日本名城探訪記〜東海編〜


長篠城

長篠城跡概要
日本三大籠城戦に数えられる、長篠城攻防戦(武田勝頼VS奥平貞昌)の舞台である。
現在、城郭としての建造物は残っていない(天正4年廃城)。

起源
永正5年(1508)に、今川家に属していた、菅沼元成が築いたのがその起源。
作手の奥平氏、設楽の田峯菅沼氏と共に、甲斐三河国境の豪族、「山家三方衆」と言われるようになる。

構造
寒狭川と宇連川(三輪川)の合流地点の断崖を利用した山城。川に面した部分は断崖となっている。天正元年(1573)に徳川家が奪回した際に、堀を設け、防御力を高くした。
尚、川は合流地点から豊川となる。
堀を掘った土を盛り上げて土塁とした、「掻上城」であり、石垣は使われていない。

 

長篠城跡概図山家三方衆
奥三河は、信濃との国境であり、徳川・武田の両勢力の力関係によって、所属を変えてきた。

長篠菅沼氏は、当初今川家に属していたが、桶狭間の戦いの後、今川氏の勢力が衰えると、松平氏(後の徳川氏)に所属を変えた。

しかし、元亀2年(1571)に、武田方の秋山信友の攻撃を受け、降参、以後は武田氏に属することになる。元亀3年(1572)の武田信玄の上洛戦、「三方ヶ原の戦い」には、武田軍山県昌景に属して徳川氏と戦っている。

信玄死後の天正元年(1573)、徳川勢は長篠城を攻撃する。徳川家康は、城兵を内応させ、城に放火し、一気に陥とした。この際焼け落ちた城郭を堅固なものに造り変えたと言われている。この時、城主菅沼正貞は、徳川家への内応の疑いで、甲斐に連行され、後信州小諸城で入牢している。

山家三方衆は、今川・武田・徳川の勢力バランスによって、所属を転々としている。
大勢力に囲まれた、小勢力の典型的な存在ということができる。

 

長篠城址史跡保存館長篠城の位置付け
長篠城が、武田・徳川の争奪の舞台となったのは、その地理的特徴にある。
長篠は、伊那谷から三河に通じる街道の要地であり、ここを押さえることが、奥三河を制圧することになった。また、一度陥とせば、容易には落ちない城であるため、武田・徳川共にこの城の帰属にこだわったわけである。

武田側からすれば、伊那谷から豊川沿いに東海道に出られる重要拠点であったわけであるし、徳川側からすれば、武田の進撃拠点となる地を潰すことであり、三河一円を掌握するために必要な地であった。

長篠の戦い
天正3年(1575)、武田勝頼は、長篠城奪回に動いた。
徳川家康は、長篠城奪回の後、作手奥平家の奥平貞昌を城主としていた。
長篠城に立てこもる奥平勢500に対して、武田勝頼は、15000の兵でこれを囲んだ。

約30倍の相手に囲まれながら、およそ半月(5月8日〜5月21日)までの攻撃に耐えきったのは、城主奥平貞昌の指揮の巧みさもあったが、長篠城の堅固さにも助けられたといっていい。武田家も、長篠城北方の医王寺山(つまり唯一の攻め口)に本陣を置き、鳶ヶ巣山などの南方も固めるなど、戦略的には必勝の体勢であったが、長篠城の天嶮に阻まれた。

この籠城戦の最中、鳥居強右衛門の逸話がある。鳥居強右衛門は、武田の包囲網を突破して、長篠城の様子を家康に報告したが、長篠城に戻る途中に武田軍に捕らえられた。武田軍から、城内に「援軍は来ない」と言うように説得されたが、逆に援軍の来訪を伝え、そのために磔で処刑された。JR飯田線鳥居駅の近くにその墓がある。

 

5月18日、織田・徳川連合軍が到着し、設楽ヶ原に陣を構えた。これは長篠城の西方約4kmの地点である。
この時、史上有名な馬坊柵を築いて、武田騎馬隊の突撃を阻止しようとしていた。
織田信長が、決戦地として、設楽ヶ原を選んだ理由を考えてみる。

・長篠城に至る道で、唯一大会戦が行える地形であった(織田軍38000、徳川軍8000)。
・信長は、天正2年(1574)に木曽街道の山岳戦で、武田方の真田昌幸に手痛い敗北をしており、長篠城近辺の山岳戦は避けたかった。
・設楽ヶ原には、豊川に流れる川が幾筋もあり、武田騎馬隊に対して、天然の堀となっていた。

一方、武田軍が13000(1000は長篠城包囲を継続、1000は鳶ヶ巣山に配置)の勢力で、46000の連合軍に決戦を挑んだ理由を考えてみる。

・当時、日本最強と言われていた武田騎馬軍の武力を信じていた。
・織田・徳川両総大将が出馬しているので、大打撃を与えるチャンスであった。
・織田・徳川軍は、馬坊柵を築いており、騎馬戦を恐れていると考えた(実際は山岳戦の方を恐れており、あえてそう見せたと思われる)。
・織田軍の佐久間信盛4000が寝返ることになっていた(信長の戦略で、そう思わせる作戦)。


5月21日、両軍は激突し、日本戦史を変えたと言われる、「長篠の戦い」が始まった。
織田・徳川連合軍は、馬坊柵で武田騎馬隊の突撃を止め、鉄砲隊の3段連続攻撃によって、武田軍を壊滅させた。

だが、一般的に言われているように、武田軍の一方的な壊滅ではなく、武田軍10000の被害に対して、連合軍も6000の被害を被っている。
但し、連合軍側の被害が、主に最前線にいた鉄砲足軽であったのに対し、武田側は、馬場信春、山県昌景、内藤昌豊以下、信玄以来の歴戦の指揮官を失ったのが大きい。長篠における、武田の敗戦理由を考える。

・鉄砲の轟音により、自慢の騎馬隊の馬がパニックになった(本来馬は、轟音に弱い)。
・穴山信君ら、「御親類衆」と言われる宿老が、総大将勝頼とは別に指令を出していた(指揮系統の分裂)
・御親類衆が、自らの判断で、終盤に退却している(御親類衆での戦死は、鳶ヶ巣山を守っていた武田信実だけ)。

武田信玄は、その死に至るまで、子の勝頼に武田家を相続させていなかった。
そのため、信玄の血に繋がる御親類衆と呼ばれる宿老が、勝頼を置物の総大将としか考えていなかった。
長篠の本当の敗因は、信玄が隠居することなく、遠征途中で死亡したことである。

 

長篠城の歴史
長篠城の歴代城主を下記に記す(長篠城址内案内図に依る)。

城主名 備考
菅沼元成 今川氏親部将として、長篠城築城。
菅沼俊則  
菅沼元直  
菅沼貞景 今川義元死後、徳川家に帰属。貞景は、掛川城攻撃に従い、戦死。
菅沼正貞 武田家の攻撃により降伏。武田家に属す。三方ヶ原の戦いに従軍。
徳川家攻撃により落城。内応の疑いで小諸城で入牢。
(徳川氏城番)  
奥平貞昌
  (信昌)
家康の女婿(長女亀姫)として城主となる。
武田勝頼に包囲され、籠城。
戦後、信長から賞され、「信」の字を拝領。奥平信昌を名乗る。
長篠城を廃城とし、現在の新城市に移築する。

江戸時代以降
現在に至るまで、再建なし。


              中部編目次へ