フアン・チア・ウェイ
黄家偉 (Huang Chia-Wei) 
フアン・チア・ウェイと彼の仲間達のアルバムをご紹介!
アコースティック・ギター のメニュー画面へ戻る

「お薦めのギタリスト」のページに戻る

ファン・チアウェイの来日コンサート・ツアーについては当店HP内のコンサート情報でお知らせしています。

ご注文はメールでどうぞ

★このページに掲載の商品をご注文の場合は、メールやお電話でも受け付けておりますが、
 買い物かごによるご注文は、プー横丁が運営していますネットショップ
Shop at Pooh Corner でご購入頂けます。
 すでにプー横丁の通信販売をご利用の方は、「Shop at Pooh Corner」ご利用の前に
こちらをお読み下さい。 

■今やアジアで2番目に熱心なフィンガースタイル・ギター・ファンが多い事で知られる台湾。勿論、1番は日本だけれど、その座も気を抜く(?)と近い将来に取って変わられてしまうのではないか、というほどの状況らしい。で、台湾を代表するフィンガースタイル・ギタリスト、黄家偉(ファン・チアウェイ)は、多くの生徒を持つギター講師としても活動するだけでなく、ピーター・フィンガーやジャック・ストッツェム、スティーヴン・キングやアンディ・マッキーといった欧米のギタリスト、それに中川イサトや岸部眞明も招聘し、それぞれの台湾ツアーを主催するなど、台湾アコースティック・ギター・シーンを牽引し、フィンガースタイル・ギター音楽の魅力を台湾の音楽ファンに広め、現在の活況ぶりを実現させた功労者&オピニオン・リーダーでもある。そんな彼が、プロデューサーとして関わったオムニバス・アルバム3種と彼のソロ・アルバムは、欧米のギタリストたちのアルバムより更に我々日本人の心情に近い、「同じアジアの血が流れている人たち」を感じさせる魅力的な作品や演奏で一杯なのだ。是非お聴き頂きたいと思う。(プー横丁店主: POOH)


●黄家偉 [ファン・チアウェイ] / HAPPY LAND: 樂 ('12)       CD-1039 \2400(会員\2300)
 台湾出身のフィンガースタイル・ギタリストで、これまでに中川イサトや岸部眞明、住出勝則など日本人ソロ・ギタリストはモチロン、トミー・エマニュエルやピエール・ベンスーザンなどアジア圏以外のソロ・ギタリストも数多く招聘して中国や台湾でのコンサート・ツアーを企画・制作してきたチアウェイ氏は、2010年より中国でIFSGF [International Finger-Style Guitar Festival]を主催したりもしている。その彼が07年の前作『CIRCLE: 迴』以来、5年ぶりで発表したニュー・アルバム。岸部眞明とも共通する音楽性で、多くのファンを魅了している。※買い物カゴでのオーダーはコチラ

●Various Artists / 手指的対話: 2010 INTERNATIONAL FINGERSTYLE GUITAR FESTIVAL ('10)  \2800 (会員\2700)

 feat. Don Ross [Afraid to Dance], 住出勝則 [Desire], Peter Finger [Allegro from Sonata No.2 for Violin Solo], 岸部眞明 [Dandelion], Huan Chia Wei [Sunshine], Sungha Jung [Perefect Blue], 城直樹 [The Stranger], Doug Smith [Journey to China], Roger Wong [Dance of the Sugar Plum Fairy], Huan Chia Wei & Jacques Stotzem [Naga]; ■プー横丁ではすっかりお馴染みの台湾出身のフィンガースタイル・ギタリスト、ファン・チア・ウェイ [黄家偉]が主催した『第1回インターナショナル・フィンガースタイル・ギター・フェスティヴァル』という音楽イヴェントが今年7月に中国の北京で行われた。ドン・ロス [カナダ]、ピーター・フィンガー [ドイツ]、ダグ・スミス [アメリカ]、チョン・スンハ [韓国]、ロジャー・ウォン [マレーシア]、日本からは住出勝則、岸部眞明、城直樹が参加し、文字通り各国から参加した有名ギタリスト達によるスペシャル・コンサートが催された。また、「インターナショナル・フィンガースタイル・ギター・チャンピオン」と「ナショナル・フィンガースタイル・ギター・チャンピオン」という世界チャンピオンと中国国内のチャンピオンを決める2つのギター・コンテストも開催され、会場に選ばれた北京大学の構内にある「100周年記念講堂」(2000人余りを収容)は、大いに盛り上がった。実は、このイヴェントに私 [プー横丁店主POOH] もコンテストの審査員として参加したので、その時のコンテストやスペシャル・コンサートの模様は、またHP上でご報告したいと思っている。
 で、本作『手指的対話: 2010 INTERNATIONAL FINGERSTYLE GUITAR FESTIVAL』のCDは、このイヴェントを記念して制作されたもので、上記の参加アーティスト達の既発ソロ・アルバムから選ばれた作品を中心に収められているのだが、ダグ・スミスの「Journey to China」やファン・チア・ウェイとジャック・ストッツェムの「Naga」は、本作の為に録音された未発表曲だ。限定発売なので、ご希望の方はお早めに。
★このCDのオーダーは、メールでもお受けしておりますが、買い物かごによるご注文をご希望の方はプー横丁が運営していますネットショップ Shop at Pooh Cornerで受け付けております。


●黄家偉 [ファン・チアウェイ] / CIRCLE: 迴 [CD] ('07)        CDTB-1032.8 \2800(会員\2700)

●黄家偉 [ファン・チアウェイ] / JOURNEY: 旅 [タブ譜+VCD]       TB-1027 \2800(会員\2700)
《VCDとは...》 コンパクトディスクに映像を含んだ、DVDの簡易版のようなものです。画質、音質のクオリティーは高くはありません。パソコンで再生する事が可能です。SONYプレイステーション2では再生できません。このVCDはWINDOWS MEDIA PLAYER やMAC QUICKTIME PLAYER で再生可能です。VCD対応のDVDプレイヤーでも再生出来ますが画質が悪い為パソコンでご覧になることをお薦めします。

●黄家偉 [ファン・チアウェイ] / JOURNEY: 旅 [CD] ('06)        CD-1027.8 \2800(会員\2700)

 All 12 tracks: 出發/ 背影/ 籤/ 那一天/ 歴程/ 甜蜜-家郷/ 一個人的黒珈琲/ 騎單車的少年/ 上海-夜景-外灘/ 放/ 泛黄的相片/ 回程/ ■台湾のフィンガースタイル・ギタリスト、黄家偉(ファン・チアウェイ)が2006年に発表した最新アルバム。


●Various Artists / 風之國度 [2枚組CD+タブ譜] ('06)      2CDTB-2006 \4000(会員\3900)

 All 25 songs: [CD 1] 風之國度/ 心中花園/ 心情焚風/ 暮秋/ 吻上春風/ 相思提上的偶遇/ 異郷/ 望/ 船痕/ 春風組曲/ [CD2] 鄰家的龍猫/ ThePinkPantherTheme/ 火之鳥/ 風之丘/ UndertheSea/ 迷路的孩子/ 飛行宅急便/ 予感/ 小叮当/ 天空之城/ SomewhereOutThere/ 稍息立正站好/ 小相片/ 瑪利兄弟/ 林蔭大道/ ■黄家偉 [ファン・チア・ウェイ]をはじめ台湾のフィンガースタイル・ギタリスト達によるオムニバス・アルバム『風之國度』と『異想世界』は、廃盤の為に長らく入手困難でしたが、2枚分をスッポリ収録した形でタイトル『風之國度』として新装発売された。2枚組CD付きタブ譜でこの価格。


●Various Artists / DISCOLORED AGE: 泛黄的年代 [CD+タブ譜] ('04)      CDTB-1012 \3800(会員\3700)

 feat. 黄家偉, 候健富, 楊祝昇, 陳智強, 蘇建榮, 黄怡仁, 揚子霆; All 12 tracks: 月夜粽香/ 春花夜望/ 黯淡的月/ 黄昏的故郷/ 四季謡/ 阮若打開心門窗/ 安平追想曲/ 夜雨遙想/ 西北雨/ 補網情/ etc. ■台湾のフィンガースタイル・ギタリスト達をフィーチャーしたタブ譜付きCDとして、これまで00年作の『醍醐』と99年作の『PORTRAIT OF STRINGS: SOLO GUITAR』を以前のカタログでご紹介してきたが、そのシリーズ第3弾ともいうべき全12曲収録のアルバム『DISCOLORED AGE: 泛黄的年代』がコレである。前2作同様、黄家偉(ファン・チアウェイ)が中心となって本作は制作&発表された。『醍醐』がアジアや東洋を感じさせる作品が多く、『PORTRAIT OF STRINGS: SOLO GUITAR』は欧米のギタリストからの影響色濃い作品が多かったのであるが、本作は(大別すればアジア&東洋的と言えるだろうが)その中庸というか、作品もより多様になってきている事が一聴して分かる。参加ギタリストのクレジットは中国語で書かれている為に、私には正しく発音・カタカナ表記できないが、それでもタブ譜に記載された参加ギタリストの7人の紹介の中に含まれている幾つかの英語の単語、New AgeやCountryの文字、それにDon Rossや Franco Moroneなどのギタリスト名が挙げられている事などからも、それぞれ音楽的なバックボーンの異なる独自のカラーを持った個性的なギタリスト達が本作に参加している事は容易に察せられるのである。現在の台湾アコースティック・ギター・シーンの勢いとホットな状況をも伝えてくれる本作。全面的にお薦めしたい。尚、本作はCD(プラケース&ジャケット付きの通常盤)とタブ譜セットのみでの販売となっており、バラ売りはされていない。下記のシリーズ2種『醍醐 [Ti-Hu]』と『PORTRAIT OF STRINGS』もお忘れなく。


●黄家偉 [ファン・チアウェイ] / PURE: 醇 [CD+タブ譜] ('04)        CDTB-1010 \3800(会員\3700)

 All 16 tracks: Sukiyaki(上を向いて歩こう)/ 何日君再来[arranged by 中川イサト]/ Sunrise/ Dancing Snow/ 情非得己/ 矜持/ 月亮代表我的心/ 心動/ 但願人長久/ 我願意/ 野百合他有春天/ 海上花/ 再回首/ 我只在乎称/ 甜蜜蜜/愛的箴言/ ■で、上記に紹介した台湾のフィンガースタイル・ギタリスト、黄家偉(ファン・チアウェイ)が2004年にリリースしたソロ第1弾。勿論、全曲アコースティック・ギター・インストゥルメンタル集だ。中国や台湾の作曲家による作品のカヴァーをはじめ、「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」やテレサ・テンが歌ってヒットした三木孝作曲の「我只在乎称(邦題: 時の流れに身をまかせ)」も収録。又、イサトさんの96年作『STANDARDS』に収録の「何日君再来」が「arranged by Isato Nakagawa」とクレジットされてイサト氏ヴァージョンで演奏されていたり、チアウェイのオリジナル作品だが、イサト作品からの多大な影響(特にベース・パートのリフなど)を感じさせる「Dancing Snow」も収録されていて、イサト・ファンにも喜んで頂ける事ウケアイ


●黄家偉 [ファン・チアウェイ] / 戀琴: FALL IN LOVE [CD+タブ譜+VCD] ('04)  CDTB-1019 \3800(会員\3700) 完売しました
●Various Artists / 醍醐 [Ti-Hu]('00)        CD-AGTM-3 \2600(会員\2500)

 feat. 方世威(Fang Shih-Wei), 黄家偉(Huang Chia-Wei), 柳的志, 陳經綸(Chen Jing-Luen), 紀明程, 洪瑞鴻(Hung Vincent), 蘇建榮; All 10 tracks: 名月寒江(チューニング/DAEGBE)/ 風起雲湧(EBEF#BE)/ 離思(DADF#BD)/ 江波舞影(DADF#BD)/ 暮鼓晨鐘(EADGBE)/ 山林歸逸(DGDGBE)/ 風華絶代 (DADGAD)/ 行雲送懐 (DADGAD)/ 燈影夜話 (EADGBE)/ 念奴嬌(DADGBE); ■2001年11月の中川イサトさん初の台湾でのコンサート・ツアーを、台北在住のフィンガースタイル・ギタリスト、黄家偉(フアン・チア・ウェイ)さんがお世話し、実現した事は熱心なイサト・ファンなら既にご存じと思う。フアンさんはギター・インストラクターであり、台湾でのアコースティック・ギター音楽シーンのオピニオン・リーダーでもある。 台南の大学生だった頃にアコースティック・ギター(それもフィンガースタイル・ギター)を練習し始め、今では彼の門下生のうちの何人かは既にプロとして活動しているという。で、本作は、そのフアン・チア・ウェイさんを含む計7人によるフィンガー・スタイル・ギタリスト達が自主制作したソロ・ギター集だ。これがメチャメチャ良い。初めて聴いた時に受けた感動は、本当に「ちょっとショック」でさえあった。収められた10曲は全て彼等のオリジナル作品。そのサウンドや演奏スタイルに各々のギタリストの個性や音楽的志向がはっきりと表れていて、しかも1曲1曲が素晴らしく、印象的な作品ばかりなのだ。その作品が持つメロディーは、まさに同じアジアに住む我々には理屈抜きで理解できる「優しく懐かしい調べ」だったりする。聴いていて鳥肌が立つような、そんな感じを久しぶりに味わった。例えば、イサトさんも気に入っているという「名月寒江」「江波舞影」「暮鼓晨鐘」、特に「江波舞影」は何の説明も無く聴けば(とても大ざっぱな表現である事を百も承知で言うと)「イサトさんの影響を受けたのではないか」と思えるほどである。そして、繰り返し聴くうちに、アコースティック・ギター音楽に対する彼等の熱い思いや真摯な気持ちも、この自主制作された手作りのCDを通じてジワジワと伝わってくるのだ。イサト氏の話によると今の台湾は「各大学の音楽クラブに部員が200人位いて、全員がフィンガースタイル・ギターを弾いている」といった状況だそうで、その台湾のギター・シーンの「ファン層の厚さ」が本作の7人の優れたギタリストを輩出したという事も大いに納得できるのである。アメリカやヨーロッパに較べれば「お隣り」といってよい台湾のフィンガースタイル・ギター音楽の芳醇な香りを1枚に収めた本作、アコギ・ファンなら聴き逃してはいけません。絶対のお薦め盤。
■蛇足ながら....■ アルバム・タイトルはもとより、すべてのクレジットは中国語(漢字)で書かれている。プロデューサーは製作人、レコーディング・エンジニアは録音師、といった具合である。そんな中で、各曲のチューニングのところに「調弦」と記されてあるのを見つけて「一緒や!!」と思い、妙に嬉しくなった。と同時に、日本のギター・ファンはチューニングの事はチューニングと言い、調弦なんて言葉は使わなくなってるなぁと思った次第。又、セットになっているタブ譜の略号は英語で記載されているので何の問題も無いのだけれど、巻末にある略号説明のページには例えばL.H.Tap(Left Hand Tapping)は「左手獨立彈奏音符・右手不須彈奏」と書かれていて、見ていて興味が尽きない。


●醍醐 [Ti-Hu]('00)《タブ譜》  TB-AGTM-3 \1600(会員\1500)

 All 10 tracks: 名月寒江(チューニング/DAEGBE)/ 風起雲湧(EBEF#BE)/ 離思(DADF#BD)/ 江波舞影(DADF#BD)/ 暮鼓晨鐘(EADGBE)/ 山林歸逸(DGDGBE)/ 風華絶代 (DADGAD)/ 行雲送懐 (DADGAD)/ 燈影夜話 (EADGBE)/ 念奴嬌(DADGBE); ■上記CD『醍醐 [Ti-Hu]』のタブ譜。


●Various Artists / PORTRAIT OF STRINGS: SOLO GUITAR('99)     CD-AGTM-2 \2600(会員\2500)

 feat. 黄家偉(Huang Chia-Wei), 方實明(Fang Paul), 洪瑞鴻(Hung Vincent), 方世威(Fang Shih-Wei), 處家宏(Lu Allen), 黄怡仁(Huang Yi-Ren), 陳經綸(Chen Jing-Luen), 呉進興(Wu Jing-Shing), 林慧哲(Lin Huei-Je); All 12 tracks: String Master(time 4:48/チューニング/EBEEBE)/ Country Morning(3:37/DADGAD)/ Jingle Bells(EADGBE)/ Time Chaser(EADGBE)/ Dancing In The Prairie(3:25/DADGAD)/ Images of Childhood(4:52/DADF#AD)/ Far Away From Earth(4:03/FGCGCE)/ Memory(4:27/DGDGBD)/ Another Daybreak(3:37/EADGBE)/ Wish You Godspeed(2:48/EADGBE)/ Under The Shadow of Swords(1:09/EADGBE)/ Footstep On Leaves(4:07/DGDGBD); ■上記の『醍醐』の前にリリースされ、フアンさんとファン・ポール(方實明)のプロデュースによるアルバムが本作。『醍醐』にも参加した4人を含む9人のギタリストによるソロ・ギター・インスト集である。9人で12曲なのは、フアンさんが3曲、ファン・ポールさんが2曲演奏している為だ。全12曲中、カヴァー作品が2曲(「Jingle Bells」のクリスマス曲と「Wish You Godspeed」は何と梓みちよのヒット曲「二人でお酒を」をインストにアレンジしている)で他の10曲は各人のオリジナル作品。仕様されたギターもLowden S38、Larrivee 72C、Lakewood M54、Martin HD-28、Taylor 912Cと多種多彩だ。『醍醐』の収録作品が全て中国語なのとは対象的に、本作の収録作品は全て英語のタイトルが付けられている。それが理由という訳でもないだろうが、『醍醐』に較べれば欧米のギター・ミュージックの影響が窺える作品が多いと言えるだろうか。とはいえ、例えばフアンさん演奏による「Images of Childhood(子供時代のイメージ)」で見えてくる心象風景は(欧米風ではなく)オリエンタルなものだ。いずれにせよ、各オリジナル作品のグレイドは極めて高く、本作も『醍醐』同様、是非アコギ・ファンの皆さんに味わって頂きたいと思う。


●PORTRAIT OF STRINGS: SOLO GUITAR('99)《タブ譜》     TB-AGTM-2 \1600(会員\1500)

 All 12 tracks: String Master(time 4:48/チューニング/EBEEBE)/ Country Morning(3:37/DADGAD)/ Jingle Bells(EADGBE)/ Time Chaser(EADGBE)/ Dancing In The Prairie(3:25/DADGAD)/ Images of Childhood(4:52/DADF#AD)/ Far Away From Earth(4:03/FGCGCE)/ Memory(4:27/DGDGBD)/ Another Daybreak(3:37/EADGBE)/ Wish You Godspeed(2:48/EADGBE)/ Under The Shadow of Swords(1:09/EADGBE)/ Footstep On Leaves(4:07/DGDGBD); ■上記CD『PORTRAIT OF STRINGS: SOLO GUITAR』のタブ譜。

 

 ご注文がお決まりになられましたら、Eメールで、ご希望の商品・数量・お名前・ご住所・お電話番号をお書きの上、お申し込み下さい。折り返しメールにてご連絡させて頂きます。


[ギター新譜 CD][A・ギターお薦めCD ][A・ギター関係のCD在庫リスト ][ギター教則本][リック・ラスキン][アコースティック・ギター ビデオ][アコースティック・ギター DVD][日本人ギタリスト][中川イサト][住出勝則][小松原俊][黄家偉][MICHAEL HEDGES][岸部 眞明][押尾 コータロー][下山亮平][CHET ATKINS][TOMMY EMMANUEL][Acoustic Music Records][お薦めのギタリスト紹介][雑誌(フィンガースタイル・ギター誌)]

 

 

プー横丁のトップページへ