日本名城探訪記〜東北編〜


仙台城

概要
仙台藩伊達62万石の居城で、通称「青葉城」。
「百万石のお墨付き」による伊達領のほぼ中央に位置し、仙台湾を抱えた広大な平野を眼下に控えている。また、奥州街道が貫くという、肥沃で、交通の要衝でもあった。

起源
元来、奥羽の豪族国分氏の居城として、千代(千体仏があったためと言われる)城と称していたのがその起源。1592年まで、国分盛重(養子・伊達政宗の叔父に当たる)の居城であったが、慶長5年(1600)の伊達政宗による築城と共に、「仙台」と名前を改めた。「仙台」は、漢詩の「仙台五城楼」から採り、「不老長寿の仙人が住む岡のように、城が永く栄える」という意味がある。

構造
標高131.6mの青葉山に築かれた平山城であり、東は広瀬川に面した64mの断崖であり、南には80mの深さの竜ノ口峡谷が固め、西北角は人開未踏の森林、渓谷に覆われているという天嶮を利用している。唯一の入口である、東側には、2代藩主忠宗が、二の丸(現東北大学川内キャンパス)、三の丸(現仙台市博物館)を造営し、堅固な造りとしていた。広瀬川に仙台大橋を架け、緩やかな傾斜を登った所に、入母屋造り本瓦ぶきの大手門(昭和20年戦災で焼失、旧国宝)を配置していた。大手門は、秀吉が朝鮮出兵の際に築いた、肥前名護屋城の城門を移築したものと言われている。左上の写真は、復元された大手隅櫓。

内部は狩野派の絵師、佐久間左京が担当し、豪華な桃山様式となっていた。また、本丸東側の崖には、京都清水寺舞台のような、「懸造り」という建造物があり、当時としては、モダンな建築であった。

大広間には、菊の御紋を配し、領主が座る上段の間の更に上段に、天皇・将軍用の、上々段の間が設けられていた。
また、御成門といった、天皇・将軍専用の門も設置されていた(天皇・将軍専用の施設は他の城にはない)。
天皇・将軍の仙台行幸はなかったため、一度も使われることはなかったが、
「天皇の家来であって、徳川家の家来ではない。」
という、伊達政宗の気概が伝わってくる。

築城エピソード
伊達政宗は、豊臣秀吉の天正18年(1590)の小田原攻めに参陣し、本領は安堵されたが、旧芦名領会津郡は没収され、蒲生氏郷に与えられている。
翌天正19年(1591)、伊達家の旧領の一部(長井・刈田・伊達・信夫・二本松・田村・塩松郡)を没収し、新領(黒川・宮城・名取・柴田・伊具・宇多郡)を与えられるという、転封が行われている(旧伊達領は蒲生家が封ぜられている)。

伊達政宗は、関ヶ原の戦いの直前に、徳川家康の6男忠輝と長女五郎八姫の婚姻を決め、徳川家に味方することで、転封の際に没収された旧領を返還して貰う約束を徳川家康から貰っている。この約束は、新領52万石に、旧領49万石を合わせると、百万石を超えるために、「百万石のお墨付き」と称されている。慶長5年(1600)に開始された、仙台城の縄張り(設計)は、この百万石領土の中心となるものであったが、後に、この墨付きは反故にされている。

青葉城資料館では、その反故の理由について触れられてはいないが、その理由はおそらく、和賀忠親の一揆にあると推察される。政宗は、東軍として、西軍に属した上杉軍と戦ったが、水面下で和賀忠親(秀吉によって所領没収、旧領は南部家に封ぜられた)を扇動し、南部利直領(東軍)で一揆を起こさせている。関ヶ原の合戦が長引けば、南部領も手に入れるという計算だったが、合戦が1日で終わったこと、和賀軍が、南部軍に敗退したことで、この目論見は外れることになる。

関ヶ原の戦後、墨付きの内、刈田郡のみ加増されたのだが、友軍領で一揆を扇動したとしては、破格の厚遇といっていい。政宗も、墨付きの反故に異論を挟めるわけもなく、8月22日にもらった墨付きは、事実上、9月15日に反故となっている。この一揆の影響もあり、徳川家に遠慮し、仙台城には、天守閣が建てられていない。

伊達政宗像
こちらは、仙台市街を見下ろすように立っている、伊達政宗像。

現在,仙台城では石垣の修復工事が行われている。
同時に艮櫓(うしとらやぐら)の復旧工事が行われている。
2001年に完成の予定である。

仙台城も、石垣の構造が部位によって異なっているのが興味深い。
石垣の構造には、大きく分けて3種類あるが、仙台城も、この3種類全ての石垣が存在する。但し、年代ではなくて、石垣の傾斜によって造りを変えているようである。
尚、石垣の種類については、浜松城に記載している。
各石垣の写真は、会津若松城に記載している。

 

 

江戸時代以降
明治5年〜8年(1872〜1875)に、政府の命によって、本丸の全てが、取り壊される。
明治15年(1882)、火災により、二の丸の全てを焼失。

戦後、アメリカ駐留軍により、三の丸巽門(たつみもん)が破却される。仙台城の遺構は、全て消滅した。

現在、大手御門が復元され、艮櫓も復旧工事中である。
仙台城の雰囲気は、同様の構造で建てられた、松島瑞厳寺から感じ取ることができる。


              東北編目次へ