梓屯 能面展

面打師の作品

赤鶴一刀斎吉成(鎌倉末期〜室町時代) 十作

赤鶴一刀斎吉成は文永弘安(1264〜1287)頃の人とする。越前大野住一説に神大夫という近江猿楽の大夫であっ
たという。世阿弥の申楽談義には「近江には赤鶴猿楽なり、鬼の面の上手なり」とある(能と能面・金剛 巌) 

名称 特記 発行
妙作尉 210 161 92 現物の少ない面 喜多古能「仮面譜」には三光尉の代用 金春家・能面五十撰 
黒色尉 181 148 73 黒漆による仕上げでやや大振り、楠材を用いる 能のおもて
白色尉 196 163 79 文化財として伝承される面 金春家・能面五十撰 
小面 213 136 70 紛れもなく金春家に伝わった赤鶴作の逸品である。面裏に武田七郎、花押と赤鶴の彫込み満毘,満猶、庸久、満永の極め書きがある 能のおもて
小面 213  136 70 玉川大学・能面
悪尉べし見 222 165 89 「鞍馬天狗」「是我意」 金剛家の面
大飛出 213 157 105 逆立てた眉と口辺のひげは繊細で力強く描かれている 三井家・能面
大べし見 211 167 99 鼻の上に刻まれた深いV字の皺が額の中央に力を集中 三井家・能面
大べし見 211 170 能における天狗の表現 魔界の王にふさわしいスケール 梅若六郎家 能の華
大べし見 230 181 112 天狗の面で赤鶴の創作ともいわれる  古能面傑作五十撰
重荷悪尉 198 144 猛々しさと共に人間の弱さに対する怨みも表現されている 毛利家伝来の能面
牙べし見 223 191 123 結んだ口の両端から大きな二本の牙を出している金剛流特有 三井家・能面
黒髭 196 143 87 各所に布張貼りがあり使い込まれた様子がうかがえる 三井家・能面
黒べし見 214 156 大べし見のユーモラスさは消え強さ、恐ろしさがうかがえる 毛利家伝来の能面
鼓悪尉 218 171 89 「綾鼓」 女御に対する恨みの感情が含まれた表情 金剛家の面
小飛出 208 145 88 頬から顎にかけての微妙な起伏によって厳しさを和らげる彫技 三井家・能面
小べし見 201 160 「満猶」花押 数少ない本当の赤鶴作の数点の内の一点 豊橋魚町の面
小べし見 207 169 87 眉や口の両脇の襞などは逞しさ強調側面は比較的穏やか 三井家・能面
小べし見 216 158 「鵜飼」の閻魔大王、地底の鬼神「野守」の亡霊に用いる 梅若六郎家 能の華
蔵王 221 160 121 無気味な恐ろしさが巌のような重量感を伴って迫ってくる 古能面傑作五十撰
猿飛出 205 157 97 「鵺」{現在鵺」 金剛家の面
211 162 102 悪鬼には欠けるが彫刻としての完成度は高く秘めた迫力が 三井家・能面
獅子口 194 170 文殊菩薩に仕える霊獣の獅子が牡丹に戯れ遊び舞を舞う「石橋」の 徳川美術館・能面
獅子口 209 164 101 顎の両側に植毛の痕があり悪尉面等の改作との説 三井家・能面
獅子口 200 177 108 金泥の極め「口口 赤鶴 明暦二酉仲春」 井伊家秘蔵
獅子口 209 178 103 眉毛も口髭も顎鬚も筆ではなく彫刻 天下一品である 古能面傑作五十撰
泥虎 207 161 94 「龍虎」 金剛家の面
天神 200 150 82 「泰山府君」「金札」 金剛家の面
鼻瘤悪尉 204 160 98 「玉井」「鞍馬天狗」 金剛家の面
べし見悪尉 196 154 104 やや小振りの面、創成期の力強さに溢れている。金剛家の花押 能のおもて
野干 230 170 「出目栄満」の極め 毛利家伝来の能面
207 162 重要美術品 観世宗家 幽玄の花
189 164 197 朱書「赤鶴作」新三郎(花押) 池田家 林原美術館
白蔵主 200 138 朱書「赤鶴作」「満永」(花押) 池田家 林原美術館
赤般若 210 158 89 「道成寺」 般若の造形は上は哀しみを、下は怒りを表す 金剛家の面
真蛇 235 160 「道成寺」の赤頭の演出にのみもちいられてきた 梅若六郎家 能の華
真蛇 212 166 93 般若と違う点は舌が有り全体の表情が卑しく獰猛である 古能面傑作五十撰
般若 224 174 「出目栄満」の極め 毛利家伝来の能面
山姥 210 145 86 刻銘 「尺鶴」 井伊家秘蔵
山姥 226 176 重要文化財 思い切った快異の造形 超自然の大きさ 梅若六郎家 能の華
山姥 199 135 77 彩色は落剥し毛描きを残すのみ 東京国立博物館に保管 金春家・能面五十撰 
山姥 200 139 79 「山姥」          金剛家の面

越智吉舟(愛智)(室町時代) 十作

世阿弥の「申楽談義」に赤鶴に次ぎ名をつらね滋賀県愛智郡の木地師がその実体と推測される
中年の淋しい表情の女面を得意とした

喝食 205 137 71 「自然居士」 金剛家の面
浅井 204 138 71 満毘(花押)の金泥の極め「越智作」 井伊家秘蔵
小面 212 136 70 所蔵サイン「東海外史」は山内容堂の号 金春家・能面五十撰 
小面 211 133 71 「東北」「半蔀」 金剛家の面
深井 204 132 70 因州池田家に伝来、「世阿弥が使用した面」として江戸時代から伝わる 能のおもて
深井(月) 世阿弥の申楽談義にある「ちと年寄しくある面…」はこの面か  鑑賞と打ち方・観世家
痩男 197 146 80 「阿漕」「善知鳥」 金剛家の面

石川龍右衛門重政(室町時代) 十作

その作風の都雅繊細なるを考えると観阿弥・世阿弥の勃興の気運に呼応して現れている人と思われる。
それほどこの人の作物は幽玄の境地をあますところなく表現しているのである。
雪の小面はやわらかきものにその本領が見られる龍右衛門の一代一面とも言うべき神品である。
雪の小面はまことに八面玲瓏、世のあらゆる圓さがことごとくここに集まるかと思われる作物でその美しさは
言説を絶している
。(能と能面・金剛 巌)

小面(花) 208 132 72 金泥 「秀吉公拝領」「花小面」「タツエモン作」「天下三面内」「本 三井家・能面
曲見 213 140 74 頬から顎にかけて左右かなりの相違をもった肉取り 三井家・能面
泥眼 208 137 64 髪を上から左右に分けて乱し、いかにも怪しげな気分を表す
三井家・能面
般若 212 166 91 目を顰めて細い鼻筋を表し、顎の中央のたての線を強調 三井家・能面
十寸髪 208 140 74 神がかった面、眉をはかず眉間に皺を寄せその上に丸い窪み 三井家・能面
童子 207 139 妖精味よりも人間の美少年の趣の強い面。音楽の天才少年「天鼓」 梅若六郎家 能の華
喝食 193 136 72 喝食とは本来、禅寺の食堂で雑用をする半僧半俗の少年 古能面傑作五十撰
猩々 212 135 水に住む酒好きの妖精 この面は最も優れた猩々であろう 梅若六郎家 能の華
猩々 鑑賞と打ち方・片山家
中将 201 134 能独特の無表情とも見える静止的な美しい表現は龍右衛門の創案 毛利家伝来の能面
童子 205 138 72 「枕慈童」「天鼓」 金剛家の面
童子 208 134 喝食とともに古く成立した少年の面 毛利家伝来の能面
小面(雪) 212 135 69 「雪」「采女」 金剛家の面
小姫 鑑賞と打ち方・片山家
小天神 204 153 88 「舎利」「金札」     重要美術品          金剛家の面
大天神 208 161 86 「淡路」「泰山府君」  重要美術品 金剛家の面
般若 210 154 92 「黒塚」 金剛家の面
般若 213 165 95 「葵上」「道成寺」 金剛家の面
三日月 鼻筋がスーッと通って品格の表現を示し貴公子の亡霊に 鑑賞と打ち方・片山家

夜叉(室町時代) 十作

面はあくまで慰みに打ったと伝えられその名も幼名夜叉丸からとったと言われる

喝食 209 142 97 顔全体のゆるやかな起伏とたっぷりとした顎が爽やかな表情 三井家・能面
平太 211 145 77 眉先を太くはねあげ、立派なひげを蓄え、武将らしい面構え 三井家・能面
200 166 91 獣性を帯びた悪鬼らしさが強調、より赤みの強い肌色が拍車 三井家・能面

福原文蔵(室町時代) 十作

夜叉の頃につづいて面をつくり、強い表情のものを好んだ

阿瘤尉 214 166 89 出目元休の金泥極め「阿瘤尉 文蔵作」 井伊家伝来百姿
阿波男 208 145 83 他に類例を見ない珍しい面、怪士と同系「重要美術品」 OMOTE
延命冠者 184 140 60 永遠のいのち、精気に満ちた力を感じさせる OMOTE
熊坂 202 162 94 大盗賊熊坂の亡霊が牛若丸に殺される無念を物語る OMOTE
茗荷悪尉 200 160 84 滑稽な造形だが能面の美に昇華してるところが凄い OMOTE

徳若忠政(室町時代) 十作

大和万歳の大夫であった。世阿弥の頃の人で、超人間的な中年の男面を得意とした

天神 206 145 78 (天満大自在天神)菅原道真公の神格化されたものの略称 三井家・能面
三日月 203 149 84 小鼻の張った鼻を大きく中央に据え、迫力に満ちた面 三井家・能面
若男 196 144 78 頬骨が張り上下の歯を表し眼は瞳を円く開け人の表情に近い 三井家・能面
198 158 観世宗家 幽玄の花
山姥 209 140 85 顔全体のツルンとしたなめらかな工作、表情は不気味さが 三井家・能面
深井 210 141 この「深井」はもっともすぐれた中間表情の名品 梅若六郎家 能の華
孫次郎 213 134 74 「大原御幸」「黒染桜」 表情がちょっと強くあまり使わない 金剛家の面
大飛出 202 158 101 「国栖」「嵐山」  優れた作だが金泥でないため使われない 金剛家の面
怪士 203 144 69 「船弁慶」「碇潜」 金剛家の面
山姥 210 146 83 様々な表現の山姥の面の中でも気品と強く大きい名作 金春家・能面五十撰 

氷見宗忠(日永)(室町時代) 十作

永和(1375〜1378)ころ越中氷見郡氷見村の朝日観音堂に住んでいた僧侶でつねに能面を打って観音に奉納したといわれる。
氷見村は能登半島の漁村で、荒海を前にして一年を雪の中で暮らしながら肉や皮は一切念願になくただ骨というものを究めつく
した宗忠は痩せたる面を得意とした後世にその類をみない名人である
赤鶴が雄雄しい夏の太陽とすれば
龍右衛門はおぼろ月に匂ふ春の花であろう
幽玄の本道を形づくる陽の名匠たちに対して陰の世界を拓いたのが氷見宗忠である
。(能と能面・金剛 巌)

童子 207 140 72 宝生大夫憲成(花押)の極め「日永作」 井伊家秘蔵
痩男 216 160 87 死んで呵責にさいなまれる苦しみの表情、頬はこけ眼窩は落ち 三井家・能面
204 146 出目満茂の極め、老年の潔癖さと静かな心情を示す 毛利家伝来の能面
老女 206 147 77 肌にはつやがなく痩せ衰えた姿ではあるが気品を漂わせている 三井家・能面
老女小町 213 157 能登の七尾の僧  梅若六郎家 能の華
野干 221 161 98 「殺生石」 喜多家伝来の面 金剛家の面
泥眼 213 141 「葵上」の生霊に最もふさわし、く抑圧された恋の皇女「定家」の後シテ、「砧」の亡霊にもふさわしい。女の恨み、悲しみが一線を越えようとする表情 梅若六郎家 能の華
痩男 203 152 84 「藤戸」「通小町」 金剛家の面
痩男 198 144 「出目栄満」の極め 毛利家伝来の能面
痩男 210 142 「出目栄満」の極め 毛利家伝来の能面
痩女 210 140 82 「定家」「卒塔婆小町」 金剛家の面
痩女 208 140 地獄での呵責にやつれ果てた弱さ、哀れさの表情がよく表現されている 毛利家伝来の能面
痩女 201 141 78 眼窩が窪み頬の肉が落ち憔悴した面だが気品さを感じる 古能面傑作五十撰
痩女 この痩せていく骨にまとわりついてく美しさの品格は最高 鑑賞と打ち方・梅若家
痩女 205 145 69 白目の部分を他の面より奥、つまり瞼の縁を厚くして緩みを強調している 三井家・能面


小牛清光(室町時代) 十作

永和から応永(1375〜1427)にかけての人。大和国竹田住で十作の一人。
「申楽談議」には「越前には石王兵衛、其後小牛・・・」とあるが「仮面譜」では小牛が古い扱いになっている
その創作になる小牛尉(小尉)は神の化身または唐人などの品位高き役につけ人間には用いない(能と能面・金剛 巌)

朝倉尉 203 150 84 褐色の彩色は 活き活きと自然を超えた魅力に輝いている 古能面傑作五十撰
小牛尉 201 150 88 小牛の典型の完成する直前の作か 金春家・能面五十撰 
小尉 207 154 87 彩色はツヤを落として古びを出している 三井家・能面
小尉 204 158 85 皺をあまりつくらず、眼の下の緩みとこけた頬、薄い唇上品 三井家・能面
小尉 200 154 86 各種ある尉面の中で最も神性をおびた品位 能のおもて
小尉 199 157 91 「高砂」「絵馬」 金剛家の面
笑尉 203 145 刻銘「観世大夫 子牛作」品格の高さより親しみやすさに重点がおかれる 徳川美術館・能面

梓屯 能面展 siton@h2.dion.ne.jp

増阿弥久次(室町時代) 六作

足利義満の同朋衆の一人でのちに田楽法師になり、その芸域は」名人と言われた。
有名な増女の創作者で面は晩年になって作ったらしい。

増女 213 133 70 目元の肉付きを落としているため鼻筋がはっきりとし神経質な印象 三井家・能面
十寸神 207 136 71 「絵馬」「巻絹」 金剛家の面
増女 頬のホンノリと浮き上がった赤の色、唇の紅の美しさ… 鑑賞と打ち方・観世家
泣増 210 134 「葛城」「三輪」の女神、「羽衣」の天人などに。この憂い、かげりの表情からなにを引き出すかが演者のこの面への解釈と力量である 梅若六郎家 能の華


福来石王兵衛正友(室町時代) 六作

六作の一人として応永の頃、小牛の技を学んで尉面を得意とした
越前国一條住にして朝倉家の臣であったという。石王尉は「老松」「遊行柳」など木の精霊をあらわす役に用いられる

朝倉尉 209 166 93 健康的でさわやかな老人の顔色には感嘆のほかはない 古能面傑作五十撰
石王尉 212 152 88 口の内側に朱を塗っただけで唇をつくらず肌は白っぽく光沢がある 三井家・能面
石王尉 204 154 87 福来と石王兵衛正友は別人とする説もある 金春家・能面五十撰 
皺尉 212 178 90 いかにも老木の精といった風情が感じられる 古能面傑作五十撰
笑尉 209 160 90 三光尉の類面 表情に積極性が見られる 古能面傑作五十撰
白色尉 203 150 70 下唇の大きさ、上下不揃いに様式化された歯など個性的 金春家・能面五十撰 
中将 205 138 77 鼻筋がやや歪んでいるところから「鼻まがり中将」と呼ばれる 三井家・能面
深井 205 137 74 「深井」「曲見」の典型が完成する以前の古作 金春家・能面五十撰 
重荷悪尉 225 164 107 かなわぬ恋への悲しみ、不安、嘆き、怒り、恨みを造形化した傑作 能のおもて
小悪尉 213 157 97 「張良」「谷行」 金剛家の面
小飛出 207 155 88 いかにも敏捷な狐の精や妖怪を思わせる造形 能のおもて
小飛出 207 155 88 「殺生石」「鵺} 金剛家の面
小べし見 205 161 97 満毘(花押) の金泥の極め「福来作」 井伊家秘蔵
阿波男 203 149 鷹、怪士、三日月などと同じく超人間的な男の面 徳川美術館・能面
痩男 196 141 「福来作」満猶(花押) 池田家 林原美術館
山姥 219 155 85 「姿・言葉は人なれども髪には棘の雪を頂き眼の光は星の如しさて面の色は 三井家・能面

春若忠次(室町時代) 六作

徳若の甥、氷見のやや前の人で徳若の作風を受け継いでおもに男面を作った

大喝食 213 140 74 大喝食はこの種の面がもつ独特な女性的な面影は薄れ 三井家・能面
赤平太 201 141 70 「八島」「田村」 金剛家の面
喝食 196 139 72 「花月」「自然居士」 金剛家の面
俊寛 鑑賞と打ち方・片山家
悪尉 202 159 93 「難破」「道明寺」 金剛家の面
要石悪尉 216 161 118 出目栄満(花押) の金泥の極め「悪尉 春若作」 井伊家秘蔵


宝来(室町時代) 六作


福来の子。春若と同じ世代。父の作風を継ぐとともに、宝来女、影清など独自の表情も工夫した

平太 222 140 知謀の将としての深みを持った表情 梅若六郎家 能の華
頼政 鑑賞と打ち方・片山家
198 136 72 「当麻」「摂待」 金剛家の面
宝来女 211 133 69 テクニックを弄していない点が魅力でそれでいて微妙な神経のつかいよう 三井家・能面
安達女 221 166 99 宝来は福来の子で作風は彩色細かく柔らかなのが一般 古能面傑作五十撰
不動 214 160 103 厳島神社蔵
茗荷悪尉 218 160 96 茗荷悪尉の真髄を見せられたような感動作 古能面傑作五十撰
毘沙門 183 138 離婚寸前の女房を路傍の石神となり説得する「石神」に用いる 徳川美術館・能面
釈迦 245 188 106 「大会」 金剛家の面
不動 220 164 87 「調伏曽我」「国栖」 金剛家の面

千種(室町時代) 六作

代々千種と称する大和の鼓の胴を作る家系の出身。徳若と同時期の人

208 141 67 「姥捨」「高砂」 金剛家の面
山姥 210 141 78 「千種」は能面の他に鼓の胴や刀の鍔を作ったといわれる 古能面傑作五十撰
怪士 216 149 78 哀愁をおびた人の顔に近く、彫刻として優れた作品 三井家・能面
増髪 214 138 女性のヒステリーの面だがこの面は端正に作られ「蝉丸」の品格ある狂女
「葛城」の悩める女神、「巴」の女武者の執念などに向く
梅若六郎家 能の華


三光坊千秋満広(室町時代) 六作

後土御門天皇文明年間(1469〜1487)の人、六作の一人
越前平泉寺の僧と伝えられ後に比叡山に移り山城醍醐最勝院に住した。
三光尉の創作者でこの面は「鵜飼」の漁夫「善知鳥」の猟師「八島」の老翁などに用いる

阿瘤尉 214 163 97 千秋満広(1532)没 夜叉の血筋 金春家・能面五十撰 
三光尉 202 159 92 「屋島」「実盛」 金剛家の面
三光尉 201 157 95 「野守」 金剛家の面
大飛出 196 155 98 能装束の世界展
大べし見 221 181 112 「鞍馬天狗」「車僧」 金剛家の面
神体 201 142 75 神体とはまさに神が出現する時に用いられる面である 古能面傑作五十撰
舞尉 202 158 87 舞を舞う老爺を表すところから名、「老松」「雨月」などの後シテに用いる 三井家・能面
黒髭 195 153 95 金泥銘「黒髭面三光坊作」 厳島神社蔵

梓屯 能面展 siton@h2.dion.ne.jp

HOME 能面展示室 能面のこと 公募展 面打師の歴史 面打師の作品 link 本棚