【鈴木周作 〜札幌の水彩色鉛筆画家〜】 四季折々の北海道の旅風景、地元・札幌の路面電車(札幌市電)などを水彩色鉛筆で描き続けるイラストレーターのHPです。 【鈴木周作 〜札幌の水彩色鉛筆画家〜】 四季折々の北海道の旅風景、地元・札幌の路面電車(札幌市電)などを水彩色鉛筆で描き続けるイラストレーターのHPです。
 ●四季折々の北海道の旅風景、地元・札幌の路面電車などを水彩色鉛筆で描き続ける札幌・宮の森のイラストレーター鈴木周作の公式Webサイトです。

絵を観る(水彩色鉛筆画)
おしらせ(作品展・イベント・新刊紹介etc.)
宮の森日記【Blog】
【Blog】寝台特急北斗星乗車記
【Blog】道新ブログ・北の駅の待合室(北斗星)
【Blog】えちてつ絵日記(えちぜん鉄道)
ポストカード(取扱店)
絵画教室(受講のご案内)
水彩色鉛筆画の描き方
自己紹介(略歴・主な活動履歴)
出版物・商品のご紹介
これまでの作品展
絵の仕事承ります
メール


















トップページに戻ります
水彩色鉛筆画の描き方&画材紹介
How to draw illustration by water-colour pencils.
I studied the illustration by self-study.
And, these are the techniques of my own style.

●御覧頂きありがとうございます。こちらではイラストレーター鈴木周作が独学で習得した水彩色鉛筆による絵の描き方を、極々簡単にですがご紹介させて頂きます。作者プロフィール、イラスト作品等も当サイト内に掲載しておりますので併せて御覧下さい。
 イラストレーター鈴木周作(略歴・活動実績) 
 絵を観る(これまでの水彩色鉛筆画作品) 

イラストレーター鈴木周作が講師を務める絵画教室では、風景画、静物画など、さまざまな題材についてより実践的な技法を詳しく指導させて頂きますので、興味のある方はぜひご参加下さい。
 (メール・SNS等での個別のご質問・ご相談にはお答えできませんので悪しからずご了承下さい)
 水彩色鉛筆画教室・講座のご案内



作例はこちらを御覧下さい(これまでの水彩色鉛筆画作品)



下描きから完成まで、水彩色鉛筆(水溶性色鉛筆,水性色鉛筆)によるイラスト制作の流れを順を追って御紹介します。
水彩色鉛筆画の描き方

【おことわり】 無断転載は固くお断りします!
Webサイト・ブログ・SNS等への画像・記事の無断転載は、たとえ個人・非営利目的であっても著作権侵害にあたります
残念ながら、明らかに当サイトから無断転載された画像・記事をネット上で時折見かけますが、そのような事態が続きますと、不本意ながらネット上での情報発信や、応援して下さる皆様との交流そのものを躊躇せざるを得なくなります。
また、転載された方に対しては「断固たる責任追及」をせざるを得なくなる場合もございます。
これからも、絵を愛する皆様と気持ちよくお付き合いさせて頂けますよう、皆様のご理解をお願い致します。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作1.下描き(その1)

 薄い線でおおまかな形を捉えます。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作




水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作2.下描き(その2)

 だいたいのイメージが決まったら、細部を描き込んでいきます。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作




水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作3.色塗り(その1)

 全体に薄く色を置いてみます。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作




水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作4.色塗り(その2)

 水彩色鉛筆で塗り込んでいきます。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作




水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作5.色塗り(その3)

 水を含ませた筆で水彩色鉛筆の線を溶かして広げます。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作





水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作6.仕上げ

 細部の描写を丁寧に描き込んでいきます。

水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作





水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作7.完成!

 
水彩色鉛筆画の描き方/水彩色鉛筆画家・鈴木周作



水彩色鉛筆とは?
 水彩色鉛筆は、芯が水溶性の素材で作られているため、水で濡らすと溶け出して水彩画のようなタッチに仕上げることができる色鉛筆です。水溶性色鉛筆水性色鉛筆と呼ばれることもあります。普通の色鉛筆画のように紙に描いてから筆で延ばし拡げる使い方が一般的ですが、予め濡らしておいた紙の上に芯をこすりつけたり、筆で芯から直接色をすくい取って固形水彩絵の具のように使うこともできます。絵の具と同様に混色も可能です。水で濡らさなければ普通の色鉛筆としても使えます。色鉛筆画に近いものから水彩画風のものまで、ラフなものから緻密に描き込んだものまで、描き手のイメージと工夫次第でさまざまな表現が可能です。国内・海外の各メーカーから沢山の種類が発売されていますが、私はもっぱらドイツ・ファーバーカステル社のアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆を愛用しています。
 〜イラストレーター鈴木周作〜 ※無断転載・引用禁止


[△ページTopへ]

HOME

Copyright(C) 2000-2016 Suzuki Syusaku 水彩色鉛筆画家/イラストレーター鈴木周作
本サイト上の全ての画像(絵・イラスト・写真)、記事等の著作権は鈴木周作個人に帰属します。許可なく一切の複製・転載・配布・類似意匠の使用等を禁止します。

[管理用#14]