★ かぶらの手毬ずし ★
【材料】
米           3C
(米用A)
水3C・昆布10cm・酒大2
合わせ酢
(合わせ酢調味料B)
酢大5・砂糖大3・あかねの塩
小1
小かぶ         4個
にんじん     中1/2本
(甘酢調味料C)
酢1/2C・砂糖大5〜6
卵           1個
(卵用調味料D)
味醂・塩少々 
@米をといでザルにあげ、30分以上おいてA
 で炊く。昆布は沸騰直前に取り出しておく。
 熱いうちに合わせ酢を混ぜ、冷ます。
A甘酢調味料Cの材料を温めて砂糖を溶かし、
 冷ましておく。甘みは好みで加減する。
B小カブとにんじんは薄切りにし、別々に甘酢
 につけて半日以上おく。一晩くらいおくと味
 がなじんでおいしくなる、
Cすしめしを一口大に握っておく。
D卵とDを溶き混ぜる。フライパンを熱くして
 油を引き、卵液を流して薄焼きにする。
Eにんじん、うす焼き卵を好みの型で抜く。
F手にラップを広げ、汁気を切ったカブ、汁気
 を切って型抜きしたにんじんをおく。Cの握
 ったすしめしをのせ、茶巾絞りの要領で口を
 キュッと絞り、手毬のように丸く形作る。う
 す焼き卵はカブの上にのせる。
※ カブの代わりに大根でもよい。にんじんの他、沢庵や紅生姜も色合いがきれい
  に仕上がる。
石橋
料理集トップへ