第1節
新幹線の定義



 鉄道を、高速かつ安定して走らせるためには、車両の重心を低くするか、軌道の幅を広げる方式の2つがある。わが国の在来線は、軌道幅が1067mmと、欧米に比べて狭く(元々鉄道は軍事目的であることが多く、イギリスは植民地を含め、鉄道技術の輸出はこの方式で行った)、狭軌と言われている。これに対して、高速化鉄道の敷設を考えた、新幹線計画の時に、欧米と同様の、軌道幅1435mmの鉄道が計画された。現在の東海道・山陽新幹線・東北新幹線・上越新幹線は、この方式を採っており、標準軌と呼ばれる。この方式の新幹線(以下では一般的な名称であるフル規格新幹線とする)では、カーブの最小半径や、踏み切り設置の不可、最大勾配等が定められている。以上の規格により、新幹線車両は、270km/hの速度でも、極めて安定して走行することが可能であり、乗り心地も良い。ただし、山陽新幹線における「のぞみ」の300km/h走行では、一部の区間で、乗り心地基準ぎりぎりの速度となるため、多少の不快感を感じることもありえる。

 山形新幹線「つばさ」 山形駅にて
これに対して、新しく考えられたのが、ミニ新幹線方式である。これは、従来の在来線の軌道を標準軌に修正し、フル規格新幹線に直通できる車両を走行させる、という方式である。現在では、山形新幹線・秋田新幹線にこの方式が導入されている。山形新幹線は、奥羽本線の福島〜山形間
(現在は新庄まで延伸)を標準軌に修正し、福島から東北新幹線に直通する。秋田新幹線は、田沢湖線の盛岡〜大曲間、奥羽本線の大曲〜秋田間を標準軌に修正し、盛岡から東北新幹線に直通する。しかし、これらは上記の規定を満たしてはおらず、厳密に言えば新幹線ではない(正式には高速化在来線という)。ミニ新幹線の魅力は、建設費が安くて済むことと、建設工期が短くて済むこと、在来線をそのまま利用できる(多少の改造は必要)ことが挙げられる。

 更に考えられたのが、スーパー特急(現在は狭軌新幹線と呼ぶので、以下狭軌新幹線)と呼ばれる方式で、軌道幅はそのままで、路盤を新幹線並に強化し、列車を高速走行させるという計画である。しかし、この方式では、単に在来線が高速改良されるだけであり、新幹線という名前の持つイメージからは程遠い。

 新しく考えられた方式は、運輸省(現国土交通省)が考えていた、鹿児島本線熊本駅以南を、順次高規格化して、やがて新幹線とする在来線の高速化計画を、そのまま整備新幹線にあてはめたまでのことである。

 新幹線計画の方式が多様化したために、整備新幹線計画も順次変更されていった。その歴史、過程を、次節で触れていく。


            卒論目次へ      第2節「整備新幹線計画」へ