☆ 浅間山の小噴火 ☆

   小噴火?

 浅間山から、噴煙が出ています

 小噴火かなと思います。

 戦前の写真です。

 

 

 1932年(昭和7年)盛夏 撮影


写真をクリックすると次のページに行きます


 

 

 







          ☆ 噴煙を吐く浅間山 ☆

   長倉蕨尾より見た浅間山

 活火山の浅間山は、

 噴火していない時でも、

 噴煙を吐く事があります。

 

 

 1949年(昭和24年)9月29日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








          ☆ 春の浅間山 ☆

   千ヶ滝西区入り口付近より

 湯川の左岸(川下に向かって左の岸)から

 撮影しました。

 木の陰でよく見えませんが

 対岸に国道146号線が走っています。

 浅間山まで、草原が続いている様です。

 

 1949年(昭和24年)4月24日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








          ☆ 浅間山遠望 ☆

   橋の上より

 千ヶ滝西区入り口ガソリンスタンド裏の橋の上より

   1949年(昭和24年)4月24日撮影。

   ☆ 63年後の風景 ☆

 同じ場所。木が茂り、浅間山が見えません。

   2012年(平成24年)1月6日撮影  


       写真をクリックすると次のページに行きます








          ☆ 見晴台より浅間山を遠望 ☆

   見晴台の東屋から

 碓氷峠の近くにある

 見晴台から、浅間山を撮影しました。

 
 標高は碓氷峠1200mで、

 浅間山2568mの手前に、愛宕山1174mが見えます。

 

 1948年(昭和23年)8月23日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます







 
          ☆ 拡大しました ☆

   森林の伐採

 前の写真を拡大して見ると、

 森林を計画的に、伐採しています。

 雨の多い日本では、

 伐採した跡は、草原になります。

 その後、森林になります。

   軽井沢に、草原が多いのは

 伐採量が多いのと

 低温で樹木の生育が

 遅いためではないでしょうか。

 

 1948年(昭和23年)8月23日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます






 

 

 

 

 

 

 
          ☆ 地図を見る ☆

   草原を調べる

 見晴台と浅間山間の

 1925年頃の地図を見ます

  

 戦前は、

 見晴台から、浅間山の間に、

 草原が散らばっている事が

 よくわかります。

 


写真をクリックすると次のページに行きます






 

 

 

 

 

 

 
          ☆ 1925年ごろと現在の草原 ☆


   <草原の比較>
1925年ごろと現在


 1 草原の減少

 2 市街地の拡大

 3 ゴルフ場の拡大

 4 道路網の拡張

 などわかります。


写真をクリックすると次のページに行きます






 

 

 

 

 

 


          ☆ カラーの正月写真 ☆

   蕨尾の山より

 カラー版の浅間山です。

 蕨尾地区の坂の上から

 1月1日に

 66版のポジフィルムで撮りました。

 1974年(昭和49年)1月1日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








          ☆ 最近の浅間山 ☆

   中央公民館より

 最近の浅間山です。

 

 2012年(平成24年)11月3日撮影


写真をクリックすると次のページに行きます








          ☆ 六里ヶ原 ☆

写真をクリックすると次のページに行きます

           浅間山の荒野
 中軽井沢より、国道146号線を北上、峰の茶屋をすぎて、鬼押し出しに向かうと、六里ヶ原に出ます。

 浅間山が噴火して、溶岩や火山灰を噴出して、広い荒野を作りました。

 大きな樹木は、見あたりません、低木の、クロマメノキ(浅間葡萄)などが生えています。

 1980年(昭和55年)8月 撮影









          ☆ 浅間山の噴火 ☆

   長倉蕨尾より

 戦前、浅間山は、

 しばしば

 噴火していた

 記憶があります。

 

 

 1938年(昭和13年)8月21日8am

  故K.O氏 撮影


写真をクリックすると次の頁に行きます








          ☆ 鬼押し出し ☆

   浅間山周辺 1

 浅間山は、天明3年(1783年)に

 大噴火をしました。

 噴出した多量の溶岩により

 多くの死傷者を出しました。


 吾妻村の資料によると、

 沓掛宿(中軽井沢)には、

 斗樽(180リッター)大の

 溶岩が降ったそうです。

 1939年(昭和14年)


写真をクリックすると次の頁に行きます








          ☆ 竜返しの滝 ☆

   浅間山周辺 2

 、

 北軽井沢にある

 竜返しの滝です。

 

 

 

 1932年(昭和7年)盛夏 撮影


写真をクリックすると次の頁に行きます