このページは http://www.h2.dion.ne.jp/~railfan/index.htm のフレームで構成されるものの一部です。
検索エンジンなどでこのページへ直接来られた方は、Topページからご覧下さい

[Top] >[Railway&Car-Words]>[ま〜も]>[ま]


●マ [ま]

ニ20
"マイテ""マイネ""マロネ""マロネフ""マロフ"


●マイテ [まいて]

  • "客車" の型式記号で、 車両重量が42.5t以上47.5t未満の "マ" 級の "1等車" ( "イ" )で、 "展望車" ( "テ" )付きを示す車種記号です。
  • かつての "青大将" 客車特急のシンボル的存在で編成の最後尾に連結されていましたが、 "こだま形" と呼ばれる151系電車化に際して "パーラーカー" に置き換えられ、 これをもって "1等車" が廃止されました。
マイテ49
"マイネ"


●マイネ [まいね]

  • "客車" の型式記号で、 車両重量が42.5t以上47.5t未満の "マ" 級の "1等寝台車" ( "イネ" )を示す車種記号です。

  • 画像は、佐久間レールパークにて撮影。
マイネ40
"マイテ"


●マイナー・チェンジ [まいなー・ちぇんじ]



●前パン [まえ・ぱん]

  • 先頭車両の前側に搭載してある "パンタグラフ"。 もしくは、その車両のこと。
  • "国鉄" 車両では、 "両運転台車" 以外殆ど見られません。
  • 鉄道会社によっては、 社内規定で搭載しないようにしている場合もあったりしますが、 "鉄道ファン" の間では割と人気だったりします。


●末期色 [まっき・いろ]

  • 元々は、永年使用されてきた鉄道車両がリニューアルのために使用末期に色を塗り替えられることで、 何故か特に黄色1色に塗り替えられることが多く見られ、 「末期」の「色」と、 「真っ黄色」との語呂合わせでこう呼ばれます。
  • 特に、 JR西日本 が2009年のプレスリリースによって、中国地方の "電車" を『瀬戸内地方の豊かな海に反射する陽光をイメージする』として、 黄色1色で塗り替えるというのは衝撃的で、 それぞれの支社で使われていた独自色や、 JR西日本 としての塗色、そして僅かに残っていた "湘南色" が塗り替えられることに大きな反発が起こっています。
  • 表向きは地域カラーの統一化と言われていますが、 単純に単色としてランニングコストを抑えるためだけとしか思えません。

  • 画像は、2010年6月4日、岡山駅にて撮影した 117系近郊形直流電車"サンライナー" で、白ベースのオリジナルカラーから塗り替えられてしまっています。
"こだま色"

●まくら木 [まくらぎ]

  • 鉄道において、 "レール" を敷設するために設置してあるものです。
  • "レール" の間隔である "軌間" を一定に保つこと、 車両からの重量をより広く "道床" に分散させることを目的としています。
  • 木製が最も多く使用されていますが、 最近ではメンテナンス製などの目的から "PCまくら木" が使用される例が多くなっています。
  • 中には金属製(画像中央部の2本)もあったり、 第二次世界大戦中の日本では資材不足から陶器製のものも作られたりしたこともあります。
"犬釘""継ぎ目板""アンチ・クリーパー""タイ・プレート""レール・ボンド""信号ボンド""軌道信号"

●まくら木方向 [まくらぎ・ほうこう]

  • 鉄道車両において、車両の横手方向を示す言葉で、 当然ながら "まくら木" に沿った方向という意味です。
  • この "まくら木方向" に配置した座席を "クロスシート" と言います。
"レール方向"

●枕ばね [まくら・ばね]

  • 鉄道車両の "台車" の部品のひとつで、 "上揺れ枕""下揺れ枕" とをつないであるものです。
  • 横方向の応力にも対応できる "空気バネ" が実用化され、 軽量化と構造簡素化のため "揺れ枕" を廃止した "ボルスタレス台車" が増えていて、当然ながら、この "枕ばね" のない "台車" が増えています。

  • 画像のような"コイルバネ"を用いたものや、 "板バネ"を用いたものなどがあります。
  • また、バネだけではなく、 画像のように"油圧ダンパー"などを合わせて取り付けられている場合もあります。
"軸箱""台車枠""揺れ枕つり""下揺れ枕""上揺れ枕""側受け"


●マックレー車 [まっくれー・しゃ]

  • "除雪車"のひとつで、 両側に大きく広がる羽根を持っており、 線路上や路盤上などに積もった雪を線路上にかき集める車両です。
  • 基本的に "ロータリー式除雪車" の前に連結されて使用します。

  • "キマロキ""マ" に当たります。


●マグレブ [まぐれぶ]

  • [Magnetically Levitated Veihicle]
  • 磁気浮上鉄道
  • "超電導現象"によって発生させた磁気によって車体を浮上させ、 "ころがり抵抗"をゼロにして、走行抵抗の低減を狙り超高速運転を目指したた乗り物。
  • "中央新幹線"はこの方式での建設が目されて、 山梨県にある実験線で研究されています。
"リニアモーター""HSST"


●マシ [まし]

  • "客車" の型式記号で、 車両重量が42.5t以上47.5t未満の "マ" 級の "食堂車" ( "シ" ) を示す車種記号です。
  • "旧型客車""食堂車" は一般的に "ス" 級の "スシ" となっていましたが、 マシ36は冷房装置などを搭載したために "マ" 級の マシとなりました。
  • しかし、この マシ36も、 冷房装置の改良などによりさらに重量増となって "カ" 級の "カシ" に型式変更されてしまいます。
"ナシ""オシ"


●マスカット・ライナー [ますかっと・らいなー]

"サンライナー"

●マスコン [ますこん]

"ワンハンドル・マスコン"


●マスター・コントローラー [ますたー・こんとろーらー]

"L型マスコンハンドル""T型マスコンハンドル"

●マスター・シリンダー [ますたー・しりんだー]

  • "油圧ブレーキ"などにおいて、 "ブレーキペダル"の機械的な動きを、 圧力変化に変換するものです。
  • "ボンネット"を開けると、 運転席側の前面に取り付けられています。
  • ブレーキ力を強くするため、 "ブレーキ・ブースター" ( "倍力装置" ) というものが組み込んであり、より大きな圧力を得るようになっています。


●マニ [まに]

マニ20
"オニ""スニ"


●マッハ [まっは]

  • 速度の単位で、一般的には1"気圧"気温15℃での空気中を伝わる速さ、 約340m/sec(="時速"1,224Km)という "音速" を基準にしています。
"ノット"


●マップランプ [まっぷ・らんぷ]

  • クルマの車室内天井に取り付けられている照明のひとつで、 夜間走行時などで手元を照らすのに使用するランプです。
  • 運転席側と助手席側が個別のスイッチになっている場合が多いです。


●マヤ [まや]

マヤ34
"オヤ""スヤ""カヤ"


●マルス [まるす]

  • [Magnetronic Automatic Reservation System]
  • 正式には、「旅客販売総合システム」と言う、 駅の "みどりの窓口" などにある、"指定券"の発券システムの愛称です。
  • 1960年(昭和35)東京駅に初めて登場し、 その後1965年(昭和40)に "みどりの窓口" が全国展開されて大幅に広まりました。
  • それまでは、台帳管理方式で、 電話で問い合わせて人手で発券業務を行っていました。
  • 当初は、路線別になったパネルに主要駅が設定されており、 該当駅に棒状のキーを差し込んで入力する方法で、 登録されていない駅の場合、 "電略記号" で入力する必要があって新米駅員泣かせでしたが、 最近ではパソコンベースで入力方式も簡単になっています。
  • それまでは、 "特急" は全車 "指定席" というのが常識だったのですが、 夏季期間中などにこの "マルス" の処理能力を超えてしまうことが懸念されたために "自由席" を設けたのが始まりと言われています。


●マルタイ [まるたい]



●マルチ・バルブ [まるち・ばるぶ]



●マルチプル・タイタンパー [まるちぷる・たいたんぱー]

  • [multiple tietamper]
  • "保線作業"で、 軌道の "道床" のバラストを突き固める作業に使用する機械です。
  • 従来は人力によって "レール" を持ち上げておいて、 "道床" のバラストを突き固める作業を行っていました。
  • "マルタイ" と略されて呼ばれることが多いです。


●マルチモード・キーレス・エントリー・システム [まるちもーど・きーれす・えんとりー・しすてむ]

  • クルマでカギを使わずにドアの開錠・施錠が行えるようにした "キーレスエントリー" のうち、 "パワーウィンドウ"の開閉や "ドアミラー" 開閉も行えるようにしたものです。
  • 車種によって操作できる内容に若干の差がありますが、
    ・施錠側のボタンを1回操作するとカギの施錠、 そのまま2回操作すると "ドアミラー" の格納、 そのまま押し続けると全窓のウィンドウを全閉。
    ・開錠側のボタンを1回操作するとカギの開錠、 そのまま2回操作すると "ドアミラー" の展開、 そのまま押し続けると全窓のウィンドウを全開。
    となります。

  • 画像は、管理人が所有している 三菱 コルト のもので、キーの開錠・施錠用の2つのボタンしかありませんが、 "ドアミラー" の展開・格納も行えます。


●マルチ・リフレクター・ランプ [まるち・りふれくたー・らんぷ]

  • クルマの"ヘッドライト"や"テールライト"において、 適正な配光を得るために従来はランプ表面の "レンズカット" により行っていましたが、 この方法ではどうしても照度が落ちるために、 "レンズカット" を廃止して "リフレクター"と呼ばれる反射板によって配光を行うものです。
  • ランプ表面に "レンズカット" がないため、 ランプの中がスッキリと見えるのが特徴です。
"ディスチャージ・ヘッドランプ"


●マロネ [まろね]

マロネ41
"ナロネ""オロネ""スロネ"


●マロネフ [まろねふ]

マロネフ59
"スロネフ"


●マロフ [まろふ]

マロフ12
"スロフ"




このページは
http://www.h2.dion.ne.jp/~railfan/index.htm
のフレームで構成されるものの一部です。
このページへ直接来られた方はインデックスページからご覧下さい

Welcome   count visitor
counter