パセリの知恵袋

女ヲタクの語るヲタクの恋愛論

特別研究日誌 (木婿)  2002.03.14 (木)
 順番から行くと今日は相方の担当日なんだけど、ホワイトデーっつーことで、ちょっち特別企画。



『女ヲタクの語るヲタクの恋愛論』



 もちろんこれは、おいらが思ってるだけの自分勝手な意見っスよ。

 共感できねぇって方もいると思いますが、ムリヤリにでも共感するようにね。(←ジャイ○ンの笑顔で)





 ヲタクと言うと、「アキバにたむろしてるムサい」というイメージあるけど、実際は女性のヲタクも多い。

 おいらを含め、けっこういるんだよね。

 でも、決定的に男と女のヲタクには違う点がある。



 男のヲタクは、モテようと努力しない



 すでにアキラメきったって感じで、たとえ好きな女の子がいても、決して自分から声をかけようとはしない。

 ものすごく、その娘が気になっていても、さも興味がない・・というフリをする。

 フラれて傷つくのが恐いというのもあるが、まるでテレビやパソコンの中から女神様か落ちこぼれ天使が現れて自分を愛してくれるのを、ただ待っているだけのようにしか、おいらには見えない。



 それに対して、女のヲタクは、決して現実の恋愛をアキラメたりはしない



 いかにアニメに出てくる美形や半ズボンに心を奪われていたとしても、現実の恋愛を忘れることは絶対にない。

 実際、801本の読者たちを見ていても、彼氏はしっかりゲットしているのが多い。




 この差はナニか?




 女は子を産む。


 なぜなら産まなかったら、人類は滅びるから。


 そして、子供はひとりでは産めない。


 だから自然の摂理として、女性のDNAの中には「独りじゃ生きられない生物」と書き込まれているのだと思う。



 ゲーセンでも、男は格闘やシューティングを好むが、女はプリクラを好む。

 男は一日中、部屋でゲームをしていても苦にならない。

 女は、ひとりでいるのがたまらなく寂しい。

 プリクラをノートにびっしりと貼り、ひとりで部屋にいる時はそれを眺める。

 これは自分には、こんなに友人がいるのだと安心するため。



 女は、独りじゃ生きられない生物なんだ。





 表面で、どんなに明るく振る舞ってても、心のソコでは、いつも淋しがってる。

 女にとって、「独り」は本能的に嫌いだ。

 それは自分自身でも気付かないことがあるが、ふと、むなしい気分になった時、悲し気分になった時、まるで押し潰されるような、心の真ん中にぽっかり穴があいたような気になってしまう。





 そして、恋人が出来た時、本当に『大切な人』が出来た時、それが満たされた気がする。





 世の男性ヲタクたちよ!

 恐れることはナニもないのだ!!


 一日中、テレビを見てたって、女神様は現れない。

 女神様は、けっこう近くを歩いてるもんなんだ!


 一歩踏み出してみよう!

 誰かの『大切な人』になってみよう!


 それは素晴らしく楽しいことだから。










 さて、今日はホワイトデー。


 みんな、バレンタインにチョコはもらった?

 もし誰かからチョコもらったって人は、たとえそれが明らかな義理チョコで、100円くらいの安物だったとしても、ホワイトデーには絶対お返しをするようにね!


 これは、今回のおいらの「お約束ギャグ」のことを言ってるんじゃない。

 マジメな話。


 女の子ってのは、基本的にお金を持ってない。

 おしゃれってヤツは、とにかく金がかかるんだ。

 服・バック・化粧品・靴・アクセサリー・・・、下着だって高いんだぞ〜!


 そんな少ないおこづかいを使って買ってくれたんだから、お返しは絶対忘れないように!


 それにね、女の子っつーのは、けっこーしつこく「お返しをくれた人」と「くれない人」を覚えてるんだよね。


 たとえ義理でも・・、いや、義理という些細なことだからこそ、好感度って隠しパラメータに大きく影響するんだよ。



 っつーワケだから、こういうイベントを逃さず、出会いフラグをたてまくって、現実の女性も攻略してみてはどう?



 え?

 もうホワイトデー過ぎたって?

 大丈夫、2・3日遅れたって、かまやしない。

 女の子って、ちょっとした気遣いややさしさに心を動かされてしまうモンなんだから。





 では、ヲタの男どもよ、グッドラック!

 来年は本命チョコ、ゲットだぜぃ!!




トップへトップページへもどる