駅弁ランキング


私がこれまでの旅行の中で味わってきた、「これは、うまい!!」という駅弁を紹介します。
評価の中には、私個人の思い出というものも入っているので、必ずしも公平な評価ではありません。

 

第1位 松山駅(予讃線・愛媛県)「醤油めし」    鈴木弁当店
松山駅 「醤油めし」
急なお客さんが来た時に、ありあわせの具で作る郷土料理、「醤油めし」を駅弁にしたもの。薄味の醤油ごはんが何とも言えない風味を出しています。この醤油ごはんは、どことなく、横川の釜飯を彷彿とさせるものがありますね。
内容は、醤油ごはんの上に、鶏肉・筍・山菜・椎茸・蓮根・漬物・さくらんぼといった構成です。全体的に薄味に仕上げられていますが、漬物の奈良漬が強力なアクセントとなっています。
ちなみにパッケージには、「うまいぞなもし」の言葉と共に、松山地方の方言が相撲番付表のように記されています。

 

第2位 今治駅(予讃線・愛媛県)「瀬戸の押寿司」    二葉
今治 「瀬戸の押寿司」

鯛の押寿司なのですが、酢飯と鯛の間に大葉が挟んであります。大葉が透けて見えるのが何とも言えない演出です。もちろん見た目だけでなく、鯛と大葉の相性も抜群です。
酢飯もただの酢飯ではなく、ダシが利いているような気がします。昆布ダシか何かで炊き込んでいるのでしょうか?
押寿司であるので、しっかり押し込めてあるのですが、食べると柔らかい食感があります。大葉がアクセントとして効いています。
目立たないところですが、賞味期限が2日間あるので、買い込んで自宅に帰った後でも楽しめる等、様々な味わい方があるのがいいですね。

 

 

第3位 今治駅(予讃線・愛媛県)「鯛めし弁当」    二葉
今治駅 「鯛めし弁当」

赤いプラスチック製の容器にこれでもか、と言わんばかりに敷き詰められた駅弁。某駅の鯛めしで、「鯛めし=あまり旨くない」と思っていた私のイメージを完全に打ち砕いた逸品です。鯛の旨味が炊き込められたごはんが半端なく旨いです。

おかずが蒲鉾・蓮根・カニカマ・玉子・海老天ぷら・奈良漬となっていますが、あくまで「鯛めし」そのものがメインであることを主張しているような感じがして、非常に好感が持てます。もっとも、「これではおかずが物足りない」という人のためにも、おかず類が豊富な豪華版(?)がラインナップに用意されています。個人的にはもうちょっと量があってもいいかなぁ!?という気もします。

 

 

第4位 松山駅(予讃線・愛媛県)「瀬戸のあな子」    鈴木弁当店
松山駅 「瀬戸のあな子」

丸い容器にごはんを詰め、その上に錦糸玉子を引いて、更に穴子・海老・しめじ・椎茸・山菜・海苔が並べられています。穴子は非常に身が柔らかく、香ばしい味わいがありました。穴子と山菜という組み合わせも珍しいかもしれません。私の中ではこの組み合わせはヒットですね。

ただ、個人的な意見としては、「穴子(表記は『あな子』)を冠した駅弁にしては、穴子の分量が少ないのが残念です。紅生姜も余計かも。紅生姜自体は別に嫌いではないのですが、「紅生姜に染まった他の何か」があまり好きではないもので・・・・・