森 隆行
Takayuki Mori
流通科学大学 商学部 教授
Professor,
University of Marketing and Distribution Sciences






  1. Profile
  2. 業績
  3. 著書
  4. 論文集
  5. What's new!
  6. お薦めの本
  7. 最近読んだ本
  8. Private & Hobby
  9. Link


〜 研究領域 〜 

ロジスティクス及び国際物流&海運論
港湾、コンテナ輸送、3PL及び東南アジアのロジスティクスの研究が中心


〜 最近の研究分野 〜

2017の研究テーマは、
*『内航海運』(船員問題・船舶管理等)
*外航海運・定期船輸送
*港湾
*Cold Chain
*アジアの物流 現在・過去・未来
*ASEAN越境物流
*ロジスティクスと小売業
***今年度海外調査予定・・・タイ・インド・フィリピン・ミャンマーなど


〜 2017年執筆活動[予定] 〜

*日本実業出版 連載予定(2017年5月終了)
*「瀬戸内海の船の守り神たちー水先案内人」晃洋書房(2017年3月)
*海事プレス社「日刊CARGO」(6月)日本海運経済学会リレー連載
*「内航海運・フェリーの現状と課題」(2017年度版)大阪港振興協会・大阪港埠頭株式会社(2017年6月)
*「大阪港開港150年のあゆみ」晃洋書房(2017年7月予定)



〜2017年講義・講演〜

1.1月17日 神戸税関専科研修(2)
2.2月2日 神戸税関懇話会
3.2月10日 日本海運集会所実務研修「内航海運」
4.2月―3月 タイ、マエファルーン大学・チェンマイ大学で特別講義
5.5月   APO(アジア生産性機構)特別講義
6.6月   日本港湾協会
7.7月   日ASEAN次官級交通政策会合(京都)
8.7月   大阪港開港150周年記念
9.9月   ベトナム流通シンポジウム(流通科学大学主催)  






〜 流通科学大学での担当講義 〜

「物流管理論」(前期)
「物流政策論」「国際物流論」「企業論特別講義」(後期)






〜 2017年の目標と計画 〜

1.「水先案内人」出版(3月)晃洋書房
2.「大阪港150年の歩み」(7月)晃洋書房
3.「内航海運とフェリーの現状と課題」Vol.1 大阪港振興協会
4.「世界のコンテナターミナル Vol.5」大阪港振興協会
5.チェンマイ大学と共同研究(Rice Supply Chain)



This page last updated on 27st Mayl, 2017.
©All right reserved by Takayuki Mori.