コンピテンシー


”社員を知る” すべてはここから始まります。


 人事マネジメントの分野で、コンピテンシー という言葉を耳にする機会が増えてきました。
 このコンピテンシーとは、ずばり「高い業績を上げている社員の行動特性」のことです。
業績の高低を具体的な行動の違いとして把握できれば、普通の社員の行動を変えることで企業の業績を上げることができます。

  
 当事務所では、コンピテンシーを活用し貴社の社員をあらゆる角度か ら分析し、社員の適性を最大限引き出すお手伝いを致します。

5つのコンピテンシー活用法

個人スキル測定 評価基準 行動基準 組織診断 採用テスト
  75項目すべてのコンピテンシーを判断し、全体のバランスと専門から見た適性を判断。

 優秀者との比較や過去と比較をおこない、社員個人のスキルアップを図る。


定期的に実地し、個人の適正と成長に見合った適材適所の人員配置を行う。
優秀者とのギャップを把握して、個人の改善目標を具体的に示す。
home