出なかったり、度数が安定してい場合など再検査が必要な時は費用の必要
  ありません。問題をクリアした後に再検査を実施いたします。

  スポーツ度数の検査のみをご希望で、データを取得し他店でお作りしたいと言われるお客様が
  何人かいらっしゃいましたが、このあたりはお店の技術力・ノウハウの部分ですのでご勘弁下さいませ。
  作られるときに検査するのがベストです。日を置いて作られる場合でも再度検査が
  必要となりますので。