FERRARI641/2徹底解剖


 

 

コックピットです。

このモデル(日本GP仕様)は、予選出撃前という設定(?)で、タイミングモニターがついています。
予選出撃前に、ライバル(セナでしょうね)のタイムをじっと見つめるプロストというシチュエーションです。

当時、計測を担当していたのは、オリベッティ社とロンジン社でした。
計測会社は、その後幾度が変わっています。モニターの側面に、両社のロゴが書かれています。

この角度では、美しいサイドポンツーンのラインがよくわかります。

 

ちなみにスポンサーの解説をすると、

Marlboro(マルボロ)・・・・言わずと知れた、アメリカフィリップモリス社の煙草。
                マクラーレンとフェラーリをスポンサードの他に、多数のドライバーを支援。

FIAT(フィアット)・・・・イタリアの自動車メーカー。傘下にランチア、アルファロメオ、アウトビアンキも。
             自動車以外にも、日用雑貨から戦闘機まで作る、イタリア最大のコングロマリット。フェラーリの親会社。

Agip(アジップ)・・・・イタリア国営の石油会社。空想上の頭が犬、尻尾がヘビという動物(名前は失念)をロゴに採用。
             特殊燃料を投入し、SHELL(マクラーレン)、elf(ウィリアムズ)を巻き込んだガソリン戦争に火をつけた。


MAGNETIMARELLIマニエッティマレッリ)・・・イタリアの自動車電装品会社。現在、ほとんどのF1チームがマレッリの電装品を採用。
                           市販車用の、セミオートマティックトランスミッションの特許を所持している。

WEBER(ウェーバー)・・・イタリアの自動車部品会社。マレッリと共同開発したインジェクションシステムを開発している。
                マレッリの電装品を使うチームは多いが、ウェーバーとの共同開発はフェラーリ専用品。

speedline(スピードライン)・・・イタリアのホイールメーカー。現在はBBSに変更している。一時、マクラーレンも採用していた。

arexons(アレクソンズ)・・・イタリアのカーケアグッズメーカー。ケミカル用品を供給。

 

他に、SKF(イタリア、自動車部品メーカー)、DIGITAL(アメリカ、コンピューター)、GOODYEAR(アメリカ、タイヤ)がスポンサーでした。

 

この時代のフェラーリは、資金提供企業はマルボロのみとしており、他の企業は全て技術提供でした。

 

ちなみに、私の現在の愛車は、FIATで、エンジンオイルはAgipを使っています。
もちろん、641/2にスポンサードしていたというのが、採用理由です。