日本名城探訪記〜東北編〜


山形城

山形城東大手門概要
最上藩57万石の居城で、通称「霞ヶ城」。
山形盆地のほぼ中央に位置する。
城が霞で隠れることから、「霞ヶ城」の異名がついた。

起源
延文元年(1356)に室町幕府より、出羽按察使に任命された斯波兼頼が、最上郷金井庄に居館を建てたことが起源と言われている。その後、斯波氏は最上氏を名乗り、領内を山形と改めた。以降天童・上山など各所に館を配して、「最上四十八楯」といわれる勢力圏を築いた。

構造
山形盆地の中央に位置する平城であり、本丸・二の丸・三の丸を有した、平城としては我が国有数の規模である。この規模になるのは、最上家は戦国大名として成長した、第12代最上家当主最上義光(伊達政宗の叔父)の時で、文禄元年(1592)に拡張工事を行った際のものである。

現在残る建造物は、東大手門だけで、本丸大手門は修復工事中である。

最上家没落
最上義光は、豊臣秀吉の天正18年(1590)の小田原攻めに参陣し、本領は安堵された。
その後、最上家は、義光の娘が豊臣秀次の側室になる予定であったが、京都に到着した直後に秀次は切腹となり、秀次の顔すら見てない義光の娘も、秀次に連座して斬殺された。北の政所も助命に動いたが、石田三成が、刑を急がせたと言われている。

後の関ヶ原の合戦では、石田三成に味方するわけがなく、家康の東軍に属し、西軍の上杉家と戦った。その時の戦功で、それまでの24万石から、57万石に加増されている。しかし、義光の孫、義俊の代に、後継者争いに端を発した重臣間の争いを理由に、元和8年(1622)改易処分となった。徳川幕府は、この時期外様大名の改易をすすめており、その一環と言われている。俗にいう、最上騒動である。

最上家の後、鳥居忠政が入封したが(24万石)、寛永13年(1636)に転封、保科忠正が入部した(20万石)。
保科家の後も、結城、松平、奥平、堀田、結城、松平、堀田、大給、秋元氏と城主が代り、弘化2年(1845)に、水野忠精が入封して(5万石)以降は明治まで続く。

最上家盛時は57万石で、改築されたのも24万石規模であったのだが、末期の5万石では、これだけの規模の城を維持できず、城は次第に荒廃・縮小していった。

最上義光公像
こちらは、城内に立つ最上義光公像。
関ヶ原の合戦時の勇姿をモデルにしている。

しかし、最上義光は、父最上義守と内紛を起こすなど、必ずしも名君とは言えない。
親族の伊達政宗にとっても、絶えず伊達家を狙う、油断ならない親戚であった。

伊達政宗は、生母保春院(義姫、最上義光の妹)と弟小次郎に毒殺されかけたことがあるが、その裏では、最上家が糸を引いたと言われている。現に保春院は、その後山形の実家に帰り、最上家改易まで、伊達家に帰ろうとしなかった。

 

 

 

江戸時代以降
明治維新後、歩兵第32連隊の駐屯地となり、本丸・三の丸のほとんどが破却された。

昭和61年(1986)、国史跡指定。

平成3年(1991)、東大手門が復元された。現在は、本丸大手門(一文字門)の修復工事中。


              東北編目次へ