FMTOWNSなページ  

TOWNS OS SETUP編
あなたは、番目のお客様です。(2002年8月13日カウント開始)

2002年8月 renewal

2002年7月、我が家にFMTOWNS II CX20がやってきた。
私にとっては、NECのPC−9801FAと同様な憧れの一品である。
FMTOWNSは当時先を駆けるMultimedia機であったが、先見の明がなく購入には至らなかった。まあ、この時点ではゲーム機の装いが強かったことが災いをしていたかも知れない。
しかし、
FMTOWNSの一種独特な様相(例えば、縦型CD−ROM)が購入意欲をそそったものである。
この
FMTOWNSが、十数年振りに我が家にやってきた。
でも、TownsOS(V2.1 L10)があるだけで、取説等はほとんどない。
これから、またひと働き(楽しみ)である。
2002年8月、TownsOS V2.1 L31Microsoft Windows Version3.1 L11を入手、L10を諦めL31をinstallすることにした。
FMTOWNS II CX20 容姿

FMTOWNS II CX20仕様

本体 FM TOWNS モデル CX20(FMTW2CX20)
CPU Intel 80386 16MHz
Main RAM 2 MB +24 MB(8 MB*3) = 26MB(max.)(2002年7月増設)
Video RAM 512 KB
Sprite RAM 128 KB
日本語ROM JIS第一、第二水準漢字ROM、辞書ROM 512 KB
音源 ステレオPCM音源 8 channel
ステレオFM音源  6 channel
CDデジタル オーディオ
時計 年月日、時分秒(バッテリー・バックアップ)
FDD 3.5 inch  2HD*2
CD−ROM Drive 1 drive(1倍速)
内蔵インターフェイス 増設FDD、RS−232C、プリンター、I/O拡張ユニット、CRT、SCSI I/F
オーディオ出入力 ステレオライン IN/OUT(L/R)、ヘッドフォン端子、マイク端子
HDD内蔵 Fujitsu M2684SAU (SCSI)500MB(2002年8月取り付け)
モニター CRTディスプレイ FMT−PD535
キーボード JISキーボード FMT−KB107
マウス TOWNSマウス FMT−MO103
ゲームパッド TOWNSパッド FMT−PD−102
HDD外付 NEC PC−HD540EB2 ハードディスク・ユニット(HDD内蔵化に伴い取り外し)
OS TOWNSOS V2.1 L10⇒TOWNSOS V2.1 L31に変更(2002/8)
(TownsOSについて知りたい方はこちら
TOWNSを動かす・・TownsOS CDから
まず、TOWNSをTownsOSのCDから直接動かしてみる。
CDからの起動はいたって簡単。CDドライブにTownsOS CD−ROMを挿入し、電源を入れるだけで起動する。(CD-ROMはQドライブ固定)
これだけで全ての機能が使用できる。
TOWNSを動かす・・ハードディスクから
次に、大事なTownsOS CD−ROMを絶えず使用することは大変危険であり、非常に低速(CDドライブの速度は1倍速)であるため、ハードディスクにより運用することにする。

(1)外付HDD
使用するハードディスクは、外付NEC PC−HD540EB2(540MB SCSI)とした。(対応HDD容量が不明であるため、適当なHDDを試みた。ほとんどのSCSI HDDは使用可能とのこと。最大認識容量は(一説によると)8.4GB位まで可能とのこと。確認はしていない。)

(2)SCSI IDの設定
SCSI IDの設定は、0〜7まで設定可能であるが、制限条項があります。
ID=0:内蔵SCSI機器(固定)
ID=1〜4:外付HDD(1〜4の内順不動、飛び使用可能)
ID=5,6:MO、ZIP、SCANNER等のリムーバル機器(5,6を使用しないと、メディアが自動排出されますが、メディアが入っていない場合、「電源OFF時30秒ほど時間が掛かる」とのこと。また、ZIPを接続すると不安定になるとの説もあり。また、5,6以外だと、起動時にメディアが入っていないと、起動に時間がかかるものもあるよう。確認未)
ID=7:SCSIボード等本体に使用

(3)外付HDDの接続
ID=1に設定後、HDDの電源を入れ、PCの電源を入れる。(HDDの電源は先に入れること。後に、モニター用電源にテーブルタップをつなぎ(なんて無茶な)、PC電源を入れると、HDD電源も入るようにした。電源容量は許容値以内。)
しかしながら、ディスクトップ「ドライブ選択」ウィンドウ上には、HDD認識の表示はされない。
若干、不安となる。

(4)ドライブ設定

@メニューバー「設定」⇒「ドライブ構成

A「ドライブ選択ウィンド」表示

BHDD ID=1のアイコンをクリック

C「ドライブを追加する」を選択(□をクリック)⇒「実行

DHDD ID=1のアイコン横に[]ドライブが表示される。ドライブ[C]は内蔵HDDに割り当てかと思ったが、HDDを内蔵してもCドライブへの割り当てはなかった。
「TownsOSのRAMディスクを使用」とあるが、HDDを使うと効果はないとのことであるが、取りあえず、使用「する」とした。
「シングルドライブモード」は「解除
実行
(最初の画面に戻る)
ドライブ設定を有効にするために、リセットを行う。
メニューバー「FMTOWNS」⇒「終了

E「リセット」を選択する。

Fリセット後、「ドライブ選択ウィンドウ」にID bニドライブを表示したアイコンが表示される。

G@〜Fを実行することにより、[]ドライブが設定される。F以下のドライブも同様に設定できる。


(5)区画設定
ドライブ設定しただけでは、まだインストール不可。ここがTOWNSの良いところ?マルチ・ブート対応のため、各ドライブの条件を設定する。
@メニューバー「設定」⇒「区画設定」をクリック

A「区画設定」ウィンドウに、最初にID=0が選択され「ハードディスクが使用できる状態になっていません」の表示。(当然、ID=0にはHDDがない)

B三角矢をクリックしID=1のHDDを表示する。
全容量 0.0MB、残り容量 0.0MB、ドライブ設定数 0」が表示されている。

CHDDアイコンをクリックすると全容量、残り容量、ドライブ設定数が表示される。正しく表示されていることを確認する。

D「区画番号」=1の行をクリックする。「区画名を入力してください」の案内が表示される。
ここの区画にはTownsOSを設定するため、「TOWNSSYSTEM」と入力する。(区画名は任意で可)⇒「実行

E「OS種別」を求める案内。TownsOSは「MS−DOS」であるためこれを選択。⇒「実行

F「容量」を設定する案内。最大設定可能容量は127.0MB。<<>>でも設定できるが、「ALL」をクリックすることで、最大容量が設定可能。ここでは、最大容量127.0MBを設定する。⇒「実行

G区画番号=1に設定値が表示される。「起動(=起動ドライブ)」の設定は、後で可。

H同様にして、区画番号2も設定する。ここでは、Windows3.1を設定する予定であるため、区画名に「WINDOWS3.1」を設定する。⇒「実行」

I「区画情報を更新します」の案内⇒「実行」

J区画番号1、ドライブ[D]の設定内容表示と「システムの複写」要否の案内あり。「する」を選択。(後でもシステム複写は可能)⇒実行

K続いて、区画番号2、ドライブ[E]の更新であるが、「ボリューム名の設定に誤りがあります」の表示。この誤りはディスクの名前に「.」を使ったためである。

Lディスク名を「WINDOWS3_1」に修正することで解決。区画名も同様に直した。(”区画名”は直す必要もないが)⇒「実行」

M区画設定状況が表示される。⇒実行

「区画情報を更新します」の案内⇒実行
「正常終了」の表示⇒「区画設定」ウィンドウ左上■をクリックして終了する。

区画設定について詳しく知りたい方はこちら


(6)ドライブ内ファイルの確認
@「ドライブ選択」ウィンドウ右上隅の□をクリックし、「ファイル」をクリック。(チェックマークをつける)


A「ドライブ選択」ウィンドウのドライブをダブルクリック⇒複写された「システムファイル」の状況が確認できる。


(7)TownsOSのインストール
@「Q:TOWNSSYSTEM」ウィンドウの「ツール」をダブルクリック⇒「Q:TOWNSSYSTEM\ツール」ウィンドウの表示

A「HDインストール」アイコンをダブルクリック⇒「ハードディスクインストール」ウィンドウ表示⇒「インストールするOS」の選択案内。⇒「TownsOS V2.1L31」をチェック⇒実行

B「モード選択」案内⇒「新規作成」をチェック⇒実行

Cドライブ選択案内「既存ドライブ」チェック⇒[]ドライブ選択⇒実行

D「機能選択」案内「コンソールモード」チェック⇒実行

E詳細設定ウィンドウが表示される。詳細設定後⇒実行

F設定確認ウィンドウが表示される。確認後⇒実行

G「ハードディスク運用の設定」ウィンドウ表示(1/2ページ)⇒内容確認および設定⇒「次ページ」クリック

H「ハードディスク運用の設定」ウィンドウ表示(2/2ページ)⇒確認・設定⇒「文字フォント」の「一括登録」をクリック

I「一括登録」ウィンドウ表示⇒実行

J「一括登録しました」の案内⇒「確認」をクリック

K「設定はリセット後に有効になります」の案内⇒確認をクリック

L「正常終了しました」の案内⇒確認をクリック

Mメニューバー「FMTOWNS」⇒「終了」⇒「リセット」

(8)起動ドライブの設定
@メニューバー「設定」⇒「起動ドライブ」クリック⇒「起動ドライブ」ウィンドウ表示⇒[D]ドライブをクリック⇒実行
[Q]ドライブ設定でも可(後々Qドライブ設定の方が、使いやすい設定です。)

Aメニューバー「設定」⇒「区画設定」選択⇒「区画設定」ウィンドウ表示⇒起動するドライブをチェック■⇒実行

Bメニューバー「FMTOWNS」⇒「終了」⇒「リセット」

以上で、インストール作業は終了

(9)インストールされたファイルの確認
この時インストールされるファイルを下記に示す。
CSTL_BAK <DIR>
DEL <DIR>
EXE <DIR>
GEAR <DIR>
HCOPY <DIR>
HELP <DIR>
LMATE<DIR>
SIDEWORK<DIR>
SYS<DIR>
SYSINIT<DIR>
TBIOS<DIR>
TS_TOOL<DIR>
T_FILE<DIR>
T_TOOL<DIR>
T_UTY<DIR>
AUTOEXE.BAT
CONFIG.SYS
CONSOLE.EXE
CONTROL.EXE
DOS.BAT
GSTART.CNF
GSTART.EXP
OAK2USE.DIC
RUN386.EXE
SIDEWORK.BIN
TMENU.BAT
TMENU.EXG
TMENU.IF2
TMENU.ITM
TOWNS.ICN
TOWNS.SYS
インストールされないファイルを下記に示す。
FREEWARE<DIR>
GUIDE<DIR>
MHLP<DIR>
MVDEMO<DIR>
MWORLD<DIR>
ZMPD<DIR>
DRIVE_R.IMG
この設定作業にてHDDより起動できれば成功。
(10)INSTALL ITEMの比較
FMTOWNSは基本的にCD−ROM稼動で考えられており、HDD稼動になると容量的なものか、各種機能が削られている。この状態を下表に示す。
CD−ROM稼動と同じにするためには、別なドライブに各種ファイルを複写し、関連付けをする必要がある。
(〇;あり、−;なし)
MAIN ITEM CD−ROM稼動にあるもの HDD稼動にあるもの SUB ITEM CD−ROM稼動にあるもの HDD稼動にあるもの
TownsGEAR TownsGEAR
TownsGEAR入門
TownsGEARデモ
ノート事例集
テキスト編集
テキスト編集(シェル)
TownsStaff CD辞書検索
CD辞書検索(シェル)
テキスト印刷
予定表
電卓
TownsTalk
ポストカード 住所録
葉書作成
補助機能
ツール アイコン編集
外字編集
スプライト編集
コントロールパネル
メニュー色設定
テレビ
ビデオ
ビデオ編集調整
プリントスプーラー
HDインストール
HDリフォーム
Townsアドベンチャー
エンターテイメント CDプレイヤー
EUPプレイヤー
MUSICWORLD
数字並べ
TownsLIPS3
TownsLIPS4
データ紹介
キーボード入門
LiveMotion
設定 モノクロハード
カラーハード
ハードコピー(ファイル)
ハードコピー(削除)
サイドワークON
サイドワークOFF
タブレットON
タブレットOFF
フルカラーON
フルカラーOFF
システム設定
サウンドメッセージ
データ起動の設定
ビデオボードON
ビデオボードOFF
フリーソフトウェア フリーソフトウェアの扱い
フリーソフトウェア
コマンドモード
FM−OASYS
お知らせ
**上記のことから、新規にソフトウェアをinstallする場合は、CD−ROMからの起動をする。**

MAIN MEMORYの増設
FMTOWNS CX20の基本MAIN MEMORYは2MBです。
この機種の最大容量は、26MBであるため最大容量を狙って増設をすることにしました。
MEMORY用SLOT数は3、各SLOTの最大容量は8MB(2,4,8MBの挿入が可能)、したがって最大容量を確保するためには、各SLOTに8MBのMEMORYを挿入(8MB*3=24MB+基本2MB=26MB)することになります。
TOWNS専用のMEMORYは殆んど入手は不可能。
TOWNSのMEMORY情報を元に、使用可能なMEMORYを探すことにしました。
DOS/V機用MEMORYが無改造で使用可能なものがある」との情報を得て、自己保有、会社保有および中古PCショップ販売品を虱潰しにあたりましたが、発見は不可能でした。
頼りはオークションと判断し、探索を行ったところ、DOS/V機用MEMORYの改造品が見つかりました。
改造品で若干心配ではありましたが、実機試験後代金払いがうたわれていた為、これ(8MB*3)を購入しました。(オークション終了後、挿入機種の確認メールが入ったことは非常に助かりました。)
送られてきたMEMORYの外観は、あまり見たことのないタイプでした。やはり品薄品でしょうか。
また、URLにて紹介のあったSIMM−IDとは若干異なっていました。
1枚1枚を確認しながら取り付け、全てのMEMORYが確実に動作していることを確認しました。
これで、最大能力を発揮すると思われます。ただし、起動時のMEMORYの確認速度が遅いため、あまり増やすとこの起動時の時間が掛かることは皮肉なものです。(気のせいかも知れませんが、最大容量にするより、中程度(18MB)あたりで止めたほうが全体の速度は速いような気がします。全体のperformanceは判りませんが。)
TOWNSなページIIへ(内蔵HDDの挿入方法を紹介)
TOWNSなページIIIへ(Windows3.1のSETUP方法を紹介)
PC−9801のページへ
DOS/Vのページへ
TOPページへ