日本名城探訪記〜東海編〜


岡崎城

岡崎城天守閣概要
別名、「竜ヶ城」。東照大権現徳川家康生誕の地である。

起源
享徳元年(1452)に、三河守護職の西郷稠頼(つぐより、法名清海)により築城されたのが、その起源。但し現在の位置ではなく、明大寺の地であったとされる。大永4年(1524)に、家康の祖父、松平清康が、岡崎一帯を占領し、享禄3年(1530)に現在の位置に移されたという。
以後、三河松平党の根拠地となった。

構造
伊賀川と菅生川の合流地点の独立丘陵、竜頭山を基礎に築いた平山城である。
家康の頃には、本丸・二の丸を複合的に組み合せていた。
現在復元されているのは、元和3年(1617)、本多康紀の時に築かれた、三層三階の複合天守閣である。

 

松平時代
三河の土豪から出発した松平家は、家康の祖父清康の時代に一大膨張を迎え、三河一帯を支配し、その勢いを駆って織田領に攻め込んだ。しかし、陣中で家臣に殺害され(いわゆる「守山崩れ」)、家康の父、広忠の時代には、逼塞することとなる。
広忠は、政略的な意味もあって、尾張国境に近い刈谷の水野家から嫁を貰う。この時、水野家から輿入れしてきたのが、後の伝通院、お大の方である。
天文11年(1542)12月26日、松平広忠の嫡男竹千代が城内で誕生した。後の徳川家康である。
しかし、松平家は今川方、水野家は織田方と所属が別れたために、広忠とお大の方は離縁し、家康は3歳で母と生き別れになる。
家康は6歳の時に今川家に人質に出されるが、駿府(今の静岡市)に送られる途中、田原城主戸田氏に奪われ、敵方の織田家に送られる。
織田家では、人質を種に、松平家の織田家への随身を迫るが、広忠は拒否、織田信秀は竹千代を殺そうとしたが、助命したのは、信秀の嫡男、吉法師(後の織田信長)だった。
その後、広忠は、父清康と同様、城内で家臣に刺され死亡するという事件があった。今川家はこの事件に際し、城代を岡崎に派遣し、事実上、岡崎を直轄地とした。また、三河安祥城(安城)を攻め、信長の兄、信広を生け捕り、これと交換の形で、竹千代を取り戻している。

岡崎城内の徳川家康像徳川時代
今川家の客将(実質は人質)として、19歳までを過ごした家康は、今川義元の上洛戦に参加。桶狭間の前哨戦では、鷲津砦を陥落させている。
ところが、織田信長の奇襲によって、今川軍が壊滅すると、城代までが逃げ帰って空城になった岡崎城を占拠し、以後今川家から自立することになる。竹千代は、元服時に、松平元信と名乗っていたが、「『信』の字は織田家と通じているのではないか?」との疑惑をかけられ、元康と改名し、桶狭間の後は、義元から拝領した、「元」の字も返上し、徳川家康と改名した。松平党の出身地が「得川」という地名だったことに由来しているといわれている。桶狭間の合戦の後、今川家の動向を観察しながら、水面下で織田家と盟約を結んだ。
この織田家との同盟は、「清洲同盟」と言われ、信長の死後も小牧の戦いで実効し、戦国時代には異例の破棄されない同盟であった。

清洲同盟もあって、家康は岡崎を拠点に三河を制圧、東の遠州征伐に向かう。
元亀元年(1570)に、本拠地を浜松城に移転し、岡崎城は、嫡子信康に譲る。
しかし、信康は武田勝頼内通の疑いをかけられ、信長から切腹を命じられることになる。
岡崎城主は、清康、広忠、家康を一代飛ばして信康と、3代の城主が非業の死に倒れていることになる。信康の切腹は、信長の嫡子信忠との能力の比較で、将来脅威になりそうだったので切腹を命じたという説もある。


桃山、江戸時代

徳川家康の関東八州転封によって、秀吉の家臣、田中吉政が岡崎城主となった。田中吉政は、文禄元年(1592)に大規模な城郭拡張工事を行い、この時にほぼ現在の原型と言える規模となった。

関ヶ原の後は、徳川譜代大名が封じられるようになり、本多、水野、松平と、徳川譜代の中でも、家格の高い大名が城主となった。
岡崎城主になるのは、城主としても誇りであったという。石高も5万石規模と譜代大名の中では多い方である。
以下に歴代城主を記す(岡崎城入場パンフレットより作成)。

 

城主名 在籍期間 備考
西郷稠頼
3代略
   信貞
享徳3年(1455)〜大永4年(1524) 三河守護職
松平清康
   広忠
大永4年(1524)〜天文18年(1549) 三河安祥より移転、清康・広忠、それぞれ暗殺される
(今川氏城代) 天文18年(1549)〜永禄3年(1560)  
徳川家康 永禄3年(1560)〜元亀元年(1570) 浜松城へ移転
松平信康 元亀元年(1570)〜天正7年(1579) 領地没収の上、切腹
(徳川氏城代) 天正7年(1579)〜天正18年(1590)  
田中吉政 天正18年(1590)慶長5年(1600) 筑後柳川へ転封
本多康重
   康紀
   忠利
   利長
慶長6年(1601)〜正保2年(1645) 上野白井より転封


遠江横須賀へ転封
水野忠善
   忠春
   忠盈
   忠之
   忠輝
   忠辰
   忠任 
正保2年(1645)〜宝暦12年(1762) 三河吉田より転封





肥前唐津へ転封
松平康福 宝暦12年(1762)〜明和6年(1769) 下総古川から転封、石見浜田へ転封
本多忠肅
   忠典
   忠顕
   忠考
   忠民
   忠直
明和6年(1769)〜明治4年(1871) 石見浜田より転封、本多忠勝子孫




廃藩置県


江戸時代以降
明治維新後は、明治6年から7年にかけて(1873〜1974)取り壊され、廃城となる。

昭和34年(1959)、天守閣復元


              中部編目次へ