日本名城探訪記〜甲信越編〜


上田城

上田城本丸隅櫓別名「尼が淵城」。尼が淵とは、上田城に南面する、千曲川のこと。
その名の通り、千曲川(尼が淵)を天然の堀とし、城の北側、西側にも千曲川から分流する矢出沢川(人工)を堀とする、天嶮に守られた城である。

天正11年(1583)に、真田昌幸によって築かれたのがその起源。元々、砦程度の防御施設があったところに、安土城をモデルとして、領地から考えれば(6万石程度)、分不相応な城を作った。

天正11年(1583)と言えば、大阪城築城の年で、既に天下は「豊臣か徳川か」と言われていた時期である。この時期に、昌幸はまだ天下を狙っており、その意思が上田城築城に表れている。

昌幸は天正10年(1582)の武田家滅亡後、信長に臣従するが、本能寺の変の後、北条家、徳川家と転属する。しかし、天正12年(1584)、徳川家が、天正8年(1580)に昌幸が北条家から奪取した沼田城を北条家に返還するよう命じたことに端を発し、昌幸は上杉景勝(当時、秀吉に臣従)に転属し、「豊臣方」となる。

このため、第一次上田合戦が起きるが、昌幸は巧みな戦術で徳川の大軍を撃破、「家康の城攻め下手」と言わせるまでに至った。この後に上杉傘下から、豊臣直参となり、秀吉の仲介で、筆頭家老徳川家康と姻戚関係を結ぶことになる(長男信之と、本多忠勝の娘)。

しかし、秀吉の死後に起こった関が原の役の際に、西軍に属し、上田城の守りを次男信繁(幸村、西軍の将である大谷吉継の女婿)と共に固めた。この時、長男信之は東軍に残っている。やがて、2手に別れた東軍(東海道家康、中山道秀忠)の、中山道別動隊3万余の軍勢を、わずか2000の兵で撃退し(第2次上田合戦)、秀忠軍は、関が原の決戦には間に合わなかった。

攻城側は、自然と東側からの攻撃となり、現に、2度に渡る徳川家の攻撃は、東側に集中した。しかし、この東側も蛭沢川や、その流域の湿地帯があったため、攻撃は容易ではなかった。また、従来の城下町と違って、整然と整備されておらず、あえて複雑な路地を組み合わせていたため、第一次上田合戦では、これらを利用したゲリラ戦に、徳川軍は苦しめられた。

真田のゲリラ戦の源流は、昌幸の父、幸隆の代から見られる。「真田戦法」と言われる戦術は、
・北信の豪族、村上義清に奪われた松尾城を、武田信玄の後押しで奪還する時にも、旧臣と地下組織を
 作りあげ、酒宴を開いて500人余を一気に殺害している。
・武田軍の信濃侵攻の際に、道案内、諜報活動を真田家が担当している。
・昌幸は幼少の頃から、人質として信玄のそばに仕え、信玄の教えを直に受けた。
・騎馬隊が多い武田軍のなかで、歩兵隊を担当し、武田軍法の中の、ゲリラ的戦略を担った。

という点が大きく影響して出来あがったものと思われる。

また、大坂の陣で、真田幸村が活躍し、後に「真田十勇士」という物語ができあがる。その原点も、
・大坂で築いた真田丸は、上田城に似ており、ここでもゲリラ戦法を行った。
・九度山蟄居時代に、「真田紐」と呼ばれる品質の優れた紐(元々信濃は打ち紐生産が盛んだった)を販売し、
 その販売ルートで部下を使って、諜報活動を行っていた。
・厳重な浅野家の監視の下から、飄然と九度山を脱出し、大坂に入城した。
・幕末から、明治にかけての、大阪での徳川不人気に、かつて大坂方であった英雄が見直された。

という要因が考えられる。

関が原の後、昌幸・信繁父子は、高野山九度山へ蟄居となり、上田領は東軍に属した信之に与えられた。上田城は破却処分となり、信之は三の丸陣屋にて藩政にあたっていた。
元和8年(1622)、信之は信濃松代へ転封となり、ここに、上田の真田時代は終焉する。

新藩主には、小諸から仙石忠政が入封し、寛永3年(1626)頃から、上田城再建に着手したが、寛永5年(1628)に忠政が死去、その後継者争いもあって、再建工事は中断されてしまった。この時の姿がほぼ現在の上田城の原型となっている。

上田城西櫓宝永3年(1706)、仙石家は但馬出石に転封となり、出石より松平家が入封する。その後、明治まで松平家が続く。

明治4年(1871)、廃藩置県、上田藩は上田県となり、上田城は、東京鎮台第二分営の管理下に置かれた。
明治6年(1873)、東京鎮台第二分営廃止、翌明治7年(1874)上田城は民間に払い下げられた。

明治13年(1880)頃から、本丸跡の公園化の声が挙がり、徐々に公園化されていく。昭和9年(1934)、文部省指定史跡となった。

昭和16年(1941)上田遊郭に移築されていた2棟の櫓が売却され、更に東京の雅叙園に転売されてしまう。

しかし、昭和17年(1942)に結成された、上田城跡保存会により、2棟の櫓が買い戻され、翌昭和18年(1943)から、移築工事が始まった。戦局悪化によって、一時中断されるも、昭和23年(1948)、再開。翌昭和24年(1949)落成。

昭和28年(1953)、3棟の櫓を合わせて、上田博物館として公開開始。

昭和34年(1959)、3棟の櫓、県宝に指定される。


HOMEへ       日本名城探訪記へ       中部編目次へ