ぐるめくらぶ〜豊島区編〜


「これを食わなければ、そこに行ったことにならんっ!!」というものを挙げてみます。
尚、チェーン店である場合は、初めてその店に行ったエリアに分類しています。


店舗名   洋麺屋 五右衛門

ジャンル  パスタ

場所    池袋サンシャインアルパB1

おすすめメニュー

たらこのカルボナーラ

和風創作メニューの多い、スパゲティー屋。もちろん、洋風メニューもあるが、どうせなら和風を味わいたい。「和風」というところにこだわっており、この店では箸で食べる。フォークが使いにくいという人にはもってこいの店である。
写真は「たらこのカルボナーラ」メンズセット。メンズセットは、パスタ大盛りとドリンク付き。
他にも、サラダとワインが付くレディースセット、2つを半分づつ楽しめるハーフ&ハーフもある。
私がよく行くのは池袋だが、名古屋でもセントラルタワーとユニモール、熊本鶴屋デパートレストラン街、なんばなんなんタウンでも発見した。
京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店、横浜MORE’S、渋谷スペイン坂にもあるらしい(こみゅさん情報)。
札幌駅地下街PASEOにもあるらしい(カキ氷さん情報)。

 


店舗名   グルメ ロムレット

ジャンル  オムライス

場所    池袋東武デパートレストラン街(現在、東武デパートには入店していません)

おすすめメニュー

ビーフスパニッシュ
チキンときのこのドリア風

文字通り、オムライスの専門店(「ロムレット」はフランス語でオムレツのこと)。従来のオムライスの常識を打ち破ったメニューの数々が、ことごとく旨い。
写真はビーフスパニッシュ。オムライスにデミグラスソースが意外と合う。この他では、ホワイトソースも意外と合うことを知った。ホワイトソース・チーズをかけて焼き上げた「ドリア風」も結構お気に入りである。カニコロッケ・チキンカツ・サラダ・スープがついたセットメニューもある。量を必要とする人のために、Lサイズ、LLサイズもあるのが嬉しいところ。
初めて行ったのは池袋東武だが、その後、関西空港ターミナル、甲府駅駅ビル、名港サティ・小倉駅でも発見した。

 


店舗名   300B

ジャンル  ハヤシライス

場所    池袋二又交番裏
       (丸井IN THE ROOMの並び)

おすすめメニュー

ハヤシライス
チキンドリア

私の学生時代の仲間達とも溜まり場。知っている人なら、これで私の出身大学がわかるはず。
おすすめメニューは、ランチメニューのハヤシライス。もちろん夜でもオーダー可。
ライスが見えなくなるくらいにローストビーフで包み、濃厚なデミグラスソースがかけてある。同様に、夜でもオーダー可なランチメニュー、チキンドリアもおススメ。
この店は、酒の種類も豊富。ほとんど、ありとあらゆる酒があるのではないか!?と思う。ちなみに、PM4:00〜PM6:00は「ハッピーアワー」と称して、酒類を含む全ドリンクメニューが半額となる。
池袋丸井IN THE ROOMの前の通りを、池袋駅とは反対方面へ進むと両側に同名の店舗が2つある。特に理由はないのだが、私はいつも右側の2偕に上がる店舗を利用している。基本的には同じメニューであるので、差はない。
ちなみに、店名の由来は、「某大学の30期OBが作ったから」というウワサがあるが、定かではない。
学生時代は、通称、「さんびー」と称されていた。

 


店舗名   光麺(こうめん)

ジャンル  らーめん

場所    池袋明治通り沿い

おすすめメニュー

熟成光麺全部乗せ

今、新しい「ラーメン激戦区」として有名(?)な池袋で、私がイチ押しなのがここ、光麺さんである。
元々、「光麺」とは「無、素麺」という意味で、余計なものが何もないということから、この店名になったらしい。
メニューは、醤油と熟成(とんこつ)、あと最近はつけ麺が登場した。醤油は麺を2種類から選べる。
私は関東の人間のくせに、醤油ラーメンがあまり好きではないので、いつも熟成をオーダーしている。
写真は、「熟成光麺全部のせ」。トッピングが数種類あるのだが、「全部のせ」とは、それを全種入れる大変お得なトッピングセットである。特に香ばしい炭火あぶりチャーシュー、炒めネギ、揚げニンニク、焼き岩海苔が絶品なので、これだけはトッピングとして欠かせない。ちなみに、「全部のせ」は上記以外に、ゆでたまご・青菜・角煮・メンマ・ネギがセットになっている。
池袋に登場したのは、明治通り沿い(池袋店)だが、西口ロサ会館近く(池袋西口店)の方が待ち時間が少ない。
他にも、原宿・台場・代々木・恵比寿に展開している。

 


店舗名   
古奈屋

ジャンル  カレーうどん

場所    巣鴨とげぬき地蔵尊の隣

おすすめメニュー

えび天カレーうどん

カレーうどんの専門店。だが、単に「カレーうどん」と称するにはあまりにも惜しい。カレーは、玉ねぎがとてもいい味を出していて、これだけでもスープとして成り立つのではないか、と思う。
ちなみに、私はカレーであってもそばを注文するほどの蕎麦派であるのだが、ここのカレーとうどんの組み合わせには正直、脱帽した。ここのカレーはうどんじゃなければ合わない、というくらい、うどんにマッチした味わいとなっている。もちろん、カレーの味を受け止めるだけの力量が、うどんの側にもあるからだが。
本店の他、池袋東武レストラン街(私はここによく出没)・汐留(カレッタ)・横浜(ランドマーク)・上野(アトレ)・大宮(そごう)・六本木(ZONE)・日本橋(コレド)・二子玉(高島屋)に展開している。

 


店舗名   
福しん

ジャンル  らーめん

場所    池袋西口二股交番裏、他多数

おすすめメニュー

みそバターB定食
しょうが焼き定食

東武東上線及び西武池袋線ユーザーには割と有名なラーメンチェーン店である。私の一番のお気に入りは、何と言っても「みそらーめん」である。これにオプションのバターを追加して、カウンターに備え付けのニンニクを3杯というのが毎回のルールとなっている。写真は半チャーハン付きの「B定食」だが、チャーハン単体でももちろ旨い。チャーハンに限って言えば、ラーメンチェーン店の中でもトップクラスであると断言できる。
また、ラーメン以外でも、しょうが焼き定食は絶品であり、訪問の際に、「みそバタB定」「チャーハン大盛」「しょうが焼き定」のいずれにするか、毎回悩んでしまう。
都内にある高名なラーメン店は、いずれも旨いのだが、毎日食べるのはやや辛い。しかし、ここのラーメンは高級感こそないものの、毎日でも食べることができると私は思っている。
池袋を中心に店舗を展開しているので、詳しくは上記リンクから確認して欲しい。