日本名城探訪記〜東海編〜


犬山城

犬山城天守閣概要
別名「白帝城」。
日本で初めて築かれた天守閣とされる。国宝指定。
ちなみに、日本で唯一、個人所有の国宝である(持ち主は歴代城主の成瀬氏)。また、個人所有の城も全国唯一である。

起源
尾張の豪族、織田信康の居城として、天文6年(1537)に築かれたのがその起源。文禄年間の城主である石川氏と、慶長年間の城主小笠原氏によって改築され、現在は、三層四階の天守閣となっている。

構造
北側は、木曽川にそそり立つ断崖になっており、東側・西側も急峻な崖となっているため、事実上の攻め口は南側しかない。その南側に、二の丸、三の丸を配置した、堅固な構成の平山城である。天守閣の石垣が低いのは、室町期築城の特徴でもある。

犬山城は別名、「白帝城」と言い、江戸時代の儒者、荻生徂徠が名付けたという。
その名の起源は、唐の詩人、李白の「早(つと)に白帝城を発す」に拠っており、

   朝(あした)に辞す白帝彩雲の間
   千里の江陵一日にして還る
   両岸の猿声啼き住まざるに
   軽舟己に過ぐ万重の山

から命名している。この詩は、李白が流罪から許された時の詩であるが、その背景は関係なく、その詩に詠まれた白帝城の情景と似ていることから命名されたのであろう。白帝城は、長江に面した断崖の上にそびえており、木曽川を長江に見立てれば、その雰囲気を感じ取ることはできる。ちなみに、白帝城は、夷稜の戦いに敗れた、蜀漢照烈帝(劉備玄徳)が、苦悶のうちに没した所として有名である。

犬山は、尾張・美濃の境に位置し、戦略上重要な土地でもある。戦国の支配者が、織田・豊臣・徳川と変遷していくなかで、犬山城の代々の城主も、それに附合するかのように変遷している。以下に歴代城主を示す。

年号 西暦 城主 備考
天文6年 1537 織田信康 犬山城を現在の地に築城
永禄7年 1564 織田信長 信康の子、信清より奪取
元亀元年 1570 池田信輝  
天正9年 1581 織田信房 池田信輝の女婿
天正10年 1582 中川定成 本能寺の変で信房討ち死。遺領を織田信雄継ぐ
天正12年 1584 池田信輝 小牧・長久手の戦い。秀吉入城。
天正12年 1584 加藤泰景(城代) 池田信輝討ち死。
天正12年 1584 武田清利(城代) 秀吉、信雄に返還。
天正15年 1587 土方雄良(城代)  
天正18年 1590 長尾吉房(城代) 織田信雄配流。遺領豊臣秀次継ぐ。吉房は秀次の実父
文禄元年 1592 三輪五郎右衛門(城代)  
文禄4年 1595 石川光吉  (1万2千石) 秀次切腹。所領没収。石川氏入封
慶長6年 1601 小笠原吉次(2万7千石) 家康、4男忠吉を名古屋に封ず。傅役小笠原氏入封
慶長12年 1607 平岩親吉  (9万3千石) 忠吉没後、9男義直入封。傅役平岩氏入封
慶長17年 1612 城主不在 平岩親吉没。後継なく、城主不在
元和3年 1617 成瀬正成 義直付家老。以降明治に至るまで成瀬氏

江戸時代以降
明治4年(1871)、廃藩置県で廃城となり、天守閣を除いて、ほとんどが取り壊された。

明治24年(1891)、濃尾地震で一部崩壊。

明治28年(1895)、城を修理するという条件で、旧藩主成瀬正肥に譲られ、個人所有として、現在に至る。

昭和10年(1935)、国宝指定。

昭和27年(1947)、文化財保護法改正に伴い、国宝再指定。


              中部編目次へ