ぐるめくらぶ〜東北編〜


「これを食わなければ、そこに行ったことにならんっ!!」というものを挙げてみます。
尚、チェーン店である場合は、初めてその店に行ったエリアに分類しています。


店舗名   
満田屋

ジャンル  味噌田楽

場所    福島県会津若松市

おすすめメニュー

味噌田楽

写真は、Aコース(¥1200)で、こんにゃく・豆腐生揚げ・まる餅・しんごろう餅・里いも・身欠きにしん・しいたけ・ししとうを焼いて頂ける。最初から5品のみのBコース(¥800)もある。
薬味で味付けした味噌を付けて、炭火で焼くだけの料理なのだが、素材によって付ける味噌を変えているのがこだわりとも言える。
目の前で炭火で焼いてくれるので、見た目にも楽しめるし、素朴な暖かさが感じられる。もちろん焼きあがりはとても香ばしい。しいたけ、身欠きにしんが絶品なので、是非Aコースを試して欲しい。
ちなみに、しんごろう餅とは、米で作られた餅。秋田のきりたんぽの丸い版を想像すればいい。

 

 


店舗名   
栄太楼

ジャンル  和菓子

場所    秋田県秋田市

おすすめメニュー

さなづら

和菓子の宝庫とも言える秋田で、私が一押しなのがこれ、「さなづら」である。
「さなづら」とは、秋田の方言で、山葡萄のことらしいが、その名の通り、山葡萄の天然果汁をゼリー状に仕上げたものである。1枚1枚が薄手に作られていて、和紙で包装されている。秋田土産にこれは欠かせない。
「さなづら」は、やや酸味のあり、素朴でありながらも芳醇な味わいで、「山の幸」という言葉しか連想されてこない。
秋田市内に数店舗展開している。旅人には、JR秋田駅構内のテナント利用がわかりやすい。
通販も手がけているので、是非お試しあれ。

 

 


店舗名   桂町さっぽろ食堂   

ジャンル  らーめん

場所    山形県米沢市

おすすめメニュー

米沢ラーメン

さっぱりしたスープと細い縮れ麺が特徴の「米沢ラーメン」の中で、地元の方もイチオシなのが、こちらである。私は元々醤油ラーメンはあまり好きではなかったのだが、透き通って見えるくらいの上品な味わいのスープに、麺が丁度いい具合に絡まり、どこか昔懐かしい、それでいて、かつて味わったことのない味覚を体感した。これで¥500は安過ぎる。
見た目は、どこにでもあるラーメン。特別な具もない。しかし、決して侮るなかれ。
愛読書「たびてつ友の会」8巻でも紹介されている。
旧米沢城址「松ヶ岬公園」の近く。

 

 


店舗名   
利久   

ジャンル  牛タン

場所    宮城県仙台市

おすすめメニュー

牛タン定食

牛タンの本場、仙台でいくつかの店舗を食い歩き、その中で一番のお気に入りとなったのが、ここ「利久」。牛タン定食といえば、麦とろ・テールスープ・唐辛子が定番だが、ここのも当然付いている。
信じがたい程の肉厚な牛タンだが、炭火で焼いているためか、どことなく香ばしく、そして異常なまでに柔らかい。ここの牛タンを一度食べてしまうと、普通の居酒屋の薄っぺらい牛タンなぞ、オーダーできなくなる。
仙台市に数店舗を構えている。仙台駅構内3Fの牛タンストリートにも出店しているが、行列必至。私がよくターゲットにしているのは、仙台西口店(ここも行列ができる)だが、行列が少ない、花京院店が狙い目である。
通販も手がけているが、ここのは炭火で焼いたものを店舗で味わいたい。

 

 


店舗名   さくら亭   

ジャンル  親子丼

場所    秋田県角館市

おすすめメニュー

親子丼

秋田と言えば日本三大地鶏の1つ、比内鶏で有名な地であるが、こちら「さくら亭」さんの親子丼は半端なく旨い。正確に言うと、比内鶏は天然記念物であるので、1代雑種(f1)を使用していると思われるが、それでも充分なほどである。
炭の香りの香ばしい鶏肉と、トロトロ半熟状態の親子丼はこの上なく絶品。おそらく玉子も比内鶏のものではないだろうか。玉子自体にも濃厚な味わいがあった。
親子丼に吸い物・胡麻豆腐・つけ合わせ・果物がついて¥1500は高いと見るか、安いと見るか。私はこの味であれば安いと思う。
角館武家屋敷街の中程にある。角館訪問の際は、是非とも訪れたいところである。