【鈴木周作 〜札幌の水彩色鉛筆画家〜】 四季折々の北海道の旅風景、地元・札幌の路面電車(札幌市電)などを水彩色鉛筆で描き続けるイラストレーターのHPです。 【鈴木周作 〜札幌の水彩色鉛筆画家〜】 四季折々の北海道の旅風景、地元・札幌の路面電車(札幌市電)などを水彩色鉛筆で描き続けるイラストレーターのHPです。
 ●四季折々の北海道の旅風景、地元・札幌の路面電車などを水彩色鉛筆で描き続ける札幌・宮の森のイラストレーター鈴木周作の公式Webサイトです。
【このページは移転しました!!】
イラストレーター鈴木周作公式サイトは http://suzuki-syusaku.com に移転しました。

恐れ入りますが、上記URLから新サイトにアクセスして下さいますようお願い致します。
(リンク・ブックマーク等の変更も併せてお願い致します)

  おもちゃのような可愛らしい電車と、絵本のページをめくるような変化に富んだ車窓風景。はじめて乗った海外の電車・・・インスブルック郊外、シュトゥーバイ渓谷を遡って行く山岳鉄道の想い出を纏めてみました。 No.2004-24
▼Next ▲Prev ■Menu
シュトゥーバイタール鉄道
(オーストリア・チロル)
(04.7.22完成)










 在りし日の駅猫ニャンタロ。 No.2004-23
▼Next ▲Prev ■Menu
釧網本線・北浜駅
(04.6.24完成)










No.2004-22
▼Next ▲Prev ■Menu
富良野・美瑛ノロッコ号
(04.6.17完成)










  リゾート列車の楽しみといえば、お客さんや乗務員さん達の素敵な笑顔に出逢えること。暖かな春の日、若いお母さんと一緒に大好きなノロッコ号に乗りに来てくれた男の子の嬉しそうな姿がとても印象的でした。 No.2004-21
▼Next ▲Prev ■Menu
塩狩峠さくらノロッコ号
(04.5.29完成)










No.2004-20
▼Next ▲Prev ■Menu
増毛GWノロッコ号
(04.4.29完成)










  昭和30年代から近年まで、北海道〜東北各地で活躍した旧国鉄のディーゼルカー。その貴重な生き残りが有志の手によって下北半島・大畑で今も稼動状態で保存されています。先日の東北旅行の折、美しく整備された車両とボランティアスタッフの活躍ぶりに触れる機会に恵まれ、このディーゼルカーと彼等の活動を多少なりとも応援させて頂けたらと思った次第です。 No.2004-19
▼Next ▲Prev ■Menu
旧型気動車
(キハ22型)
(04.4.27完成)










 昭和26年、電化工事完成に併せて製造された最古参電車。
 昭和56年廃車。
No.2004-18
▼Next ▲Prev ■Menu
十和田観光電鉄
高清水駅(青森県)
(04.4.12完成)










 時代考証には少々苦労しました。現在の十和田観光電鉄・十和田市駅、大正11年開業当初の図。 No.2004-17
▼Next ▲Prev ■Menu
十和田鉄道
三本木駅(青森県)
(04.4.10完成)











[△ページTopへ]

HOME


Copyright(C) 2000-2015 Suzuki Syusaku 水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
本サイト上の全ての画像(絵・イラスト・写真)、記事等の著作権は鈴木周作個人に帰属します。許可なく一切の複製・転載・配布・類似意匠の使用等を禁止します。