アムール川の贈り物

目的は、オホーツク海の流氷と、冬の釧路湿原縦断です。
標題は、流氷がアムール川の河口から流れてくることから考えました。


1.札幌にて

札幌地下鉄南北線今回は訳あって、札幌が出発点です。

こちらは昭和46年開業の、南北線。札幌の地下鉄は、線路が無くてゴムタイヤで走るのは有名です。
よく見ていただければ、線路がないのがわかると思います(真ん中に1本ありますが)。
しかしこれ、地下鉄ですが、アルウェグ式モノレール(1本のレールの上をゴムタイヤで走る方式)と言ってもいいような気がします。

南北線(麻生〜真駒内)は、札幌冬季オリンピックにあわせて作られました。現在は3系統(東西線 宮の沢〜新さっぽろ、東豊線 栄町〜福住)になっています。

 

札幌市電こちらは、札幌市内の市電(1系統)です。除雪用のササラ電車というのがあるそうですが、私はまだ見ていません。          

友人宅を出発し、市電を渡って幌平橋駅から地下鉄でさっぽろ駅へ。
しかし、札幌駅到着が7:32で7:33のエアポート快速72号には間に合わず、次の74号(7:52)まで、札幌駅を探検してみることにしました。 
 

 

 

 

キハ183系「とかち」キハ183系、特急「とかち」(札幌〜帯広)が隣のホームにいました。
個人的な意見ですが、昔の白・赤・オレンジの塗装の方が美しく見えたと思います。

札幌駅は、全体にシェードが掛かっていて、朝なのにこの暗さ。フラッシュをたいても、画像補正を加えても、これが限界です。

 

 

 

ニセコエクスプレスこちらは、「ニセコスキーエクスプレス号」です。1988年12月にデビューしたJR北海道4番目のジョイフルトレイン。しかし、東京からの初便に接続するなどして欲しいものです。

 

 

 

 

クリスタルエクスプレスさらに、快速エアポート74号出発間際に、「クリスタルエクスプレス」が入線してきました。1989年12月に登場したJR北海道5番目のジョイフルトレイン。この日は、「オホーツク流氷号」(札幌〜網走)の運用だったようです。