プー横丁のトップページへ

日本人アーティストINDEXに戻る

アコースティック・ギター のメニュー画面へ戻る

小松原 俊 [Shun Komatsubara]
このページは、プー横丁がお薦めするギタリストである小松原俊さんについて紹介しているページです。紹介記事、プロフィール、画像等の無断転載等は固くお断り致します。何か、お問い合せ等ありましたらお気軽にこちらまでメールにてご連絡下さい。

★このページに掲載の商品をご注文の場合は、メールやお電話でも受け付けておりますが、買い物かごによるご注文は、プー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Corner でご購入頂けます。すでにプー横丁の通信販売をご利用の方は、「Shop at Pooh Corner」ご利用の前にこちらをお読み下さい。

 小松原俊とは・・・
 日本を代表するアコースティック・フィンガースタイル・ギタリスト、小松原俊は、そのギター・テクニック、オリジナル作品、ライヴ・パフォーマンス、どれをとっても非の打ち所がない優れたアーティストである。特に彼が作るオリジナル作品の見事さは筆舌に尽くし難く、スローなものからアップ・テンポの曲まで、そのソングライティングにおける彼の素晴らしい才能とセンスが窺えるのである。
 1985年よりギタリストとして様々なアーティスト(谷山浩子・沢田聖子・森山良子など)のコンサート及びレコーディング等へ参加すると同時に東京や大阪などでライヴ活動を開始した彼は、90年 3月からはソロ・ライヴも始めた。そして、92年7月に満を持して ファースト・アルバム『DEAR』を発売。これまでに下記の4枚のアルバムを発表している。
 ピーター・フィンガー、エド・ガーハード、フランコ・モローネなど海外の有名アコースティック・ギタリスト等との共演経験もあるほか、最近はオーストラリア(2000年)やアメリカ(2002年)などでコンサートを行なうなど、その活動は世界に拡がりつつある。4枚のオリジナル・アルバムは、いずれもアコースティック・ギター・ファン必聴・必携である。是非お聴き頂きたい。



CD
小松原俊15年ぶりのニュー・アルバムが入荷!!
小松原 俊 / Hakushu [白秋] 《 送料無料 》    \2857+消費税
 
小松原俊さんのニュー・アルバムが遂にリリースされました。アルバム・タイトルは『Hakushu [白秋]』。
全曲新曲のオリジナル・アルバムとしては2001年にリリースされた『Crayons』以来ですので、実に15年ぶりのニュー・アルバムということですね。
勿論、「待った甲斐のある素晴らしい内容」です。
どうぞ今スグご注文ください!!! 
買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ
■尚、このニュー・アルバム『Hakushu [白秋]』をオーダー頂いた方には、送料無料(当店負担)で発送させて頂きます。 自動計算では送料が加算されますが、後ほど調節します。
※発送方法はこちらで選ばせて頂きます。代引の場合は代引手数料350円をご請求させて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▼New Album 「Hakushu」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ファン待望のニューアルバムが遂に完成!

さらに磨きあげられた世界観はまさに白秋・・・。

円熟の境に入った小松原 俊の最高のギター音楽をお届けします!

本作では「Somogyi Guitar」本来の高いポテンシャルを極限までリアルに抽出し、レコーディングのみならず、音づくりに至るまで本人が入念にこだわっっています。

さらに研ぎ澄まされた、小松原 俊の魂を心ゆくまでご堪能ください!

------------------------------------------------------------------------


タブ譜
小松原俊のアルバム『Scene』のタブ譜が限定入荷!!
◆小松原 俊 / SCENE [タブ譜]           \3000+消費税

 収録曲目: くじら/ Payador/ 花水木の小径/ First Shoes/ 不思議な丘の石/ 六月の詩/ Passion/ 走る煙突/ 雪どけ/ Scene/ タケル/ 
■小松原俊が92年にリリースした2作目のアルバム『SCENE』のタブ譜。ギター・ファン必聴の名曲「くじら」「First Shoes」も掲載。完売の為に長らく入手困難になっていたが、遂に再発売され入荷した。[2005年5月記] 
 ※尚、表紙のデザインは、バックの色がホワイトになっただけで、以前に発売された物とほぼ同じです。
 買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ


小松原のアルバム『Dear + 2』のタブ譜が限定入荷!!
小松原 俊 / Dear + 2 [タブ譜]       \3000+消費税

 All 14 songs: Dear/ 文明開化/ 桃源郷/ Green Grass Wave/ Bird of Paradise/ 聖 (Hijiri)/ 桃割れにドレス/ Flapper/ Sleeping Beauty/ Rocking Chair に眠るとき/ Voyager/ Will/ 夕波/ 茜雲/ 
■アルバム『DEAR + 2』に収録の全14 曲の完全コピー、タブ譜付き楽譜集。
名曲「Voyager」や「茜雲」も掲載。完売の為に長らく入手困難になっていたが、遂に再発売され入荷した。ご希望の方は、どうぞお早めに。
※尚、左記はオリジナル版の表紙です。今回の改訂版の表紙デザインは、文字の位置や表紙に使われたジャケット写真が少し大きくなったりとマイナー・チェンジが施されています。
 買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ


小松原のアルバム『Crayons』のタブ譜、入荷しました!!
◆小松原 俊 / Crayons [タブ譜]            \2500+消費税

 All 11 songs: Love Song/ King Park Air/ Jet Rag/ Hiroshige/ Impact/ お釈迦様の花供御/ 夕陽を追いかけて/ 流れ星を見た夜/ ジビエを食べながら/ タマタマタンゴ/ 多羅葉/ 
■小松原俊が01年に発表した通算4作目『Crayons』のタブ譜。ギター・ファン必聴の名曲「Love Song」「お釈迦様の花供御」「流れ星を見た夜」も含む全11曲掲載。
 買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ


住出&小松原のアルバム!!
◆住出 勝則 & 小松原 俊 / When You Wish Upon A Guitar('08)      CD-003 \2857+消費税

■住出勝則と小松原俊の初顔合わせとなるニュー・アルバムは、日本国内の若手アコースティック・ギター製作家5人のギターを2人がそれぞれ持ち替えて演奏するという企画アルバム。つまり、2人の名ギタリストが5人のルシアーたちのギターをプレイし、それぞれのギターがどんなサウンドを奏でるかといったコンセプトで制作されたアルバムなのだ。ソロ演奏で新曲や初カヴァー曲を含む各5曲の計10曲。11曲目のボーナス・トラックではイーグルス永遠の名曲「デスペラード」を「デスペラード」を住出&小松原がデュエット演奏。2人が初披露したデュエット・プレイに狂喜するファンも多いことだろう。2人のオリジナル作品は勿論のこと、住出による小田和正の「言葉にできない」とミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」、小松原による松任谷由実の「STILL CRAZY FOR YOU」」とシークレット・ガーデンの「YOU RAISE ME UP」のカヴァー作品にも、この2人ならではの個性際立つアレンジの妙を存分に味わうことができる。収録作品および使用ギターは下記の通り。 買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ
1) 雲の隙間から FELLOW/N-3R CW by Shun Komatsubara
2) SIMPLE LIFE FELLOW/N-3R CW by Masa Sumide
3) STILL CRAZY FOR YOU FUJII GUITAR/M Cutaway by Shun Komatsubara
4) シェルブールの雨傘(I WILL WAIT FOR YOU) FUJII GUITAR/M Cutaway by Masa Sumide
5) YOU RAISE ME UP SUZUKAWA GUITARS/D-7 by Shun Komatsubara
6) NO MORE TEARS SUZUKAWA GUITARS/D-7 by Masa Sumide
7) 雀(すゞめ)HIDAKA GUITAR/M-D by Shun Komatsubara
8) YOU ARE MY RAINBOW HIDAKA GUITAR/M-D by Masa Sumide
9) 海の見える町 KAMEOKA GUITAR/KMD-51 by Shun Komatsubara
10) 言葉にできない KAMEOKA GUITAR/KMD-51 by Masa Sumide
11) DESPERADO<ボーナストラック> Masa Sumide & Shun Komatsubara


CD
◆小松原 俊 / Naturally〜音の森林浴('97)            CD-1002 \2857+消費税
 All 11 songs: Mother And Father/ Camel/ Turning Point/ Vacance/ ステッセルのピアノ/ クーニャンの春/ 午後のひととき/ やすらぎのせせらぎ/ 兎の日/ 雲の湊/ etc. ■97年6月発売された3作目。名曲「Camel」「ステッセルのピアノ」「Vacance」は本作に収録されている。
※このCDを買い物カゴでのオーダーコチラからどうぞ

小松原 俊 / Crayons('01)           CD-1003  \3000 完売
 All 11 songs: Love Song/ King Park Air/ Jet Rag/ Hiroshige/ Impact/ お釈迦様の花供御/ 夕陽を追いかけて/ 流れ星を見た夜/ ジビエを食べながら/ タマタマタンゴ/ 多羅葉/ ■2001年に発売された通算4作目。コンサートでお馴染みの作品あり「King Park Air」「タマタマタンゴ」「多羅葉」等の耳馴染みのない作品もありの全11曲。名曲「Love Song」「お釈迦様の花供御」「流れ星を見た夜」はギター・ファン必聴。
完売しました。再入荷の予定はありません。

小松原 俊 / SCENE('94)        CD-1001 \3000 完売
 
All 11 songs: くじら/ Payador/ 花水木の小径/ First Shoes/ 不思議な丘の石/ 六月の詩/ Passion/ 走る煙突/ 雪どけ/ Scene/ タケル/ ■名曲「くじら」「花水木の小径」などが収録されている2作目。94年10月発売。「First Shoes」は関西電力CFソングとして選ばれ、同年5月からオンエアされた。
完売しました。再入荷の予定はありません。

小松原 俊 / Naturally〜音の森林浴('97)            CD-1002 \2857+消費税
 All 11 songs: Mother And Father/ Camel/ Turning Point/ Vacance/ ステッセルのピアノ/ クーニャンの春/ 午後のひととき/ やすらぎのせせらぎ/ 兎の日/ 雲の湊/ etc. ■97年6月発売された3作目。名曲「Camel」「ステッセルのピアノ」「Vacance」は本作に収録されている。
※このCDを買い物カゴでのオーダーご希望の方はコチラからどうぞ

小松原 俊 / Dear + 2               CD-1000 \3000 完売
 All 14 songs: Dear/ 文明開化/ 桃源郷/ Green Grass Wave/ Bird of Paradise/ 聖 (Hijiri)/ 桃割れにドレス/ Flapper/ Sleeping Beauty/ Rocking Chair に眠るとき/ Voyager/ Will/ 夕波/ 茜雲/ ■完売の為に入手困難となっていた小松原俊の1作目『DEAR』に、ボーナス・トラックとして新録音のボーナス・トラック2曲が追加され『DEAR + 2』のタイトルで99年リニューアルされ再発売されたアルバム。ギター・ファン必聴の名曲「文明開化」「夕波」は本作に収録されている。又、本作の「桃割れにドレス」はSII(セイコー電子工業)のCFソングとして、「Flapper」はソニー生命のCFソングとしてオンエアされた。
完売しました。再入荷の予定はありません。


教則DVD

◆小松原俊 / ソロ・ギター・パフォーマンス [教則DVD/70分/タブ譜付き] DVD-RM610852 \1500+消費税
 小松原俊による初の教則DVD。練習曲には「ステッセルのピアノ」と「Love Song」という彼のオリジナル作品の中でも特に人気の高い2曲と、ヘンリー・マンシーニ作の永遠の名曲「Moon River」が選ばれ、ナント彼が所持するソモギ(Somogyi)・ギターの名器3本を(惜し気もなく!!)用意してこのDVDの収録曲は演奏されているのだ。タブ譜と映像を観ながら練習曲をマスターする、という内容以外に、彼が「僕が教則DVDを作るんだったら、是非とも内容に盛り込みたい」と常々思っていた「あんな事やこんな事」に関して触れ、詳細に説明しているのも大変興味深い。それは、例えば《ギターを弾く前のチェックポイント》だったり、《爪のケア、カポタストについて》だったり、《ギターを弾いた後のケア》だったりする訳だが、そういった説明を通じて、小松原俊というギタリストが自らのギター音楽やギターそのものに対して持っている「プロとしてのこだわり」や「深い理解と愛情」が感じられ、「さすがは小松原俊!!」とアコギ・ファンなら誰もが感心してしまうこと必至である。タブ譜が付いているのは練習曲の3曲のみだが、オープニングの「Voyager」とエンディングの「Jet Rag」は、どちらも当然の事ながら(CDで発売中のトラックとは別の)新たにレコーディングされたものだ。
※このCDを買い物カゴでのオーダーはコチラからどうぞ
【内容】
■オープニング「Voyager」[作曲: 小松原俊]
■ギターについて・その1《ギターを弾く前のチェックポイント》
■練習曲「ステッセルのピアノ」[作曲: 小松原俊] 演奏と解説
■ギターについて・その2《爪のケア、カポタストについて》 
■練習曲「Love Song」[作曲: 小松原俊] 演奏と解説
■練習曲「Moon River」[作曲: ヘンリー・マンシーニ] 演奏と解説
■ギターについて・その3《ギターを弾いた後のケア》
■エンディング「Jet Rag」[作曲: 小松原俊]


小松原俊プロデュースによる赤崎郁洋のデビューアルバム!!
赤崎 郁洋(あかざきいくひろ) / Zephyr: ゼフィール ('03)     CD-1101 \2857+消費税

 produced by 小松原俊; All 11 tracks: Bird's-Eye View/ 祈り/ snow crystal/ Ayutthaya/ MIKADO/ 南の島のRagtime/ 中国的夢紀行〜Shanghai Moon〜/ coffee break/ Milestone-軌跡-/ 春な忘れそ/ あきずの丘;
■日本のアコースティック・ギター・シーンにまた1人、新たなフィンガースタイル・ギタリストがアルバム・デビューした。2001年に行なわれた第1回「フィンガーピッキングコンテスト」で「最優秀賞」および「オリジナリティー賞」を受賞した赤崎郁洋(あかざきいくひろ)が、その人である。受賞後も地道なライヴ活動と曲作りを続け、今回待望のデビュー・アルバム発表となった訳だが、本作のアルバム・プロデューサーは、何と小松原俊。これは凄い事だ。プロフィールにも記されている通り、小松原俊のライヴを観て「プロ・ギタリストになりたい」と再び心に決めたという彼にとって、デビュー作でいきなり尊敬する先達&最高の理解者にプロデュースを任せる事ができたのは何よりの幸運と言えるだろう。レコーディングされた全11曲は、各作品について本人が書き下ろしたコメントを読むまでもなく、様々な思いや情景がストレートに聴く者に伝わってくる粒揃いの作品群だ。「多彩」「流麗」「繊細」いくつもの言葉が本作での彼のギター・スタイルや作品に関して思い浮かぶが、アルバムを聴き終えて最も強く感じたのは「聴いていてゆったりとした気持ちになれる」「とても落ち着く」という事だろうか。しかし、それは世間に拡がる「癒し系ミュージック」に代表される音楽のように「軽く聴き流して何となく得られた」感覚ではなく、むしろそれらとは対極を成す、じっくり聴き込んだ上で「心にじんわりと滲みる豊かな」感覚である。ヴァラエティに富んだ作品群は、1曲ごとに聴く者を彼の「音」世界に引き込み、確かな印象を残すのである。若いギタリストのデビューが続く中、35歳にしてファースト・アルバムを発表した彼だが、その意気込みと根性の座り様は、当然の事ながらハンパじゃない。けれども、彼のソロ・ギター作品には「あせり」や「ギラギラしたもの」は全く見受けられず、それどころかアルバム全体の味わいは、まるで本作の表ジャケットの写真のように、草原を揺らす「そよ風(Zephyr)」のごとく、どこまでも爽やかなものだ。赤崎郁洋のデビュー・アルバム、是非お聴き頂きたい。 [2003年: プー横丁店主POOH記]
※買い物カゴでのオーダーはコチラ


赤崎郁洋さんからのメッセージ
みなさんはじめまして。赤崎郁洋です。
本当におかげさまでやっとアルバムが完成いたしました。ちょっと前の映画の”オールドルーキー”じゃないですけど35歳(もう少しで36歳)やっと1枚目”ゼフィール”・・・・
とにかく鉄絃の響きが好きで高校2年くらいからアコギ1本のインストをやってました。
楽器1本の演奏スタイルはギターに限らずピアノでもチェロでも琵琶でも無伴奏の歌でも、緊張感と音の隙間がなんとも刺激的5年ほど前からこつこつためた曲もようやく11曲。
自分なりになかなかバラエティーにとんだ楽曲が集まったと思ってます。
このアルバムを聞いていただくことによって慌しい日々から一時でも開放されたり、寝室の隅のほうに置いてある最近ぜんぜん弾いてないギターを弾いてみるきっかけになったりしていただけると、とても嬉しいです。
応援よろしくお願いします。[2003年]

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。

 


[ギター新譜 CD][A・ギターお薦めCD ][A・ギター関係のCD在庫リスト ][ギター教則本][リック・ラスキン][アコースティック・ギター ビデオ][アコースティック・ギター DVD][日本人ギタリスト][中川イサト][住出勝則][小松原俊][黄家偉][MICHAEL HEDGES][岸部 眞明][押尾 コータロー][下山亮平][CHET ATKINS][TOMMY EMMANUEL][Acoustic Music Records][お薦めのギタリスト紹介][雑誌(フィンガースタイル・ギター誌)] 

 

プー横丁のトップページへ