ぐるめくらぶ〜中国編〜


「これを食わなければ、そこに行ったことにならんっ!!」というものを挙げてみます。
尚、チェーン店である場合は、初めてその店に行ったエリアに分類しています。


店舗名   つたふじ

ジャンル  らーめん

場所    広島県尾道市

おすすめメニュー

らーめん

魚ダシの濃厚な醤油スープに、豚の背脂が浮くのが特徴の尾道ラーメンだが、数ある尾道ラーメンの中でも、ここのは「くど過ぎない濃厚な味」ということができる。
ここは、4年前に訪問した時に、たまたま入った店だったが、その時の味の印象が強くて、再度尾道を訪問した時も、迷わずこちらを訪問している。
コクのあるスープに、見事に絡まる麺、そしてチャーシュー、ネギが絶妙のバランスを見せている。
尾道の海岸沿いの道沿い。住吉神社を目印に。

 

 


店舗名   朱華園

ジャンル  らーめん

場所    広島県尾道市

おすすめメニュー

らーめん

おそらく、尾道で一番有名な店。スープは濃い目で、麺も太めである。チャーシュー・ネギも多めでバランスがとれている。濃い味好きの人には、たまらないラーメンである。
4年前の訪問時は、定休日で残念な思いをした。今回初の訪問。
実は、私が訪問したのは、はしご2軒目だったのだが、「2杯目」というハンデをもろともせず、すんなりと胃の中に入っていった、恐ろしいラーメン。尾道一有名なのは伊達ではない。
尾道商店街(アーケード)から、市役所方面に向かう道の右側。

 

 


店舗名   
ふく市場

ジャンル  ふぐ

場所    山口県下関市

おすすめメニュー

ふくぶっかけ丼

山口県下関市で、ふく(ふぐのこと、下関では「ふく」と称する)を取り扱う、「ふぐ大将」グループの1店舗が「ふく市場」さんである。写真は、ふくぶっかけ丼。アツアツごはんの上にふくの皮と湯引きが乗せられ、卵黄が添えられている。自分で胡麻をすりおろし、均等にかけてから丹念に混ぜると、実はふくの下には紫蘇が隠れていることに気付く。ふくの身と紫蘇と卵黄を入り混じって、なおかつ、胡麻と海苔のブレンドが絶妙な味わいとなっている。普段、ふくを食べ慣れていないだけに、こうした食べ方もあるのか!?と、正直驚いた。これで¥1500は破格ではないだろうか!?
下関のランドマーク、海峡メッセ4Fにある。海峡メッセの展望台入口なので、わかりやすい。