日本名城探訪記〜甲信越編〜


躑躅ヶ崎館

武田神社概要
現在は「武田神社」。信虎・信玄・勝頼の3代に渡る武田家の居館。
武田家の本拠地ではあるが、正確にいうと城ではない。館と言っても、武家屋敷よりは、貴族のそれに近い。

起源
永正16年(1519)に、信玄の父信虎が、甲斐古府中の地に本拠地を定め、甲斐守護職館を築いたのがその起源。

構造
背後に要害山を擁し、眼前に甲府盆地を見下ろすこの地は、館と言えども、その立地条件は、天然の要衝とも言える。南向きに甲府盆地を見る格好になるが、「南面(※)」という思想が入っているかは不明。
現在の武田神社境内が「中曲輪」で、その両側に「東曲輪」と「西曲輪」を擁し、西曲輪の北に「北の曲輪」、南側に「梅翁曲輪」があったと推測される。

 ※「天子南面」…中国では、古来皇帝は南向きに座るとされている。「北面」というのは、臣従することを意味する。
           奈良・京都はこの思想が採用され、大内裏は、一番北にあるよう、設計されている。

 

武田時代
信虎の時代は、今川家と敵対していたが、後に政略結婚によって、盟約を結ぶ。一方北条氏とも目だった抗争はなかった。
信虎を今川家に追放した信玄は、外交策は信虎路線を踏襲、発展させ、今川・北条・武田の3家で軍事同盟を結んだ。
甲斐武田家にとって、事実上の敵対関係は信濃方面しかなかったが、戦国時代の最盛期に、堅固な城郭を持たなかったのは異例といっていい。
その要因としては、武田家の統率力と、家臣団の強固な結び付きが挙げられるが、それだけではなく、甲斐国へと入る3つの道自体が、要衝であったことも挙げられる。相模へは小仏峠、駿河には富士川流域、信濃方面は韮崎を封じれば、甲斐国内への侵入は困難となる。事実、信虎時代の今川家との抗争、信玄時代の諏訪・小笠原連合軍の侵入はそのようにして撃退している。

信玄は、「人は城 人は石垣 人は掘 情けは味方 仇は敵」という言葉を残し、その在世中、侵攻地の信濃で城を築くことはあったが、甲斐国内に城を築くことはなかった。
勝頼の時代になって、韮崎に新府城が築かれるが、築城中に織田軍が侵攻し、その役目を果たすことなく、武田家は天目山に滅亡した。なお、築城中の新府城移転に伴い、躑躅ヶ崎館は、この時に一度破却されている。

 

織田・豊臣時代
信長は、甲斐占領後、配下の川尻秀隆を派遣し、躑躅ヶ崎館で政務を取らせた。後の本能寺の変後の混乱期に、川尻秀隆が殺害され、無主の地となった甲斐の国を徳川家康が占領して、やはり躑躅ヶ崎館で政務をとった。
家康の関東八州への国替え後、羽柴秀勝が封じられたが、この時代に、家康への警戒もあって、新たに甲府城が築城され、躑躅ヶ崎館はその長い役目から放たれた。

江戸時代以降
大正天皇即位時に、武田信玄に従3位が追贈されたことを契機に、大正4年(1915)に「武田神社奉建会」が発足、同8年(1919)に社殿が竣工、4月12日の信玄命日に初例祭が奉仕された。


HOMEへ       日本名城探訪記へ       中部編目次へ