やたすけさんの旅日記

このHP常連さんのやたすけさんから、旅日記が届きました。
実は、やたすけさんはこの度、結婚されたのですが、
その新婚旅行の計画に、私が協力させて頂いています。


 

今回の旅行は愛車のSW20(※管理人注 MR2のこと)でなく、
アニキから借りたカローラGT・6MT(ナビ付き)で行きました。

11/12
午前中、市役所へ婚姻届を出しに行き、その後生活に関係する手続き(銀行など)をする。
思った以上に時間が掛かり、午後かなり過ぎて旅に出る事になってしまった。

第一の目的地、福岡は博多を目指し車を走らす。山陽自動車道へ乗り、山々の紅葉を楽し
みながらどんどん進む。途中、関門海峡手前の「壇ノ浦PA」で休憩。ここから見る関門
海峡の姿はいつ見てもすごいが、惜しむらくは、橋の一部が工事中だったのが残念だった。

そして再度高速本線に戻り、九州自動車道へ入り一気に目的地へ。妻が「博多で遊びたい」
という願いをかなえる為、駅のすぐ裏のビジネスホテル「博多グリーンホテル」にチェックイン。
このホテル、身障者用設備もあり、また、チェックイン後は24時間出入りOKと、
色々な利用者にやさしい。部屋も清潔で、ビジネスホテルでは、結構イイ線いっている。

このころ時間も19:00近くなり、駅周りを二人で探検。その後641/2さん情報のラーメン屋「一蘭」
を地下街にて探す・・・が、見つからない。20分くらいウロウロし、駅外の地下街入口から入り、やっと見つける。お話の通り「ギョッ」とする店構えにまずビックリ。入って、お店のシステムにもビックリと、驚いてばかり。


※管理人注 「一蘭」は普通のらーめん屋とは違ったシステムのお店です。
  今度、東京にもオープンすることになりました。説明するより、実際に見て頂いた方がいいでしょう。
  福岡市内には、多くの支店がありますが、一番見つけやすいと思われる、「博多駅店」を紹介しました。

 

 

 

・・・しかし一番驚いたのは、ラーメンの味。とにかく美味い!。味にうるさい妻も大満足!!。
私も思わず「替え玉」をしてしまった(笑)。このくらい美味かったら、
私の地元では大繁盛間違いなし・・・いや、ここでも大繁盛してるケド。
この日はその後、駅周辺をあちこち見て周り、コンビニでお酒を買ってホテルへ。部屋に
戻り、二人で乾杯し、酔いが廻ったところで就寝。

11/13
朝遅く10:00頃から出発。妻の願いをかなえる為、天神方面へ遊びに行く。
キャナルシティーへ行く予定だったが、前回遊びに行った事があり、
今回は妻の遊びたいという願いをかなえる方向で、動く事にした。
天神方面の目的は、街の観光と、妻が行きたいと言った「自分で焼いて食べるたこ焼き屋」。
九州に来て、なんでたこ焼きやねん!(笑)。と思いながら目的地へ・・・
すると・・・な、なんと!すでにツブレていたのだった。

ガックリと肩を落としながらも、街を探索。「親不孝通り」などをまわり、天神地下街へ。
地下街を抜けたあとは、街中を物色しながら進み、色んな話しに花がさく。
途中、役所広場でハトと戯れ童心に帰る。
そうしていたら、なぜか妻の「パソコン欲しい」という一言から、近くのベスト電器へ・・・。
情報収集後、「(値段)高いねぇ。」とか言いながら車へ戻る・・・←新婚旅行の主旨から外れてくる二人(笑)。
駐車場でカーナビを「○○○」(※管理人注 事情があって、名前は伏せます)へセットし、
次の目的地、「由布院」へ出発。都市高〜九州道と順調に進む。途中、「基山SA」で休憩。
名物の梅ヶ枝餅を堪能する。この餅、個人的にハマった。焼きたてが食べられたのもよかった。
目の前で、おばちゃんが焼いているのが見れるのもなかなか良い。
甘いあんこが中に入っており、女性には大人気の様だ。


※管理人注 梅が枝餅は、本来大宰府天満宮の名物です。私も大好きな一品です。こちらは太宰府天満宮の梅が枝餅。

 

 

 

 

 

 

九州道から大分自動車道へ入り、順調に湯布院インターを降りる。
カーナビがあるので渋滞にも引っ掛からず、非常に気持ちいい。
このまま目的地へ一気に行く・・・ハズだった。・・・・・・
カーナビの通り、行けども行けども目的地「○○○」(※管理人注 同上)が見つからない。
とうとう、チェックイン時間期限の30分前(17:30)になっても着かない為か、
○○○から私の携帯に電話が入る。・・・「すみません。迷っちゃったみたいで・・・。」と道を尋ね、
やっとの思いで「○○○」へ。・・・・・・カーナビの信じ過ぎには要注意・・・(泣)。

17:45頃やっとチェックインを済まし、部屋に案内される。641/2さん情報通り、
大変良い宿で、妻も大満足。さっそく夕食をいただく。その美味しさといったら、
なんとも言葉では言い表わせないほどである。二人ともあっという間に、たいらげてしまった。
温泉も大変良く、妻の「温泉では、ゆっくり・のんびり楽しみたい」という願いもかなえられ、
これで前回の「汚名返上」となりました。とにかく「温泉で、ゆっくり・のんびりしたい」
という人にはピッタリ!。食事も美味いので、言うことナシ!?。
やや暗めの照明が雰囲気をかもしだして、良い感じだった。
各部屋にある露天風呂も、二人で入るのに丁度良い広さで、最高!!。
この日の残り時間は、ゆっくり過ごし、妻と二人でのんびりと過ごして就寝。

※管理人注 やたすけさんに提案した旅館は、全ての部屋が離れになっており、
  共通の大浴場(貸切可能)と、離れ各部屋ごとに、露天風呂がついています。
  部屋数が8つしかないため、ここでは名前を伏せています。

11/14
朝7:00に起きる。部屋にある露天風呂に入り、体のエンジンをかける。それにしても気持ちいい。
思わず、もう一晩泊まろうか?と思った程。朝食を頂き(これもまた美味い!)、準備をしてチェックアウト。
もっと泊まっていたい気持ちを抑えつつ、由布院観光へ。まず、近いという事で「金鱗湖」へ。
幻想的な湖の表情を見ようと、早速湖そばへ行く。ちょっと時間が遅かった為、「幻想的」とはならなかったが、
普通では見られない珍しい現象にウットリ。湖の水は若干温かく、
妻と「珍しいネェ」とか「面白い湖だね」とか言いながら見てまわる。

※管理人注 「金鱗湖」は由布院の温泉が湧出している湖で、早朝に訪れると、
  周囲の温度差から霧が発生し、幻想的な世界がひろがります。


その後、お土産もの屋さんでショッピング。ここで、面白いもの?を発見。

「ギャグと癒しの朝田芽ワールド」
http://www.asadame.com
インターネット検索で、「朝田芽倶楽部」でもひっかかるハズ。

ライターの朝田芽さんと、色々な話や作品の裏話、ギャグの話で盛り上がる。
妻も、作品や朝田芽さんの人柄を気に入ったらしく、大変良い時間を過ごす事ができた。
朝田芽さんに新婚である事を伝えると、私達二人に対して言葉を頂き、これも良い思いでとなった。
そうこうしていると、いつの間にか午後13:00をまわっており、ちかくのうどん屋で昼食。
私は、名物の「そば」を食べたかったのだが、妻が苦手な為、うどんになってしまった(悲)。
でも美味かった(笑)。

昼食後、目的の一つ「猫屋敷」へ向う。641/2さん情報通りで、
猫好きの妻(過去7匹飼っていた)には大変好評!。
心の中で641/2さんに「感謝!感謝!」と言いながら見てまわる。
ここはホント女性を連れて来た時は、最高のスポット!!。
そして、「オルゴール館」、「ガラス館」を見て周りながらショッピング。
そうそう、通りのそばで店を構えている「金賞コロッケ」や「アイスクリーム(クレープ)」の誘惑に負けまくって、
食べまくってたなぁ・・・俺達(笑)。実は、もっと色んな所を見てまわるつもりだったが、
ここで夕方になってしまった。

そこで妻に「これからどうする?。」(3日目以降の予定は、フリーにしていたんデス)
と聞くと、「どこか違う所で一泊したい。」と言うので、近い事もあり、別府に行く事に決定。
駐車場に戻り、駅近くのビジネスホテルをセット。由布岳の紅葉を楽しみながら、別府へ向う。
しばらくすると、別府の街並みが見えてきた。温泉の蒸気があがる、別府ならではの街並
みである。

そうそう、ここで妻とひともんちゃく。
別府の街並みが見え出した頃、妻が怪訝そうな顔で、

「ねぇ、やたすけ、プー(おなら)した?。」と突然言ってきた。
・・・「はぁ!?。」と思いつつ、「いや、プー(おなら)してないよ。」と言う私。
・・・数秒の沈黙。

「おい!それって、温泉の硫黄のニオイだろ!。」と、私。
「なんで俺がプー(おなら)したって疑うの!?。」と、更に私。

すると妻が、
「だって、やたすけいつもプー(おなら)するじゃん!。」・・・オイ!!(怒)。
・・・別府の街に入るまで、「プー(おなら)した、プー(おなら)してない」論争(笑)をしたあと、
何とか妻に硫黄のニオイと納得させ(かなり苦労しましたが)、ホテルへ着く。

※管理人注 この「プー事件」、かなり笑わせてもらいました(笑)。

このホテル(情けない事にホテル名忘れた)、最上階に展望台の様に温泉があり、
一日の疲れを癒してくれる。部屋の清潔感にやや不満があり、妻には不評だったが・・・。
夜、別府の街を探索し、食事を軽く済ませ、ホテルで就寝。

11/15
朝、妻の様子がおかしい。どうやらホームシックにかかったみたいだ。
「地獄めぐり」をして帰ろうと考えていたが、妻が「早く帰りたい。」と、
子供の様にダダをこねるので、街の観光を少しして帰る事に決める。
私的には、もう一日どこかで泊まりたかったが・・・。

帰る準備をしている途中、ホテルのテレビから、

「○○(デパート名)7FLで、北海道物産展開催中!。」

とCMが流れる。すると妻が、「ねぇ、やたすけ!、これ行こう!!。」と、言い出した。
↑また、新婚旅行の主旨から離れてきた(笑)。

妻の強い希望により、そのデパートへ。「こんなの面白くないって。」と思いながら、
結局しこたま私も物産展を楽しみ、お土産までちゃっかり買い込んでしまった(笑)。
その後、お土産物屋さんめぐりをし、ショッピングを楽しんだあと、帰路に着く。
国道10号線を通り、あちこち見ながら帰るつもりが、またもや妻の一言。

「梅ヶ枝餅食べたい!。」・・・と。

高速道路に乗り、またもや「基山SA」で休憩。目的の物を堪能する。
結局誘惑に負けて、私も食べた(笑)。その後、帰りは妻の運転で高速を走る。
途中「めかりPA」で休憩を取り、さらにお土産を買い込む。あとはいっきに帰るダケ。
結局、妻に振り回された旅行になったが、それはそれでイイ思い出となった。
天気も良く、「雨男」返上もしたし(笑)。

帰りは妻の運転だったが、ナビの到着予定時間より、
相当はやく帰った事を付け加えておく・・・。(すげぇ怖い運転だった。)

こんな感じの旅行になりましたが、少しは旅の雰囲気が伝わったでしょうか?。
すごく長い文章で、見づらかったと思いマスが、勘弁してくださいネ!。

今回の旅行では、641/2さんの情報がすごく役に立ち、妻も満足してくれました。本
当に有り難うございました。
旅の様子をお話する事と、お礼を言う事くらいしか出来ませんが、またなにかの際は、よ
ろしくお願いしてよろしいでしょうか?。
とにかく、ホントに有り難うございました。感謝してマス。

※管理人より こちらこそ、楽しい旅行記をありがとうございました。臨場感があって、
         とてもおもしろい旅行記ですね。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

※管理人注 「我田引水」のような気もしますが、ほぼ全文、原文通りで掲載しています。
         尚、この旅行記は、やたすけさんのご好意により、掲載させて頂いています。
         よって、了解なく、転載・複写することは特に禁じます。

 

感想をやたすけさんへ