九州グリーン豪遊記

目的は、九州一円の観光です。
標題は、九州旅行の際に使用した、JR九州のグリーン車乗り放題の切符「九州グリーン豪遊券」の流用です。


1.九州グリーン豪遊券

JR九州って、凄い鉄道会社です。

この会社には、3日間、しかもグリーン車乗り放題の「九州グリーン豪遊券」という、とんでもない切符が存在します。

※2003年9月30日をもって、「九州グリーン豪遊券」は販売中止となりました・・・・(涙)早期の復活を望みます>JR九州さん


お値段は、¥20900也。3日間有効なので、単純に考えたら、1日当たり、約¥7000です。結構簡単に元が取れるのではないでしょうか!?

九州グリーン豪遊券

切符に記載されている(グリーン)の数々。普段の生活ではありえないことです。

 

ちなみに、似たような切符は、JR各社で販売していまして、

JR北海道・・・「北海道フリーきっぷ」→7日間有効、B寝台も利用可。2人用の「ペアきっぷ」もある。¥23750也。利用不可期間有り。
JR東日本・・・「土・日きっぷスペシャル」→土日だけ有効。有効範囲はJR東日本の南側で全域ではない。¥16000也。
        「ふたりの北東北フリーきっぷ」→4日間有効。盛岡〜秋田以北のみフリー。1人での利用不可。1人当たり、¥22000也。

JR四国・・・・「四国フリーきっぷ」→3日間有効。自由席のみ。¥15700也。グリーン車用「四国グリーン紀行」もある。¥20000也。

といった感じです。こういうのが全くないのが、JR東海とJR西日本。まぁ西日本は、守備範囲が広過ぎるというのもありますけど(東は新潟県から西は山口県までですから)。
利便性で言えば、九州と四国が一番いいかも。北海道はおトクですけど、7日間も使えるほどヒマがないかな?
金額で言えば、九州も四国も似たような感じですが、使用している車両が全然違います。

JR九州は、社長が技術畑の出身らしく、どんどん新型車両を投入してきます。おそらく、現役車両の平均車齢は、日本で一番若いのではないでしょうか!?逆に、一番車齢が古いだろうと思われるのもJR西日本です(正確ではないので、間違っていたらゴメンなさい)。

 

ちなみに、JR九州では、「2枚きっぷ」「4枚きっぷ」というのも販売していて、要は枚数の少ない回数券です。
例えば福岡−鹿児島が「2枚きっぷ」は¥5000(1枚当たり)、「4枚きっぷ」は¥4500(同左)です。
ライバルの高速バス(¥5300)に負けないための施策なんでしょうけど、通常料金¥8720からすると、とんでもない割引率です。

当然のことのように、普通運賃よりも、こうした割引料金利用者の方が多いみたいです(1人で往復とか、2人で片道って使えますし)。
となると、平均単価が落ちるのは自明の理。同様に、割引切符の利用率が高い構造の航空会社と、「九割きっぷ」(ANA超割利用者に限り、¥3000で乗り放題)で手を結んだのは、何となく納得ができます。

 

さて、この「九州グリーン豪遊券」を使って、九州を一周してみることにしました。
実は、3年前にこの切符を使ったことがあって、その時は、ハウステンボス・由布院を旅しました。今回はそこは割愛しています。

今回は、長編になることが予測されるので、1日ずつに区切って見ました。
尚、この旅行記は、JR九州に敬意を表して、標題は赤、背景も赤を基調とし、JR九州のCI色に合わせています。

日程 主な区間 訪問先
第1日目 博多−唐津 唐津城・虹の松原・キャナルシティ
第2日目 鹿児島−宮崎 城山・指宿枕崎線
第3日目 熊本−阿蘇 白水高原・熊本城
第4日目 阿蘇−豊後竹田 豊肥本線・豊後竹田城
エピローグ