スポーツサングラスブランドが多く採用する「NXT」レンズって実のところ良く分からない?
OAKLEYなどが使用するポリカーボネートレンズとどう違うの?と言った素朴な疑問にお答えします!
NXT は、米陸軍によるポリカーボネートを超える軽量防弾プロテクター開発プロジェクトによって誕生しました。マグナムの銃弾も貫通しない強度(1mの至近距離から厚さ3cmの NXTブロックに発砲)を持ち、また、歪みや劣化の少ないハイクオリティな光学的特性を併せ持ちます。


戦闘用ヘリコプターのキャノーピー(フロント窓)部分にも採用されています。
ソフト・セミハード・ハードと言った種類があり、ハード以外はブランドの独占販売などが行われます。つまりそのブランドにしか供給されないといったレンズです。ZEROrh+やRUDY PROJECTがその一例です。
衝撃性能は両素材伴に優れていると言って良いでしょう。
しかしながらレンズとしてのクリアさや傷・軽さ・経緯
劣化などを比較するとNXTレンズの方が優れています。
NXT素材は薬品耐性もポリカより優れております。
関連ページ:NXTレンズ
OAKLEYがパスしたアメリカ政府規格「ANSI Z 87.1検査」いわゆる超耐衝撃性検査。この検査において‘カッチュウ’は最高得点をマーク。この検査はほとんど壊しに掛るような検査で、レンズここまで必要なのか?ってくらいやります。光学性能と透明度においても評価されました。(TALEXは偏光レンズメーカーなので濃いカラーしかありません)
関連ページ:TALEX