ぐるめくらぶ〜愛知県編〜


「これを食わなければ、そこに行ったことにならんっ!!」というものを挙げてみます。
尚、チェーン店である場合は、初めてその店に行ったエリアに分類しています。


店舗名   あつた蓬莱軒

ジャンル  うなぎ

場所    愛知県名古屋市

おすすめメニュー

ひつまぶし

名古屋は、関東でもなく関西でもなく、独特の味覚があるが、「一番うまいものを挙げよ」と言われた場合に、迷わずに選ぶのがこれ。
おひつ入ったご飯の上と真ん中に、細かく切ったうなぎが2段に入っていて、まずこれを付属のしゃもじで十字に切り、4等分する。つまり4膳分に分け、1膳目はそのまま、2膳目はネギとわさびをのせて、3膳目は、ネギ、わさびの薬味+だし汁でうな茶漬けに。4膳目は一番好きな方法で、という順序で食べる。
関東のうなぎとは違い、蒸さずに焼くので、香ばしい香りがたまらない。私は2膳目が一番好き。
食前と食後のお茶を使いわけてくれるのも嬉しいサービスの一つである。
名城線伝馬町駅近くが本店らしいが、私は栄にある松坂屋10Fの方にいつも行っている。
値段が少々張る(¥2300)が、それだけの価値は絶対にある。
名古屋に行った場合には絶対欠かせないメニュー。本店の他、松坂屋店、神宮南口店がある。

 


店舗名   
きく宗

ジャンル  田楽

場所    愛知県豊橋市

おすすめメニュー

菜飯田楽

会社の昼休みにNHK「ひるどき日本列島」を見ていたのが、この店を知ったきっかけ。
新鮮な豆腐を焼き、更に味噌を付けて焼き、なおかつ再度味噌を塗るという、贅沢な一品。大根の葉がみずみずしく感じる菜飯との組み合わせは、言葉を失う。
豆腐が串から抜きやすいように、串に刺した後、一度水に漬けてある心使いが何とも言えないところ。
八丁味噌と、アクセントに縫ってある辛子のバランスも絶妙。ペースを考えて食べないと、菜飯が一気になくなっていってしまう。
「ひつまぶし」同様、少々値段が張るが(¥1700)、一度は体験しておきたい味である。

 


店舗名   
山本屋総本家

ジャンル  味噌煮込みうどん

場所    愛知県名古屋市

おすすめメニュー

かしわ入り味噌煮込み
うどん

大正12年に大須で創業、名古屋の伝統の味。
八丁味噌と白味噌をブレンドした、絶妙のスープで煮込んであるうどんは、名古屋に行くたびに食べたくなる味の1つである。八丁味噌は、人によっては苦手かもしれない、とのことであったが、私は初回から全然違和感なく受け入れられた。
容器は、冷めにくい信楽焼き。ちなみにふたには穴が空いていない。ふたを取り皿として使って食べる、と名古屋人に教えられた。味噌が跳ねやすいのか、必ず紺の前掛けが配られるが、容器といい、前掛けといい、食べる人に対する心配りが嬉しい。
私は名古屋駅の地下街か、栄の松阪屋10Fをよく訪問する。東京神田にも出店したらしいが、まだ確認していない。

 


店舗名   カスケード

ジャンル  パン

場所    愛知県名古屋市

おすすめメニュー

エッグロール

このパン屋を知ったのは、知人の紹介。その時エッグロール(写真左上)を買ってきて頂いたのだが、以来名古屋訪問時には必ずこのエッグロールを購入している。その他にも、レモンパイ(写真左下)、メロンパン(写真右)が個人的にはお気に入り。
エッグロールは、この店のウリでもあるようで、店内でも「人気NO.1!」と堂々と宣言されている。ふわふわ玉子を折り込んであるだけなのだが、ワンポイントでパンの上に見えているマヨネーズとのコンビネーションは、何度食べても飽きないものがある。名古屋近辺在住の人が羨ましい。
名古屋駅地下街テルミナ内にある。マクドナルドの対面なので、マックをターゲットに探すとわかりやすい。
持ちかえりの他、店内にイートインスペースもあるので、是非ご賞味あれ。