駅弁ランキング〜北海道・函館本線編〜


私がこれまでの旅行の中で味わってきた、「これは、うまい!!」という駅弁を紹介します。
評価の中には、私個人の思い出というものも入っているので、必ずしも公平な評価ではありません。

 

 

第1位 札幌駅(函館本線・北海道)「石狩鮭めし」   且D幌駅立売商会

札幌駅「石狩鮭めし」
社会人になってから、札幌に行くことが多くなり、いつもこれを買っています。鮭・いくら、錦糸玉子が絶妙のブレンド!!つけあわせの、小ナスの漬物もいい。実は、私はナスの漬物が苦手だった(色がグロい)のですが、この弁当のおかげで、食べられるようになりました。持ちかえりの場合は、お茶をかけて、お茶漬けっぽく食べるとなお良し。でも、エアポート快速の中で食べるのは、少し恥ずかしい・・・・・

 

 

 

第2位 森駅(函館本線・北海道) 「いかめし」    鰍「かめし阿部商店

森駅 「いかめし」
言わずと知れた、「森のいかめし」。北海道で一番有名なのではないでしょうか?横川の釜飯同様、「どこで売っているかは知らないけど、名前は知っている」という人も多いそうです。
内容はとても単純で、いかにうるち米・もち米を詰めて、煮てあるだけです。しかし、いかの風味ともち米の歯ごたえが、絶妙にマッチしています。冷めても充分旨く、味は文句のつけどころがありません。
強いて言えば、量が少ないのが難点。まぁ、食事というより、酒の肴に近いということなのかもしれませんね。

 

 

 

第3位 旭川駅(函館本線・北海道) 「ダブル親子飯」   旭川駅立売株式会社 

旭川駅 「ダブル親子飯」
数々の名駅弁が並ぶ旭川駅の新商品。ニシンと数の子、鮭といくら、というわけで「ダブル親子飯」。単なる親子丼以上に贅沢なのは言うまでもありません。2組の親子の下には、錦糸玉子が敷かれています。この甘さと醤油御飯の組み合わせも絶妙なのが心憎いばかりです。
2組の親子以外には、一切余計なおかずはありません。茎わかめが添えられている程度。テーマがズッシリと決まっていて、好感の持てる駅弁です。

 

 

 

第4位 小樽駅(函館本線・北海道)「かきめし弁当」   小樽駅構内立売商会

小樽駅 「かきめし弁当」
「北海手綱」が有名な小樽駅の駅弁ですが、牡蛎が大好きな私としては、こちらの「かきめし弁当」に惹かれてしまいます。牡蛎エキスのしみ込んだご飯の旨味はもちろんのこと、こんにゃくと海苔が散りばめられた、その絶妙なバランスも見事としか言い様がありません。
牡蛎は火を通すと小さく縮み、固くなってしまいがちですが、ここのはどういう工夫をしているのか、牡蛎の旨さはそのままで味わえます。

 

 

 

第5位 函館駅(函館本線・北海道)「鮭ハラス弁当」   みかど屋

函館駅「鮭ハラス弁当」
函館駅で駅弁を買うときに、迷わずにコイツに目を惹かれました。別の入れ物になっていて、自分で好きな量を調節できる心配りが憎い限りです。
今まで、駅弁でハズレを引いたことはあまりありませんが、今回もこの記録(?)を達成できました。ホントにうまいです、この駅弁は。
内容的には、右側がご飯の上に錦糸玉子、左側に鮭といくらという構成です。いくらはプラスチックのカップに入っていて、味がしみださないようになっています。